旅の写真に閃きを・緑葉編

Last-modified: 2022-11-24 (木) 05:51:35

目次

概要

稲妻の絵師・朝霧は、アイデアがなかなか思い浮かばずに悩んでいる。もしかしたら、旅人の「写真機」が彼女の役に立つかもしれない…

イベント期間中、指定された場所で「撮影目標」「撮影範囲」の条件に沿った写真を撮ると、原石、大英雄の経験、モラなどの報酬を獲得できます。

参考ページ

イベント期間

2022/11/16 11:00 ~ 2022/12/05 04:59

参加条件

  • 冒険ランク30以上
  • 魔神任務 第二章・第一幕の任務「離島脱出計画」をクリア
  • 世界任務「写真を撮ろう」をクリア
    ※宵宮の伝説任務 琉金の章・第一幕「夢が如く、雷の如し常しえ」とタルタリヤの伝説任務 空鯨の章・第一幕「独眼坊とかくれんぼ」をクリア後にプレイしていただくことで、より良いゲーム体験でイベントを楽しめます。
    ※イベント期間中、宵宮の伝説任務とタルタリヤの伝説任務をクリアしていない場合、イベント画面にて「クイックスタート」でイベントに参加できます。

イベント詳細

●旅人さんは「写真機」を装備して、指定された撮影地点で「撮影準備」をする必要があります。
●撮影を開始する前、「プリセット」フェーズで写真機の位置を調整し、お気に入りの撮影設定を選ぶことができます。また、プリセットを基に、好みに合わせて写真機の位置をさらに変更し、構図の調整ができます。
●各撮影地点には指定された「撮影目標」と「撮影範囲」があります。「撮影範囲」内で、要求通りの写真を撮る必要があります。
●写真を撮る途中に撮影範囲から離れた場合、撮影状態から退出しますので、もう一度「撮影準備」をする必要があります。
※ 記録した写真はイベントのアルバム画面に保存されません。撮影完了後、「写真を確認」を押して、お気に入りの写真をご利用のデバイスに保存することができます。

撮影準備
朝霧が「写真」を撮りたかった場所は、この近くにあるらしい…

イベントページで「撮影へ向かう」を選択すると、「撮影準備」のポイントがマップに表示される
撮影地点で「撮影準備」選択後から撮影完了までの間、マルチプレイは不可になる

「病の師」

開く

  • 場所
    • スメール ガンダルヴァー村
  • 朝霧のメッセージ
    • 「この先生って、とある奇病に関する小説を書いているんだ。」
      「主人公はその病気を患ってるんだけど、この病気が彼に不思議な力を与えたの…
      「それでね、この主人公は病と闘いつつ、この力を使って敵を倒し続けたんだよ。最終的には病気も治って、裏で操っていた黒幕も倒した。」
      「なんでも、この先生って昔はお医者さんだったんだって。だから色んな病状についての描写も細かいらしいよ。」
      「でも正直、症状の描写がリアルすぎて…呼んでるだけで怖くなってきちゃうんだよね…」
  • 撮影目標
    • 「ガンダルヴァー村」を記録する
      • 1つの撮影ポイントを写真に収める
      • キャラクターを記録する
      • 「風」の元素スキルを発動した瞬間を捉える
  • 朝霧のメッセージ(撮影後)
    • 「ここがガンダルヴァー村? あれ、私の想像してたのとなんか違うかも…」
      「でも、ありがとう! 帰って構図を練らないと。」

