西行寺幽々子・夢

Last-modified: 2019-03-24 (日) 15:33:57

キャラ紹介文 Edit

キャラ紹介文

概要 Edit

  • 前作では豊富なSPがあるものの鼓舞しか出来ず持て余していたが、今作ではトップクラスの精神「魂」「再動」を修得した亡霊姫。
    • 火力面の強化も大きいが何よりも再動の修得が大きい。固有スキルでSPを大量に確保出来る幽々子と相性最高。
      • 一方、黒羊が大量に出現するマップでは、固有スキルで確保したSPで鼓舞連打というのも非常に強力。
  • 再動マシーンという強烈な個性を手に入れたのでそれに特化させた運用は非常に強力。
    「センスオブエレガンス」「黄泉還り」「ゴーストスポット」と言ったSP回復に運用できる固有スキルの価値が上昇した。
    • 嫁キャラをひたすら再動で動かし続けるも良し。マップ攻撃持ちをひたすら動かして雑魚を殲滅するも良し。
  • 支援攻撃にバリア貫通が付いたのも便利。今作はバリア持ちの雑魚敵が多くこの強化は嬉しい。
    • ついでに最強武装にサイズ差補正無視が付いた。ボスにLLが多いので直撃を持ってない幽々子には嬉しい強化。
  • 攻撃面での「死蝶」や防御面での「幽蝶の舞+」も前作から引き続き有用なので、敵の編成に合わせてうまく使っていきたい。

キャラクター性能 Edit

顔グラフィック_幽々子.png

種族亡霊
気質大物
精神コマンド鉄壁手加減直感鼓舞再動
レベル116206575
消費3010258070110
特殊技能L1L2L3L4
ブロッキング1---
精神上昇111-
霊力節約1---
ステータス格闘射撃技量防御回避命中SP
Lv33141174210128222244117
Lv40144181215133235258130
Lv50149190222140253278147
Lv60154199229147271298161
Lv70159208236154289318171
Lv80164217243161307338181
Lv99174234256174341376200
信頼補正補正レベル備考
+3
妖夢+2(+3)妖夢→幽々子は+2、幽々子→妖夢は+3
萃香0(+2)幽々子→萃香の一方通行
永琳+1
ルナサ+1
メルラン+1
リリカ+1
プリズムリバー三姉妹+1
+1

※特に注釈の無い場合は双方向

ユニット性能 Edit

ユニット_幽々子.png

-初期値5段階10段階20段階上昇値
HP61007600910012100300
MP22027032042010
運動性1051301552055
装甲90011501400190050
コスト3.5
移動力(低速)6(2)
地形適応空A 陸A 水B 夜A
サイズL
装備スロット2
特殊能力幽蝶の舞相手との技量差に応じ最終回避率に補正
×
攻撃名称分類属性攻撃力(5・10・20段階)射程霊力弾数パワー命中CT地形適応支援攻撃特性
好死の霊射撃P2300→2800→3500→50001-45--+15+25空A陸A水A夜Aバリア貫通
鳳蝶紋の槍射撃L2400→2900→3600→51002-710--+15+15空A陸A水C夜Aバリア貫通
黄泉平坂行路射撃2700→3200→3900→54004-6-3100+20+5空A陸A水A夜A
ギャストリドリーム射撃P3200→3700→4400→59002-445-110+20+10空A陸A水A夜A
死蝶浮月射撃L3500→4000→4700→62003-765-130+25+10空A陸A水C夜Aサイズ差補正無視

幽蝶の舞計算式 Edit

○最終回避率の補正値

5 + (技量差 * 1.5)で、下記の表のようになる。
技量差+0+10+20+30+40+50
補正値+5+20+35+50+65+80

*技量差が1上がるごとに最終回避率に1.5%の補正がかかる計算。

○敵フェイズにおいて回避を選択した時には更に補正がかかる。

従来の半減値 - (補正値 / 2)が回避選択時の最終回避率となる。

固有スキル Edit

能力名称習得Lv区分効果備考
幽蝶の舞+-能力「シールド防御」発生時に回避する。
死蝶-コマンド雑魚ユニットを一撃で撃墜する。(使用回数2)特殊能力「特殊耐性」を持つ相手には無効。使用時「死蝶」のステータス付与
センスオブエレガンス-能力回復アイテムの効果量が2倍になる。
黄泉還り39味方ユニットが撃墜されると、そのユニットの残りSPの50%を自分に還元する。
ゴーストスポット50敵を撃墜すると、自機ペアのSPが10回復する。(効果を得るためには、幽々子が前衛である必要がある)

