Top > さ~な行
HTML convert time to 0.091 sec.


さ~な行

Last-modified: 2018-08-17 (金) 21:14:26

主としてアナルスレ住人が使用している(or使用していた)ネタや、起こった事件の概要などをまとめる用語辞典(さ~な行)です。

 

あ~か行はこちら
さ~な行
は~わ行はこちら
英数字・記号はこちら

 

意味を履き違えて使うと死んでしまいPT壊滅の遠因になってしまうことがあります。
初見だと即死レベルの用語については予習必須用語のページを、FF14内で公式名称として使用されている単語やキャラクターなどについてはゲーム内用語のページを、MMORPG界隈で広く用いられている単語についてはMMO専門用語のページを参照しましょう。

 
 

さ行 Edit

魚の皮 Edit

sakananokawa.jpg

元ネタは4Gamerのインタビューでの神の回答。

──漁師が釣った魚を使って,ほかの生産職が何かを作る,という仕組みは作られているのでしょうか。

吉田氏:
その仕組みは,旧FFXIVのときに無理矢理入っていたんですよね。何かを作るときに魚の皮が必要だとか・・・・・・。普通,鎧の一部に魚は使わないでしょう,生臭くなるし(笑)。 ゲームには,偏りがあっていいと思っているんです。「このクラスでこれができるなら,このクラスでも同じことができないと不公平になる」と平均化したくなりますけど, それって,実は悪平等,みんな同じになってつまらなくなってしまうんです。

──分かります。

吉田氏:
その平均化のためにいびつな設定を導入した結果,迷惑を被るのはプレイヤーです。
「なぜ,このアイテムを制作するために魚が必要になるんだろう。あぁ,『ギャザラーが獲得したものは,すべて等しく価値と意味がある』ってコンセプトってやつかあ」と。 でも実際には不自然なゲームになってしまっているし,それをゲームの根幹には据えたくないのです。

上記インタビューを読んだ旧14プレイヤーが「魚の皮なんかあったっけ・・・」「魚にかわの間違いじゃね?」という名推理を繰り広げ、謎の生臭いクラフター鎧事件は解決した。
神のエアプ証明のひとつ。

 

■余談
「魚にかわ」は「うおにかわ」と読む。
ついでに古来から魚の皮を利用した鎧というものは普通に存在する。

削除してください Edit

Twitterで晒し画像を上げていたテンパに対しGMが取った行動。
監獄に飛ばして、該当するTwitterの画像を削除しない限りは出さないという時点で既におかしな話だが、通報した者を特定させたくないためか、「まだ削除されていません。削除してください」と監視しながらの削除要請を延々と行った。
通報された側も、監獄に飛ばされて弱気になったのか、よほど14を辞めたくなかったか、うだうだ言いながらもこれに従う小物っぷりを発揮した。

 

gm1.jpg gm2.jpg

 

基地外が晒して、基地外が通報して、基地外が対処するゲーム。FF14がここにある。

Edit

吉田氏: もともと近接DPSを足すために侍にしたわけではなく、僕の中で侍はタンクではなくDPSだったというだけです。僕の中で戦国時代の将軍たちはタンクだと思いますが、幕末の侍はどちらかというとDPSというイメージでした。なので理由は単純に参考にしている日本の時代が皆さんが違うということですね。良い例を思い出しましたが、今開発チームで考えている侍は、黒澤明監督の「7人の侍」なんです。だからタンクではなくDPSなんです。
http://game.watch.impress.co.jp/docs/interview/1045051.html

侍と武士の違いは曖昧だとか、海外では侍と将軍が混合してるとか、7人の侍がどーかとか、タンク不足なのに侍をDPSにしたとか、侍が入ることで今ある攻略法が変わったり新しい遊び方に変わったりするかどうかは、ここまで頭naokiだともはやどうでもよくなってくる。
ただね、、、、自分じゃなくユーザーやFFに合わせろよ。FF10の人気キャラであるアーロンの丸パクリどころか劣化させる腐れた根性は何処から湧いてくるやら?

 

なお、この時、スレで名言が生まれた。

fuurin.jpg

さらにはPS4においてもスペックが不足しており Edit

PAXでのオランダインタビューにて、記者がアドオンAPIに関して吉田に質問した時の回答。
PS2でも動くような「1本道のインスタンスダンジョンを豆粒キャラ数人でプレイするMO」のどこにPS4のスペックが不足するような要素があるのかは不明。
PS4はもちろん、PS3であってもFF14に馬鹿にされるほどスペックは低くないし、そもそもPCゲーマーの半数以上はPS4以下のスペックのPCしか持っていない。(2015年7月Valveが発表したハードウェア調査より。1080pのディスプレイ使用者34.72%他はそれ以下 4コアCPU44.54% 2コアCPU48.03% 8コアCPU0.30% 自称ハイスペックPCテンパ100%)
ちなみにPS4ぐらいのスペックであれば余裕で動くWoWでもアドオンを乗せても余裕で動かすことが可能。
要するに不足しているのは開発者のスペックとやる気である。

三大珍味 Edit

能力のないシナリオライターにとってRPGのシナリオを長引かせることができる便利なテンプレート。
「アイテムが必要なので探してくる」はRPGの基本なのだが、それがなぜか他人のためであり、しかも探してくる物が食材であり、さらにそれが3回続くのだから、プレイヤーのお使いをさせられてる感は118倍増しとなる。

 

■FF14では
もちろん存在する。というかFF14のシナリオを象徴するクエストであり、メインシナリオに組み込まれているのでやたら長い。

 

■DQ10では
RPG史上もっとも役に立たない王と言われるスタンプ王のスタンプ関連クエに存在する。
しかし完全にサブクエ扱いであり、スタンプ関連クエがみなしクリア可能となった現在ではクリア必須ではない。(スタンプコンプリート時にもらえる報酬がけっこう良かったりするが)

三本柱 Edit

メディアのインタビューにおいて吉田直樹が頻繁に使う表現。
しかしその三本柱の内容が言及される度にコロコロ変わるので、恐らく言っている本人すらどれが本当の三本柱なのかはよく理解していないと思われる。

2012年06月09日
■ 「ストーリー」「ゲームプレイ」「グラフィックス」
吉田:「FFXIV」はMMORPGである前に「FF」の最新作なので、1つが最高のストーリー、もう1つが最高のゲームプレイをプレーヤーに届けたい。3つめがその2つをできるだけ長く、しかも常に最新かのように没入感を持って遊べるようなグラフィックスです。