「漉華の池の影」

開く

  • 場所
    • 璃月 漉華の池
  • 朝霧のメッセージ
    • 「璃月にある、漉華の池って覚えてる? あの、隣にすっごく大きい像があるあそこ。」
      「あの二つの像を切り口に、怪奇小説を書きたいって先生がいるんだよね。」
      「その中にある話が確か…二つの像にそれぞれ一つずつ目があって、近くからは 全然見えないんだけど、遠く離れるとはっきり見えるってやつでさ。」
      「その噂を聞いた画家がその二つの像を描き留めたいって漉華の池に行くんだけど…」
      「二つの像を描き終わってから、彼は夜な夜な奇妙な夢を見るようになるの。」
      「夢の中で、彼は二つの像の前で跪いて、手に持った宝石に絶え間なく何かを刻んでいた…」
      「う…もう続けらんない…私、 鳥肌が立っちゃったよ…」
  • 撮影目標
    • 「漉華の池」を記録する
      • 2つの撮影ポイントを写真に収める
      • キャラクターを記録する
      • キャラクターの元素タイプが「岩」である
      • キャラクターの待機モーションを捉える
  • 朝霧のメッセージ(撮影後)
    • 「二つの像、やっぱり大きいね――」
      「で、ここがあの像の目だよね?」
      「あれ? ちょっと待って、 これって私も今…あの二つの像を描いてるってことになる?」
      「ハハ…ハハハ…大丈夫、自分で自分をビビらせたりしないから。」
      「だってただの小説だよ、小説。うん、ただの小説だもん…」

「十七隻船隊」

開く

  • 場所
    • スメール オルモス港
  • 朝霧のメッセージ
    • 「あの先生はただ港と関係がある絵としか要求して来なかったけど…」
      「あの先生が書く小説は船隊と関連があるんだって…海上商戦の貿易にインスピレーションを受けたらしいよ。主人公が貿易の得意な学者ってこともあって、物語の始まりの場所をスメールにしたんだって。」
      「はぁ、どう描けば、ストーリー性を表現できるかな…」
  • 撮影目標
    • 「オルモス港」を記録する
      • 1つの撮影ポイントを写真に収める
      • キャラクターを記録する
      • 武器が「法器」である
      • キャラクターが歩いた/走った瞬間を捉える
  • 朝霧のメッセージ(撮影後)
    • 「この港って本当に賑やかそうだよね。自分で見に行けたらいいのに。」
      「はぁ、もう少し体の調子がよくなったら、絶対に森子さんを連れて旅行しに行きたいな…」

「隠された僕と現世に生きている彼女」

開く

  • 場所
    • 稲妻 鎮守の森
  • 朝霧のメッセージ
    • 「ああっ! この先生はすごく有名な民俗小説家だよ。昔、稲妻本土の伝説を背景にした小説をたくさん書いた人なんだ。」
      「最近は小説の題材とか書き方がどんどん新しくなってるけど、今でも彼は一番伝統な方法で取材と創作を続けてるんだって。」
      「でも、黒田さんが言ってたんだけど、この先生の小説の売り上げは最近下がりつ つあるんだって。みんなもう、こういう伝統的な小説って好まなくなったのかな…それとも、他の小説が魅力的すぎるのかな。わかんないけど…」
      「今回の題材は神隠しなんだって。しかも、小説の主人公をまだ若い学生の少年と少女にしたり、稲妻の各伝説に出てくる怪異を悪役にしたり、とにかく大胆にたくさんの流行りの要素を取り入れたらしいよ。小説の名前もだいぶ長くなったしね…」
      「まあ何にせよ、この先生の小説が売れるといいな。」
  • 撮影目標
    • 「鎮守の森」を記録する
      • 1つの撮影ポイントを写真に収める
      • キャラクターを記録する
      • 武器が「弓」である
      • 重撃の瞬間を捉える
  • 朝霧のメッセージ(撮影後)
    • 「なかなかいい角度だね。構図と色合いもいい感じ…」
      「よし、じゃあこの参考写真は受け取るね。」
  • 備考
    • 撮影ポイントの近くにタルタリヤと宵宮が出現

「岩食い録・呑雲編」

開く

  • 場所
    • 璃月 孤雲閣
  • 朝霧のメッセージ
    • 「あの先生、また新作を発表するんだって。」
      「この小説、もう何度も終わった気がするのに! なんでまだ書けるの!」
      「しかも、今回はまったく新しい勢力とキャラクターが出てくるし…この前の三部作ではまったく言及してなかったのに!? みたいな」
      「はぁ…さすが、娯楽小説界の巨匠っていうべき? この人の小説を書き続ける能力ってのは本当に常人の域を超えてるよ…」
  • 撮影目標
    • 「ドラゴンスパイン」を記録する
      • 1つの撮影ポイントを写真に収める
      • キャラクターを記録する
      • 璃月のキャラクター
      • キャラクターが通常攻撃を行った瞬間を捉える
  • 朝霧のメッセージ(撮影後)
    • 「まあ、新しい勢力もキャラクターも出てきたし、またこの小説は続けられそうだよね。」
      「面白いままこんなに続けられるなんて、先生は本当にすごすぎるよ…」

