Top > 用語集 > diff


用語集 の変更点


 TITLE:用語集
 
 #contents()
 
 *英数 [#g50f87c2]
 :CC &color(Gray){[シーシー]};|
 1.クラウドコントロール
 敵集団にまとめてスタンを入れたり睡眠状態にしたりして、一時的に敵を無力化させること。
 このゲームではダンジョン内の通常モンスター・レアモンスターにはスタン耐性が付かないため、連続してスタンで”嵌め”ることができる。
 ボスモンスターには30秒の耐性が付くので、連続してスタンは出来ない。
 2.キャラクターチェンジ
 別のキャラクターでログインしなおすこと。
 主にこちらの意味で使われることが多い。
 
 :DOT &color(Gray){[ドット]};|
 damage over timeの略。
 定期的にダメージを与える効果のこと。代表的なものは毒。
 
 :FB  &color(Gray){[エフビー]};|
 フィールドボス(FieldBoss)の略。毎週木~日曜日に、決まったエリアに出現するボスのこと。
 4時間ごとに出現するが、必ず出現するとは限らない。
 ソレイユコースト、ルーンヒル、裁きの高地、トワイライトの森に出現する。
 また、それぞれに成就があるが、遭遇率が低い点に注意したい。
 
 :G &color(Gray){[ジー]};|
 Goldの略。「g」、「金」、「ゴールド」とも。本ゲームの通貨単位。
 所持金などで見られる黄色い円形画像の左側の数字を指す。
 金額を書き表す上で、S(s、銀、シルバー)と合わせて使われることが多い。
 ''参照:''金、S
 
 :HOT &color(Gray){[ホット]};|
 heal over timeの略。
 定期的にHPが回復する効果のこと。
 リジェネとも言う。
 杖のエリアルコート、琴のリトルラブソング、書のリバースなどが該当。
 
 :ID &color(Gray){[アイディー]};|
 instance dungeonの略。ダンジョンのこと。
 ''参照:''[[ダンジョン>ダンジョン(ID)]]
 また、募集時に[--ID]とある場合、この--にはLvを示す数字や行き先が入る。
 Lv--より入場可能なインスタントダンジョンを指す。
 よく[--ID n種](n=行く予定のIDの種類数)と用いられる。
 
 :MOB &color(Gray){[モブ]};|
 moving object、mobile objectの略。モンスターとほぼ同義。
 
 :S &color(Gray){[エス]};|
 Silverの略。[s]、「銀」、「シルバー」とも。本ゲームの通貨単位。
 所持金などで見られる白い円形画像の左側の数字を指す。
 1000S=1G となる。
 
 :WB &color(Gray){[ダブルビー]};|
 ワールドボス(WorldBoss)の略。コンドル高原と大雪嶺に出現するボスのこと。
 トレードチャットで流れる「k○(○はchの数字が入る)」、「y○」はこの2ヶ所の略語。
 4時間おきに沸くが、必ず沸くという訳ではないではないので、注意したい。
 
 :Wis &color(Gray){[ウィス]};|
 whisperの略。「ささやく」という意味を持つ。ここから「ささ」と略す人もいる。
 ささやきや個人チャットを指し、このゲームでは秘密チャットを指す。
 
 :3龍 &color(Gray){[さんりゅう]};|
 lv65より入場可能な高難易度IDである。
 3つのID 雷龍王 悲鳴の間、翔龍王 降臨の間、水龍王 波濤の間のこと。
 *あ行 [#g7245702]
 :赤床 &color(Gray){[あかゆか]};|
 敵の範囲スキルの効果範囲を示すエフェクトのこと。
 敵の周囲、ターゲットの周囲、一定距離にランダムと様々な種類がある。
 また、中には発生するまでターゲットを追尾し続ける赤床もあるので巻き込まないように注意しよう。
 赤床が見えたら基本は移動で避けましょう。
 
 :赤線 &color(Gray){[あかせん]};|
 敵の範囲スキル(赤床)のうち、直線上に伸びるものを指す。
 赤床は基本的に円形だが、赤線は単直線、複直線、放射状とバリエーションがある。
 赤床と同様移動で避けましょう。
 
