Top > 雲の上の桜花結界(後編)

雲の上の桜花結界(後編)

Last-modified: 2018-07-04 (水) 13:18:40

本編攻略

第31話 『雲の上の桜花結界(後編) Edit

勝利条件 Edit

  1. 藍の撃破。

敗北条件 Edit

  1. 味方の全滅。

ボーナスWP獲得条件 Edit

  1. 3ターン以内に藍のスペルを発動させる。

ステージデータ Edit

  • 時間帯

初期配置・増援 Edit

  • 初期
    初期味方出撃選択×コスト30.0
    初期敵八雲 藍
    初期敵
    初期敵前鬼
    初期敵後鬼
    初期敵毛玉×4
    初期敵妖怪烏×9
    初期敵強化毛玉×5

敵データ Edit

  • 初期敵
    ユニット名LvHP最大射程(P)獲得点経験値PP総数装備備考
    八雲 藍3019200(E)/22000(N)
    24800(H)/29000(L)
    6(4)10000101妖狐の尾スペルカード持ち
    初期パワー110
    分身(藍)
    特殊耐性
    弾数節約
    援護攻撃L2
    援護防御L1(H以上L2)
    高速移動
    2916900(E)/19900(N)
    22900(H)/27400(L)
    4(4)8500151天狗の団扇ボム持ち
    初期パワー110
    式神
    特殊耐性
    援護攻撃L1
    高速移動
    前鬼2815900(E)/17500(N)
    19100(H)/21500(L)
    3(3)8000101-初期パワー110
    式神
    特殊耐性
    援護攻撃L2
    後鬼2816900(E)/18500(N)
    20100(H)/22500(L)
    6(3)8000101-初期パワー110
    式神
    特殊耐性
    援護防御L2
    強化毛玉265100(E)/5700(N)
    6300(H)/7200(L)
    5(5)2800104(-N)
    5(H-)
    -初期パワー110
    妖怪烏264200(E)/4700(N)
    5200(H)/5950(L)
    5(3)150069-初期パワー110
    毛玉253200(E)/3700(N)
    4200(H)/4950(L)
    5(3)150084-初期パワー110
  • 式弾「アルティメットブディスト」発動後
    ユニット名LvHP最大射程(P)獲得点経験値PP総数装備備考
    八雲 藍3018900(E)/21000(N)
    23100(H)/26250(L)
    6(4)13000151妖狐の尾分身(藍)
    特殊耐性
    弾数節約
    援護攻撃L2
    援護防御L1(H以上L2)
    高速移動
    マップ攻撃使用
  • 「狐狗里さんの契約」発動後
    ユニット名LvHP最大射程(P)獲得点経験値PP総数装備備考
    八雲 藍3025200(E)/28000(N)
    30800(H)/35000(L)
    6(4)16000151妖狐の尾分身(藍)
    特殊耐性
    弾数節約
    援護攻撃L2
    援護防御L1(H以上L2)
    高速移動

イベント・敵撤退情報等 Edit

  • 橙を撃破するとイベントが発生し、藍が精神コマンド「必中」「気合」を使用。
  • 敗北時、専用セリフあり。

攻略アドバイス Edit

  • 紅6~7話と同じように30話からの連戦となっているが、前作とは引継ぎの仕様が異なる。仕様自体は30話で解説しているため割愛する。
  • 前作と異なり、インターミッションで装備・技能変更と出撃選択が可能になっている。
    魔理沙ルートの場合はようやく椛・文・早苗・ナズーリン・星を強化出来るようになる。
    • 妖々夢編前半も強行軍を強いられるステージが多かったが、ここでは今まで以上の強行軍を強いられる。
      そのため、念入りに出撃させるユニットや技能、持たせる装備を決めること。

