神綺・夢

Last-modified: 2019-08-25 (日) 18:13:01

キャラ紹介文 Edit

キャラ紹介文

テーマ曲Ain Soph Aur ~神話幻想
二つ名なし
能力なし
登場作品『東方怪綺談』

概要 Edit

  • 幻少における東方星蓮船の物語のラスボスを務める魔界の神様。ド派手な戦闘アニメは必見。
    • 明確に姿と名前を見せたのは今作が初めてだが、「紅」の時点でアリスが「お母さん」としてその存在を仄めかしていた。
      ある意味白蓮以上に長く張られた伏線が実った形になる。
  • 自軍メンバー唯一かつ最大の4.0コストのユニット。非常に重いが重さに見合う働きは十分にこなしてくれる。
  • 加入した時点で1万超えのHPに軽減バリア、HPMP回復(中)を持ち非常に継戦能力に優れる。
  • 武装は完全な砲台型。射程の長い武器が揃っており、火力も他の上位コストに見劣りしない。
    全方位のマップ攻撃を持っていることも併せて、待ち伏せ・反撃主体の戦法とは非常にマッチングしている。
    • 反面自分から攻める能力は極めて乏しい。P属性の武装を一切持たない(神綺の他に自軍でP武装を持たないのは上海人形のみ)上、
      移動力も自軍中最遅の4。攻めに行きたい場合は相方に任せた方が無難である。
    • MP回復(中)のおかげで割と気兼ねなく最強武器を撃てるのも利点。なにしろ太陽の花を2個装備しているようなものである。
      雑魚戦でガンガン撃ってもボスに辿り着く頃にはすっかり回復していたりする。
  • 軽減バリアのディバインウォールは、神綺自身だけでなく、神綺が後衛の時は前衛のキャラも守るという便利な特性を持つ。
    (実は神綺が前衛でも後衛(の援護防御時)にバリアは発生する)
    • 後衛から前衛を守る際の効果量は半減するので、前衛が回避型キャラだと、軽減したとしても致命傷を免れない場合がある。
      • 単に前衛を守るのであれば神綺が援護防御に回った方がいいので、前衛自身が積極的に攻撃を受ける状況でこそ役に立つといえる。
        あるいは神綺の援護防御回数が尽きたときの保険か。
    • 前衛キャラにとってはいわば外付けの携帯式スキマであり、援護防御を頻繁に行うキャラへの恩恵が大きい。
      特に危険察知を付けた衣玖とは相性が抜群に良い。
  • 癖こそあれど非常に戦闘向きのユニット性能ではあるが、神綺自身のキャラ性能は完全にサポート構成になっている。
    • 熱血直撃などの攻撃面の精神はおろか閃き不屈といった防御精神すら一切持たないので、
      雑魚戦はまだしもボス戦でのメインアタッカーとして使うのは少々心もとない。
  • サポート精神は戦闘補助、稼ぎの面どちらも充実しており、
    先天技能のSP回復に加えデフォルトで覚えている精神上昇とエクステンドのおかげで総SP量も非常に高い。
    この豊富すぎるくらいのSPで愛や感応をばら撒いて味方を支えるのが神綺の本領といってもいい。まさにみんなのお母さん。
    • その上祈り・感応・愛が他キャラより消費が低い。どんどん使って育成を支援することが出来る。
    • 更に「妖の記憶」を付けるととんでもない回数の愛を放てるようになる。これで安心魔界神!
    • 愛の「祝福」「応援」「祈り」を個別に掛けた場合の事を考えると、コスト4.0は軽過ぎるぐらいである。
  • ノーリセットプレイでは「復活」を何度も使えるのが頼もしい。
    命中率5%に被弾してピチュったりしてもリカバリが容易となり、思い切って攻められる。
  • 「SP回復」は「出撃後10ターンまで」とあるが、実際にはそのステージの10ターンまでの効果である。
    これがモロに響くのが4PP出撃かつ高額資金&PPまみれの73話。
    この仕様を知らないと最後の方で愛を飛ばせずに歯がゆい思いをする可能性も…
  • 戦闘向けのユニット性能とサポート向けのキャラ性能の2つの面を併せ持つユニット。
    精神によるサポートだけでも十分採用に値するが、せっかくの戦闘力を活かさないのはもったいないので
    持ち前の継戦力を活かした削り役や援護役としても活用して戦闘サポート両面から自軍を支えていきたい。