2013年12月04日
■「PvE」「PvP」「ハウジング」
吉田:僕はMMOというジャンルのゲームを運営するうえで、重視すべき3つの軸が存在すると考えています。ひとつ目は、モンスターと戦うPvE(プレイヤー対エネミー)。もうひとつが、冒険者どうしで争うPvP(プレイヤー対プレイヤー)。そして3つ目が、ゲームの世界でプレイヤーが生活するうえでの暮らしの要素です。

ちなみに後者の三本柱はご開帳の直後倒壊する惨事に見舞われた。
そして、ホンモノの三本柱は
ずさんな運営から目を逸らさせプレイヤー間で蠱毒の壺をやらせる「ヒエラルキー」
運営側が面倒臭い僕は惹かれないコストガを通す「ソレアリキー」
自らを神と崇めさせる井蛙「ヨシダナオキー」である。

シークレットブーツ Edit

皆が知っているアイツが履いている靴。ご存知の通り自分を大きく見せたい人が使う。
hydeくらい堂々として自ら身長を公表してしまえば逆にそれがネタになるのに、それすら出来ないのは本人がちっぽけなプライドを捨てられないことによる。

 

こういった自分を大きく見せたい願望は一部では「シークレットブーツ精神」とも呼ばれる。
なお、類義語に「足フラクチャー」「逆関節」「骨折」などがある。

 

■ 補足

secretboots.jpg

2017年4月某日
ある神ゲプレイヤーがスクエニ人事の人と話す機会がありその内容を呟く。
以下はそのやり取りの一部だがこれがある種の暴露であった。

人事「超有名!吉田さんだけ足音違うんだよ。誰も履かないようなごっついブーツのせい」

この話を第25回PLLのテスト放送で神が取り上げるも、真っ先に食いついて弄り倒すはずであろうスレ住人は当時これに全く気付いていなかった。
第25回ミサが行われたのは4月28日。スレでようやく触れられ認知されたのが5月10日
それくらいにはスレ住人のミサそのものへの関心度合いが下がっていたのである。

81 名前:Anonymous 投稿日:2017/05/10(水) 10:07:05.45 ID:ADpp+Dh3d

アナル向けのカミングアウトをアナルの誰も見てなかったってのが笑える

経緯からしてあまりにもダサすぎる自白エピソードではあるのだが一応該当動画と関連記事を上げておく。

 

該当部分動画(YouTube)
吉田直樹氏上げ底ブーツの使用を自白!現在余罪を追及中?【ANALスレまとめ】(闇のゲエムFF14 ~どうしてこうなった。~)

仕切り Edit

ダンジョン攻略が失敗した時によく使われる台詞。「仕切り直し」の略。
ワイプとも言われる。

 

序盤にPTメンバーが数人死んでしまうと最初からやり直した方が手っ取り早いので「仕切りで」
ギミックで誰かがミスをしてPTが半壊すると(ゲェム的に)足掻くだけ時間の無駄なので「仕切りで」
とにかくクリアの見込みが無い・どうにもならない状況になると、そうした方が効率が良いので「仕切りで」となるのである。

 

こんな言葉をよく聞くと感じる事自体けっこうアレなゲェムなのだが、神ゲーではそれが当たり前の光景と化している。
さらに汎用性も高いため、スレ住人が何か失敗をしてしまった場合でも「しきりで」と(あくまでネタとして)使われる。

 

オンゲーオフゲー限らずどんな物でも多少は存在する物だが、ことファンジター14ではそのハードルはとても低い。
特に最新のハイエンドコンテンツでは10分15分と積み上げて来た所に8人中の一人が1行動行い損ねた、で、仕切りで、と
苦々しくつぶやかれる事がまま存在する。

執行役員 Edit

「取締役」と勘違いしているテンパをよく見るが
執行役員とは取締役の下に置かれた役員待遇の従業員。よって会社経営には全く参加しない。(というか、できない)
会社によっては責任が重くなるだけで報酬はほとんど変わらないこともあり増えても2~3割程度。
要するに吉田はテンパが思っているほど偉くない位置。

 

その後、吉田は取締役兼執行役員に就任することになったが、昨今のFFシリーズや聖剣伝説2およびFF7Rの状況を見てもわかる通り、有能な人間は皆去り、ろくな人間が残っていないのだからこんな詐欺師こそ適任と言えるだろう。
なお、テンパの中には「これでFF14だけでなくDQ10も仕切ることができる!アンチ涙wwww」と嬉ションした者もいたようだが、DQ10のプロデューサーのよーすぴ氏も同様に取締役兼執行役員である。吉田の地位だか年収だかでアンチを煽るなら、普段「ドラクエガー」しているように比べるのはよーすぴ氏の年収や地位となるはずだが・・・・。
更に言うなら、スクエニの各BDの執行役員も取締役を兼任することになっている。要は執行役員の時と同様、テンパが思っているほど偉くなるわけではない。
また今まで以上の責任が伴う立場になり、更に取締役になると労使関係が解消されるため、これまでのような不適切な発言が飛び出したり業績が悪くなったりすると即座に首を切られる可能性もある

実装直後の緊急メンテというのは、まだこれで2回目です Edit

吉田氏:まず、「FFXIV」で実装直後の緊急メンテというのは、まだこれで2回目です。他のオンラインゲームの印象を引きずっているのだと思いますが、僕の認識では「あってはならないもの」です。

2018年2月5日に開催された「さっぽろ雪まつり」の引き渡し式後に行われたインタビューにおける吉田の発言。
オンラインゲームというのはどれだけ注意してもアップデート直後は決まって不具合が出るものなので(そのためにアプデ直後の緊急メンテはオンゲーにおける風物詩ともいわれる)、これだけで見れば優秀なスタッフが揃っているようにも聞こえるのだが、実際は不具合が出ても放置されているというのが現実。
次の週に通常メンテと称してしれっと直すか、あるいは最新エンドに影響が無いようなものは次のパッチまで、酷いものでは年単位で放置されているようなものも存在する。
恐らくはそれ以外にも、運営が把握していない不具合も多数存在している可能性もあり、実際とあるバグの発覚以降運営が把握していない、あるいは放置していたと思われるバグが次々と挙げられている。
ちなみにアップデート実装直後以外の緊急メンテは割と頻繁に行われている。吉田からすれば実装した日と同日に行わなければ実装直後の緊急メンテには当たらないようだ
要するに吉田お得意の「ものは言いよう」 詐欺師の手口と全く同じである。