 :赤道 &color(Gray){[あかみち・せきどう]};|
 55IDの「慟哭の洞穴」で2BOSSの「マンチスター」を倒した後に通る赤い通路のこと。
 敵の湧きが遅く、微妙に焦らされるのとドロップ品が無い為、走り抜けることが多い。
 
 :アグホタ &color(Gray){[-]};|
 ダンジョン「アグスの深穴」と「ホタルの洞窟」をあわせていう言い方。
 両ダンジョンはLvが同じためセットで攻略することが多い。この時のPT募集でよく使われる。
 例として「アグホタ6周」は「アグスの深穴とホタルの洞窟を3周ずつ行きます」という意味。
 
 :アニラス &color(Gray){[-]};|
 聖都ナディアで%%事あるごとに起源の使者からぼったくり%%、鍛冶全般を請け負う女性。
 よく「アラニス」と誤認識されるが正しくは「アニラス」。恥ずかしい思いをしないように気を付けよう。
 
 :異界エディブラ奇跡 &color(Gray){[いかいえでぃぶらきせき]};|
 異界・エディアネル神殿、ブライト秘境、奇跡の鉱道を合わせた呼び方。
 「異界エディブラ鉱道」とも呼ばれる。
 
 :異界3種6周 &color(Gray){[いかいさんしゅろくしゅう]};|
 LV60IDの異界・エディアネル神殿、ブライト秘境、奇跡の鉱道の(5人用と地獄級)を回るPT募集。
 入力文字数が多い場合によく用いられる。
 
 :異界4種8周 &color(Gray){[いかいよんしゅはっしゅう]};|
 上記に加え、異界・ソレイユコーストの5人用と地獄級を回るPT募集。
 基本的に4種と言えばソレイユだが、稀にルーンヒルの場合がある。
 
 :異グホタ &color(Gray){[いぐほた]};|
 異界・アグスの深穴、ホタルの洞窟を合わせた呼び方。
 「異界アグホタ」と呼ぶ人もいるが同じものを指す。
 
 :入り口狩り &color(Gray){[いりぐちかり]};|
 単に入り口、とも。パーティプレイでのダンジョン攻略法の一つ。
 釣り役になる人以外全員ダンジョン内の入り口付近で待機し、釣り役だけがボス前まですべての雑魚をトレインする。
 釣り役はボス前でわざと死に、すぐに復活ポイント(すなわち入り口)で復活する。
 こうすると、釣り役が今まで釣っていた雑魚が入り口に向かってくるようになる。ここでパーティ全員が迎撃を行う。
 利点として、死んでもすぐに最前線に立ちなおれるため経験値やドロップの漏れが起きにくいことがあげられる。
 ただし、入り口に突っ込んでくる雑魚を待つまでそこそこ時間がかかる、などのデメリットもある。
 募集で入り口、と書かれた場合は大抵このやり方。
 初心者や装備に自信がない人にお勧めだが対ボス耐性だけはしっかり整えておこう。
 *か行 [#sa84ac4e]
 
 :回収PT &color(Gray){[かいしゅうパーティ]};|
 PT募集の一種で、抜けたメンバーや予定しているメンバーを「回収」する為のPT募集。
 滅多に見かけないが、募集方法は他のIDと同じなので、募集文はしっかりと読もう。
 
 :覚醒 &color(Gray){[かくせい]};|
 2017年11月8日「神霧の渓谷」とともに実装された、Lv99から先のレベル。
 「覚醒の鍵」を入手しクエストをクリアすることで能力の開放が行われる。
 覚醒後のステータスが、会心率上限値より高い場合は会心ダメージ上限値が追加され、回避率上限値より高い場合は「絶対回避」が発動することがある。
 また、「神霧の峡谷」以降のマップに入るための条件でもあるので、ボスにチャレンジする場合はそれまでに培った己の腕と知識が試される。
 
 :金 &color(Gray){[きん]};|
 金貨の略。「G」、「g」、「ゴールド」とも。
 G表記よりもこちらの方がゲーム内で見かけることが多いかもしれない。
 ''参照:''G
 
 :拳刃 &color(Gray){[けんじん]};|
 このゲームにおけるダガーの別称。台湾版の呼称(拳刃)から。更に略して「拳」とも。
 「短剣」と呼ぶ人もいるが形状や戦闘スタイルのイメージに合わない為かなり少ない。
 なおダガーという名称はこの形状をした武器「ジャマダハル」の別称ブンディ・ダガーから。
 他のゲームなどで「カタール」と間違った名称をつけられた武器のこと。
 
