撮れ高無き1900年シナリオ

Last-modified: 2022-09-25 (日) 22:28:50

というわけで第一回目。(スクショが消えた,添付をミスったので今回は文字のみです)
1900年シナリオ。難易度等設定は全く弄らずAI300スタート地点は気分でメキシコ。
開始直後に支店を閉じて、ニューヨークと間違えてフィラデルフィアに支店を開いたらゲーム開始。
支店の設定は上を弄らず下をマックス。

気分はヤンキー、メキシカン。そんな我がbankrupt社は初日から大きな動きを見せます。
こじんまりとしたオフィスの金庫の中には自決用の拳銃と、大好きなぬいぐるみ・・・

しかし私がこの中で一番好きなのは株と社債です。

株と社債を刷って、来るべき時に備えるのかと思いきや、オフィスのその先には研究所の扉があります。

私はトカゲのようにずりずりと這い回り、やっと目的のブツを見つけました。

そうです。外注:ライセンス:クズ同然のシャーシ、エンジン、ギアです。これで車体を開発できます。
車体?そうこれを忘れてはいけません。わが社の工場は絶賛稼働中。
しかし何も作っていません。

ライセンス:他社:フェートンから二種類のフェートンを契約し、オフィスへと這い戻ります。
価格は適当にニンゲンの数に合わせて置けば良いのです。
(その時々によって変わりますたぶん)

ずり落ちるように次の月に進んだところ。

なんだかやたら売れてます。
車体の開発費が浮いてますね。
これは嬉しいご破算!

ずりずりと5か月ほど飛ばします。

売れてますね・・・素直に・・・喜べない。

工場を拡大すべきかもしれません。
ニューヨークに支店を拡大。

さて、色々な部品の上にポンっと自社製の車体を乗っけた車が出来ました。
これは社運がかかっています!

3か月ほど飛ばしてもいいですか?

売れん。

しょうがないので?工場を拡大しましょう。

さてさてここからが普段は大変なんですね。

今回は・・・

ライセンス車売れすぎだろお前。それはねえよ。

バカみたいなニューヨーク+フィラデルフィアの需要に供給が追い付きません。

また工場を拡大か・・・・

・・・・・工場長出荷中・・・・

ここでライセンス車の寿命です。
自分で作るしかないなぁ!しょうがないなぁ!

でもラインが勿体ないのでとりあえず中継ぎでフェートンを2台ほどライセンス契約・・・

気が付くと1905年。工場は大きく、順風満帆。撮れ高がまるでない・・・・

ただ、輸送費がかさむ為メキシコはダメだなと思った。
次回はあるのだろうか。(添付の仕方を教えてください。)

添付の仕方を忘れたのか?

ハッハイ、申し訳ありませんボス!

破産の仕方も忘れたのか?

い、いいえ滅相もありません!ボス!

車の作り方も忘れたのか!!

覚えてますすみません!チャンスを!チャンスをください!

続く。