刺突玉 Edit

sitotu.jpg

4.0で追加されたギャザラーコンテンツ刺突漁にて魚が取れる漁場を現した玉。
釣りの光き玉と同様、グラフィックの手抜きぶりとシュールさは笑いを誘う。
せめてハウジングの魚でも適当に泳がせておけばそれっぽく見えるものの。

シャキ待ち Edit

コンテンツファインダー(CF)で待機すること。由来はマッチングした時に「シャキーン!」と音が鳴ることから。

shakimachi.jpg

神ゲーの性質上、過去のコンテンツにはそもそもあまり人が集まらないため、しばしばこの現象が発生する。それどころか、花形のコンテンツであっても即座にシャキらない(即シャキしない)ことも。ゴールデンタイム(GT)以外はゲームとして成立していない場合すらあるが、テンパ曰くそれは「生活リズムが悪い」。アホか。

 

このシャキ待ちの対策として、開発側はあの手この手で過去のコンテンツに行かせようとする。しかし所詮はモグラ叩きで、どこかにテコ入れをすればどこかが過疎るの繰り返しでしかない。結局のところコンテンツを使い捨てにするゲームデザイン、ほぼ全てのコンテンツでパーティプレイを半ば強制させるようなバトルデザインが問題なのだが、根本がクソなどとは認めようにも認められないので場当たり的な対応に終始している。

 

普通の方なら10分もマッチングしなければ「長い」と思われるだろうが、神ゲーではシャキるまでに数十分~1時間以上かかることも多いため、プレイヤー全体の感覚が麻痺している。レイドファインダーに至っては数時間待ちは当たり前と言われているがバグではない。神ゲーのプレイ経験が一切ない、ゼロから始めた4Gamer.netの記者がこのように言っていても決してバグではない。あくまで仕様である。

いま「ファイナルファンタジーXIV」を始めると,イシュガルドに何時間でたどり着けるのか。実際に新規プレイヤーを想定して遊んでみた(4Gamer.net)より一部引用

 そんな感じで,なんの問題もなく序盤のIDは突破できてしまった。ID攻略そのものよりも,「コンテンツファインダー」でパーティをマッチングする,いわゆる“シャキ待ち”のほうが長かったくらいだ。

(中略)

 初の蛮神戦「イフリート討滅戦」(ここまでのプレイ時間は約11時間)も同様で,このときはシャキ待ちが1時間ほどかかっている(※プレイ時間やサーバー,クラスによって状況は異なる)のだが,クリア時間は10分ほどだった。こればっかりは,仕方がないのだろうか。

※編注:イフリート討滅戦は適正レベルLv20~22のコンテンツであり、最序盤のコンテンツである。しかも初見プレイヤーはCFで優先的にマッチングされるようになっている。専用のルーレットまで用意しベテランプレイヤーを流入させているにも関わらず、新規プレイヤーでもある4Gamerの記者が1時間も待つということは…

要するにただ単に過疎っているだけなのだが、この手の話題が上る度にテンパが開発と同様、あの手この手で言い訳をする。
2017年以降は深刻なタンク不足が起因のシャキ待ちが最新コンテンツでも頻発している状況にある。PTも募集が100件あったとしても、よく見たらすべてが「タンク待ち」という状況も。

 

<関連記事>
はっきし速報:【FF14】ネトゲのPTプレイでメンバーが集まるまでの時間、何分まで待てる?

弱点属性はない Edit

FFRKにおける、FF14の扱いの事。

ifrit.jpg
 

FFRKは、歴代FFワールドを探索するという世界設定に基づき、作品内のモンスターやバトルが再現されているゲーム。
ボスの弱点やギミックもほぼそのままで、「Dr.モグの攻略メモ」でチェックする事が可能。FF8炎の洞窟のイフリートなら、「氷属性が弱点だから、ブリザジャなどの氷属性魔法が一番有効クポ!」「炎属性は吸収されてしまうから注意クポ!」とか書いてあるわけだ。
では、FF14の世界が実装されたら、攻略メモはどうなるか?もちろんこうなった。

■サスタシャ浸食洞→鯱牙のデェン:弱点属性はないから、「パワーブレイク」や「アーマーブレイク」などで敵の攻撃力や防御力を下げて戦うといいクポ!

■カッパーベル銅山→剛腕のギュゲス:弱点属性はないから、「パワーブレイク」や「アーマーブレイク」などで敵の攻撃力や防御力を下げて戦うといいクポ!

■炎帝祭跡→イフリート:弱点属性はないから、「パワーブレイク」や「アーマーブレイク」などで敵の攻撃力や防御力を下げて戦うといいクポ!

弱点属性はない。新生FF14には属性など存在しないのだから当然である。はっきし原作再現しすぎクポ!

社長ガイッター Edit

テンパが新しく出してくるようになった手口。
昨今松田社長が頻繁にFF14が好調であることを触れ回っており、それに対してDQ10のことを挙げることが滅多になく、そのことから実際の売り上げはFF14>DQ10である、社長が言うんだから間違いはないだろうということでテンパにとっては新たな希望ということなのだろう。
しかしながら、紅蓮の拡張パッケージとドラクエ10のVer.4拡張パッケージ販売数で比べてもCS版はトリプルスコア近い大差を付けてドラクエ側が圧倒しており、ゲーム内の実情で比べても明らかにドラクエ側のほうがコストを掛けているのが見て取れる。
それ以前に、以前株主側から「(売り上げが好調なら)具体的な数値を出せるか」という問いに対して社長は「問題があるので教えられない」という回答をだし、仮に本当に好調であるなら、何故その儲け分がFF14に全く還元されているように見えないのかという疑問も出てくる。

 

ちなみにやたらと好調なのを強調する場合、他の類似する例から見ても実際には好調どころかもはや崖っぷち寸前であることが殆どである。

宗教上の理由 Edit

オンラインゲームであるにも関わらずユーザーの多様性を認めずに、自分の感性が絶対であると信じて疑わない神がパッチ朗読会で放った迷言。(YouTube)