 :経験値PT &color(Gray){[けいけんちパーティ]};|
 PT募集の一種
 
 :琴 &color(Gray){[こと]};|
 武器のハープのこと。
 転じて使用武器がハープのキャラクターや、PTのヒール役も指す。
 *さ行 [#xfd342ac]
 :サブ &color(Gray){[-]};|
 サブキャラまたはサブウェポンの意味。
 サブウェポンはセカンドウェポンの事を指します。
 例)サブ盾=セカンドウェポンがシールドソードの意味。
 サブキャラまたはサブ武器の意味。
 サブ武器はセカンドウェポンの事を指します。
 例)サブ盾=サブ武器がシールドソードの意味。
 
 :さるべるどー &color(Gray){[-]};|
 ダンジョン「サルビア神殿」と「ベルツへイムの殿堂」と「慟哭の洞穴」をあわせていう言い方。
 同lvのIDをセットで攻略することが多い。この時のPT募集でよく使われる。
 サルベルドウ、サルベル慟と募集する人も多い。
 
 :書 &color(Gray){[しょ]};|
 このゲームにおけるグリモワールの別称。「本」とも。
 
 :靭性 &color(Gray){[じんせい]};|
 黄金深淵や黄昏の密林などの地獄級IDのモンスターが備えている、被ダメージを50%減少する耐性。
 この耐性を持つ敵には貫通力を持つ武器を使用することで効果的にダメージを与えることができる。
 メイン武器とサブ武器にLv80製造武器を持てば相手のダメージ減少率は50-10*2=30%となる。
 (貫通力がゼロの場合と比較すると与えるダメージは50%→70%で1.4倍となる)
 
 :死んでも泣かない人 &color(Gray){[しんでもなかないひと]};|
 パーティ募集で使われる言葉。
 道中敵にやられて死んでも構わない人、文句を言わない人、寛容に許してくれる人などの意味で使われる。
 だがそもそもこう書かずとも、(特に地獄級・異界では)その覚悟でPTに加入するのが普通である。
 
 :スリープ &color(Gray){[-]};|
 書のスキル「サモンナイトメアサイン」のこと。
 「ナイトメア」「メア」等とも呼ばれる。
 だが、もっぱら「スリープ」と呼ぶのが一般的に広がっている。
 
 :セカンドウェポン &color(Gray){[-]};|
 Lv40で選択可能になるサブ武器。サブウェポンとも。
 セカンドウェポンのスキルを使えるようになるが
 Lv40で選択可能になるサブ武器のこと。サブウェポンとも。
 あくまでサブ的な扱いであるため、メインウェポンと比べると制限が多い。
 参照:[[セカンドウェポン]]
 参照:[[サブ武器]]
 
 :接頭語 &color(Gray){[せっとうご]};|
 (とくに、アイテム名において)本来の名前の前部についている修飾語。
 コレを読むだけでそのアイテムについている追加効果が分かる。
  例:バットフォースコア→”攻撃時ダメージの3%を吸収”を持つフォースコア
 [[装備アイテムの冠詞一覧>ドロップ装備OPテーブル]]
 [[ラピスの冠詞一覧>ラピス#tcbdcbbe]]
 ただし、この接頭語に記されるもののほかに、追加オプションされているアイテムも多々あります。
 
 :旋塵殿 &color(Gray){[せんじんでん]};|
 2015-1-27にアップデートされた、風の魔王ダンジョンのこと。
 サルビア神殿の上位ダンジョンだが、難易度は現時点で最高位である。
 炎の魔王ダンジョンとセットの2周、異界アグホタとセットの6周でPT募集されることが多い。
 
 :戦斧 &color(Gray){[せんぷ・いくさおの]};|
 このゲームにおけるバトルアックスの別称。更に略して「斧」とも。
 
 :殲滅 &color(Gray){[せんめつ]};|
 敵を倒しながらボスを目指す進行のこと。
 先頭を走れる盾や琴などの耐久装備者がいない時に用いられる進行方法である。
 PT募集時に耐久装備者がいない場合は、素直にこちらで進行するとよい。
 参照:ボス直、ボス前、入り口
 