キャラクター性能 Edit

顔グラフィック_神綺.png

種族
気質大物
精神コマンド祈り激励祝福感応復活
レベル111111
消費3050502510070
特殊技能L1L2L3L4L5L6L7L8L9
SP回復1--------
信念1-------
精神上昇111------
エクステンド1--------
ステータス格闘射撃技量防御回避命中SP
Lv70173210232172249316146
Lv80179219239182266336154
Lv99190236252201298374169
信頼補正補正レベル備考
夢子+3
アリス+3
白蓮+2
メディスン+1(0)メディスン→神綺の一方通行
にとり+1(0)にとり→神綺の一方通行

※特に注釈の無い場合は双方向

ユニット性能 Edit

ユニット_神綺.png
※加入時、5段階強化済み。初期値は推定値

-初期値5段階10段階20段階上昇値
HP10000115001300016000300
MP25030035045010
運動性60801001404
装甲100012001400180040
コスト4.0
移動力(低速)4(2)
地形適応空A 陸A 水C 夜A
サイズL
装備スロット1
特殊能力ディバインウォール全攻撃のダメージを1000軽減。消費MP10。ペア相手にも有効で500軽減
HP回復(中)ターン開始時にHPが20%回復
MP回復(中)ターン開始時にMPが20%回復
××
攻撃名称分類属性攻撃力(5・10・20段階)射程霊力弾数パワー命中CT地形適応支援攻撃特性
アニマ・レイ射撃L2300→2800→3500→50001-710--+30+25空A陸A水C夜A
エル・カナフ射撃L/MAP2550→3050→3750→52503-5-2110+10+15空A陸A水C夜A敵味方識別あり
自機中心型
デモナス・ゴスペル射撃3000→3500→4200→57001-7-6110+20+10空A陸A水C夜A
魔神創誦射撃3500→4000→4700→62005-945-120+10+20空A陸A水B夜Aサイズ差補正無視
母なる魔界神射撃3700→4200→4900→64001-680-130+30+50空A陸A水A夜Aバリア貫通
サイズ差補正無視



エル・カナフの攻撃範囲

        ■      
       ■■■     
      ■■■■■    
     ■■■ ■■■   
    ■■■   ■■■      ☆:神綺
   ■■■  ☆  ■■■     ■:攻撃範囲
    ■■■   ■■■  
     ■■■ ■■■   
      ■■■■■    
       ■■■     
        ■      

固有スキル Edit

能力名称習得Lv区分効果備考
安らぎの心-能力スキル「SP回復」の回復量に+15。
祈りのカーテン-距離5以内の味方ユニットに「広域バリア」の効果。被弾時のダメージを500軽減する。
神の抱擁-自機との戦闘後、HPが20%以下となった雑魚ユニットを撤退させる。(経験値、点などは獲得できる)
霊撃、およびマップ攻撃による条件達成は対象外。

安らぎの心 Edit

  • 精神によるサポートを重視したい場合の選択肢。
  • 1ターンでの回復量が増えた反面、気が付いたら最大SPに戻っていて回復を無駄にしてしまうケースも増えがちである。
    もったいないので、適時消費していくことを心がけたい。
  • スキル「SP回復」の元の回復量と合わせて、1ターンにつきSPが25回復する。(エクステンドは加味しないとしても。)
    感応なら1ターンに1回、激励なら2ターンに1回、愛なら3ターンに1回使っても回復が追い付く計算となる。
  • 「SP回復」の効果は10ターン継続するため、SPをきちんと使い切れるなら、SPが150増えるのと同じとみなせる。
    • これはおいも15個分、紅茶5杯分に相当するとんでもない量であり、他のキャラであればコストと性能のバランスが壊れるほどの効果である。
      神綺の場合はサポート系精神しか使えないこと、および消費SPが全体的に重いことで、なんとかバランスが取られていると言えるだろう。

