鍵山雛・夢

Last-modified: 2019-04-05 (金) 08:29:13

キャラ紹介文 Edit

キャラ紹介文

テーマ曲MISERY GO ROUND~運命のダークサイド或る厄神の唄~厄神様の通り道
二つ名秘神流し雛
能力厄をため込む程度の能力
登場作品『東方風神録』他

概要 Edit

  • 同じ人形出身だからか、メディスンのことを気にかける厄神様。
  • ユニット性能は永から全く変わっていない。他が強化を受けているユニットが多いため、相対的には弱体化。
  • 武器もほぼ据え置きだが、支援武器以外の武器全てにバリア貫通が付与されている。
    火力の低さは相変わらずだが、実はちゃんと鍛えて前衛運用すればバリア持ちには強い。
    • 初期で援護攻撃も持っているので、普段は後衛でサポート、バリア持ちにはバリア貫通で援護攻撃という運用も可能。
      会心と加速を持つので、後衛適正も比較的高い。捨て身も後衛からFPMで使えばノーリスク。
    • メディスンとペアを組んで魔界蟲キラーにするのも面白い。毒と厄の前ではバリアなど意味をなさない。ただし援護防御役を別途付ける必要はある。
  • マップに水場が増えたことは、雛にとってはプラス。水場が得意なユニットも増えたが、頭数がいて損はない。
  • 雛のオンリーワンスキル、バッドフォーチュンの有用性は相変わらず。有効に働くボスは多くはないが、効く相手には効果覿面。幽香とかゆうかりんとか幽香ちゃんとか
  • 新たに覚える固有スキル「回転加速L2」と「秘神流し雛」は、どちらも雛の戦闘力を向上させるスキル。
    • 回転加速は前衛向き、秘神流し雛は後衛からのFPM一発屋向きのスキルと言える。
  • 身代わり雛や厄返し、そして捨て身と、自己犠牲的な戦い方が目立つのが流し雛らしい。
    幽々子の「黄泉還り」や、精神コマンドの「復活」とはある意味相性がいいが、どのように戦わせるかはプレイヤー次第。

キャラクター性能 Edit

顔グラフィック_雛.png

種族
気質冷静
精神コマンド直感加速献身突撃会心捨て身
レベル11113150
消費251530253060
ステータス格闘射撃技量防御回避命中SP
Lv2114214818410120320978
Lv3014715619010722022792
Lv40157165197114235247105
Lv50164174204121253267116
Lv60171183211128271287126
Lv70
Lv80185201225142307327141
Lv99198218238155341365155
信頼補正補正レベル備考
にとり+2(+3)にとり→雛は+2。雛→にとりは+3。
メディスン+2

※特に注釈の無い場合は双方向

ユニット性能 Edit

ユニット_雛.png

-初期値5段階10段階20段階上昇値
HP4600560066008600200
MP15020025035010
運動性1201451702205
装甲80010001200160040
コスト2.0
移動力(低速)6(3)
地形適応空A 陸A 水A 夜A
サイズM
装備スロット3
特殊能力なし
××
攻撃名称分類属性攻撃力(5・10・20段階)射程霊力弾数パワー命中CT地形適応支援攻撃特性
厄神スピン格闘P/S1900→2400→3100→49501-3---+30+35空A陸A水A夜Aバリア貫通
ブロークンアミュレット射撃P2000→2500→3200→50503-5-15-+15+20空A陸A水B夜A
流刑人形射撃P2600→3100→3800→56501-235-110+10+25空A陸A水A夜Aバリア貫通
ペインフロー射撃-2950→3450→4150→60003-6-8115+15+30空A陸A水A夜Aバリア貫通

固有スキル Edit

能力名称習得Lv区分効果備考
バッドフォーチュン-コマンド次の攻撃に「確率発動効果を1ターン封印」の追加効果を付与。
「カウンター」以外の発動を封印する。(使用回数2)
「バッドフォーチュン」のステータス付与
回転加速L1-能力移動距離に応じて運動性、武器の攻撃力、およびクリティカル率に補正。
回転加速L260
厄流し-コマンド次の攻撃に「被弾時クリティカル」の追加効果を付与。(使用回数2)「厄流し」のステータス付与
厄返し27能力自分に攻撃を当てた敵ユニットに「被弾時クリティカル」の追加効果を付与。
身代わり雛42コマンド現在位置や地形、スキル「援護防御」の有無に関わらず、
指定したユニットの援護防御に入れる。
発動時、雛は前衛である必要がある。(使用回数2)
対象に「身代わり雛」のステータス付与
秘神流し雛60能力精神コマンド「捨て身」を使用した時のダメージ倍率が2.5倍になる。