「FFXIVパッチ3.5「宿命の果て」パッチノート朗読会」での吉田の発言

(牙狼コラボ装備について)パッチ3.55でMGPに交換品が染色不可で追加されます

真っ先にとる方はPVPがんばってください。よろしくおねがいします。

(コメントを見て)あのぉ、そんなね。あのぉ宗教上の理由でどうしてもPVPはできないという方はですね、3.55までお待ちいただければいいかなと思います。

でもね、ほんとにもはや宗教上の理由なのかなって思うときがあるんです

そこまで…そこまで毛嫌いせんでも

フロントラインとか普通に楽しめると思うんだけどなあ

 

日本のネトゲ界隈では元々PKを嫌うユーザーが多い影響からか、PvPもプレイしないというユーザーも一定数いる。
しかもこのPvP、FFシリーズとの相性はお世辞にも良いとは言えない
なぜならRPGとしてプレイしてきたFFシリーズのファンが求めているのはストーリーであったりFFらしさを感じられる世界観であったりするからだ。
もちろんPvPに対して抵抗を感じないか、ハードルが高いと感じてプレイするのを躊躇しているだけの人もいるが、そもそも積極的に対人戦をやりたいような層はそれが主体のMMOやFPSへと行く。わざわざGCD2.5秒の神ゲーでのPvPに拘る理由はほぼ皆無に等しい。

 

しかもこの時期のPvPは固定PTが横行しており、ランクによるレーティングがほぼ機能していない状態。
その気になればマッチング時間を合わせて申請する(つまりは談合である)が可能なくらいには過疎っていた。
そんな状態で報酬(しかもコラボ装備)目当てでPvPを無理矢理やらせたらどうなるか?
固定PTは流入したユーザーを狩り、固定を組んでいないユーザーは不慣れなユーザーによって勝率が下がってイラつき、不慣れなユーザーはただ狩られてクソゲーと見限るだけ。
つまり本来ならば皆が喜ぶはずのコラボは、固定PTを組んで俺TUEEEEEEをしている連中以外誰も幸せにはならなかったのである。

 

もちろん本来ならば固定PTによる初心者ユーザーの蹂躙対策なんてしっかりされているのが当然だし、それすら出来ておらず同じ実力のプレイヤーと戦えないという時点でPvPとしては論外と言わざると得ない。
しかもそもそもコラボというのは周知させるためのものでもある以上、入手条件は基本的に容易にするというのがセオリー。
しかしマウント獲得のための条件は以下の通り。

轟天

黒装束の法師から授かった称号を付けてザ・フィーストで30勝する

銀牙

黒装束の法師から授かった称号を付けてフロントラインで10勝する

雷剛

黒装束の法師から授かった称号を付けてザ・フィースト、フロントラインで累計60勝する

 

そう、そもそも勝たなきゃ永遠に手に入れられないのだ。
それだけではない。PvPは無理だからゴールドソーサーで…と思っても実装されるのはなぜか先。しかも実装された時期はNaokiの言っていた3.55ではなく3.56(公式パッチノート)。その上PvPで手に入れた装備は染色出来るにも関わらず、ゴールドソーサーのMGPで入手したものは染色不可能

 

まだまだある。仮に牙狼とのコラボで新たに神ゲーを始めたというユーザーがいるとしよう(そんなユーザーが本当にいるかどうかについてはとりあえず脇に置いておく)。当時2週間であったフリートライアルの間に手に入れることは当然ながら不可能。そもそもコラボ装備であるにも関わらず装備の要求レベルはなぜか60なので、拡張パッケージまで導入してレベル60にしないとパッチ3.5では装備すら出来ない状況。

 

ただでさえ読めば読むほど頭おかしいとしか(もちろん悪い意味で)思えないコラボなのにNaokiは意図的に格差を作り、自分の思い通りにプレイしてくれない奴に対しては「宗教上の理由なのかな(笑)」。もうこの言葉にこのコラボの悪意の全てが濃縮されている。

 

神ゲのPvPコンテンツがどれだけクソかについてはゲームとしての問題点>対人関連の項目で詳細に記述されているのでそちらも参照するといいだろう。

 

やらないのは絶望的とも言えるくらいにお前にゲームデザインの才能が無いからで、つまらないものに遊び手がどうこうは全く関係ない。

 

はっきし速報の該当記事

週制限 Edit

吉田定食を支える根幹のシステムの1つ。
課される範囲はアラガントームストーン(週制限トークン)の排出量や、最難関エンドコンテンツのドロップ権、ギャザラー・クラフターのスクリップ(赤貨)など多岐に渡る。テンパ達はこれを根拠の1つにして「FF14は社会人に優しい」「廃人との格差が生まれづらい」などと言っているがはっきしゆって大嘘である。なぜならこれらの週制限は文字通り「週ごとの制限」であり、毎週トークンを稼がなければエンドコンテンツへの挑戦権そのものが実質無いに等しいからである。(週制限が課されているものを集めて装備を得ることが、実質的にエンドコンテンツへの入場券を手に入れるのに等しい行為であるため)

 

社会人には、仕事が忙しく残業続きでログインすらままならない時期もあるだろう。
学生にも、テスト前やレポートの提出前など、ゲームのプレイを自粛しなければならない時期もあるだろう。
そしてそもそも、別ゲーをやりたい時だってあるし、ゲームをプレイしたいという気分ではない時もあるだろう。

 

だが週制限の存在はこういった要素を一切考慮に入れておらず、むしろそれらを阻害する。翌週への持ち越しが不可能である以上、それはその時点でノルマと化す。しかも、最難関レイドの固定PTに入っている場合、どんな事情があろうとこれを消化しなければ他のメンバーに対し迷惑をかける形で攻略にも支障をきたしてしまう。しかもこれらを消化しようにも、純粋な消化時間だけでなく、シャキ待ちや募集待ちなどのいわゆる「待ち時間」が長いため、「1日数十分のログインで済む」といったテンパの主張も明らかな嘘である。1日数十分のログインでは、そもそもまともに遊ぶことすら不可能である。
では時間が有り余っているプレイヤーにとってはどうかと言うと、彼らにとっても決して良いシステムとは言えない。週制限がかえって足枷となり、最難関レイドの攻略において(実質的なアイテムレベルによる)足止めをされる場面が多く見られるからである。

 

