Top > Quests > Act1 > The Origin of the Slith

The Origin of the Slith スリスの起源

Last-modified: 2019-02-16 (土) 09:43:19

概要情報 Edit

分類派閥クエスト: デビルズ クロッシング
発生条件危険な好奇心 クリア
Honored 栄誉 (ランク3) 以上
受注
報告
Devil's Crossing
デビルズ クロッシング 離れ小屋
Kasparov
カスパロフ
内容カテゴリ収集対象Hargate's Formula
ハルゲイトの製法書
場所Hargate's Laboratory
ハルゲイトの研究所


報酬 Edit

報酬ノーマルエリートアルティメット
製法書を渡した場合
16,000 EXP
2,000 鉄片
65,000 EXP
10,000 鉄片
108,000 EXP
20,000 鉄片
レリック設計図 (ランダム)
製法書を渡さない場合
16,000 EXP65,000 EXP108,000 EXP
レリック設計図 (ランダム)

(設計図の抽選はどちらも同じ)

攻略 Edit


コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • Hargate's Formula(ハルゲイトのフォーミュラ)ですが、日本語だと「ハルゲイトの走り書き」といった意味ではないかと思う。 -- 2018-02-22 (木) 10:16:42
  • フォーミュラから走り書きという意味は出てこない。カスパロフが欲がっているのはスリスを作り出す「確立した方法=フォーミュラ」。それがわかれば反転させることができるかもしれない、というわけでこのタイトルになっている。 -- 2018-02-24 (土) 17:45:41
  • その方法を書いたメモについて「字が汚くて読めない」とカスパロフが言ってるんだが。だから「走り書き=汚い字」で合ってる。「フォーミュラ=走り書き・汚い字」は英会話教室では出てこないかもしれないが、英語圏では普通に通じる。 -- 2018-04-14 (土) 05:03:48
  • 仮に英会話でformulaが走り書きの意として通じるとしても無理がある。事の順番としてカスパロフが欲しがったのはスリスを作る「確立した方法」であって、決して解読不能な走り書きなどではない(だからその会話にもあるように他に読めるメモを欲しがった)。タイトルとして「走り書き」ではカスパロフの意図を読み間違えていると言わざるを得ない。カスパロフが欲しいのはあくまでもスリスを作る「ハルゲイトの方式」である。 -- 2018-04-14 (土) 09:51:42
  • 横槍ですまんが、方式じゃなくて製法とかのがしっくりくるんじゃないの -- 2018-04-15 (日) 16:47:45
  • >日本語化の内容に関する疑問、指摘、報告等は原則フォーラムに投稿してください。 -- 2018-04-15 (日) 21:16:40
    • (日本語化ページより引用) -- 2018-04-15 (日) 21:17:43
  • 「フォーミュラ」は二つの意味を掛けているのだと思いますよ。カスパロフが望んでいたのは「確立した方法=フォーミュラ」だったのだが、手に入ったのは「(読めないような汚い)走り書き=フォーミュラ」だった、とほほ、という掛詞(一つの言葉に二つ以上の意味を持たせた修辞法)。 -- 2018-05-14 (月) 12:43:27
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White