「お願い! キノコだよ!」

開く

  • 場所
    • スメール マウティーマ稠林
  • 朝霧のメッセージ
    • 「この先生は…キノコと関係する小説を書くんだって。」
      「具体的に言うと、話せるキノコの日常生活を書くらしいよ…」
      「でも正直、 キノコの日常なんて…全く想像できないよ。」
      「アハハ、 胞子を噴射しまくったりとか…」
      「コホン! わ、私は何も言ってないから! 何も!」
  • 撮影目標
    • 「マウティーマ稠林」を記録する
      • 1つの撮影ポイントを写真に収める
      • キャラクターを記録する
      • 武器が「片手剣」である
      • 「元素スキル」を発動した瞬間を捉える
  • 朝霧のメッセージ(撮影後)
    • 「それで、キノコの日常生活って一体どんな感じだろうね?」
      「キノコの生活を普通の人の生活みたいに書いても面白くなさそう。」
      「まあ、そういうのは小説家の先生に悩んでもらおう。私は…まずこの絵を完成させよっかな。」

「スメール風物録」

開く

  • 場所
    • スメール アビディアの森
  • 朝霧のメッセージ
    • 「うーん…この本は小説っていうより、えっと…雑学本って感じかな。」
      「色んな事が書かれてて、 細部まで厳密に検証されていて…」
      「全部すっごくいいんだよ。 ただ…読む人がいないの。本屋に置いても全然売れな くて…」
      「だから、そこの出版社の編集長が、この本を売れるようにする方法を考えて欲しいって、 私たちに頼み込んできてね。」
      「それで話し合ったんだけど、本の中にガイドみたいな、架空のキャラを足して、その子がわかりやすい言葉で読者たちに本の内容を語ってくれるのはどうかってことになったの。」
      「ってなわけで、私の仕事は、そのキャラを魅力的に描くこと。」
  • 撮影目標
    • 「スメールシティ」を記録する
      • 1つの撮影ポイントを写真に収める
      • キャラクターを記録する
      • キャラクターの元素タイプが「水」である
      • キャラクターが通常攻撃を行った瞬間を捉える
  • 朝霧のメッセージ(撮影後)
    • 「うーん…どんな感じでこの子を描けば良いか、全然わからない…」
      「この本の全体的なスタイルに合わせないといけないけど、自分の楽しみもないと描けないし…」
      「森子さん! 今度からこういう依頼は勘弁してよね!」

「風の騎士伝・其の三」

開く

  • 場所
    • モンド 風龍廃墟
  • 朝霧のメッセージ
    • 「この前、 風の騎士伝の作者さんがやっと治ったの!」
      「あれ? 言ってなかったっけ? あの先生、ずっと夜更かしして原稿を書き続けてたせいで、 体を壊しちゃって…」
      「でも、彼は病床にあっても原稿を書き続けたんだよ。本当に粘り強い小説家だよね。」
      「…でも、岩食い録の作者さんの方は体調崩すことなんてないよね。なにか健康維持の秘訣でもあるのかな?」
  • 撮影目標
    • 「風龍廃墟」を記録する
      • 1つの撮影ポイントを写真に収める
      • キャラクターを記録する
      • モンドのキャラクター
      • 「元素スキル」を発動した瞬間を捉える
  • 朝霧のメッセージ(撮影後)
    • 「よし、挿し絵をしっかり一枚描き上げて、先生を元気づけてあげようっと…」
      「でも本音を言えば、先生にはもっとしっかり休んでもらいたいんだけどね…」