  • 21話と並ぶ、本作における第二の関門。挟み撃ちされた状態から始まる上、藍を含めた全ての敵が最初から一斉に移動してくる。
    • ボーナスWP獲得条件も実質早解きとなっているため、ボーナスWPとスペル全取得、敵全滅を全て行う場合は21話以上に神経を使う。
      • Easyだと1EPでは敵軍が動かないので誘導やダメージを与えるのが遅れてしまい、逆に難易度が上昇してしまっている。
        ver.1.2.0で烏軍団は最初から移動するようになったが、藍と橙、毛玉は移動しないままになっている。
  • ここで取れる戦法は、おおまかに以下に分かれる。
    • ①乱戦。初期位置でそのまま固まり、全敵と一斉に交戦する。
      • 文字通り大乱戦になりやすい。最大戦力で藍と橙、烏軍団を迎え撃てるが、交戦が2EP辺りになりボーナスWP獲得が厳しくなる。
      • また、前鬼・後鬼は藍の6マス以内にいると式神で回復するため、前鬼・後鬼を一気に撃破する必要がある。
    • ②後退。最初に総力を挙げて後ろにいる烏軍団を始末してから藍を迎え撃つ。
      • 万全を期した状態で戦えるが、ボーナスWPはまず取れない。
    • ③前進。総員で藍に特攻する。
      • 烏軍団が追いつく頃には藍がスペルを発動しているため、藍の削りと烏の駆除双方をこなせるユニットが欲しい。
      • ①に同じく前鬼・後鬼が式神で回復するため、この戦法でも前鬼・後鬼を一気に撃破する必要がある。
    • ④分割。烏軍団はソロないしペアで相手出来るユニットに任せ、本軍は藍へ特攻する。
      • 烏軍団にも中ボスの前鬼・後鬼がいる。烏軍団の猛攻に耐えられるだけの耐久力や回避力はもちろん、
        妖怪烏に使える燃費のいい武器と前鬼・後鬼に使える最強武器を近距離に備えていることも最低条件である。
      • もちろんそれなりにユニットを送ってもいいが、増員しすぎると火力不足で藍を倒せなくなってしまうのでほどほどに。

  • ここでは上記の④の戦法で解説していく。
  • ソロで前鬼・後鬼率いる烏軍団を対処出来ると思われるのは、霊夢・美鈴・椛・早苗ぐらい。嫁補正ありならルーミアなどが筆頭候補。
    • 霊力節約(高難易度の場合は)、気合避け(「集中」)or底力、見切りor信念に加えてスーパー系の場合は「鉄壁」持ち、
      そこから更に良燃費の武器と最強武器を近距離に備えていることが条件となっているため、対処出来るユニットは相当限られる。
    • 霊夢ルートなら椛、魔理沙ルートなら美鈴に乾神の加護とオンバシラを装備させ、上記の技能を習得すればソロで対処可能。
      • 高難易度の場合は「信頼」or「友情」、「献身」を持つユニットも用意しておきたい。
    • 魔理沙ルート25話・霊夢ルート29話の時より前鬼・後鬼のHPが大幅に上がっているため、嫁強化してない限り撃破には5ターン以上かかる。
      そのため、WPを振っていない場合はペアでの対処も視野に入れておこう。
    • ペアで攻略する場合は霊夢ルートなら化猫の尾・グリモワール装備の文&オンバシラ・鬼の角装備の椛、
      魔理沙ルートなら予備弾倉・乾神の加護装備の咲夜&オンバシラ・鬼の角装備の美鈴がオススメ。
      • どちらも信頼補正がかかり高回避と援護防御で安定性が高い。援護攻撃も駆使すれば4ターンで前鬼・後鬼を撃破出来るはず。
  • 本軍は大急ぎで藍のスペルを発動させる必要があるため、援護陣形を組むために最低でも普通の毛玉は1EPで倒しておきたい。
    また、橙と同時に相手するのは非常に面倒なので、本軍でも藍の撃破担当と橙の撃破担当に分けた方がいい。
    • セーブ&ロード前提だが、レベル30にして「必中」を使う、天狗の羽(魔理沙ルートなら+予備弾倉)を装備、
      P回収(撃破)・弾数節約・援護攻撃を習得、固有スキルを「ルナダイアル」にした咲夜1人で相手するのがオススメ。
      • スペル発動前の藍と強化毛玉は最もHPが低いユニットを狙ってくる。
        そのため、わざと咲夜を1~2回被弾させることで藍と強化毛玉のヘイトを稼げる。これで藍の援護防御も恐るるに足らなくなる。
      • 他は重要な役割を担うユニットは先行させてサニーの「リフレクション」で隠し、残りは毛玉の移動後射程外ギリギリで待機。
        重要な役割を持つユニットは「床弾幕」を持つエリー、メイン火力の慧音、回復役のリリーや小悪魔など。
      • 移動力が足りないようなら文の「追い風」で補助を。
        とにかく短時間で一気に火力を叩き込む必要があるため、麦酒などのアイテムを供給出来るにとりも出撃させたい。
    • 橙は前鬼・後鬼と同じく藍の6マス以内にいると式神で回復し、更には藍と隣接すると信頼補正まで発生する。
      最低でも隣接させるのは避けたいが、どちらかを釣るか包囲しないと引き離すのは難しい。
      • 難易度にもよるが、橙のターゲットは結構ランダムで霊夢や大妖精など耐久が低いキャラを狙う事もあればエリーや星など耐久の高いキャラも狙う。
        HPを削ったキャラはあまり狙わないのでHPを調整してやると藍と引き離しやすい。

