Top > 育成 > 精霊

育成/精霊

Last-modified: 2019-08-22 (木) 19:56:52

概要 Edit

精霊は基本的にヒーラー職の魔神であり、味方の回復、蘇生、シンクやペインによる敵の弱体化が主な役割となる。
ただ精霊武器はどれも通常攻撃が風属性なので、ライズウィンドと時短速をかけ通常殴りをするとなかなかのダメージを出すことができる。

 

同じヒーラー職の魔杖と比べると、単体回復が得意だったりサブアタッカーとして構成可能な反面、全体回復が苦手で、
固有バフのコーラーの効果が切れると性能が大きく落ちる。
したがってコーラー発動時間以外の安定性に多少の難があり、戦闘不能やバフ打消しにも注意する必要がある。

 

また最高レアの精霊は魔杖に劣らない強力なアビリティを所持しているが、中盤以降の共闘で必須扱いされているピュリファイは持っていない。
なのでまずはピュリファイを持っているバルバトスを優先して取得したいところ。

 

■「精霊」魔神の回復アビリティの上限値に関して
「精霊」魔神が回復アビリティを使用した場合の回復量の上限値は、
「魔杖」「精霊」以外の魔神が使用する場合の1.2倍となり、精霊召喚中は1.4倍となります。
また、「精霊」魔神が使用する場合のみ精霊召喚アビリティの上限値は1.5倍となります。

 
【魔神実装履歴】
 
精霊風呼サクスセーレ
ナトート
期間
限定
邂森デカラビア
漣夏セーレ

育成例 Edit

共通 Edit

  • コーラーを一つ積む
    約8秒置きに自動回復を行うヒーリングコーラー(セーレ)、約5秒置きに攻撃または回復を行うガーデンコーラー(ナトート)が非常に優秀
    • 火力重視なら攻撃できるガーデンコーラー。発動間隔短め(5秒おき)。リキャストが長いが効果時間も長め。
      ただし、回復面については自PTしか回復できない点、1回当たりの回復上限はヒーリングコーラーの約0.6倍で、時間当たりの回復量は少し劣る点は注意が必要。
      (発動時間が長いので、総回復量自体はこちらが上)
      • チェインヒットも発生するらしい。ただしチェインヒット率上昇アビリティを使っても、追撃の上限回数は変わらない。
      • クリティカルが発生するかは不明
    • 回復重視ならヒーリングコーラー。他PTの魔神も回復できる。
    • スピリットコーラー(風呼サクス)は回復量が少なすぎる(2018年7月17日のメンテでヒーリングコーラーの回復量が上がったので、相対的に)
      • ただし覚醒IIでリキャストだけはヒーリングコーラーIII(セーレ初期)に追いつくと思われる
      • 覚醒による2枚持ちもしやすいので、リキャスト減やプラチナ/ISO系コーラーを中々揃えられないなら鍛えるのは有り
    • 別種のコーラー同士を同時に積むことはできないが、同じコーラーの覚醒前と覚醒後なら同時に積むこともできるので、2枚持ちすれば常時精霊を呼び出すことが可能である
    • どのコーラーもリキャ減やPT内のカードにディーシーブルを積めばほぼ常時精霊を呼び出すことが可能である
  • 回復リキャスト減をできるだけ積む
    • コーラーが切れていると回復上限が1.4倍から1.2倍に落ちるほか、シフトリカバー(漣夏セーレ)
      ハーヴェストリカバー、ガイアフォース(ナトート)などの重要なアビリティの性能が大きく落ちてしまうため
    • 単純に精霊による自動回復で2馬力分に近い単体回復を出来るのが強いというのもある
    • 難しい場合はスピリットコーラーを覚醒まで鍛えて2枚持ちする
    • 2018年11月現在、リキャスト減を持つのは
      「漣夏の癒しっす!(漣夏セーレ)」、「Happy Valentine!(淡恋オセ)」、「聖純の心得(オセ)」、「幻想の魔術師(セファソラエル)」の四つだが、
      幻想の魔術師は無駄が多いわりに効果量が少ないのでリキャ減のある新規魔神を待つのも手
  • ガイアフォースは自PTしか回復できないが初期でも風攻上昇量が多い(IVで+0.8倍)のでゲイルラウンドを使うならバフとして入れておく
    • ちなみにガイアフォースは回復リキャスト減が効く
    • ライズウィンドやオールアトリビュート(アンコニオーン)と重複可能。見た目が似ているが別のアイコンである
      • ライズウィンドとオールアトリビュートは同種バフなので重複できない(瞬間的な効果量が高い方が残る)
    • ダメージを受けていなくても発動する(少なくともコーラー中は)
      • ライズウィンドはオートだとボス戦でしか自動使用しないが、ガイアフォースはどの戦闘でもオートで自動使用する
  • TP技は互いにTPの取り合いにならないか考えながらつける(メガレストレーション(セーレ)を使うならハーヴェストリカバーは抜くなど)
  • 同PTにピュリファイ持ちがいなければピュリファイを積む(アシストでもOK)

