上白沢慧音・夢

Last-modified: 2019-04-01 (月) 23:08:53

キャラ紹介文 Edit

キャラ紹介文

概要 Edit

  • 紅1話から皆を引っ張ってきた先生。今作では大きな変更点はないものの細かいところがいくつか変わっている。
  • 永から白沢時の武装に変更が加わり、MPの負荷(特に遠距離攻撃時)が減少した。
    • 最大射程のネクストヒストリーのMPが40から20。超頭突きのMPが85から75。一条戻り橋は攻撃力が+100、弾数制に。
    • 継戦能力が大幅に上がり早めに白沢化しても最後まで持ちやすくなった。
  • 最後の精神は通常時が愛で、白沢時が激怒。
    • 特に愛は強力なサポート精神である。変身せずに、後衛から援護防御と愛と激励でサポートに特化させる運用も悪くない。
    • 激怒は活用が難しい精神。どうせなら数を揃えたいので他の激怒持ちと一緒に出撃させるといいかもしれない。
  • 「鋼鉄のブレイン」は他のキャラも多く持っている最強武器の強化だが慧音は射程も強化されるので恩恵が大きい。
    • 紅時代から援護攻撃役として激戦区の射程1を使用してしまっていた慧音にとって非常に嬉しい強化要素。
  • 前作「永」時点でもその兆しは現れていたが、今作になり他のアタッカーやサポートキャラなども大きく伸びた「夢」環境において
    攻撃・防御・支援いずれもそこそこという良く言えばバランスキャラ的側面が強くなっている。
    また慧音独自の要素である「変身」は戦闘面に大きく尖らせるという性格上、
    「変身するかどうか」「どのタイミングで変身するのか」によって全く異なる運用になってくる。
    その上、それぞれの固有スキルも運用に大きく関わるものが多く、「何かに特化すると何かが失われる」というやや扱いの難しいユニットとなっている。
    • 火力役として大成させるなら、もはや頭突き+熱血程度ではアタッカーとして頼りないので「変身」は事実上必須。
      • それに加えて、他のアタッカーとポジションを食い合わない為にも出来れば「鋼鉄のブレイン」が欲しい為、支援関係はほぼ諦める事になる。
      • もちろんこれも必須ではなく、例えば妹紅と消費を分け合うような立ち回りの場合は依然としてボスの隣接距離が定位置になるだろう。
    • 白沢時の燃費向上により、「月力増幅」での早期変身も以前より現実的な選択肢になったのも悩ましい。
      サポート精神を完全に捨ててしまう事になる一方、戦闘面でのスペックは間違いなく上がる。
    • 一方、サポート+壁として特化した場合は、消費が軽めの「鉄壁」や固有スキル「突進力」による全キャラトップクラスの低速移動力が光る。
      盾やバリアなどは持たないので単純な耐久力ではやや劣るが、
      「気軽に前衛に立てる支援寄りの壁役」というポジションは非常に多くのキャラを引き立たせる名バイプレイヤーの素質と言える。
      • 例えばリアル系を必中+MAP攻撃から守りつつ低速移動で接近する、というだけでも十分に仕事として成立している。
    • サポート精神の「愛」は、応援+祝福+祈りの稼ぎ用と考えても十分に優秀だが、実際は信頼+献身+感応+激励という戦闘面でのサポート能力も非常に優れる。
      使い所は十分に考慮しつつ、しかし使うべき所では躊躇せず使う思い切りの良さが大事。
  • それぞれの専門家と比べるとどうしても見劣りするものの、曲がりなりにもサイズLのスーパー系であり
    特に今作のリアル系逆風な環境においてスーパー系としてある程度のことはそつなくこなせるのは大きい。
    「とりあえず」で後衛に回らせても良いし、他のメンバーやペアの事も考慮に入れた自分なりの慧音運用法を考えて見るのも面白いだろう。
    • 近い立ち位置のキャラとしてはにとりや小町などもいたが、今作でそれぞれ尖った個性を手に入れた分、役割が固定化されやすくなった。
      皆を導く教師として、全体に欠けているものを自ら補う柔軟さが慧音の持ち味なのだろう。