幽蝶の舞+ Edit

  • 安定性の高いスキル。後衛で安全に戦うならこれか。
  • しかし幽々子特有の動きが出来る他のスキルが非常に強力であり少し魅力にかけてしまう。
    • とはいえノーマルでも普通に使用してくるボスの必中を回避できるのは大きい。
  • 衣玖さんの「羽衣は流水の如く」と同じく、かすりと合わせると強い。いっそのこと克己等で特化させてしまうのもあり。

死蝶 Edit

  • 今作でも更に雑魚敵が強化されたのでそういった雑魚敵を簡単に処理出来るのはやはり便利。
  • 特殊耐性持ちの雑魚も増えているので要注意。ステージに合わせて付けていきたい。

センスオブエレガンス Edit

  • 対象となる回復アイテムは全回復でない消費アイテム系で、HP・MP・SPの回復量とパワーの上昇量が解説文に記されてる数値の2倍となる。
    元から全回復するアイテム(大吟醸、生麦酒、予備弾倉、八意の秘薬)は全回復のまま変わらないのでこのスキルを付けた状態で使っても意味はない。
  • 追加アイテムのローズクッキーの存在が大きい。このスキルを使うなら是非付けてあげたい。
  • 他のキャラのアイテム回復量上昇固有スキルとは効果が重複し、固有スキルの組み合わせによっては回復量が大幅に上昇する。
    (にとりの「幻想郷のメカニック」と穣子の「黄金の味」が該当する)
    • 「幻想郷のメカニック」とのシナジーが特にハンパなく、にとりからローズクッキーを1個貰ったらSPが180も回復する。
      むしろ回復量が溢れないようにすることの方が難しい程。
    • おいもとキャベツも「黄金の味」を持たせた穣子を出撃させた状態で使えば、1個あたりのSPの回復量が40となる(幻想郷のメカニックのにとり経由で更に1.5倍の60になる)。
      咲夜の紅茶の60(にとり経由で90)回復よりは回復量で劣るものの、こちらは大量に手に入り複数個使わせられるのが強みで、
      おいもとキャベツの数次第では総合的なSP回復量は咲夜の紅茶1個を使うよりも上回る。
  • バグなのか不明だが聖輦船(霖之助)の「千客万来L3」と組み合わせると少し面白い事が起こる
    • 幽々子が前衛の状態で「千客万来L3」によるアイテム供給を受けた場合「センスオブエレガンス」の効果が後衛にも適用される。(ver1.2.1で確認)
      • 焼き八目鰻やローズクッキー等をにとりのメカニックで1.5倍にするのも良いがこちらで疑似的に2倍にするのも有用と言える。
    • 注意点として幽々子が後衛の状態で「千客万来L3」を受けた場合逆に「センスオブエレガンス」の効果が幽々子にも適用されなくなる。必ず前衛で供給を受ける事。