火力型 Edit

  • 風攻特化すると攻撃力も高いのでできれば時短速をつけて火力も出したいところ
  • チェインヒット率も意識したい
オススメパッシブ最大HPアップ、チェインヒット率上昇、(火、水、風)属性効果上昇、好風の精霊、神霊の心得、
光輝の心得、女王の心得、心徹の心得 、蠱惑の白薔薇、翠狼の操者など
オススメスキルシンクウィンド、ライズウィンド
スピリットコーラー(精霊招来)、ヒーリングコーラーガーデンコーラーなど
オススメマジッククイックステップ(時短速)、ウィンドカッター(風刃閃)、ガイアフォース、
フェザーシュート、クイックシュート、トキシックローズ、ウィンドペイン(崩牙・風)など

※「クイックシュート」(宝珠/魔銃専用)、「トキシックローズ」(宝珠専用)、「ウィンドペイン」(宝珠/魔銃専用)、は、アシスト使用。
※回復アビリティもセットしたい場合は、下記を参照してください。

▼パッシブ詳細
▼スキル詳細
▼マジック詳細

回復型 Edit

  • 魔杖と似た育成方法となるが、魔杖魔神のスキル/マジックには精霊では使えないアビリティも多いので注意
  • 回復リキャ減の効かないアビリティ(ピュリファイ、時短速、その他補助アビリティなど)はアシストで外付けした方が無駄がない
  • 一撃当たりのダメージがそれほど高くなければライズウィンドとガイアフォースを両方付ける必要はないかもしれない
  • 時短速も場合によりけり(塔技場のように初手全体高火力攻撃がある場合は入れた方が良い)
  • 耐久力を水増ししていないと明らかに耐えられないような超火力の攻撃を行うボスと戦う場合は、
    ゲイル+風バフか、鍛えたポイントバリアのどちらか片方は最低限もっていく(例:魔王グレモリ【Awaken】
  • (ヒーラー共通)野良共闘の戦力は玉石混交であり、敵視持ちが落ちると一気に崩壊することも珍しくないため、
    単体回復や範囲回復を2つ積むより1つを蘇生系に変えた方が安定する。
    ただし1つしか枠がないなら単体回復か範囲回復を優先して死なないようにした方が良い。
  • (ヒーラー共通)全体回復ばかり積んでいると、4人(3人?)以上が一定割合のHPを失っていないと発動しないため、敵視もちからどんどん死んでいく羽目になる。
    かといって一つもないと敵の全体攻撃に回復が追い付かない。一つだけ積むのがおすすめ。
    • ゲイルラウンドは全体回復の代わりになる。
オススメパッシブ最大HPアップ、チェインヒット率上昇、(光)MP減、好風の精霊、天調の心得、聖純の心得、神霊の心得、
準則の心得、漣夏の癒しっす!Happy Valentine!、幻想の魔術師、翠狼の操者など
オススメスキル物理シンク系、シンクウィンド、ライズウィンド
スピリットコーラー(精霊招来)、ヒーリングコーラーガーデンコーラーなど
オススメマジックヒール(快癒光)、リヴァイヴ(蘇生)、リカバー、コープスリカバー、ピュリファイ
プロテクトオーダー、フロントヒール、メガレストレーション、ゲイルラウンドガイアフォース
シフトリカバー、ハーヴェストリカバークイックステップ(時短速)、グレイスフルムーン(※アシスト運用)

※シンク・ライズ系は宝珠を参照。

▼パッシブ詳細
▼スキル詳細
▼マジック詳細

※「ヒーリングコーラー」や「スピリットコーラー」等の精霊召喚を行うアビリティは
2種類以上同時に設定することはできません。
ただし、精霊召喚アビリティとその覚醒アビリティについては同時に設定が可能です。

 
塔魔---
紋章アスタロト(侵食or号令)など

コメント Edit

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
  • カードのフルレバレッジとの併用でメガレストを戦闘開始直後から打てるようになった。全体回復の出が遅いデメリットを解消した精霊にもはや怖いものなし? -- 2019-05-20 (月) 18:55:35
  • 聞いた話によるとシフトリカバーはオーダーでもAIでも自動使用してくれないので面倒だとか。 -- 2019-02-28 (木) 13:21:05
  • ヒーリングコーラーの説明を修正、ついでにスピリットコーラーもゲーム内説明と同様にした -- 2017-11-21 (火) 11:58:14

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照