キャラクター性能 Edit

通常白沢
顔グラフィック_慧音.png顔グラフィック_慧音(白沢).png
種族人間(獣人)
気質強気(超強気)

※()内は白沢時

精神コマンド信頼必中鉄壁激励(ド根性)熱血愛(激怒)
レベル1817274567(61)
消費202020(25)50(30)4580(70)

※()内は白沢時

特殊技能L1L2L3L4L5
ブロッキング1----
援護攻撃1----
底力11111
信念1----
ステータス格闘射撃技量防御回避命中SP
Lv1415312818712214019668
Lv2015913219112815020878
Lv3016813819813816622894
Lv40177144205148182248108
Lv50186150212158198268121
Lv60195156219168214288132
Lv70204162226178230308140
Lv80213168233188246328148
Lv99230179246207276366163
信頼補正補正レベル備考
妹紅+2
霊夢+1
小町0(+1)慧音→小町の一方通行

※特に注釈の無い場合は双方向

ユニット性能 Edit

通常 Edit

...

白沢 Edit

...

固有スキル Edit

能力名称習得Lv区分効果備考
先生L1-能力周囲8マスにいる味方の獲得経験値+15%夢で説明が変わったと思うが未確認
先生L227周囲8マスにいる味方の獲得経験値+20%。効果は精神コマンド「努力」と重複し、ペア相手にも有効。
突進力16低速時の移動力に+1
突進力L2低速時の移動力に+2
世話焼きL1-妹紅に与える信頼補正レベルに+1夢で相互補正になったと思うが未確認
世話焼きL223妹紅に与える信頼補正レベルに+2夢で相互補正になったと思うが未確認
世話焼きL340妹紅との相互の信頼補正レベルに+3
月力増幅-固有コマンド「白沢化」の必要パワーを110にする
熱血教師精神コマンド「熱血」の消費SPを30にする。
鋼鉄のブレイン60武器「頭突き」「超頭突き」の攻撃力に+400、射程に+2。

先生 Edit

  • 仕様自体に変化は無いが、努力や獲得経験値を増やすスキル・装備等と効果が重複する旨が明記されるようになった。
  • 「努力家」「正体不明の種」とは加算で、努力・MAX嫁ボーナス獲得EXP1.5倍とは乗算で効果が重複する。
    • 正体不明の種と合わせて使う事で急速レベリングが可能。固有スキルの修得や強力な精神持ちのレベリングに一役買える。
  • 治療・補給・歌・演奏のレベリングには使えないため注意。

突進力 Edit

  • レベル2が追加され、さらに低速移動が強化された。
  • 突進力L2を付けるだけで低速移動力が5になり、なんと通常の高速移動と同じ移動ができるようになった。
    • さらに技能の低速移動、新装備の天狗の面などでさらに伸ばすこともでき、低速移動の方が速いというよく分からないことになってしまう。
      • フル強化ボーナス移動力、低速移動、天狗の面、僚機はたてで脅威の低速移動力9。幻想郷最速と同じぐらい速い低速移動。実質最速では?
    • 幻少シリーズでは関係ないのだが、弾幕戦に(弾幕STGの操作的な意味で)支障がでそうである。
  • リアル系にかなり不利なバランスになっている今作において、低速移動が高いスーパー系というだけでも非常に強い。
    特に神綺など、必中とマップ攻撃を合わせて使ってくるボスと相性がいい。マップ攻撃に耐えつつ、一気に接近できる。

世話焼き Edit

  • 永から相互補正に強化された。妹紅がいれば双方の攻防が強化される。
    • 長らく慧音の弱点だった命中の強化や援護防御時のダメージ減少など恩恵は大きい。
  • 妹紅の後衛に徹するならこれになるか。妹紅自身も強力なユニットなので十分に有り。
  • 慧音前衛時にも効果を受けられるようになったのが嬉しい。妹紅のMP消費を避けたい時や厚い弾幕に低速で突っ込みたい時などに活躍する。

