Masteries/OathKeeper/Eye of Reckoning の変更点


 TITLE:Eye of Reckoning アイ オブ レコニング
 |~関連スキル|BGCOLOR(#FFFAAA):&attachref(../Eye_of_Reckoning_(Skill)_Icon.png,nolink,Eye of Reckoning);|BGCOLOR(#FFFAAA):Tier6&br;''Eye of Reckoning''&br;アイ オブ レコニング|→|&attachref(../Soulfire_(Skill)_Icon.png,nolink,Soulfire);|Tier8&br;[[Soulfire>../Soulfire]]&br;ソウルファイア|
 &color(#379){最初のオースキーパーたちが天の谷間を見て、エンピリオンの光の驚異的な力を目撃したとき、彼らはその輝きと力を再現しようと努めた。};
 &color(#379){彼らの祈りと訓練の集大成がアイ オブ レコニングであり、オースキーパーが攻撃に集中し続ける限り、};
 &color(#379){火炎と光の旋風で隣接したすべての敵を素早く切り裂き抜ける戦技の破壊的表出だった。};
 &color(#953){近接武器を要する。};
 &color(#953){攻撃速度が 100% のとき、アイ オブ レコニングは0.16 秒ごとにダメージを与え、エナジーを消耗する。};
 #region(原文)
 Eye of Reckoning - アイ オブ レコニング
 &color(#379){};
 &color(#953){Requires a melee weapon.};
 #endregion
 ~
 >COLOR(#311):&color(#009){''16.7''}; エナジー/s(後述)
 COLOR(#311):3m 標的エリア
 >COLOR(#311):&color(#009){''10''%}; 武器ダメージ
 COLOR(#311):&color(#009){''10-15''}; 物理ダメージ
 COLOR(#311):&color(#009){''15''}; 火炎ダメージ
 <
 >&color(#175){AoM、FG};導入時に限り、特定の装備でスキルの性質が[[変化>Items/Equip/SkillModifier/OK#eye_of_reckoning]]する。
 <
 |CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
 |~Type|~Tier|~最大レベル|~要求スキル|~要求装備|~オフハンド参照|
 |[[チャネリング>用語集#e042f4d2]]スキル|6|16|-|近接武器|あり|
 //言わずと知れた超有名スキル。所謂Diablo2のワールウィンド。
 指定した地点まで回転しつつ移動、経路上の対象物に攻撃を加える。
 //Diablo2のワールウィンドと異なり、経路上の敵を無視しての貫通移動は出来ない。
 
 近接武器必須ではあるが、盾は必須ではない。二刀流の場合は左右両方の武器ダメージが参照される。盾装備時、盾のダメージは%%%参照されない%%%。
 近接武器必須ではあるが、盾は必須ではない。二刀流の場合は左右両方の武器ダメージが参照される。盾装備時、盾のダメージは参照されない。
 (詠唱用オフハンド装備時は、システム上オフハンドに付いている実数ダメージがメインハンド側に加算される)
 
 //攻撃速度は武器種や攻撃速度強化値に関わらず、0.2sに固定。
 攻撃速度は武器種に関わらず0.16sからスタートし、+AS%依存で短縮されていく。
 そのため、一発が重いが振りが遅い両手武器を使った場合は相対的に必要とされるASは下がるので若干お得。
 一見すると回転時にはブロックしていないように見えるが、盾さえ装備していればしっかりとブロックをしており、ブロック時発動スキルも機能する。
 ダガーと両手武器では射程が異なるように見えるが、EoRではどちらも射程は3mで固定。
 武器参照値がlv.18でも30%なのでHP吸収を10%つけていても3%しか吸収できず、耐性低下攻撃等もそれに倣うことに注意を。
 
 //攻撃速度が0.2s固定なのを利用し、+AS%が付いていなかったために嫌厭されていた武器や小手、一発が重いが振りが遅い両手武器を使った専用ビルドが可能。
 ~
 //(v1.1.1.2 Hotfix 3) 正確なDPS表記をするように修正
 |~Lv|~エナジー&br;コスト/s|~武器ダメージ|~物理&br;ダメージ|~火炎&br;ダメージ|
 |BGCOLOR(#FFFAF7):CENTER:|RIGHT:|RIGHT:|BGCOLOR(#FFFAF7):RIGHT:|BGCOLOR(#FFEEDD):RIGHT:|c
 |1|16.7|10 %|10-15|10|
 |2|~|12 %|15-20|14|
 |3|20.8|14 %|20-25|18|
 |4|~|16 %|25-30|22|
 |5|~|17 %|30-35|26|
 |6|25|18 %|35-40|30|
 |7|~|19 %|40-45|34|
 |8|29.2|20 %|45-50|38|
 |9|~|21 %|50-55|42|
 |10|33.3|22 %|55-60|46|
 |11|~|23 %|60-65|50|
 |12|37.5|24 %|65-70|54|
 |13|~|25 %|70-76|58|
 |14|41.7|26 %|75-82|62|
 |15|~|27 %|80-88|66|
 |16|45.8|28 %|85-94|70|
 |>|>|>|>|CENTER:BGCOLOR(#FFCCCC):Ultimate Level|
 |17|45.8|29 %|92-102|75|
 |18|50|30 %|99-110|80|
 |19|~|31 %|106-118|85|
 |20|54.2|32 %|113-126|90|
 |21|~|33 %|120-134|95|
 |22|58.3|34 %|128-143|101|
 |23|~|35 %|136-152|107|
 |24|62.5|36 %|147-164|116|
 |25|~|37 %|158-176|125|
 |26|66.7|38 %|172-192|138|
 ~
 
 #pcomment(,10,reply)