黄泉還り Edit

  • 再動を手に入れた事で間接的に超強化された。
    • もちろん魂の連発をさせるのも単純に強い。
  • 妹紅・蓬莱人形以外に自爆持ちも簡単に自害出来るのでオススメ。特に冷却お空はコスト1.0と非常にリーズナブル。藍も固有スキル枠を割くが前鬼後鬼召喚がある。
    • 復活と組み合わせるのも有り。自爆特攻→復活→再動の怒涛の連続攻撃は強力無比。
  • 最終作ということで全体的にSPの総量が増えたのも追い風。
  • このスキルが間接的に強化されたおかげで、様々なキャラの戦術に「計画的に撃墜される」という選択肢が増えることとなった。
    被弾前提で特攻したり、援護防御でわざと撃墜されて反撃火力を増加させたり、といった行動が無駄にならず、残された味方を助ける力となる。
    撃墜されることに意味を与える、他に類を見ないスキルといえる。
  • スキルを活用する上での最大の障壁は「キャラを犠牲にする罪悪感」だろうか。撃墜されたら反射的にリセットしてしまうタイプの人には活用しにくいスキルである。
  • 復活を2回使用できるキャラを2人用意できたなら、相互復活してるだけで幽々子のSPが無限に回復していったりする。敵の攻撃でワンパンされるなら再動と合わせて無限行動が可能。
    • 復活を使えるのは永琳・神綺・お燐の3人。復活で蘇生された時に復活分のSPを確保するには
  1. 永琳は修理補給レベリングで99+固有スキルに精神上昇L2以上でSP181。
  2. 神綺はSP回復すればターンはかかるものの連続使用は比較的に簡単に可能。ただし1回に100必要なので他2人より要求値が高い。
  3. お燐はレベル70の時点でも精神上昇L9でようやく180を超える為他2人より現実的ではない。
    • おしらさまを装備すればSP+20。精神上昇L5の650PPで済むため現実的になる。
      妖の記憶を装備すれば精神上昇L2で済むが、幽々子に装備させて再動のコストを下げた方がいいかもしれない。
    • 簡単に成立させたいなら嫁MAXにすればあっさり達成可能。嫁を利用するならお燐を嫁にして永琳と運用させれば疑似無限行動が可能となる。
    • 妖の記憶と嫁MAXを駆使して復活後に復活を2回使えるキャラを用意出来たなら期待役を復活ループさせる余裕が出来るので効率が更に高まる。
      • 妖の記憶と嫁を利用しないと復活後復活2回は理論上ですら不可能。期待役は固有で消費を抑えられて復活後期待の使用ラインが容易いくるみが良いだろう。
      • ここまで来ると本家Aの再来に近い。逆に言えばここまでしなければ出来ないので本家Aはやはり壊れてた。
      • ちなみに期待役ではなく非想天則を復活させて自爆を利用すれば相手を撃墜するor回避率100%じゃない場合ループの完成度が高まる。
        非想天則をフル強化&フル強化ボーナスHP+2000&鬼の角×2&超合金グレートでHP19400。HP強化が9段階までなら嫁MAX永琳も自爆1回で瀕死。
        そこから攻撃してグレイズすれば間違いなく死ぬ。
        神綺様はどう足掻いても自爆で削りきれないので永琳とお燐でループさせる場合のみ可能な手段。
      • おくうも自爆は可能だがHPが低すぎる。復活自爆再動ループは非想天則が参加する72話以降限定の戦法と言えよう。

ゴーストスポット Edit

  • 「ペア」のSPが回復する様に強化された。後衛にサポート型のユニットを置くことでSPを回復させながら戦う事が可能。
  • 幽々子自身もSPを消費し易いので使いやすいが前線に出さなければ意味がない。編成と要相談。
  • 幽々子で無双させなければ効果を実感しづらいため、幽々子が嫁の人向けといえるか。
  • なお、幽々子が援護攻撃でトドメを刺した場合にも発動する。
    上手く使えば開幕鼓舞した後、毎ターン直感を使いながらSPが回復していく。

