ミンスク(BG2) の変更点

*ミンスク (Minsc) [#x590127a]

#ref(NMINSCM-P.jpg,nolink,around);
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|種族|性別|クラス|性格|STR|DEX|CON|INT|WIS|CHA|h
|人間|男|レンジャー|CG|18/93|16|16|8|6|9|
#br
|CENTER:80||c
|武器熟練度|ツーハンデッドソード(2), メイス(2), ロングボウ(2), 二刀流スタイル(2)|
|初期装備|なし|
|仇敵|ヴァンパイア|
|固有能力|バーサーク状態(特殊能力)|
|加入場所|[[イレニカスのダンジョン1①>1章(BG2)#t54244a3]]|
|待機場所|[[コパーコロネット]]([[スラム地区]]②)|
#br

#region(キャラクター自伝)
過去についてきかれると、ミンスクは、自分は極東のラシェメンの国のバーサーカーウォーリアーだと言う。だが、動物に詳しいところは彼がレンジャーとしても優れている証拠だ。もともと、デジェマという、大人の男になるための儀式的な旅の途中に、ダイナヘールという若きワイカラン・オブ・ラシェマンのボディガードとしてソードコーストに来たそうだ。残念ながら、ダイナヘールが死んでしまい、もう名誉あるアイス・ドラゴン・バーサーカー・ロッジへの道は永遠に閉ざされてしまったのではないかと気に病んでいる。この個人的な悲劇が彼の現実に対する認識力を高めていないのは確かだ。その証拠に、ペットの「ブー」という、彼曰くミニチュア・ジャイアント・スペース・ハムスターに彼は未だに依存している。レルムのどこかにそのような生き物がいるにはいるらしいが、きっとミンスクは頭に何発も痛いのを食らったのだろう。
#endregion

*備考 [#bcf799d6]
前作から引き続き登場する脳筋レンジャー。
イレニカスの実験施設内で檻にぶちこまれているので解放する(怒らせる?)と仲間にできる。
今作では彼の"ウィッチ"である[[ダイナヘール]]が殺されており、激しい復讐心に燃えている。
クイックスロットにあるネズミ(彼曰くミニ・ジャイアント・スペースハムスター)ことブーは外せない、
でもかわいいからいい。ミンスクのトレードマークみたいなものだから大目に見てあげよう。
旅の途中で頭を打ったらしく、その影響でWISが極端に低いが、代わりにバーサークが使える。
ステータスもまさに脳筋仕様なため、筋肉戦車として大きく貢献してくれる。
ちなみに、彼の故郷ラシェメンは地球だと中東に当たる(フェイルーン=主な冒険の舞台が欧州に当たる。カラ・トゥアはもちろん東洋)のだが
ちなみに、彼の故郷ラシェメンは地球だと中東に当たる((フェイルーン=主な冒険の舞台が欧州に当たる。カラ・トゥアはもちろん東洋。ソウデスネ!))のだが
原語のセリフはいわゆる中東訛り((Rを巻き舌で強く発音する。加入時の賢い(スマート、smart)をスマルトと発音しているのが耳に残るはずだ。))を意識して収録されている。芸が細かい!

#br
-バーサーク(狂暴化)
ミンスクは2ターンの間、激昂し、ストレングスとデクスタリティに+2のボーナスを付与され、チャーム、混乱、恐怖、フィーブルマインド、ホールド、レベルドレイン、メイズ、スタン、催眠への完全耐性を得る。さらに15ポイントの一時HPが追加され、これらはバーサークが終了した時点で消失する(この影響によりHPがなくなって倒れてしまう可能性もある)。
*コメント欄 [#be135e4f]
コメント欄は編集ができない方のためのものです。また、議論はこのコメント欄で行って下さい。
#pcomment(reply)