祈りのカーテン Edit

  • 超広範囲に軽減バリアを撒くことが出来るのは便利なのだが、500という軽減量では回避型ユニットの保険としては心もとない。
  • このスキルを生かすのであれば、複数人の援護防御役を用意し、そのユニットたちにバリアを撒けるように陣形を組むなどの工夫が必要。
  • また、敵によってはバリア貫通を持つため、このスキルが役立たずになる可能性も考慮に入れておきたい。
  • 防御やマルチ型のユニットを前衛にしているときは目に見えて強く、回避型の前衛を守る目的で使うと空振りする。
  • ボス戦で活用するなら、ボスを囲む陣形の中心付近に鎮座する形となるので、まずはどうやってそこまで移動するかが問題となる。
    多くの場合は僚機に移動を任せることになるだろう。加速持ちや、低速移動力の高いキャラを僚機にすると、このスキルを活用しやすい。
  • バリア持ちにバリアを重ねるのが特に強い。
    例として「二重結界強化」を付けた霊夢を祈りのカーテンの範囲に入れると合計1500軽減と、保険としては十分な硬さになる。

神の抱擁 Edit

  • 今作では気合避けや底力を持つ雑魚も多く、そういった雑魚がミリ残りしたりすると結構厄介なので、そういう状況を避けられるという意味はある。
  • しかし自機の攻撃のみでは適用範囲が限られすぎて活用が難しい。せめてこれが祈りのカーテン並の範囲があったなら…。
  • 活用するなら集中攻撃される状況、つまりEPの反撃を利用することになる。
    • 小傘の「さでずむ!?」と相性がいい。神綺様は動くのが苦手なので、敵の方から来てもらおう。
  • 高難易度では雑魚敵のHPも高く、しかも高レベルの気合避けを持っていたりするので、
    8割削っただけで撤退させられるのはありがたい。高難易度にて神綺様で無双したい人向けのスキル。

運用参考例 Edit

前衛型 Edit

強化項目名称
技能ヒット&アウェイ、切り返し、援護攻撃、援護防御、高速移動、低速移動、距離補正無視など
性能HP、MP、装甲、武器
固有どれでも
装備永の彼方、蓬莱の玉の枝、玄爺、天狗の羽など
僚機加速持ち、小傘(さでずむ!?)、橙
同時出撃ヤマメ(ヘルストリング)、豊姫(海と山を繋ぐ力)、紫(神隠し)
  • HP、MPの自動回復に加え1万を超える高HPと全属性軽減バリア、射程の長さと火力を兼ね備える神綺様の戦闘能力、継戦能力をフル活用する前衛型。
  • 神綺様を前衛運用する場合、何よりもネックになるのが自軍最低の移動力の低さ。
    僚機の加速の常用や他キャラの固有スキルによるサポートなど、あらゆる手段で移動をサポートしてやらないと全く進軍についていけない。
  • P武器を一切持っていないため、進軍しながら戦うにはヒット&アウェイが必須。
    • 移動力の低さゆえに可能な限り高速で動きたい神綺様にとっては、弾幕効果による被ダメージ上昇を軽減できる切り返しも相性が良い。
    • 攻撃力と射程、高HPに軽減バリアやHP自動回復まで持つため、援護攻撃や援護防御も相性抜群。
      初期PPではPPが足りないため、PPが貯まるまでの間は蓬莱の玉の枝でカバーするのもあり。
    • 気質が「大物」なので、P回収技能が無くてもパワーに困ることはあまりない。
    • 技能枠が厳しいが、距離補正無視を取れば移動の遅さを射程でカバー出来るようになる。幸い武器は長射程のものが揃っている。
  • 固有スキルは前衛型ならどれでも活用できるが、「祈りのカーテン」と「神の抱擁」を有効活用するには編成と運用に工夫が必要。
    • SP回復量が増える「安らぎの心」は単純にして強力。何も考えずにつけても使いやすく、迷ったらこれ。
    • 周囲に援護防御ができるスーパー系前衛を互いに隣接させながら複数配置し、
      その布陣を「祈りのカーテン」ですっぽり覆う形で神綺様を配置すると、とてつもなく堅牢な布陣を構築できる。
      • その布陣の中に「危険察知衣玖さん+フルメタルバケットキスメ」ペアを混ぜておけば完璧。
      • リアル系前衛が多い布陣では効果が薄い。ただ、リアル系前衛に逆風が吹く今作において、活用はそこまで難しくない。
    • 「神の抱擁」を活用するには神綺様が敵陣に突出して集中攻撃を受ける状況を作る必要があり、「祈りのカーテン」以上に活用が難しい。
      また、これなしで敵を撃墜できるようならつける意味がない点も扱いにくさに拍車をかける。
      敵の耐久力が低い低難易度では活用しづらく、高難易度の方が活用しやすい。
      • 挑発持ちと組んで敵の方から来てもらう、神綺様に一方面を全部任せて無双させるなど運用段階で工夫が必要。
      • 「さでずむ!?」小傘は「神の抱擁」と相性がよく、
        「さでずむ!?」使用時に集中攻撃を受ける小傘を神綺様がディバインウォールと援護防御で守り、
        敵が寄ってきたところを神綺様が反撃無双という使い方が可能。小傘が加速持ちなので移動のサポートも万全。
  • 装備に関してもとにもかくにも移動力。行動回数を増やすことで移動力も伸ばす永の彼方、戦闘力と移動力を同時に伸ばせる玄爺などが相性が良い。
  • 僚機に関しても加速持ちであることが半ば必須。中でも橙は加速の消費が10と最安値で、常用してもSP切れしにくい。
    また、射程内に敵がいなくなってしまった時に、前後入れ替わって移動攻撃をしてもらえるようにしておくのもあり。
  • 僚機以外の移動サポート要員を用意しておくのもあり。
    特に「ヘルストリング」ヤマメは毎ターン使えるので、神綺様の移動を丸投げしてしまえるレベルのシナジーを発揮する。
    • 他には豊姫の「海と山を繋ぐ力」や紫の「神隠し」など。回数制限が厳しいのでいざという時の長距離移動に使おう。