バッドフォーチュン Edit

  • 今作においてはほぼ、対幽香決戦兵器。一応、73話の藍と幽々子にも有効だが、とにかく対幽香のインパクトが凄い。
    • 特にイノセント・ポイズンで登場する幽香は、分身・シールド防御・切り払いの全てを高確率で行うため、これなしで戦うのは苦行。
    • 雛を育ててなくとも、幽香戦の時はこれの為にピンポイント運用する価値は十分にある。

回転加速 Edit

  • 回転加速の各補正値
    技能レベルパラメータ補正値
    L1運動性(回避率)移動前後間距離×1.95%
    武器攻撃力移動前後間距離×30
    クリティカル率移動前後間距離×3%
    L2運動性(回避率)移動前後間距離×3.25%
    武器攻撃力移動前後間距離×50
    クリティカル率移動前後間距離×5%
  • 雛を前衛で戦わせるなら、相変わらず有力なスキル。今作では、クリティカル率にも補正がかかるように強化された。
    • このクリティカル率とは武器ごとに設定されているクリティカル率のことであり、
      回転加速による補正がかかっている状態だと武器攻撃力と同様に武器のクリティカル率が補正された数値となって青色に表示される。
  • 基本的な仕様は「永」から変わっておらず、各補正がかかるのは味方フェイズにおける移動直後の戦闘時のみ。
    移動距離というのは「移動前後間距離」であって移動歩数ではなく、移動前の位置からの最短距離が計算に用いられるのも同じ。
  • 回避率が運動性に変更されているが、回避率の計算式では運動性の数値が回避率にそのまま当てはまるので、
    前作の「永」同様、回避率への補正と見て差し支えない。
  • 新たに回転加速L2という形で上のレベルが設定され、回転加速L2では各補正値がL1の時よりも増加する。
    L1の時の補正値はL2の時の0.6倍となっており、比率にするとL1:L2は3:5となる。
  • 張り付き流刑人形なり、突撃ペインフローなり、活かす手段はあるので使いやすいが、ボス戦では初撃以外で使いづらいのも相変わらず。
    • 捨て身の効果に弾幕効果無視があるためボス戦でも発揮できる機会は増えた。もっとも、反動という副作用はあるが。
    • やはりボス戦で活かすなら霊撃のタイミングに合わせるのが一番無難。

厄流し Edit

  • 会心、熱血、魂の使い手が増えた上に、アイテム「アリスのクッキー」の数も増え、新たに「悔悟棒」も追加された。
    多くのキャラがこのスキルに頼らずともクリティカルかそれ以上の火力を確定で叩き出せるようになったため、
    このスキルの価値は、主に「SP・アイテムの節約」という点に見出すことになる。
  • 固めの雑魚敵との戦いや、ボス戦の序盤などで少しでもSPを節約するために使うのがメインとなるだろうか。
    魂などの強力な精神をボス戦終盤まで温存できるようなら、効果は大きい。
  • 永と比べると、状態異常を2つまで重ね掛け出来るようになった事と、激闘とクリティカルが併用可能になった事が利点。
  • 夢子のデモンスレイヤーと相性が良い。うまく使えば「夢子ペアの後衛の支援攻撃」の火力を手軽に増幅できる。
    • 厄流しが効果を発揮するのは次の戦闘からのため、雛と夢子でペアを組んでもあまり意味がないので注意。

厄返し Edit

  • 夢では敵の攻撃力もインフレ傾向にあるため、このためにわざわざ耐久があるとは言えない雛を被弾させるのには無理があるか。
  • 3回以上厄を返せなければ、厄流しの方がマシということになる。敵の群れの中で援護防御をし続けるなどの方法があるが、雛の耐久ではかなり厳しい。
  • 敵の中に突っ込ませた雛を永琳の「永遠の檻」で置物にするという強引な手もある。この場合は雛の僚機を広範囲MAP攻撃持ちにしておくと相性が良い。
    最大の問題点は雛が回避してしまうと効果を発動できないこと。運動性低下の弾幕を利用したい。
  • 敵の攻撃に耐えられるかどうかは別として捨て身と相性が良い。デメリットへメリットを無理矢理加えるあたりがとても厄く、ある意味雛らしい。

