バッグ/聖遺物

Last-modified: 2022-09-14 (水) 15:30:34

武器片手剣 | 両手剣 | 長柄武器 | 法器 | || 武器/物語
聖遺物聖遺物/セット効果 | 聖遺物(バッグ) || 聖遺物/物語


バッグ聖遺物 | 育成アイテム | 食べ物 | 材料 | 便利アイテム | 任務 | 貴重アイテム | 調度品 |


聖遺物

※聖遺物の仕様や厳選は聖遺物、入手先・セット効果などはセット効果を参照下さい。
※画像は左から、生の花・死の羽・時の砂・空の杯・理の冠の順です。
※目当ての聖遺物がある場合はブラウザのページ内検索機能をご利用ください。


目次

過去の小ネタ

Ver2.0以前は、秘境報酬の一覧画面において、一部聖遺物セットの名称が統一されていなかった。(括弧)内が秘境報酬で表示されていたシリーズ名

  • 医者(仁愛)
  • 亡命者(遺贈)
  • 勇士の心(勇者の心)
  • 氷風を彷徨う勇士(寒冬を制す勇者)
  • 沈淪の心(征浪の人)

セット名レア度画像
カテゴリアイテム名説明(原文)
冒険者☆3、☆2、☆1
生の花冒険者の花深き古都の絶境で手に入れた花、自慢の勲章として胸元につけられた。
死の羽冒険者の羽根異国の不思議な鳥から取った羽根、この大陸では非常に珍しい。
時の砂冒険者の懐中時計太陽が見えない深淵や失われた古都で探検する冒険者はよく時間を忘れてしまう。
空の杯冒険者の金杯冒険の戦利品だと思われる。欠けはあるが、それでも自慢できるものだ。
理の冠冒険者のバンダナ冒険時の汗と塵がたくさんついたバンダナは少し汚れているが、それでも冒険者の自慢である。
幸運☆3、☆2、☆1
生の花幸運のクローバー気ままに成長した四つ葉のクローバーは幸運の象徴である。
死の羽幸運の鷹の羽根襲ってくる魔物は鷹の捕食対象になった…そういう幸運をもたらす羽根である。
時の砂幸運の砂時計穴が開いて中身が空っぽになった砂時計。時間の流れは気ままに生きる人にとって何の意味もない。
空の杯幸運のコップ繊細な作りをした金属容器、泥棒退治に使われたこともあるとか。
理の冠幸運の冠穴に落ちたと思ったら、貴族の宝庫を発見した。これはまさにその記念品である。
医者☆3、☆2、☆1
生の花医者のアネモネ貴重な薬材だったが、長い間放置されて薬としての価値を失った。
死の羽医者の梟の羽根夜行性猛禽の硬い羽根。夜に仕事する時はそれを見て自分を励ます。
時の砂医者の懐中時計時間を測るための道具。医者は、1秒でも無駄にしたくない。
空の杯医者の薬壺精錬後の薬でいっぱいだった壺も、今は濃い薬のにおいしか残っていない。
理の冠医者の方巾普段は乱れた髪を束ねる。緊急時は捻挫、骨折した腕の固定にも使える。
旅人の心☆4、☆3
生の花故人の心藍色の小花、花茎に誰かのリボンがついている。
死の羽帰郷の羽青い矢羽、その中に旅人の消えていった眷恋が宿っている。
時の砂逐光の石世の移り変わりを経験してきた日時計、永遠に静かに時の循環を記録している。
空の杯異国の杯素朴な白い磁器の酒盃、かつては歓喜のお酒に満ちていた。
理の冠別離の冠春の気配が漂う柳の冠。
奇跡☆4、☆3
生の花奇跡の花岩石の中に生えた花。光を求める花は、硬い岩壁でも引き裂く。
死の羽奇跡の羽根素早いスピードを持つ猛禽の羽根、あの奇跡のような一撃は肉眼では捕捉しきれないものである。
時の砂奇跡の砂普通の砂時計に見えるが、乾いた砂は水のように動く。
空の杯奇跡のコップ占いの時に使うコップだが、水を入れることも可能だ。
理の冠奇跡のピアス安いアクセサリーだが、遠古時代の隕石から取った不思議な金属でできたもの。
狂戦士☆4、☆3、(☆2)*1
生の花狂戦士の薔薇赤く染まった綺麗な花、狂戦士の気質と微妙に釣り合う。
死の羽狂戦士の羽根伝説の死を告げる鳥の勝色の尾羽、今は一部が赤く染まっている。
時の砂狂戦士の時計永遠に無情に流れ続ける砂時計。狂戦士に戦場にいられる時間と余命の時間を教える。
空の杯狂戦士のコップある種の巨大獣の骨でできたコップ。ある死闘の後の獲物。
理の冠狂戦士の仮面生死を問わない激戦で、半分に割れた怖気の鉄仮面。
教官☆4、☆3