 :双剣 &color(Gray){[そうけん]};|
 このゲームにおけるツインソードの別称。
 厳密には銃も「双」なのだが大抵「双」のみの場合はこちらを指す。
 
 :双銃 &color(Gray){[そうじゅう]};|
 このゲームにおけるダブルガンの別称。更に略して「銃」とも。
 *た行 [#c1d3a194]
 :ダクパニ &color(Gray){[-]};|
 80製造防具のダークパニッシュセットのこと。ダーパニとも。
 
 :タゲ &color(Gray){[-]};|
 ターゲットの略。
 自分が今狙っているor狙われている対象のこと。標的。
 
 :盾剣 &color(Gray){[たてけん]};|
 このゲームにおけるシールドソードの別称。左右が逆転した「剣盾」や、更に略して「盾」とも。
 
 :ダメージカット &color(Gray){[-]};|
 呼称はダメージ減算、ID減算、特殊減算など。
 ゲーム中堂々と表記されている靭性とは異なり、ダメージログを見なければその存在を把握できない。
 ID毎にプレイヤー与ダメージの減少率が設定されており、
 異界の地獄級などでは概ね90%ものダメージがカットされる。
 この減算への対抗策としてヘッドアバターカードのボスマイト、ラピスOPのダメージ+2%、
 ハティーやモロスといったダメージ増加率を上げる装備をつけることが挙げられる。
 自分のダメージ増加率はキャラクター装備画面の右下「装備リスト」から攻撃値タブを選択し、
 ダメージ増加率を見ることで確認できる。
 ただし、&color(red){メイン武器および属性に対するダメージ増加率はダメージカットに関係なく、そのまま乗算する。};
  例.異界エディアネル神殿地獄級のニノ(ダメージカット90%闇属性の敵)に対して
  ◆メイン武器ダメージ増加率10%、ボスモンスターダメージ増加率10%、闇属性ダメージ増加率10%の場合
  1.10×(100-90+10)×1.10=24.4
  ◆すべての増加率が0%の場合
  1.00×(100-90+0)×1.00=10
  となりダメージカット率の高いIDのボスモンスターには、ボスモンスターダメージ増加率(通称ボスダメ)を
  上げることでより効果的にダメージを与えられることがわかる。
 
 :直 &color(Gray){[ちょく]};|
 ボス直の略。
 主に盾や琴の耐久力のある職に先頭を走ってもらい、道中の敵をボスとともに倒すこと。
 火力のあるPTでは主流だが、慣れていないと追いつけない、ドロップがもらえない等のデメリットも。
 装備が整っていない内は募集しない、又は、走れる方やギルメンを募集しよう。
 ''参照'':ボス直
 
 :追撃 &color(Gray){[ついげき]};|
 攻撃時に一定の確率で、追加攻撃としてダメージを与える効果のこと。
 連撃とも言われるが、ゲーム内での表記は追撃である。
 追撃ダメージは基本的に''50%''だが、ボルテージIII等は90%と発動すれば非常に強力。
 つまり追撃が発動すれば与えたダメージに加え、さらに与えたダメージの50%を追加で与えることができる。
 
 :杖 &color(Gray){[つえ]};|
 このゲームにおけるロッドの別称。
 
 :デバフ &color(Gray){[-]};|
 ステータスを下げる効果のこと。debuff。
 ''⇔''バフ
 
 :天使釣り &color(Gray){[てんしつり]};|
 55IDの「ベルツヘイムの殿堂」のロクサール~ホルス間のモンスター「墜落した天使」を
 ホルス前までトレイン役が釣ること。
 
 :トレイン &color(Gray){[-]};|
 ダンジョンの攻略方法の一つ。盾役が雑魚をひきつけてPTの先頭を走っていくやり方。
 PTが列車のように縦長になることから。
 PT募集で書かれている場合は盾役について走っていこう。
 ボス前かボス直かが明示されていない場合は、事前に聞くか様子を見て対応しよう。
 参考:ボス直、ボス前、走ります
 ''⇔''ゆっくり
 *な行 [#cfb55ed5]
 