典型的なそれありきになってしまっているが、結局のところなぜこのようなシステムを採用しているかというと、開発側がアイテムの排出量を一定に保ち、プレイヤーのアイテムレベルを管理することによって、コンテンツの寿命を長持ちさせると同時に、出来る限りの不確定要素を排除したいから。ネトゲにおいてある種の水で薄める行為は不可欠とも言われており、それ自体はある程度はやむを得ないのだが、FF14の場合は装備の更新ペースすら極めて厳格に管理されている。

 

もしかして:計画経済(Wikipedia)配給(Wikipedia)
人は、過ちを繰り返す。

出荷 Edit

2.0当時、上位コンテンツだったレリッククエ最後の関門である真タイタン
そこで躓いた多くのプレイヤーは、予習と練習が足りていないか、練習しても上手くなれないかだった。
しかし8人コンテンツであるため、他の7人が上手ければ、床を舐めていようが、落ちて蘇生を受けられない状態でああろうが、クリアフラグを取ることができる。
真タイタンを死んだままクリアするような中途半端な実力の者が、最難関コンテンツである大迷宮バハムートの挑戦権を得てしまうことを「出荷」と表現したのが始まりである。

 

以降、極蛮神やレイドなど、高難易度コンテンツにおいて、実力が伴っていない、あるいはほぼ初見である人間を、慣れてる者が手伝ってクリアさせることを「出荷」と呼ぶようになり、「昨日、誰々を“出荷”させてやった」というような、ネガティブなエリート意識の煽動に繋がるような使い方に変わっていった。
ピクミン」という語と併用されることが多い。
使用例:「あの竜騎士ピクミンっぽいけど出荷してやるか」

 

そしてこともあろうに、吉田本人も2018年3月の「吉P散歩」において「極神龍出荷してほしい」という発言をしている。
当然のことながらこれは生放送の場で使っていいような言葉ではない。以前よーすPから言葉遣いに関して怒られたことを全く反省していないようだ。

召喚士 Edit

異世界から魔物や精霊などを召喚し使役するジョブ。召喚された魔物や精霊は、他のジョブが使う魔法とは比べ物にならないほど強力な攻撃を行うので、常に召喚した状態で戦われると都合が悪いのか、大抵の場合は凄い勢いでMPが消費されていったり、特殊なタイミングでしか召喚できなかったり、イベント限定だったりする。

 

■FF14では
エギと呼ばれる、絶望的にセンスの無いデザインの小さなペットを連れて歩くことができたが、メインはDoTによる攻撃だったためDoT士と揶揄されていた。
4.0ではルインのエキスパートとして、FFらしい召喚士、召喚士らしい召喚士へと仕上がった。

 

――4.0の召喚士はどのように変わりますか?

naoki「ルインを主力としたジョブに変更となります。」

naoki「ルインからルインジャまで威力を段階的に変えていますので、4種のルインの使い分けを楽しんでください。

naoki「長くお待たせしてしまいましたが、ようやくFFらしい召喚士に仕上げることができました。」

naoki「召喚士をよく知らない人でも「ルインのエキスパートだ」とすぐわかるようにルインをたくさん使うとDPSが高くなるように調整しています。」

陰毛民「うぉぉぉぉぉぉぉ!!!!さすが吉田!!!!」

知らない Edit

吉田直樹のことを知らぬ者はいない敏腕プロデューサーだと思い込んでいたテンパ達に現実を教え込んだ名言。
プラチナゲームズ株式会社所属のゲームデザイナー「神谷英樹」のTwitterの質問箱に「日本が誇るオンラインゲームの敏腕プロデューサー吉田直樹をどう思いますか?」という質問が入れられ、それに対しての神谷氏の返答が「知らない...」という一言であった。
ちなみに神谷氏は日本・海外ともに大ヒットを記録した「バイオハザード2」のディレクターを務めており、他にも名作を生み出したしっかりとした実績を持っている方である。
その神谷氏から放たれた、テンパに吉田の現実の評価を教え込んだこの一言に、ANALスレの住人が大いに笑ったことは言うまでもない。

 

尚、これ以降テンパは神谷氏を「業界の異端児」扱いし始めるが、実際のところ吉田は新生FF14以外の新規プロジェクトの立ち上げを行う等の実績はなく、FF14の現状を見てもまともにプロデューサーの仕事をこなしているとはとても思えないので、傍から見ていれば敏腕どころか半人前もいいところであり、知らないと言われても仕方がない。
更に「本当の」敏腕プロデューサーが集まるようなカンファレンスにも呼ばれた試しがなく、開発者としての業界での評価は言わずもがなと言ったところであろう。

知らなかったからセーフ Edit

新生FF14サウンドディレクターである祖堅正慶によるセフィロト戦(後半)BGM盗作疑惑において、Naokiが弁明としてフォーラムで使用した言い訳である。
文章自体が無駄に長いので一部の引用に留めるが内容としては以下の通り。

スレッド: Sephirot Theme ( Phase 2 ) sound familiar?[英語版フォーラム]より一部引用

投稿者:Naoki_Yoshida 2016/02/25 19:27

インダストリアル・ロックは派生ジャンルも多い人気の楽曲ジャンルです。

世界中で多数の同一ジャンルの曲が発表されおり、幾つか類似点のご指摘も拝見いたしました。

しかしながら、魔人セフィロト討滅戦後半BGMの作曲者である祖堅は、

ご指摘いただいている楽曲の存在を知らず、本BGMを作曲したことを、念のために申し添えておきます。

開発陣・業界関係者>祖堅正慶そけんのうた>セフィロト戦後半BGM盗作疑惑も参照。

人格攻撃(人格否定) Edit

「ドラクエガー」もできなくなったテンパや業者が使う手。
言い返さないと負け、最後に喋っていないと死ぬテンパの定食。

深呼吸 Edit

PvPコンテンツであるザ・フィーストでの暴言行為に対して神であるNaokiが示した啓示。

文章自体が内容に対して無駄に長い為、一部の引用に留めるが発言としては以下の通り。

スレッド: ザ・フィースト総合スレッドよりレス番2147を一部引用

投稿者:Naoki_Yoshida 2016/05/13 17:49 #2147

■試合中もしくは試合後などの暴言行為について■

ご報告が多く寄せられている問題として、試合中や試合後に暴言行為が行われるケースがあり、

これらをもっと強く取り締まって欲しい、というものがあります。

(中略)

暴言行為は明確にハラスメント行為となります。

チャットに書きこんだ文字に対して決定やEnterキーを押す前に、

その発言が他のプレイヤーの気分を害するものでないかどうか、深呼吸をしてお確かめいただけると、

思いのほか効果的だと思いますので、お試しください!