生の花教官の花飾り胸にこの花を付ける時は、今日は訓練しないという意味だ。
死の羽教官の羽飾り攻撃の力量を無にすることが得意な教官は、風で羽飾りが吹き飛ばされるようなことは発生させない。
時の砂教官の懐中時計正しい時間の確認に使えない懐中時計だが、訓練の時間なら測ることができる。
空の杯教官のティーカップ普通のティーカップだが、生徒からするとそれは教官の権力を象徴するものである。
理の冠教官の帽子制式化された教官帽子。昇級を拒んだ軍官のみが得られる栄誉。
亡命者☆4、☆3
生の花亡命者の花薄暗い花、たとえ亡命の身になっても手放すことはないから、きっとなにか意味はあるのであろう。
死の羽亡命者の羽根装飾物ではなく、亡命の旅の途中で偶然手に入れた羽根である。
時の砂亡命者の懐中時計水晶でできた風防は砕け、針も全部なくなったが。それでも捨てられない。
空の杯亡命者のコップ薄暗い重金属でできたコップ。外側には宝石の装飾があったが、今はもうなくなった。
理の冠亡命者の冠高貴だった冠。本来高貴な身分が廃却されたように、身分を象徴する部分が刀によって壊された。
守護の心☆4、☆3
生の花守護の花守護者が大事にしていた菖蒲。しかし愛しい人に贈る日を迎えられなかった。
死の羽守護の印ある人の「堅い盾になりたい」という意志を象徴する羽根型の安全ピン。
時の砂守護の置き時計時間を示す道具。月のない暗い夜に唯一時間を教えてくれるもの。
空の杯守護の瓶金属の容器。長い夜の孤独を解消してくれるある液体が入れられる。
理の冠守護の帯夜色に染まった藍色の織物。緊急時に包帯として使える。
勇士の心☆4、☆3
生の花勇士の勲章胸元につける素朴な小花、冒険の後に入手した記念品である。
死の羽勇士の期待明るいスズメの羽根。小さな勇気をもたらしてくれる。
時の砂勇士の毅然古くて小さな砂時計、実用性がない。時の流れのように不思議である。
空の杯勇士の壮行雑な木製の容器、中には思い出がたくさんある。
理の冠勇士の冠粗雑に編まれた草の冠。一部の人にとって、この冠は金の冠ように貴重だろう。
武人☆4、☆3
生の花武人の赤い花武芸を習う者は花を好まないが、この痛みを麻痺させる赤い花だけは別だ。
死の羽武人の羽飾りどこにもある鳥の羽根、熟練者はそれを鍛錬に使い、初心者はそれに扇子の素材に使う。
時の砂武人の水時計忍耐力の鍛錬時に使う道具、砂時計より安定している。
空の杯武人の酒器繊細な作りをした金属の杯、武人が出陣する前に使う儀式の道具でしかない。
理の冠武人のバンダナ武人としての基本は精・気・神。バンダナをつけて、この三文字を忘れないようにする。
博徒☆4、☆3
生の花博徒の花飾り大きくて華麗な花。事前に用意したサイコロを隠すことができる。
死の羽博徒の羽飾り大型鳥の羽根、運命を変えられるカードを隠すことができる。
時の砂博徒の懐中時計壊れた懐中時計、かつて致命的な攻撃から持ち主を救ったことがある。
空の杯博徒のツボ特製品。単一用途の容器だが、詐欺用のからくりはない。
理の冠博徒のピアスこの青のイヤリングをつけると冷静に状況とリスクを分析し、危機を避けられるようになる。
学者☆4、☆3、(☆2)*2
生の花学者のしおりしおりに使われた乾燥花、書籍の匂いがする。
死の羽学者の羽根ペンペンに作られたある鳥類の尾羽、根元は洗っても消えないほどの黒である。
時の砂学者の時計机に置くのに適した時計。研究に没頭する学者に時間を教える。
空の杯学者のコップ水を飲むための容器だったが、筆を洗う容器に使われたため、真っ黒に染まった。
理の冠学者のレンズ大量の読書によってダメージを受けた視力はこれがあれば問題ない。
火祭りの人☆4、☆3
理の冠火祭りの冠大昔の時代の司祭が使用していた冠。長年火に焼かれていたため、不思議な耐性を持っている。
水祭りの人☆4、☆3
理の冠水祭りの冠大昔の時代の司祭が使用していた冠。長年水に浸かっていたため、不思議な耐性を持っている。
雷祭りの人☆4、☆3
理の冠雷祭りの冠大昔の時代の司祭が使用していた冠。長年雷鳴を傾聴していたため、不思議な耐性を持っている。
氷祭りの人☆4、☆3
理の冠氷祭りの冠大昔の時代の司祭が使用していた冠。過去に寒さを味わっていたため、不思議な耐性を持っている。
 
