Requirements の変更点

TITLE:動作環境(5.0以降)

*OS [#Req_OS]
''必要要件'' (公式より)
>Windows(64bit版) - Win7(SP1) / Win8.1 / Win10
>Mac OS X - 10.10 Yosemite 以降
>Mac OS X - 10.12 Sierra 以降
>Linux
>Android 5.0以降(開発中)

&color(Fuchsia){&size(16){推奨環境: 64bit版の Windows7(SP1)以降};};~
&color(Red){5.0より32bit版Windowsでは起動しなくなったので注意。};
Windows版はWin10であれば、DirectX12が使える分アドバンテージになるが、Win10自体がOSとしてまだこなれていないため一長一短である。~
32bitOSのサポートはすでに終了していて、&color(Red){5.0より32bit版OSでは起動しなくなったので注意。};
Windows版はWindows10ならDirectX12が使える分アドバンテージになる。~
MacとLinuxは以前はWindows版に随分劣っていたが、現在はそれほどの差異はなくなったようだ。
#br
*CPU [#Req_CPU]
''必要要件'' (公式より)
> 4コア以上の高クロックなCPU

&color(Fuchsia){&size(16){推奨環境:出来るだけ新しく発売された、4コア以上の高クロックなCPU};};~
''2018年06月現在'' では以下のようになる。
''2020年6月現在'' では以下のようになる。
> ■ Intel
>  Core i7
>  Core i5
>  Core i3(第8世代以降)
>  Core i7、i5、i3(第8世代以降)
> ■ AMD
>  Ryzen

Dolphinにおいて最もシビアな項目で、&color(Red){''他のパーツがどれだけ良くても、CPUの性能が低ければ満足な動作速度は出せない。''};
特にエミュレータの動作においては''シングルコアの性能''が重要になってくるので、性能比で劣るAMDの古いCPUはオススメできない。~
もっともIntelでもCeleronなどのローレンジ帯、末尾にUやYとつくモバイル向け低消費電力版は推奨されない。
また高性能でも、ハイパースレッディング(HT)機能や4コア以上のコア数はDolphinの動作にあまり貢献しないとされる。~
推奨で挙げたモデル以上のものでなければ、''いかに最適化されたタイトルであっても、フルスピードで動作させるのは厳しい''と考えてほしい。
Dolphinにおいて最もシビアな項目で、&color(Red){''他のパーツがどれだけ良くても、CPUの性能が低ければ最適化されたタイトルであっても満足な動作速度は出せない。''};
特にエミュレータの動作は''シングルコアの性能''が重要になってくるので、AMDの場合Ryzenより古いCPUはオススメできない。
IntelでもCeleronなどのローレンジ帯のほか、末尾にUやYとつくモバイル向け低消費電力シリーズも推奨されていない。~
一方でDolphinはデュアルコアアプリケーションなので、たとえ高性能でもSMT(Intelの場合HT・ハイパースレッディング)や4コア以上のコア数はDolphinの動作にあまり貢献しないとされる。
そのためコア数が多すぎるCorei9やRyzen9クラスになると(Dolphin用途としては)高価なのに性能の無駄となりやすい。


&color(Blue){※ 自分の使用しているCPUが何かわからない/サポートしている機能がわからない場合、[[CPU-Z>http://www.cpuid.com/softwares/cpu-z.html]] で確認できる。};
&color(Blue){※ 自分の使用しているCPUが何かわからない/サポートしている機能がわからない場合、[[CPU-Z>https://www.cpuid.com/softwares/cpu-z.html]] で確認できる。};
#br

*ビデオカード [#Req_GPU]
''必要要件'' (公式より)
> Direct3D 11.1 / OpenGL 4.4をサポートするGPU
> Intel HD Graphics 4000 以上(CPU内蔵GPU)
>&color(Red){'' オンボードは非推奨''};
> Intel HD Graphics 4000 以上(CPU内蔵型)

&color(Fuchsia){&size(16){推奨環境:DirectX12対応、6年以内に発売したミドルレンジ以上のビデオカード};};~
''2016年06月現在'' では以下のようになる。''(ビデオカードは種類が多いため、あくまでも性能の目安として)''
''2020年6月現在'' では以下のようになる。''(ビデオカードは種類が多いため、あくまでも性能の目安として)''
> ■ NVIDIA
>  GeForce GTX 750 Ti
>  GeForce GTX 1050 Ti
> ■ AMD
>  Radeon R9 270
>  Radeon RX 570


&color(Red){''基本的にCPUほどの処理能力は必要とされず、''};推奨で挙げたGPU以下の性能でも、最適化されたタイトルならフルHDで充分動く。
オンボードでも最近のCPUに内蔵されているGPUならそこそこ動くとの報告はあるので、ビデオカードを買う前に試してみるのもいいだろう。
しかし、''さらに解像度を上げたい・AAやAFをかけて快適にプレイしたい''等の場合はもう少し上のものが必要になってくる。
また、5.0ではDirectX12に対応しており、今のところ予定はないがMantle対応の要望も多いので、これらに対応したGPUを選んでおくと幸せになれるかもしれない。
&color(Blue){※ 自分の使用しているGPUが何かわからない/サポートしている機能がわからない場合、[[GPU-Z>http://www.techpowerup.com/gpuz/]] で確認できる。};
基本的にCPUほどの処理能力は必要とされず、推奨で挙げたGPU以下の性能でも、最適化されたタイトルならフルHDで十分動く。
最近のCPUに内蔵されたGPUでもそこそこ動くとの報告はあるので、ビデオカードを買う前に試してみるのもいいだろう。特にRyzenのGPU内蔵型(APU)は基本設定での動作に十分な性能を有している。
しかし、''解像度を上げたり、AAやAFをかけて快適にプレイしたい''場合はGPUにも性能が求められるため、Dolphin公式は依然として&color(Red){'' 独立したGPUを強く推奨''};している。
&color(Blue){※ 自分の使用しているGPUが何かわからない/サポートしている機能がわからない場合、[[GPU-Z>https://www.techpowerup.com/gpuz//]] で確認できる。};
#br

***ノートPCについて [#Req_NotePC]
DolphinについてはCPU依存度が高いため、近年のパワフルなノートPCならばそれなりに動いてしまう。
発熱の問題から推奨こそしないが、i7やi5搭載ノートならば遊べる速度で動作する。
*ノートPC [#Req_NotePC]
DolphinはCPU依存度が高いため、近年のパワフルなノートPCなら普通に遊ぶ分には問題ない速度で動作する。
もちろん高品質設定で遊びたいなら、デスクトップPC同様NVIDIAやAMDのGPUチップを搭載したもののほうが望ましい。