  • 橙はマップ全域が空な上に装備も霊夢ルート29話から変更されているため、ユニット性能はかなりマシになっている。
    • ...が、開幕から最強武器をガンガン使ってくるため、別の意味でつらいことになっている。
      • スーパー系で相手するのは少々つらいため、リアル系で相手したいところ。幸い、ボス格にしては命中補正がかなり低い。
    • また、いくらユニット性能が下がったと言っても回避力は並以上に高い。命中補強もしておくこと。
    • 式神の効果で毎ターンHPMPが20%回復する為2PPには必ず仕留める事。
      幸い耐久は低いので藍の援護防御があっても倒す事自体は問題ないだろう。

  • 藍は装備「妖狐の尾」で運動性が文並に高くなっている上に分身まで持ち、果てには総合ステータスが全ユニット中トップという本作最強の敵。
    ボーナスWP獲得条件がかなり無茶苦茶なのも本作最強に拍車をかけている。
    • スペルは2枚と少ないが、どちらもボーナスWPのために無茶な強行軍を強いられた自軍を軽く壊滅に陥れてくる。
      ユニット性能もスペルも命中と防御力以外は冗談抜きで後に登場する主人より強かったりする。
    • 雛の「バッドフォーチュン」が最も輝く相手でもある。ただし、スペル発動前はエリーの「床弾幕」を最優先させたいため、
      発動前は「必中」や静葉の「感応」で凌ぎたいところ。
      • また、幽香と異なり素の回避力自体が非常に高いため、
        「バッドフォーチュン」で分身を封じても装備などで命中を補強した上で「集中」を使わないと結局外してしまう。
    • 静葉の「寂び」を使ってもいいが「脱力」との併用が前提な上、当てるために自身へ「感応」を割かなければならないためあまりオススメ出来ない。

  • 式弾「アルティメットブディスト」では移動後攻撃可能というド鬼畜なマップ攻撃を撃つ。また、卍部分が通行不可となっている。
    • ver.1.0.8までは「脱力」+「寂び」でパワーを110未満に下げれば使用を封じられたが、
      ver.1.2.0からは特殊耐性導入+スペルのパワー制限を100にされたため使用阻止が不可能になった。
      • 陣形を整えられていない状況下で撃たれれば壊滅必至。持てる力を全て使って1ターンでブレイクしてしまいたい。
        2PPで陣形を整えつつ藍の削りと橙の撃破を並行し、3PPで援護攻撃を駆使してブレイクしてしまうのが理想的。
      • また、サニーの「リフレクション」でユニットを隠していても何事もなかったかのように狙い撃つため要注意。
    • 卍部分の通行不可も地味に厄介なので、発動前に陣形組みを終わらせてしまうか霊撃で弾幕を消してしまいたい。
      • 実は霊撃で消した部分はEPで弾幕を張り直されても通行不可の効果が消えたままになっている。
    • 注意点として、このスペル発動中は絶対にEPで橙を倒さないこと。「必中」がかかった状態でマップ攻撃を撃たれるため冗談抜きで壊滅する。
  • 「狐狗里さんの契約」では藍の全ステータスが(Easy:20 Normal:30 Hard:35)上昇し、ただでさえ高いステータスが輪をかけて高くなる。
    また、一部範囲ではこちらの回避率を(Easy:20 Normal:25 Hard:30)%下げられる。
    • 「必中」はもちろん、「閃き」or「不屈」or「鉄壁」もかけておかないとまともに戦闘が出来ないため
      これらの精神を持つユニットだけで相手するか霊撃で弾幕を消してしまおう。
    • 武装としての狐狗里さんの契約は高い攻撃力に加えてステータスブースト、サイズLによる補正が重くのしかかり、
      無強化のリアル系では防御行動を取ったりグレイズをしたりしても墜とされる。発動前に援護陣形を組んで万全を期しておきたい。
      • いっそのこと1体犠牲にするぐらいでもいいかもしれない。前のスペルで壊滅させられるぐらいなら1ユニットを生け贄にする方がマシ。

  • ver1.2.0にて、藍・橙・前鬼・後鬼に特殊耐性が追加。

攻略アドバイス (Lunatic) Edit

隣接シナリオ Edit