運用参考例 Edit

幽蝶の舞+型 Edit

強化項目名称
ユニット強化MP、武器、運動性、(HP、装甲)
フル強化ボーナス移動力+1
技能ブロッキング、克己、かすり、援護防御
固有幽蝶の舞+
ステータス強化技量
装備蓬莱の弾の枝、天狗の面
僚機はたて(はたての念写ガイド)、小傘(たたら踏み)、妖夢(幽明の苦輪)、こいし(超反応センス)など
  • 前線で自軍の被ダメージを吸収し、ひたすら攻撃をいなして無力化させる特殊な回避盾型。
    幽蝶の舞+の強みを最大限活かすため前衛運用を意識しているが、そのまま後衛もこなせる。
  • ブロッキング、克己、かすり、援護防御の四つは確定。
    残り二つはデフォルトの霊力節約と精神上昇で十分構わないが、別方向へカスタマイズを加えてもいい。
    例えば見切りやガードで防御能力、高速or低速移動やヒット&アウェイで移動能力、援護攻撃や距離補正無視で攻撃能力、支援強化で後衛能力を強化する等。
    • 回避盾として特化させるなら見切りとガードの防御セットがおすすめ。かすりとの相乗効果で大きなダメージ減衰を狙える。
      • 回避力強化の面では、技量のステータス強化も実はかなり優先度が高い。
        技量+5(100PP)=回避率+7.5%=回避+15(300PP)=見切りL1→L2(320PP)となり、技量+5までならかなりPP効率が良い。
        しかも技量が上がればシールド防御の発動率も上がるため、幽蝶の舞+の発動率も上がるという相乗効果まで期待できる。
        とりあえず必要な技能のL1を取得したら、L2に上げるPPが貯まるより先に技量を+5してしまうのがお勧め(克己はL1から重いので克己よりも先)。
        技量+6以降はPPがかなり重くなるので、必要な技能のレベルを上げきってからでいいだろう。
        (技量差による回避補正は×1.5%なので、技量+6(135PP)で止めるという選択肢もある。)
  • 前衛運用するなら運動性も強化しておくと、幽蝶の舞による回避上昇との相乗効果で、特に雑魚の攻撃はかすりもしなくなる。
    • 幽蝶の舞+が発動しなかった場合への保険として耐久面を鍛える価値もあるので、いっそフル強化してしまうのも十分あり。
      その場合のボーナスは移動力+1を選んでおくと、守りたいユニットに隣接しやすくなり、盾役としての使い勝手がさらに向上する。
  • 基本的な技能のみでほぼ完成しており装備にこだわりがない。
    足回りを強化して一人最前線に突出しても良いが、それよりも仲間と足並みを揃えて援護防御をする方が基本的には強い。
    強いて言うなら低速移動力の遅さが原因で遅れることもあるので、天狗の面があると便利(フル強化時除く)。
    また他に蓬莱の弾の枝を装備させたいユニットがいないなら持たせてあげたい。
  • 僚機は幽々子前衛なら低速移動力と回避率を強化できるはたてとの相性が良い。また、加速を持ちつつ挑発でターゲット操作もできる小傘も好相性。
    幽々子が後衛に回るなら、実弾を切り払い分身でかわし幽々子から高い信頼補正を受ける妖夢がベスト。こいしを始めとした高確率のカウンター持ちも敵の無力化という点で合致する。
  • 味方を守れるところが最大の長所なので、スーパー系やリアルとスーパーの相の子のようなユニット、リアル同士で組んだペアと隣接させてこそ真価を発揮する。
  • なお、他の回避系スキル(分身や切り払いなど)が援護防御を受ける前に発動判定が発生するのに対し、「幽蝶の舞+」はシールド防御の変化である関係上、援護防御を受けると発動判定自体が発生しない。
    つまり幽々子自身がターゲットになった場合は、味方からの援護防御を外さないと「幽蝶の舞+」は発動しない
    このスタイルのせっかくの強みを潰してしまうので、「直撃を受ければ撃墜される」という状況でない限りは、幽々子自身は援護防御を受けない方が良い。