セット名レア度画像
カテゴリアイテム名説明(原文)
氷風を彷徨う勇士☆5、☆4
生の花吹雪の中の思い絶滅した氷河の花、上には凍った露がある。孤高な勇士もかつてこの花のために身を屈したらしい。
死の羽氷を砕く執念極寒の冬を放つ鳥の羽。この猛禽が、雪原と氷峰の上で羽根を羽ばたかせた風を感じ取れるようだ。
時の砂雪覆う故郷の最後勇士の帰りを待つ故郷の人々が使っていた時計。その中を流れるのは砂ではなく、溶けない氷の屑のである。
空の杯霜を纏った気骨寒氷でできたコップ、冬のように堅い。かつての持ち主はそれで不凍の酒を飲んだらしい。
理の冠氷雪を踏む音氷雪を征服すると夢見る古代英雄の冠、寒い冬に直面しても怯まない勇気の証。
雷を鎮める尊者☆5、☆4
生の花雷討ちの心雷霆の中に咲き誇る花、今でも雷雨の中を行く人々に勇気を与える。
死の羽雷討ちの羽根伝説によると、雷電を退治した英雄が使用していたバッジ、狂雷の中を飛ぶ猛禽の羽根でできたらしい。
時の砂雷討ちの刻雷電を退治した勇士が使用していた時計、中の雷の結晶は雷電のように過ぎていく時間と共に落ちていく。
空の杯雷討ちの器雷討ちの勇士の盃。雷の魔獣を退治した英雄がこの盃を使って紫電を飲んだらしい。
理の冠雷討ちの冠雷討ちの勇士の冠。古き英雄が大地に害をなす雷の魔獣を倒して獲得した冠である。
烈火を渡る賢者☆5、☆4
生の花火渡りの堅実烈火の中で咲く花、古代の知者はそれをつけて火の海に入ったらしい。
死の羽火渡りの解放火を浴びる孤高な鳥の羽根、炎の中で羽ばたく音が聞こえる。
時の砂火渡りの苦しみ光る熱砂が流れる砂時計。砂は流れていき、何の烙印も残さない。
空の杯火渡りの悟り流火の高熱を耐えるコップ、何が入っていなくてもその熱さを感じられる。
理の冠火渡りの知恵火の海を渡った賢者の冠、熱い浪の中に立つ古い姿を映したものである。
愛される少女☆5、☆4
生の花彼方にある少女の心永遠に咲く花、長い時を経ても枯れずに香りを放ち続ける。
死の羽少女の揺らぐ思い誰かの思いを乗せた羽根飾り、まるで風と共に遠くへ去った渡り鳥のようだ。
時の砂少女の短い華年時計の針に終点はないが、少女の愛される歳月はそうではない。
空の杯少女の暫く息抜き酒ではなく紅茶の容器。中は苦い味ではなく甘い味である。
理の冠少女の儚き顔丁寧に手入れされた帽子、目じりの皺をも完璧に隠せる。
剣闘士のフィナーレ☆5、☆4
生の花剣闘士の未練伝説の剣闘士がなぜこの花を胸につけたか誰も知らない。これは残酷な戦士にある唯一の弱点だ。
死の羽剣闘士の帰着ハヤブサのように飛ぶ夢の羽根、自由の鳥は彼の心にこの羽根を落とした。
時の砂剣闘士の希望剣闘士が戦場にいる年月を記録した時計。本人にとって、それは自由への道の象徴でもある。
空の杯剣闘士の酩酊古代の剣闘士が勝利の酒を楽しむ金の盃。盃には彼の歳月に満ちていて、彼が倒れる最後の時まで。
理の冠剣闘士の凱旋古代伝説の剣闘士の兜。数え切れないほど敵の鮮血を浴び、数え切れないほどの歓声を浴びた。
翠緑の影☆5、☆4
生の花野花の記憶の草原かつてある場所に咲いた野花、大地を離れ、狩人の胸につけられた。
死の羽狩人の青緑色の矢羽一瞬で獲物を貫通した矢羽、今でも綺麗に整えられている。
時の砂緑の狩人の決心狩人が持ち歩いていた奇妙な機械、永遠に獲物を指す。
空の杯緑の狩人の容器緑の狩人が使用していた革水筒、中の空間は想像よりもずっと大きい。