「わが考古手記」

開く

  • 場所
    • スメール 下風蝕地
  • 朝霧のメッセージ
    • 「この先生は森子さんイチオシの新鋭作家さんだよ。色んな場所を旅したんだって。」
      「うん…で、小説は探検モノで、とある国際考古小隊が体験した色んな怪事件を語るって筋書きみたい。」
      「考古小隊にいるのは、モンドの冒険家に璃月の骨董商、稲妻の武士、それからス メールからの学者…」
      「へへっ、こんなにキャラクターが多ければ、ぜったい賑やかな物語になるよね。」
      「うっ…ちょっと待って、ってことは私もたくさんのキャラクターを描かなきゃいけないってことじゃん…」
      「うわーん! いやだよぉ!」
  • 撮影目標
    • 「ダールアルシファ」付近を記録する
      • 1つの撮影ポイントを写真に収める
      • キャラクターを記録する
      • 武器が「長柄武器」
      • キャラクターが通常攻撃を行った瞬間を捉える
  • 朝霧のメッセージ(撮影後)
    • 「ひ、広い砂漠だね。こんなにいっぱいの砂の下には何が埋まっているんだろう?」
      「機会があったら…」
      「いやいや、機会があっても砂漠なんかに遊びに行かないから!」

「七人目の武士」

開く

  • 場所
    • 稲妻 鳴神島
  • 朝霧のメッセージ
    • 「あのグザヴィエって外国人が、また依頼しに来たんだ。なんか、人に配って記念にしてもらうために、特別な鑑賞券をデザインしてほしいんだって。」
      「あのフォンテーヌ人って本当に色々考えてるよね。何をしたいのかはまったくわからないけど…」
      「まあ、もう支払い済みって森子さんが言ってたから、しっかり描くけどね。」
  • 撮影目標
    • 「稲妻城」を記録する
      • 1つの撮影ポイントを写真に収める
      • キャラクターを記録する
      • 「雷」の元素スキルを発動した瞬間を捉える
  • 朝霧のメッセージ(撮影後)
    • 「でも、本当に一枚の鑑賞券を記念に残しておく人がいるのかな?」
      「あと…私はどこでその映影を見れるんだろう?」
  • 備考
    • 撮影ポイントの近くにタルタリヤと宵宮が出現

「風の日時計」

開く

  • 場所
    • モンド 千風の神殿
  • 朝霧のメッセージ
    • 「これはモンドの先生だよ。」
      「小説が書けるだけじゃなくて、詩もうまいの。」
      「先生と約束したんだ。詩集を出すときは、私たちのところが優先ってね。」
  • 撮影目標
    • 「千風の神殿」を記録する
      • 1つの撮影ポイントを写真に収める
      • キャラクターを記録する
      • 武器が「両手剣」または「片手剣」
      • 重撃の瞬間を捉える
  • 朝霧のメッセージ(撮影後)
    • 「この挿し絵を描き終わったら、宣誓にサインしてもらうんだ…へへ…」

「砂の中、見届ける者」

開く

  • 場所
    • スメール 下風蝕地
  • 朝霧のメッセージ
    • 「このアアル村って、すごく広い砂漠にあるんだってね?」
      「だからこの先生はずっと、砂漠の圧迫感と残酷さを表現してくれって強調してきたんだろうな…」
      「はぁ、推理小説なのに、なんで砂漠を舞台にしたんだろう。」
      「あっ!別にこの小説を悪く言うつもりはないんだよ。ただ…砂漠と推理、ちょっと関係ないなって思って。」
      「砂漠で犯罪ものといえば、やっぱ超かっこいいアクションと追撃戦でしょ。」
  • 撮影目標
    • 「アアル村」を記録する
      • 1つの撮影ポイントを写真に収める
      • キャラクターを記録する
      • キャラクターの元素タイプが「草」である
      • キャラクターが歩いた/走った瞬間を捉える
  • 朝霧のメッセージ(撮影後)
    • 「砂漠の圧迫感と残酷さ…」
      「ちょっと待って、つまり…探偵が砂漠の中で苦労してサバイバルするシーンがあるってこと?」