これを読んだ方ももしついアツくなってしまった場面に遭遇した際には深呼吸してみると思いのほか効果的かもしれない。
ただしテンパ達がこの神の教えを守ってちゃんと深呼吸をしているかどうかについては実際のところかなり疑わしい。
呼吸するように嘘を吐くのが神なので、そこだけは本当にごめんなさい。

新宿 Edit

サービス開始当初から人数報告スレを荒らし続けている人物。
昼夜問わず、So-netの固定IPアドレス(218.221.118.161, 2017/6月~ 223.133.119.196, 2017/8月~ 121.3.19.233
2018年6月~ 106.72.5.192)を使用。
ほぼ毎日書き込みしており、一度に3~10レスの連投癖アリ。多い日には1日300レス近くする事もある。

 

半コテとして認知されたのはFF14葬式スレで、「VCで遊んでいる俺はエオ充」アピールをした事で
通称マイクと呼ばれていた。
現在、鯖人数スレでは「チョン宿」と呼ばれている事が多い。

 

2017年2月のEUファンフェス当日に、2012年の人数報告スレにおける同一人物による書き込みが発掘され
旧FF14から継続で5年にわたり報告スレにはりついて活動していた事が発覚。
さらに発言内容の時代錯誤っぷりから本人が40代~50代の無職であることまで露呈した。
本人の設定ではKO大学卒で資産家の息子のため働く必要がないという事になっているが、
ただの引きこもり、あるいは運営のネット工作バイトである。

 

重度のテンパであったがイシュガルド発売前にゲームを辞めており3.xに関してはエアプ発言しかしない。
都合の悪い数値データが出る人数報告をやめさせるべく、人数報告人に対し常に難癖をつけているが、
本人は一度も人数報告をした事がなく、過去には他人の人数報告を雑に水増し改変して偽報告を行い即見抜かれた。
人数報告スレがFFO板に移った時はネ実に「人数好調スレ」という糞スレを立て、
報告人のデータをコピペして一人で煽りながら保守していた。

 

行動に関しても特徴的で、都合の悪いレス・データ・実際に起こった出来事は見なかった事にする、
神ゲが一瞬ランキングに登場したり、パッチで一時的に人が増えると騒ぎ立てる、
Naokiの発言を都合良く拡大解釈して公式の発表を捏造する、
言い返せなくなるとその反対の内容のコピペ壊レコでスレを埋める等の可哀相な性質を持っている。
ネ実で神ゲの好調を示すような糞スレを立て、ネ実3でFF14がPSO2より優位であるかのようなレスを大量にする
というスレ外活動も行っているが、語彙の乏しさと人数報告スレで煽られた内容のオウム返しの内容で
読んだ瞬間特定できる。
特に、

  • 文末に大量の草を生やす
  • 文頭から草だけの行がある・接続詞をスペースで代用する
  • 平仮名が多く幼稚な文体
  • 「じゃん」「でしょ」などを草とともに使う
  • 妄想による会話創作 (必ず最後にアンチが悔しがっている形にしてしまう)

などがあまりにも特徴的なので、別人扱いするほうが難しいくらいである。

 

ドラクエ10を異常に敵視しており、「遂にFF14とドラクエの国内でもシェアが逆転か」など
根拠のないスレをネ実に建てて毎日保守しておりご同類に隔離場を提供している。
なお、DQ10とFF14のver4売り上げについてもFF14が圧勝と主張し続けていたが結果はこれである。
dq10.jpgFF14.jpg
最近ではネ実3での対立煽り工作も行っている。アンチが憎くて憎くて仕方がないようだが
PSO2民にもコケにされておりまともに取り合ってもらえない。
文章の特徴から「あけおめ過疎晒し、PSO2DQ10FF14年越放送」後のエクストリーム擁護で「ハデスダッター」「ハデスとイッター」と必死に言っていたテンパと同一人物と見られていたが、こいつよりもさらに疑惑の大きい人物が浮上した。

あちらさんがこいつの書き方を真似したのか、それとも実は同一人物なのか・・・。

 

2018年8月にようやくリリースされたアプリのあまりの酷さに冷静な判断が出来なくなったのか、人数報告スレに貼るコピペを誤ってANALスレに貼ってしまい、そこから新宿がこいつと同一人物であることが確定した。

新生FF14ツクール Edit

「素人が素材をちょっといじって作ったような」という意味で、FF14のワンパターンなバージョンアップを皮肉った言葉。特にシーズナルイベントはこのツクールによって作られたとしか思えない内容のものが毎回生み出される。
因みに、実際のツクールシリーズもPCシリーズが複数出回る今ではスクリプトが自由に書き換えられるため、ツールの基本部分すら改変可能となった。ゆえに、FF14をツクール扱いするのは自由度を追求しそれを達成したツクールシリーズに対して大変失礼となる。

水葬 Edit

アパルトヘイトやGC小隊などと共にパッチ3.4の目玉の1つとして登場した、画像での紹介の段階から既に頭Naokiが極まっていた約束されたゴミの1つ。

透過処理が施されてるのはなぜか1方向のみで残り3方向は木製

・リスクガの影響で、実装当初は1つしか設置出来ない

・釣りの段階では光き玉な魚を入れて泳がせる

・水槽に入れた内装アイテムを取り出そうとすると消滅する

・一度入れた魚を取り出そうとすると魚が消滅する

・淡水と海水の2種類があり、水質を変えると入れている魚がすべて消滅する

など、情報が出れば出るほど死産であることを如実に示してくれるという全身Naokiっぷりを遺憾なく発揮し、アナルスレ住人に「底知れない闇への不安感、そこにある未知なる物への畏怖にも似た恐れ」を与えている。

 

そしてスレ住人の予想通り無事コンテンツは溺死となり、文字通りの水葬となりました。入れられる魚の種類は20弱です。
なんか困ったことがあったらタスクかこの水槽に放り投げましょう。