理の冠緑の狩人の冠かつて緑の狩人が使用していた自慢の冠、野原の風のような青緑色が特徴。
大地を流浪する楽団☆5、☆4
生の花楽団の朝の光小さい花の形をしたバッジ。耳をすませば、笛の音や歌声を聞こえるかもしれない。
死の羽琴師の矢羽青藍色の矢羽、長い年月の中で少しも色褪せない。水の流れのような琴の音さえ聞こえるようだ。
時の砂フィナーレの時計楽団の演奏に使用されていた砂時計、きちんとした音を出していたが、彼らのパフォーマンスはとうに幕を閉じた。
空の杯吟遊者の水筒変わった形をした水筒、内側に弦があって、水の流れと共に旋律のない音楽を奏でる。
理の冠指揮者のハット長い年月を経ても、輝きを失わない礼帽。古い滑らかな音楽の音さえ聞こえるようだ。
雷のような怒り☆5、☆4
生の花雷鳥の憐み災難の日に紫炎の怒りから逃れ、災禍の生き残りとなった雷色の花。
死の羽雷災の生存者雷の羽根は雷の魔鳥が与えた残酷な罰の証、落ちた羽根にその怒りを表す雷光がちらつく。
時の砂雷霆の時計雷鳥を信奉する部落が天空の雷の主が降臨の予告に使われた砂時計。一族の終焉によって永遠の静止に陥った。
空の杯落雷の前兆鮮血が注がれた儀式の杯、雷鳴が中に響き渡るように願う。最終的に雷のような怒りが溢れていた。
理の冠雷を呼ぶ冠雷の魔鳥を崇拝した古代のシャーマンが被っていた冠。純粋な信仰は気ままに生きる魔獣を感動させることはなかった。
燃え盛る炎の魔女☆5、☆4
生の花魔女の炎の花かつて世の魔物を全て燃やそうと夢見た炎の魔女が触れた花、名も無き炎は触れた人を優しく舐める。
死の羽魔女の炎の羽根かつて世の魔物を全て燃やそうと夢見た炎の魔女が触れた鳥の羽根、常に烈炎と同じ温度を保っている。
時の砂魔女の破滅の時かつて世の魔物を全て燃やそうと夢見た炎の魔女が使用していた時計、中に流れているのは魔女が炎に捧げた歳月である。
空の杯魔女の心の炎かつて世の魔物を全て燃やそうと夢見た炎の魔女が残した流火の甕。中の炎は消えない、まるで魔女その人のようだ。
理の冠焦げた魔女の帽子かつて世の魔物を全て燃やそうと夢見た炎の魔女が被っていた帽子。広いツバは彼女の視線を隠した。
旧貴族のしつけ☆5、☆4
生の花旧貴族の花絹で作った琉璃色の花、様々な場面で付けられた。今でも捨てられた日と同じくらい鮮やかである。
死の羽旧貴族の羽根モンドの旧貴族が狩りの時に帽子につけた羽根、今でもまっすぐに立っていて、時間の影響を受けていない。
時の砂旧貴族の時計モンドの旧貴族の懐中時計、長い族譜と共に今日に伝わった。
空の杯旧貴族の銀瓶モンドの旧貴族が使っていた瓶、中身は何もなく、悲しい風の音だけが響いている。
理の冠旧貴族の仮面モンドの旧貴族が舞踏会に使用していた仮面、空洞となった目の縁は今でも昔の光景を見つめている。
血染めの騎士道☆5、☆4
生の花血染めの鉄の心血に黒く染められ、鋼鉄のように硬くなった花。過去の持ち主にとって、記念品の一つかもしれない。
死の羽血染めの黒羽騎士のマントにあった羽根、大量の黒い血を浴びたせいで黒に染まった。
時の砂騎士が血に染めた時騎士が使用していた時計。中の液体は完全に固体になり、時計としての機能を失った。
空の杯血染めの騎士のコップ血染めの騎士が持つ金属の杯。外側は硝煙と乾いた血の影響で黒くなった。
理の冠血染めの鉄仮面騎士が顔を隠すための鉄仮面、仮面の下の顔は誰も知らない。
悠久の磐岩☆5、☆4