 *は行 [#ca13ffbc]
 :走ります &color(Gray){[はしります]};|
 ''参照:''トレイン
 
 :バット &color(Gray){[-]};|
 装備名の前に付く、接頭語オプションの内の一つ。「バットコア」、「吸収」とも。英語のbat(蝙蝠)から。
 スキル攻撃のダメージも吸収の対象となり、複数に攻撃した場合はダメージを与えた全ての敵から3%づつ吸収する。
 ダンジョンでの火力役のHP管理に欠かせない神補正といえる。
 補正の詳細は[[アイテムの接頭語、他仕様について>ドロップ装備OPテーブル]]
 Q.「メインとサブ武器のバットは重複するんですか?」
 A.「&color(Red){武器の色が違うもの同士であれば3%+3%の計6%吸収};となる。」
 例外として、武器の色が青と白の場合は片方のみ適用された3%吸収となるので注意。
 
 :バフ &color(Gray){[-]};|
 ステータスを上げる効果のこと。buff。
 ''⇔''デバフ
 
 :ハム &color(Gray){[-]};|
 ダンジョンを周回することを、ハムスターが回し車を回す様子に喩えた表現。
 使用例:アグホタハムりましょう→アグホタ周回やりましょう
 余談だが、トワイライト森掲示板ID「ポケット大戦争」にてそれらしき名前のフルーツラットが確認できる。
 紫のフルーツラットをこう呼ぶ傾向にあるらしい…?
 
 :ハムポイント &color(Gray){[-]};|
 2014年2月26日のアップデートで実装された、''神域ポイント''のこと。
 ダンジョン・天空の塔でのみ獲得できることから。
 いわゆる一種の「救済措置」であり、一定のポイントが溜まれば確実に奥義書やレシピなどと交換できる。
 
 :複合ラピス &color(Gray){[ふくごうらぴす]};|
 ラピスの入手時に固有オプションとは別にランダムでオプションが2種類付与されるが、
 両方のオプションに属性ダメージ増加が含まれて居ないラピスの事をこう呼ぶ人がいる。
 実際は属性ダメージもれっきとしたオプションの1つであり、1つしかオプションがついていない物など無い。
 つまり、本来こう呼ぶのは間違っているがまかり通ってしまっている。
 ''参照:''[[ラピス]]
 
 :フルミネボルテージ &color(Gray){[-]};|
 幻神守護のこと。通常攻撃速度が25%増加する。
 ガルダ、ギルガメッシュ、シヴァ、イフリート、クレオパトラの☆1守護が該当する。
 通常攻撃を挟む職の場合、上記いずれかの幻神を連れ歩く事を推奨される。
 
 :ヘイト &color(Gray){[-]};|
 モンスターそれぞれが持つプレーヤーキャラクターに対する敵対心のこと。
 英語のhateから。
 画面上は表示されない値で、プレーヤーキャラクターの行動によって増減する。
 通常、モンスターはヘイトが高いプレーヤーキャラクターを攻撃する。
 ''参照:''[[パーティ]]
 
 :砲 &color(Gray){[ほう]};|
 このゲームにおけるキャノンの別称。
 ドッカンドッカンと豪快なSEを鳴らしながら攻撃する、見ているだけでもなかなか楽しめる武器。
 不思議と「大砲」呼びは見かけない気がする。
 
 :ボス直 &color(Gray){[ぼすちょく]};|
 トレインの止まるタイミングの一つ。ボスで止まること。直とも。
 ボスで止まりトレインで集めた雑魚とボスをまとめて片付けること。
 ボス前より効率が良く、ダンジョンに対しPTに余裕がある場合に用いられることが多い。
 ボス直とボス前を混同しない様に気を付けるべし。
 ''参照:''トレイン、ボス前、入り口、殲滅
 
 :ボス前 &color(Gray){[ぼすまえ]};|
 トレインの止まるタイミングの一つ。ボス前で止まること。前とも。
 ボスが反応しないくらい手前で止まりトレインで集めた雑魚だけを片付け、その後に改めてボスに挑むこと。
 雑魚を片付ける際には流れ弾がボスに行かないように注意。
 ボス直より安定するため、ダンジョンに対しPTにあまり余裕が無い場合に用いられることが多い。
 ''参照:''トレイン、ボス直、入り口、殲滅
 