水瓶(すいびん) Edit

3.4のパッチノート朗読会にて、占星術師のスキルである「サリャクの水瓶」を神が読めず、結構な数のテンパも「すいびん」と誤読していたことから。

動画書き起こし(YouTube 1時間40分頃~)  ※ニコ生のコメントを随所で拾っているため一部意図が正確でない可能性有り

吉田:えー、ロイヤルロード、サリャクの…えー…(長めの空白)、みず、何(聞き取れない)…これ、どう読むんだっけ。聖闘士星矢で覚えてたような気がしたんだけど。

室内:(笑)

吉田:(ニコ生のコメントを見ながら)「みずがめ」?ああ「みずがめ」ね。ああそうです。

室内:あ、これで「みずがめ」で大丈夫です。

吉田:水瓶座の「みずがめ」?だよね?違う?使われてるって。「すいびん」って(笑)。これは恥ずかしい。あ、「すいびん」って思ってた人結構います、ハイ…「吉田は学校行ってないのか」(笑)。えー、サリャクの…えー…この、この短時間で(笑)

(両者爆笑)

ニコ生のコメントで指摘されたように「みずがめ」が正しい読み方であり、水瓶座として馴染みが深い。「すいびょう」という読み方もある。占星術師のジョブコンセプトを理解している立場であるはずの神であれば、「みずがめ」と読めて当然なのだが…。
さらに「瓶」は中学で学習する漢字であり、しかも朗読会ではこの後でも「破棄」を「破壊」と読み間違えているSee you Eorzea!!魚の皮などと同様に神の教養の無さを示す一例。

スカイプ Edit

ACT同様、神ゲーの最難関トレースコンテンツに参加するために必須と思われるツール。
インストールしている者同士でインターネット通話をするためのツールであるが、これを使用すると大縄跳びが格段に簡単になる。
PCだけでなく、AndroidやiPhoneにもインストールできるため、オンラインゲームをガチでプレイしている層のインストール率は高いが、テンパ曰く「今の若い人はみんな入れてる」というのは「みんな=1人以上」のテンパらしい妄想。LINEならともかく、音声通話自体をほとんどしない今の若い人がわざわざこんなん入れてるわけない。しかも現実は繋ぎっぱなしにして常に雑談しているわけでもなく、コンテンツ参加中のみ起動するような感じである。
そもそも暴言や直結狙いが日常的に横行するマンゲムにおいて、アカウントを教える、若しくはこれを入れてると自発的に言うことは自殺行為に等しい。嘗て繋いだことがあり痛い目に遭ったため、または痛い目を見たくないがために「入れていない」と事実を偽るケースもままある。
また、生放送後に切り忘れてナニ中の音が世界に公開されてしまった意識高い系テンパもいるようだ。

 

アップデート時には「より使いやすくなります」「アップデートはすぐに終わります」とかいったメッセージが出るが、マイクロソフトが提供しているだけにそんな言葉信じてはいけない。あと、公開設定した覚えもないような情報が勝手に全体公開されていたりするので注意が必要。テンパにストーカーされたくなければ本当の個人情報など登録しないのが常識。

 

VC(ボイスチャット)と略される場合もあるが、神ゲーにおいて(特にhimechanが使用している時)はVCはボイスチャットではなくボイスチェンジャーである場合が多いので注意が必要。

ステーキ Edit

吉田直樹の好物。
モグステーションの売り上げの一部はNaokiのステーキになるという噂がある。
また悪質な書き込みをするらん豚に向けて「14に出荷するぞ」という意味もある。

次おま.jpg

すべては「すべてのお客様」のために Edit

旧FF14から新体制への移行時に発表された、Naokiによる所信表明文の一節。

ファイナルファンタジーXIVをご利用のお客様へ重要なお知らせより該当部分を全文引用

【新開発チーム所信表明】

日頃よりファイナルファンタジーXIVをお楽しみ頂いているお客様、ならびに現在はプレイを控えていらっしゃるお客様、そして、PlayStation3版を楽しみにお待ち頂いているお客様、そのすべてのお客様に対して、このたびのご報告をお詫び申し上げます。

吉田直樹という私の名前は、皆様にとって、聞き覚えのない名前かと思います。私はこれまで数多くの開発現場で、表舞台に出ることなく、素晴らしい仲間に支えられて、コツコツとゲームを作り続けてきました。この度の重責は、私という人間をご存じではない皆様にとって、いささか重すぎるのではないかと、思われるかもしれません。しかも、このファイナルファンタジーXIVという巨大なコンテンツは、私のチカラだけでどうにかなるものではありません。ですが、私には私を支えると誓ってくれた、この強力なスタッフと熱意を持った開発チームがいます。まずはどうか、ご安心頂きたいと思います。

私、そして我々開発チームおよび、スクウェア・エニックスは、すべてのお客様のために、これまで以上に、品質の高いサービスの提供に向けて、今後も邁進することをここにお約束致します。

すべては「すべてのお客様」のために。

ファイナルファンタジーXIV プロデューサー兼ディレクター 吉田 直樹

自分たちにとって都合いいテンパ以外はお客様として見ていない今、この言葉がきちんと有言実行されているかについてはもはや言うまでもない。
それどころか、「すべてのお客様のために、これまで以上に、品質の低いサービスの提供に向けて、今後も邁進していく」ことだろう。

なお、昨今の研究では「自分達も1人のプレイヤーとして、という気持ちを忘れずFF14には関わっている」という、表面だけ見れば立派だが、プレイヤー=お客様=お客様が苦労をするのはおかしい、という謎の三段活用を用いているのでは?という見解も出ている。制作で苦労をするのはおかしい、楽して作るのはお客様なら普通なのでは?といった感じに。完全に悪夢である。

スレオン Edit

「スレッドオンライン」の略称。要するにゲームプレイや課金は一切行わずに、日々燃料として絶えず投下される、神をはじめとした開発・運営やテンパによる奇行・迷言の数々を観察し笑って楽しむことを指す。神ゲーの一番良い楽しみ方でもある。

 

しかしニーチェ曰く、

怪物と戦う者は、その過程で自分自身も怪物になることのないように気をつけなくてはならない。

深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ。

といった言葉もあるため、(戦うわけではないにしても)個々人が用法・用量を守って楽しむことが望ましい。

ズワイガニ Edit

足が地面側に曲がらないカニ。地面側に曲がるのはタラバガニ。
DQXはこれを間違って実装してしまったが、素直に間違いを認めすぐに修正。そのお茶目で迅速な対応はテレビのニュースでも話題となった。

zuwaigani.jpg

一方、釣りで取れた物が光き玉の神ゲーではこのような間違いは起きない。やったね。
仮に間違っていたとしても決して認めようとしないのが神ゲーである。

聖数字くん(船橋マン) Edit

過去にはっきし速報で馬鹿にされたのがよほど悔しい高橋サドルかウンコウンコ、あなるせ、コトモール田村あたりの人物なのか、それともACTの話題に触れてほしくないだけの業者なのか?