「とある論証不可能な理」

開く

  • 場所
    • スメール 上風蝕地
  • 朝霧のメッセージ
    • 「この小説はね…恋愛小説だよ。」
      「信じられないのはわかるけど! でもあの先生がそう言ってたんだもん!」
      「砂漠に住む親切な少女と…教令院にいる孤独な少年との奇妙なラブストーリー…」
      「黒田さんは考え直すように勧めたらしいけど…本当に考え直してくれないかな…」
  • 撮影目標
    • 「キングデシェレトの霊廟」を記録する
      • 1つの撮影ポイントを写真に収める
      • キャラクターを記録する
      • キャラクターの元素タイプが「炎」である
      • キャラクターの待機モーションを捉える
  • 朝霧のメッセージ(撮影後)
    • 「はぁ、先生にはよく考え直してほしいな…」

「望舒旅館」

開く

  • 場所
    • 璃月 翠決坡
  • 朝霧のメッセージ
    • 「またこの間のあの先生の依頼だよ。なんでも前の小説がウケたから、重版するつもりなんだって。」
      「森子さん、この小説超好きで、何冊も買って人に送りつけて布教してるの…私も一冊もらったんだよ。」
      「もし私がちゃんと描けなかったら、森子さんは…」
      「うぅ…ぜったい頑張らないと!」
  • 撮影目標
    • 「望舒旅館」を記録する
      • 1つの撮影ポイントを写真に収める
      • キャラクターを記録する
      • 「氷」の元素スキルを発動した瞬間を捉える
  • 朝霧のメッセージ(撮影後)
    「森子さん絶対またこの本を買うよ。」
    「なんで内容がまったく同じ本を何冊もかき集めるんだろう?」

イベント報酬

各「撮影地点」での撮影目標を達成すると、「撮影地点」毎にイべン卜画面にて以下の報酬を受け取れる。

  • 原石x30 , モラ x20000 , 大英雄の経験 x2
    • 14箇所総計:原石x420 , モラ x280000 , 大英雄の経験 x28

イベント世界任務

旅の写真に閃きを・緑葉編

旅の写真に閃きを・緑葉編

●発生条件:参加条件を達成する(参加条件はこちら) [2022/11/16 11:00 ~]
●場所:稲妻 稲妻城

朝霧という名の絵師が、ある事について悩んでいるらしい…

■旅の写真に閃きを・緑葉編■

  1. 朝霧と会話する

●シリーズ任務クリア報酬:冒険家の経験 x4 , モラ x10000

イベント紀行任務

任務紀行経験
[イベント]「旅の写真に閃きを・緑葉編」で、「望舒旅館」の写真を撮る1500

その他・小ネタ

  • 1日追加の撮影ポイント2箇所終了後、朝霧の会話の台詞が変化する。
  • 稲妻の一部撮影地付近に二回タルタリヤと宵宮が出現するが、10番目の場所の出現期間になってしまうと4番目の場所からいなくなってしまい、会話も最新のに差し替えられてしまう。
    • 4.「隠された僕と現世に生きている彼女」:鎮守の森、2022/11/17 05:00~2022/11/19 04:59
    • 10.「七人目の武士」:鎮守の森WP近く、2022/11/20 05:00~

情報提供用コメントフォーム

こちらは情報提供フォームです。明らかに情報提供を旨としないコメントは断りなく削除することがあります。間違ってコメントした場合はその旨を返信にて申告してください。

コメント

コメント投稿ルール

コメント投稿ルール

誰もが快適にコメント欄を利用できるように、他人を傷つけない投稿を心がけましょう。
不平不満は愚痴掲示板へ。

  • リーク情報、キャラクターや他者に対する誹謗中傷、バグ悪用の推奨等は、投稿・編集ガイドラインで禁止されています。
  • 不適切な投稿は、反応したり相手にしたりせずに、zawazawaにログインして通報(推奨)、または管理連絡掲示板で報告してください。
  • 悪質な場合は管理者より警告・投稿規制等の措置を行います。
  • 不快なコメントに対しては、日付横の通行止めマーク🚫をクリックすることで、その投稿者のコメント全てを非表示にできます。