 :ボスモンスター &color(Gray){[-]};|
 名前の上部に金色の王冠が付いているモンスター。ダンジョンボスなど。
 *ま行 [#ua69972b]
 :前 &color(Gray){[まえ]};|
 ボス前の略称。
 進行はボス直(直)と同じだが、ボスが反応する手前でトレインした敵を倒す。
 ボスを確実に倒せるので、ボス直に自信がない場合や移動速度の遅い人がいる場合、こちらで進行するとよい。
 こちらも装備が整っていない内は募集しない、又は、走れる方やギルメンを募集しよう。
 参照:ボス前
 
 :魔王2種 &color(Gray){[まおうにしゅ]};|
 熔哭洞、旋塵殿の総称。
 異界よりも難易度が高いので、装備が整っていないと非常に辛い場所である。
 
 :紫床 &color(Gray){[むらさきゆか]};|
 赤床の亜種。
 赤床と違う点は「ボスから扇状に出る」、「吹き飛ばし効果がついている」こと。
 主に天空の塔のボスが使ってくるが、出が早いので現状では見てから避けることはほぼ不可能。
 
 :モン研 &color(Gray){[もんけん]};|
 忘却の要塞にある、「モンスター研究所」のこと。3人で入場可能だが、1~2人で入場も可能。
 また、上限人数が3人である事から、次元ホールとセットで募集する人が多い。
 3人用の召喚は1日1回で、1度召喚装置を受け取ると、再召喚不可のバフがかかる。リセットは朝6時。
 モール専用は、Gモールで販売中の「特殊召喚装置」2種を使用できる。販売はどちらも1週間に10個までだが、再召喚不可のバフはない。
 2018年10月31日のアップデートでGモールでの販売が終了、幻想モールにて幻想チケットを使用して購入出来るようになった。
 *や行 [#ed3e70bf]
 :床ペロ &color(Gray){[ゆかぺろ]};|
 死亡の暗喩表現で、死んだキャラクターが床に倒れている様が、床をなめているように見えることから。
 自身に対して自虐的に使うこともあれば、相手に対して中傷的に使うこともある。
 いつ頃から流行したのかは分からないが元々自虐・中傷の造語なのでこの言葉を不快に感じる人も居る。注意。
 
 :ゆっくり(進行) &color(Gray){[ゆっくり(しんこう)]};|
 ダンジョンの攻略方法の一つ。雑魚の塊ごとに殲滅して少しずつ進んでいくやり方。
 ボス前よりもさらに安定するため、慎重に行きたいときに用いられることが多い。
 ''⇔''トレイン
 
 :弓 &color(Gray){[ゆみ]};|
 このゲームにおけるアークスの別称。
 [arc]、もしくは語源の方の[arcus]という単語からだと思われる。
 同じ意味を持つ[bow]を使ったバトルボウの方がメジャーだが、他ゲームとの差別化を図っているのかもしれない。
 
 :熔哭洞 &color(Gray){[ようこくどう]};|
 2015-1-7にアップデートされた、炎の魔王ダンジョンのこと。
 慟哭の洞穴の上位ダンジョンだが、難易度は現時点で最高位である。
 風の魔王ダンジョンとセットの2周、異界アグホタとセットの6周でPT募集されることが多い。
 *ら行 [#n4bb3c1e]
 :ラピスガチャ &color(Gray){[-]};|
 奥義マスターが販売している各スキルのラピスを、ダメージ2%がついている物が出るまで買うこと。
 ''類義:''ラピス掘り、ラピガチャ
 
 :ランタゲ &color(Gray){[-]};|
 ランダムターゲットの略。ヘイトを無視してランダムにパーティプレイヤーに攻撃を仕掛けてくること。
 ダンジョン内でこの技を持つ敵が多く見られる。
 剣盾等がヘイトをとっているのに他のメンバーが死ぬのはランタゲのせいなので、責めないようにしよう。
 
 :リジェネ &color(Gray){[-]};|
 ''参照:''HOT
 
 :レアモンスター &color(Gray){[-]};|
 名前の上部に銀色の王冠がついている特殊なモンスター。
 主にフィールドに生息しているモンスターの事をいう。
 *わ行 [#j7c93018]
 
 *コメント [#w7e898d0]
 #pcomment(,10,reply)