身代わり雛 Edit

  • 衣玖さんの「危険察知L2」と比較して汎用性では劣るが、距離・高さ・援護防御のスキルの有無を一切問わずに援護防御が出来るのが利点である。
  • 味方から鉄壁や不屈、バリアを付与してもらう手段が出来たことで、リアル系の雛でも敵の一撃に耐えやすくはなった。
  • 被撃墜数を気にしないなら、文字通り誰かの身代わりとして撃墜されつつ反撃火力を上昇させた後、
    幽々子にSPを還元するという使い方もありか。もちろん後から復活させて貰ってもいい。
  • 高レベルの気合避けを習得させておくと意外と便利。大きくHPの減った雛は敵からすれば格好の的であり、それを逆利用してしまうのである。
  • 距離補正は雛の位置のものが反映されるため、敵との位置関係によってはわりと耐える。
    • ダメージの距離補正は距離5を基準にして、1マス離れるごとに2.5%ずつダメージが低下していく
      (例:距離7なら95%に低下、距離11なら85%に低下)。
      詳細はこちら
      • 13マス離れたらガードL2と同じ、25マス離れたら鉄壁と同じ補正がかかる。
        ただし、距離補正無視を所持している相手には無意味なので注意。
    • 距離補正は逆もまた然りなので、援護防御される側よりも雛の方が敵のすぐ近くにいる場合だと、
      距離補正によるダメージ増加によって通常の援護防御よりも被ダメージが大きくなってしまう点に注意。
  • 今作では遠くで孤立した味方の救援に向かうシチュエーションのマップが多く、その味方が育っておらず援護防御も受けられないといった時に役に立つ。
    必然的に遠くから援護することになり、距離補正が働くので雛の耐久でも割と耐えられる。
    • 例えば70話で単騎出撃するリリーホワイトなどを遠距離から守ることが出来る。

秘神流し雛 Edit

  • 妖夢の「魂魄の極意」と似ているが、こちらの方が倍率が高い。
    2.5倍というダメージ倍率はかなり凄く、倍率でこれを上回る手段は、「弾幕はパワーマキシマム」など非常に限られた手段のみとなる。
    捨て身にはデメリットもあるが、後衛からFPMで使うならデメリットも関係ないため、非常に強力といえる。
  • 惜しむらくは、雛自身の火力がさほど高い方ではないことだろう。雛は直撃も持たないため、火力担当にはもともとあまり向いていない。
    雛を火力特化させる拘りがなければ、他の仕事をさせた方が雛の持ち味を発揮できるだろう。
  • 「復活」でSPが半分回復することを利用した、捨て身+復活ループコンボが強い。お燐の「死灰復燃」で復活させてもらえば、復活後にパワー最大となるので一層強力。
    特にお燐が嫁レベルMAXでSPに余裕がある場合、パワー最大2.5倍ペインフローを1ターンに何度も繰り出せる非常に強力な戦術となる。雛が少し可哀そうだが

運用参考例 Edit

回転加速型 Edit

強化項目名称
ユニット強化MP、運動性、武器
技能見切り、かすり、高速移動、低速移動、切り返し、張り付き、距離補正無視など
固有回転加速L2
装備玄爺、天狗の面、鳳蝶紋の扇子
僚機にとり、エリー、椛(千里眼)など
同時出撃ヤマメ(ヘルストリング)
  • 「夢」で強化された回転加速L2を活用して、常時移動しながら戦う型。
  • 毎ターン空いているマスを目指して縦横無尽に駆け回るため、まずは何はともあれ移動力の強化を。
    弾幕に突っ込むための切り返し、弾幕中を動き回るための低速移動や天狗の面があると便利。
    • 弾幕中に高速でとどまる場合が多いので、運動性の強化や見切りの習得も欠かせない。
  • 張り付きとのコンボが強力。初期技能の張り付きはそのまま残しておこう。
    • 厄神スピンには張り付きが乗らないことに注意。
    • ヤマメの蜘蛛の糸とのシナジーが高い。近くの敵に攻撃する際も、一旦後ろに引っ張って貰ってから張り付きに行くことで助走を付けられる。
  • 敵から遠ざかりながら攻撃するのにも回転加速の効果が乗るため、射程を伸ばし距離補正無視を取っておくと良い。
    射程延長装備+千里眼椛で7マス先までブロークンアミュレットが届く。
    • 遠ざかりながら攻撃する場合は、距離補正と合わせて雛側の回避率に大きな補正が働く。回転加速L2なら、例として4マス離れると距離補正込みで約20%強の回避率上昇となる。
    • P射程を伸ばせば移動先の選択肢が増えるので、弾幕外を大きく回りながら攻撃するなど、より柔軟な運用が可能となる。
  • ボス戦では決まった2地点間を往復しながら戦うと、移動先をあまり考えなくて良くなる。
    • 雛の移動の始点となる位置にヤマメを配置すれば、毎回同じ位置から移動攻撃が出来る。
  • ボス戦での切り札は捨て身+突撃ペインフロー。捨て身の効果中は弾幕を無視して移動できるので、出来るだけ助走をつけて撃ち込もう。反動は援護防御などでフォローを。
  • ペア相手は信頼補正のあるにとり、加速のSPを肩代わりできるエリー、射程を伸ばせる椛などが候補。いずれにしても援護防御持ちが望ましい。

コメント Edit