平将門 の変更点

  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 平将門 へ行く。
*生まれ [#h26c9cd8]



*どんな人? [#o3810e20]

平安時代のカリスマ武士


*おいたち年表 [#r70c692c]

|年|0歳|誕生!|
|年| 歳|  |
|年1| 歳|  |
|年|1 歳|   |
|年| 歳|  |
|年| 歳|   |
|年| 歳|   |
|年| 歳|   |



桓武天皇の血を引く下総地方(茨城県)豪族の名門に生まれた将門

若い頃「検非違使」という、京都の警察官みたいなのになりたくって上京

が、「関東の田舎モノめが!」とバカにされ「何だよ!くそー!今に見てろ!」と、すごすごと実家に帰る

そんな傷ついた少年将門を待ち受けてたのは、叔父さんの[[平国香(たいらくにか)>平国香]]が、将門の領地を奪い取っているというニュース

怒った将門は叔父さんと大喧嘩

叔父さんを殺して、下総地方を支配していくようになった

こうして将門は下総地方でヤクザの親分みたいな感じになっていた

そんな頃、藤原玄明という豪族が「朝廷に追われてるんだ!助けて」とやってきた

親びん将門は「よっしゃ!オレにまかせろ」と、玄明を匿う

これにより、将門は要注意人物とチェックされるように

そんなある晩、女官が「あなたにお告げがありました!菅原道真のお告げです!天皇の位をあなたに授けるとのことです」と言ってきた

将門は自分のことを「親皇」と名乗り京都に反乱することに

これを知った朝廷は将門追討の命令を下した

が、朝廷軍が関東に着く前に、以前将門が殺した平国香の息子である貞盛が平将門を殺してしまっていた

将門は殺されたとき、白羽の矢が眉間に刺さり、首を斬られ晒された

その首は目を見開いたままで、なんと東京大手町のビル街の一角まで「今一度合戦を!」と叫びながら飛んで行ったらしい


*逸話 [#w64df6b6]

●
●
●


*関連のある人々 [#aa1dd765]

●
●




*祐筆 [#c34461e9]

●一番手・・・