生の花盤石芽生の花磐陀巨岩に咲いた金石の花。花びらが風と踊り、生気が宿るように感じられる。
死の羽嵯峨連山の翼磯岩巨鳶の硬い羽根、玄石の羽先が露を凍らすことがたまにある。
時の砂星羅圭玉の日時計丸一枚の圭璧を彫って作られた日時計、模様は無数の星が連なっているように見える。無言のままに時間の流れを記録している。
空の杯危岩盤石の杯華麗さと荘厳さを併せ持つ杯、千年前は美酒に満ちていた。
理の冠不動玄岩の相玄石を彫って作られた荘厳な仮面、形のない両眼が冷たく永遠に前方を凝視する。
逆飛びの流星☆5、☆4
生の花夏祭りの花永遠に咲き続ける造花、その中には命が宿っているかな?
死の羽夏祭りの終わり精巧な木製ダーツ。終点に着くまでは止まらない物。
時の砂夏祭りの刻ある時間に止まった懐中時計。
空の杯夏祭りの水風船夏祭りでは水風船がよく見られる。しかしこれほど精巧な水風船はこの一個しかない。
理の冠夏祭りの仮面伝説の神のイメージを元に作った仮面、とても流行っているもの。
沈淪の心☆5、☆4
生の花金メッキのコサージュ仄暗い色をしたクロークピン。金色のメッキは既に海風に削り取られてしまった。
死の羽追憶の風咽び泣く海風と、鮮やかな赤い波が連れてきた羽。長い年月がその形状と色を変えた。
時の砂硬い銅のコンパス旧式の銅製のコンパス。針は始終、港の存在しない遥か彼方を示している。
空の杯浮沈の杯何気なくすくい上げた色あせた酒杯、仄暗い外観は波の底にいた日々について囁いでいる。
理の冠酒に漬けた帽子旧式の船長帽、今でも抜けきらない酒の匂いが纏わり付き、酒の痕跡があちこちに染みついている。
千岩牢固☆5、☆4
生の花偉勲の花金箔で作られた精巧な花。所有者の功績と栄誉を象徴している。
死の羽昭武の羽根式典の際に着用し、外国からの訪問者に威厳を示す羽毛。
時の砂金銅の日時計素朴な見た目の計時器。戦争の時代、千岩軍の標準装備だった。
空の杯誓いの金杯千岩軍が誓いの時に使う黄金の杯。酒の香が少し残っている。
理の冠将帥の兜古きから伝わる華麗な兜。埃を拭き取ると新品同様に明るく光る。
蒼白の炎☆5、☆4
生の花無垢の花決して枯れず色褪せない、青くて硬い造花。
死の羽良医の羽非常に鋭いふちを持つ不吉な羽。異類の不羈を象徴しているのかもしれない。
時の砂停頓の時ふたが開かない懐中時計。時間の経過と同時に、しっかりカチコチと音を立てる。
空の杯超越の盃何年もの歳月を経たか見た目からは全く見当がつかない精巧な盃。
理の冠瞳笑の面誰にも表情がわからないように顔を隠すことができるマスク。
追憶のしめ縄☆5、☆4
生の花羈絆の花精巧な水引お守り。願いを叶える力を秘めているとの噂。
死の羽憶念の矢少し古い仕様の破魔矢。何者かによって大切に保管されているようだ。
時の砂朝露の時水引と鈴で装飾された銅の懐中時計。時は、ある秋の夜明けに永遠に止まっているようだ。
空の杯祈望の心特製のおみくじ筒。底面には、望ましくないくじを簡単に取り除くことができるからくりが組み込まれている。
理の冠無常の面丁寧に保存された儀式用の狐面。常に奇怪な微笑みを浮かべている。
絶縁の旗印☆5、☆4
生の花威厳の鰐将軍を裏切った鬼人が、かつて授かった美しい鍔。
死の羽切落の羽ある天狗の所有物であった黒羽。昔の剣豪が秘蔵していた記念品。
時の砂雷雲の印籠黒色の細緻な印籠。光り輝く螺鈿と精巧な金物が装飾されている。
空の杯緋花の壺精巧な酒壺。かつて、名が轟く武人の酒用の器だった。