ゴーストスポット型 Edit

強化項目名称
ユニット強化MP、武器、運動性、(HP、装甲)
フル強化ボーナス射程+1
技能ブロッキング、援護攻撃、援護防御、ガード、信念、ヒット&アウェイ、低速移動、パターン化など
固有ゴーストスポット
ステータス強化技量
装備蓬莱の弾の枝、永の彼方、エネミーマーカー、(妖の記憶)など
僚機稼ぎ精神要員
  • ゴーストスポットのSP回復が僚機にも及ぶことをフル活用し、祝福応援祈り愛といった稼ぎ精神を湯水のように連発する型。
    幽々子自身のSP回復も無駄にしないため、開幕で鼓舞を使った後は毎ターン直感を連発する。
    ゴーストスポットの効果は幽々子が前衛でないと発動しないため、必然的に前衛運用向けのビルドになる。
    • 瞬間的な回復量は黄泉還りやセンスオブエレガンスに大きく劣るため、再動マシーン運用には向かない。
      あくまで僚機の稼ぎ精神を乱発するのが目的の型であり、幽々子のSP回復は「ついで」と思っておこう。
  • ユニット強化の方向性は幽蝶の舞+型とほぼ同じだが、ゴーストスポットが援護攻撃でも発動することを活用するため、フル強化ボーナスを取るなら射程+1の方が良い。
  • 技能は援護攻撃が最優先、他は雑魚戦前衛をこなすための技能があればいい。
    EP前衛時の防御性能はシールド防御に大きく依存するため、ブロッキングのレベルも可能な限り上げておきたい。
    基本的に毎ターン直感を連発するので命中率を補完する必要がないため、見切りの優先度は低い。
    • 幽々子の技量はかなり高めなので、パターン化を覚えさせて殺られる前に殺るスタイルも面白い。
  • 装備は援護回数を増やす蓬莱の玉の枝、最前線に陣取りやすくなる上ゴーストスポットと連動して効果が発動する永の彼方、射程を伸ばすエネミーマーカーなど。
    • 幽々子自身の鼓舞や魂、再動を多く使いたい場合は妖の記憶もありだが、基本的に妖の記憶は稼ぎ精神持ちの僚機に持たせたい。
  • 僚機はもちろん祝福応援祈り愛といった稼ぎ精神持ち。
    • 低コスト勢の中では加速も持つリリーWとの相性が特に良く、最前線で援護&反撃無双しやすくなる。
    • 愛持ちの中では消費の少ない神綺と、夢で何でも出来る上に高い信頼補正がある紫との相性が良い。コスト超重いけど
  • ゴーストスポットに特化するなら上記の通りだが、とりあえず援護攻撃さえあれば機能するので、幽蝶の舞+型に援護攻撃だけ差し込んでおいてマップによって使い分けることも可能。

死蝶型 Edit

強化項目名称
ユニット強化武器
技能距離補正無視、支援強化、P回収(撃破)、信念、パワー限界突破
固有死蝶
ステータス強化武器
装備シューター系
僚機小町(無間の道)
  • 前作から強力だった、小町の射程無限スキルを活かしてはるか後方から即死攻撃を撃ち込む型。
  • 基本的な運用は開幕で鼓舞を連打し、小町と共に固有スキルを発動してやっかいな雑魚を確定排除。死蝶を使い切ったらHPが減った敵への止めに専念する。
    • 小町のスキル[無間の道]は、僚機の支援攻撃で倒した場合効果が途切れない=射程無限を維持できるという仕様を使った運用法。
      今作では幽々子の支援攻撃にバリア貫通が付与され、ますます使い勝手が向上した。
    • ボス戦では援護攻撃を使えば、安全な距離から各種デバフを打ち込める。この場合無間の道が途切れてしまう点に注意。
    • 主力が削った相手をはるか後方から撃ち落とす事で主力がその分動けるようになり、進軍がスムーズになる。SLGにおける1手の違いが大きいのは周知の通り。
  • はるか遠方の敵を狙い撃つ事が多いため、距離補正無視は必須。ただし固有スキルが運用のほとんどを担っているので、それ以外は特別な措置を必要としないのが利点。
  • 基本的に敵の攻撃を受ける事が無いので、小町・幽々子共に強化はほとんど必要ない。1ターンに一度しか攻撃しないので、MP強化も不要。
    • 支援強化、信念、パワー限界突破や武器強化で止めを刺せる範囲を広げる事が可能。特に信念やパワー限界突破を使う場合はP回収(撃破)や気分高揚を。
      逆に言えば技能でほしいのはそれくらい。最低限必要なのは距離補正無視だけなので、型としての完成が早い点もメリットとなる。
  • ボス戦に参加したい場合は、小町にヒットアンドアウェイを覚えさせておくと、置いてけぼりにされずに済む。
    小町が射程外から殴りながら接近し、幽々子の射程に入ったら交代して直感を使いながら殴る運用が強い。

コメント Edit

  • ああ、とうとう無限復活再動が出来るようになってしまったのか・・・ -- 2017-08-18 (金) 10:26:07
  • 73話(幻想郷ナイトメア)で黄泉還り+再動ができるように、72話で正体不明の種つけてLV75 まで上げておきたいところ。 -- 2018-11-09 (金) 13:29:34

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White