後衛型 Edit

強化項目名称
技能支援強化、援護攻撃、援護防御、エクステンドL2、張り付きなど
性能HP、MP、装甲、武器
固有安らぎの心、(祈りのカーテン)
装備妖の記憶、蓬莱の玉の枝など
僚機衣玖(危険察知)、幽々子(ゴーストスポット)、夢子、慧音(突進力)、妖夢(魂魄の間合い)、はたて(はたての念写ガイド)など
同時出撃にとり(幻想郷のメカニック)、穣子(黄金の味)、紫(紫の手渡し)、霖之助(千客万来)、お燐
  • 苦手な移動を僚機に丸投げし、後衛からの支援攻撃、援護攻撃、援護防御、精神サポートに専念する後衛型。
    移動のフォローが必要なくなるため、運用のしやすさでは前衛型よりこちらが圧倒的に上。
  • 後衛型の場合はまず支援強化、援護攻撃、援護防御をそれぞれL1ずつ取っておけば、それだけで即戦力になる。
    元々高火力な支援攻撃を強化しない手はない。
    • 援護防御の回数が足りない場合は、PPが貯まるまで蓬莱の玉の枝でカバーしよう。
  • 固有スキルは消去法で「安らぎの心」一択になる。他2つは前衛に出ないと活用できない。その「安らぎの心」が超強力なので不満は全く無いが。
  • 装備はサポートに特化した精神をフル活用したいなら妖の記憶。SP回復+安らぎの心+エクステンドL2を加えれば、消費56の愛を8回使える。
    実際にはわざと長期化させない限り10ターンを超えるマップは珍しいが、それでも6~7回ぐらいは使えるだろう。
    • 復活が安くなるのも保険として嬉しい要素。
    • 祈り、激励、祝福、感応は全て愛の中に含まれているので、単独使用はSP効率が悪い。できれば単独で使うことは避けて愛をバラまきたい。
  • 僚機は神綺様が持つ多彩な能力のうち、どの部分をより活用したいかによってかなり方向性が変わってくる。
    • 僚機に軽減バリアを付与するディバインウォールを最大限活かすなら危険察知型の衣玖さんが最も相性が良い。
      広範囲の味方を援護防御できるが故に被弾数が多くなる危険察知型の衣玖さんにとって、
      ディバインウォールによる軽減バリアの追加は非常にありがたい。
    • 愛をバラまくことに特化したいなら、僚機のSPを同時に回復できるゴーストスポット幽々子様が前衛能力の高さも相まって好相性。
      戦闘面でも高確率のシールド防御にディバインウォールが乗るので、そうそう被弾しない上に被弾しても硬い。
      • SP回復だけなら月仙桃豊姫も候補に挙がるが、豊姫も神綺様と同じくあまり前衛向きではないため戦闘運用の面で難しい。
      • 僚機以外にSP回復に貢献できるキャラ達を同時に出しておくのも有効。SP回復アイテムを貢いでもらいながら愛をバラまこう。
      • 幽々子様と組んでいれば、状況次第で神綺様に使うつもりだったSP回復アイテムを幽々子様の再動用に使うこともできる。
    • 信頼補正を持ち、回避と耐久両面を持つボス戦向きな夢子も素直に使い勝手が良い。補正を生かした回避、バリアで受ける、
      援護防御の3つを使い分ける事で集中鉄壁の不在を感じさせない高い生存力を発揮。
      また支援火力の高さとカウンターの相性も良く、タンデムアサルトやデモンスレイヤーで伸ばせば支援攻撃といえど洒落にならない火力になる。
    • 最強武器が張り付き対応なのを活かして火力を出したいなら、低速移動に特化したキャラを僚機にするとスムーズに張り付きに行ける。
      もちろん、この運用の場合は技能で張り付きの習得が必須。
      • 中でも純スーパー系で不屈を持たない突進力慧音先生は、ディバインウォールによる軽減バリアを活かせる存在でもある。
      • また、この運用の場合は固有スキル「祈りのカーテン」もかなり有力な選択肢。
        ボスに張り付いた状態で神綺様を前衛に出せば、援護陣形を組んでボスを取り囲む味方ほぼ全員を「祈りのカーテン」で覆うことが可能。