理の冠華飾の兜高貴な武士が着用していた、頑丈で硬い兜。
海染硨磲☆5、☆4
生の花海染の花多様に変化する海の色を帯びた、しなやかな花。月明かりに照らされると、不思議な色彩を反射する。
死の羽淵宮の羽珊瑚と同じ色をした脆き彩羽。巫女の羽衣に使われていたらしい。
時の砂別れの貝底なしの深き海に由来する、透き通った無垢の貝殻。
空の杯真珠の籠海祇島の巫女たちが祀る真珠。常に微かな光を放っており、その光が弱まることはない。
理の冠海祇の冠忘れ去られた「神人」が所有していた精巧な古の冠。今は海祇の人々によって大切に保管されている。
華館夢醒形骸記☆5、☆4
生の花栄花の期六枚の花びらを模した小さな金の飾り。枯れることのないその姿は、世の儚い栄華を知り尽くしているようだ。
死の羽華館の羽俗世間より切り離されし館から持ち出された矢羽状の物証。作り手の憐憫により、眠りについたある亡き骸と共に館へと置かれた。
時の砂衆生の歌稲妻にとって舶来の小物。芯部は既に取り外されており、針も回っていない。
空の杯夢醒の瓢箪黒漆と金粉で彩られたひょうたん。本来どのような色だったのかは、もはや知るすベはない。主に演劇の小道具として使われていたようだ。
理の冠形骸の笠かつて流浪者を日の光や雨から守った笠。後に顔や表情を隠すのに役立つ道具となった。
辰砂往生録☆5、☆4 [添付]
生の花生霊の華いにしえの時を思い起こす品。まるで数百年前に保存された生霊のごとく生気を放っている。
死の羽潜光の羽薄暗い質感を持った羽。重々しい記憶を秘めている。
時の砂陽轡の造品頑丈な見た目をした古代の時計。晶砂の光沢が特徴的。
空の杯契約の時いにしえの晶砂の杯。歳月の侵食を受けてもなお、まだ色褪せてはいないようだ。
理の冠虺雷の姿山民が夜叉のために作ったと言われる冠。古朴な見た目だが、光沢があり艶やかである。
来歆の余響☆5、☆4 [添付]
生の花魂香の花花の形をした宝玉の彫刻。幽幽たる魂の気を纏っている。
死の羽垂玉の葉葉っぱの形をした玉佩。かつて、ある友人たちの間で特別な意味を持っていたようだ。
時の砂祭祀の証円形の玉佩。とある伝説では、儀式を開始する時の証として使われていたという。
空の杯湧水の杯水が永遠に湧き出る杯。恐らくは仙人からの贈り物か遺物、もしくは落とし物だろう。
理の冠浮流の対玉美しい玉石をあしらった耳飾り。優しい温もりが紛れもなく感じられる。
深林の記憶☆5、☆4 [添付] [添付] [添付]
生の花迷宮の遊客森林王の冠から取れた、装飾用の金の花。
死の羽翠蔓の知者羽毛のように軽やかな翠色の葉っぱ。森の知者の衣服から摘み取られたものである。
時の砂賢知の定期賢知の道を歩む者が使う時計。中に入っているのは生命無き砂ではなく、小さなカラシナの種だ。
空の杯迷い人の灯もともとは砂漠風のランプ出会ったが、濃緑色の光を放つ葉っぱが生えてきた。
理の冠月桂の宝冠草木を支配する神より授かりし王冠。かつては迷宮の王の間で代々受け継がれていたが、最後は王の侍従の手に渡った。
金メッキの夢☆5、☆4 [添付] [添付]
生の花夢境の鉄花 
死の羽裁断の羽根かつて罪人の心臓の重さを量るために使われた特製の羽根。今はもう、元の機能を失っている。
時の砂深金の歳月 
空の杯甘露の終宴 
理の冠砂王の投影その昔、砂漠の祭司が使っていた金メッキの頭巾。伝説の、砂の民の王が身に着けていた頭巾の形を模している。