月力増幅 Edit

  • パワーが低いうちから白沢化するので、雑魚戦でメリットを見いだす必要がある。
    • 後衛メインなら白沢化することで、支援武器の攻撃力が100上がる(消費MP、命中、CTは同じ)。
    • 前衛ならば、パワー120以降は白沢の方が遠距離攻撃が得意になる点が効く。
      • 白沢時のネクストヒストリーはMP20の格闘武器、通常時のアマテラスはMP40で苦手な射撃武器。
  • 白沢化で地形適応夜BがAになるので、早めの白沢化により夜MAPで蛍火の珠を装備しないで済む。
  • 『激怒』持ちを集めて開幕で連発するスタイルにも使える。

熱血教師 Edit

  • 熱血2回分のSPで3回使えるようになるので、ボスに何回もアタックする場合に選ぶと良い。
  • しかし慧音は直撃を持っておらず、鋼鉄のブレインと違い肝心の頭突きの射程は1のままである。
    嫁ポイントをつぎこんでいるならば別だが、基本的にボスに火力を叩き出すよりむしろ雑魚敵にガンガン熱血を使うスキルと考えた方が良い。
    • HPの多い強雑魚相手に熱血をガンガンかませば攻略がグッと楽になる。熱血のかかった頭突きで雑魚的をどつき回しまくる熱血教師という絵面は正直怖いが。

鋼鉄のブレイン Edit

  • 頭突きの射程が3に伸び、貴重なボスの隣接マスに入らなくてすみ、援護攻撃もしやすくなる。
  • 今まで貴重な隣接マスを潰していた慧音にとってはかなり嬉しい強化。他の最強武器強化スキルと違い射程が伸びるのは破格。
    • 援護攻撃を活用する慧音なら是非ともこれにしたい。援護攻撃役が他で十分なら他のスキルの方がいいかも。

運用参考例 Edit

サポート兼壁型 Edit

強化項目名称
ユニット強化HP、MP、装甲、武器
技能エクステンド、P回収(撃破)、援護攻撃、援護防御、底力、ガード、低速移動
固有突進力 or 先生
装備命中上昇系、耐久上昇系、SP回復系、(蛍火の珠)
僚機リアル系全般、育てたいユニット
  • 精神サポート係とボス戦での前衛壁役を兼任する運用例。
  • 雑魚戦ではリアル系ユニットや育てたいユニットの後衛に付き、援護防御と支援系精神によるサポートを担う。
    • ユニットの育成に長けており、固有スキル「先生」と精神コマンド「愛」、援護防御により育っていないユニットの力を伸ばすことを得意とする。
    • ただ攻撃面では「紅」の頃から使い込んできた「三種の神器・剣」の命中の低さが目立ち、支援攻撃を外すことが多い。装備により命中率を補強したい。
    • パワーが溜まってもすぐには白沢化せず、「激励」「愛」の使いどころを見極めたい。エクステンド前にはこれらを1回使っておきたい。
    • 装備は前述の命中率補強の他、耐久上昇系、SP回復アイテムなどを持たせると良い。白沢化がすぐに出来ないので、夜マップでは蛍火の珠がほぼ必須。
  • ボス戦でも引き続き後衛でサポートに回っても良いが、「激励」「愛」がこれ以上不要と判断したところで白沢化し、ここから前衛に回る。
    • とはいえボスが「必中」を使ってくるようであれば、慧音が前衛に出るのはほぼ必須となるだろう。
    • 実は白沢化することで「鉄壁」の消費が上がる罠がある。これにより「鉄壁」の使用回数が減るようであれば、あえて白沢化せずに前衛に回ることも検討すること。
    • 前衛時は低速移動力の高さがウリ。ボスの厚い弾幕の中でも柔軟な位置取りが可能であり、防御の手薄な地点に移動することで陣形の補強を行うのが仕事。
    • この型だと頭突き系の射程を伸ばせないので、射程1が空かない限り火力面で全力を出すことは難しい。FPMで後衛に全力を出してもらおう。
  • 総じて白沢化前後で役割がガラリと変わるため、そのタイミングを見極めるようにしたい。

コメント Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White