不動の要塞型 Edit

強化項目名称
技能援護防御L2、援護攻撃L2
性能HP、装甲、武器
固有安らぎの心 or 祈りのカーテン
装備伊吹瓢
僚機リリーホワイト(生命の息吹)
同時出撃紫(神隠し)、ヤマメ(ヘルストリング)
  • 自力での移動を完全に諦め、その分耐久面を伸ばして要塞と化すことをコンセプトとした型。
  • デフォルトで持つHP回復(中)に加えて、「伊吹瓢」とリリーホワイトの「生命の息吹」の効果を重ねる。
    これでHPが毎ターン5000以上は回復し、よほどの事がなければ落ちなくなる。
  • この有り余る回復量を活用するために援護防御はL2を習得したい。合わせて援護攻撃も習得し、これだけで初期PP+αを使い切る。
    • 援護攻撃と援護防御を両方L2にするには少しだけ稼ぎが必要。先に援護防御L2から取りたい。
    • 援護攻撃L2の代わりに連携攻撃やガードを習得してもよい。そこはお好みで。どうせ動かないので高速移動などは不要。
    • 後述のようにボスとしか戦わないので、援護防御L3まで取るのはさすがに過剰。
      またMPは強化しなくてもMP回復のおかげでボス戦だけなら十分にMPが持つ。
  • 運用法についてだが、まず雑魚戦道中では初期位置からまったく動かず、リリーと共に支援系の精神を連発する。
    これだけでも道中の仕事としては十分である。
  • そして味方がボスまでたどり着いたら、紫の神隠しでいきなりボスの前まで移動させてもらう。ここからが要塞としての本領発揮。
  • ボス戦での主な役割は味方の総ダメージを吸収すること。回復用精神に使うSPを節約できるのが他の壁キャラには真似できないポイント。
    • せっかく援護防御L2を覚えさせるので、2回は援護防御をしたい。狙われやすいキャラ、HPが減ったキャラを隣接させると良い。
    • マップ攻撃で味方が一人ぐらい倒れても神綺だけは余裕で生き残れる。
      そのまま味方を復活させることもできるので高難易度でも非常に安定性が高い。
  • 移動するボスはやや苦手。ボスを囲んで動きを封じるのがベストだが、
    それでもボスが動いてしまったらヤマメに頼んで位置調整してもらうのがいい。
    • 一応リリーホワイトが「加速」を使えるので、どうしても動かないといけない時はこれに頼ろう。
  • ボスのいない71話や戦場が目まぐるしく変わる73話にはこの型は不向き。留守番していてもらうのがいいかもしれない。

その他 Edit

コメント Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White