コメント

コメント投稿ルール

コメント投稿ルール

誰もが快適にコメント欄を利用できるように、他人を傷つけない投稿を心がけましょう。
不平不満は愚痴掲示板へ。

  • リーク情報、キャラクターや他者に対する誹謗中傷、バグ悪用の推奨等は、投稿・編集ガイドラインで禁止されています。
  • 不適切な投稿は、反応したり相手にしたりせずに、zawazawaにログインして通報(推奨)、または管理連絡掲示板で報告してください。
  • 悪質な場合は管理者より警告・投稿規制等の措置を行います。
  • 不快なコメントに対しては、日付横の通行止めマーク🚫をクリックすることで、その投稿者のコメント全てを非表示にできます。

  • 狂戦士☆2が存在します。(NPCから入手) -- 2020-11-22 (日) 23:17:00
    • 図鑑見る限り無いようだけど…? -- 2020-11-30 (月) 12:15:20
    • 学者も☆2が存在します。モンドの錬金術師から会話で入手 -- 2020-12-07 (月) 11:38:48
  • 祭り系冠の秘境できないかな -- 2021-05-12 (水) 22:28:00
  • 沈淪の箇所だけ「沈淪の心(征浪の人) -- 2021-06-18 (金) 19:05:57
    • 途中送信失礼、「沈淪の心(征浪の人)」になってるけどこれはなんなんだろう -- 2021-06-18 (金) 19:06:45
  • 教官4の効果は反応起こさせるキャラが裏にいると発動しないのね -- 2021-06-27 (日) 23:07:55
    • これゲーム内の通常テキストには特に書かれてないけど大きな差よね…。これのせいで結局☆4の教官に出番はなかった -- 2021-08-03 (火) 11:52:17
  • 硬い銅のコンパス、「皆との存在しない」って港の誤字かしら。 -- 2021-09-15 (水) 08:28:41
    • ご指摘ありがとうございます。確認したところそのようでしたので修正しました。 -- 2021-09-15 (水) 09:00:24
  • どなたか狂戦士(星2)を持っている方はいますか?学者(星2)は序盤にティマイオスの会話で貰ったのですが、このwikiみて狂戦士の星2もあると聞いて持っていなかったのでどこで入手するのかなと思いまして…。 -- 2021-12-06 (月) 20:02:22
    • 自己解決です。石門にいる今酔っていうNPCから貰えました。 -- 2021-12-06 (月) 22:06:02
  • 今更で気にしてない人ばっかりだと思うけど、2セット効果4セット効果も一緒に書いてくれるとありがたい -- 2022-04-26 (火) 16:58:25
    • バッグの傘下にあるページは攻略情報ではなくゲーム内テキストのデータベースです。冒頭に「※入手先・セット効果などは聖遺物のページへ。」とあるようにそちらを参考にしてください。こちらにも載せてという提案であれば、内容の重複や編集管理の手間などから同意しかねます。 -- 2022-04-26 (火) 17:36:08

*1 NPCから入手
*2 NPCから入手