 

紅蓮のリベレーター発売後に、はっきし速報のACT記事のコメント欄で新たな聖数字が5503という超低いハードル超えをしたことに歓喜し、今回はファミ通の数字を信じて(?)ひとりで勝利宣言を始めた勘違いテンパのあだ名。
この時点での紅蓮のリベレーターが出していたPS4版の聖数字は、パッケ+DL版を含めても10万本に遠く届かないという惨めなもので、テンパさえも触れずに大人しくしている中「5503の○倍だから!」と5503が異様に少ない数字だということも忘れ、はっきしとアンチを煽っていた。
さらにテンパと違って非テンパ冒険者は980万人近くいるというのに、過去のはっきし速報の中から自分に都合いい部分だけを切り抜き「アンチがACTの使えないPS4ユーザーは全体の5%と言った」という自分に都合いいアンチの総意を作成。「違うと言うなら何パーセントくらいだと思う?」という質問に対し、「吉田が最近は1:1とか言ってたからそんなもんじゃね」と何度も答えが出てるのに「誰も答えてくれない」と、"都合悪いことは答えられないんだね攻撃"が効いていると勘違い。存在もしないアンチの総意を作り出し『アンチが何を言おうと過去の意見と矛盾してしまうから答えられない状態を作った俺の勝利』を作り、よほどアンチをやっつけたかったのだろう。実際にはこのテンパのほうが都合悪いこと(パッケ+DL版を含めても10万本に遠く届かない)から話を逸らすためにこんなことをしているのは明らかだった。
因みにFF14PC版の世界全体の拡張売上げはPS4版の半分程度。PS4版の爆死を見て「PCのほうが売れている」と信じていたテンパすら、吉田の嘘に騙されていたのかもしれない。

 

後日、はっきし速報の管理人が聖数字くんの望み通りに記事を挙げてくれた。
http://hakkisi.blog.fc2.com/?no=1861
そこで明らかになったのは、聖数字くんの自作自演の数々であった。

 

そして自作自演をはっきしにばらされたことを逆恨みし、自身の行為を棚に上げてANALスレにおいてはっきしを自身のIPが晒されたとして「通信の秘密侵害罪」で訴えると息巻く。

510Anonymous (ワッチョイ 0605-w4ji [219.160.139.191])2017/08/06(日) 00:10:43.77ID:bMakd08q0>>514>>521>>524>>526>>535>>549>>559

このページで弁護士の人もIPアドレスは通信の秘密に含まれるって書いてるからはっきしのIP晒しが通信の秘密侵害罪なのは間違いなさそう

https://www.bengo4.com/internet/1078/b_245542/

※アンケートに答えると弁護士先生の回答が見れるよ

通信の秘密と個人情報保護法は何の関係もないし、通信の秘密侵害罪(電気通信事業法第179条)では2項で電気通信事業に従事する者に

特に重い罰則を科してるから、電気通信事業者以外にも通信の秘密侵害罪は適用される。

3日前の通報の処理状況が「処理結果はまだ確定していません」ってなってるからインターネットホットラインの対象なのかも含めて検討中なのかも知れない。

まあインターネットホットラインの対象外だと言われたら110番に通報するだけだけどねww

犯罪の疑いのある行為はちゃんと警察に知らせて判断してもらわないとねww

ググった結果一番上に出てきた弁護士サイトの記事を、はっきしへの怒りが強すぎるあまり、自分の都合いいように曲解してしまったようだ。要するに典型的訴えるマンである。
しかも聖数字くんの自作自演行為が「偽計業務妨害罪&信用毀損罪」にあたり、更にはこの訴えるという行為が「脅迫罪」に該当するかもしれないと指摘されると、その後一切のレスをせずに逃亡。
そのIPアドレスが船橋市からだったことから「船橋マン」、そこから更に「フナネン」という蔑称まで付けられることになってしまった。
またしても、田村と同レベルの蛮神が複数存在するという事態が発覚したのである。

 

※「訴える」と公言して実際に告訴しなかった場合、「告訴をちらつかせて脅迫した」と見做されて「脅迫罪」に該当してしまう可能性がある。

 

しばらく姿を見せなかったものの、2018年2月頃にANALスレに再び現れてバカを晒し始め、遂にはっきしWikiの荒らし行為まで始めた。

絶対に拾われない Edit

「拾われないの?」→「絶対拾えません」だったはずなのに、あっさり敵に「ラッキー☆ゲットだぜ!」された竜の目に関するシナリオをひとことで表したもの。
世界よ、これが14クオリティだ。

ゼロダの伝説 Edit

吉田:
いや,たとえばの話です。僕はリセットのかかるMMORPGはアリなんじゃないかとずっと思っていて,もしも「ゼルダの伝説」をMMORPGにするんだったら,是非ともやらせてほしいなと思っていたりするんです。
具体的にはリンクやガノンもプレイヤーが操作するシステムで,それぞれのキャラクターがワールドに一人しかいない。
それでログインするとランダムで,「やべえ,今日は俺がリンクだ!」となるような(笑) 

もはやゼルダである必要ない「ボクのかんがえたさいきょうのゼルダ」を作りたいとか言い出した吉田に対し、スレ住人が「吉田だって作ったじゃん、ゼロダの伝説」と言って誕生した言葉。
「ゼロダ」とは当然、「あけおめ過疎晒し、PSO2DQ10FF14年越放送」時のFF14のことである。
他ゲーを「吉田ファンタジーツクール」の素材にしたいだけだろ吉田。

絶狼 Edit

絶狼(Zero)とは、Naokiが大好きな牙狼に出てくる魔戒騎士で涼邑零が纏う鎧のこと。
銀牙騎士絶狼とも言う。相棒に魔導輪のシルバ、魔導馬に銀牙がいる。

 

FF14も絶狼が他作品なのにゲーム内でよく登場する。
NaokiのFFシリーズ私物化によってPvPの勝利数に応じた報酬として何故かFFシリーズと関係のない絶狼の鎧が出てくる。
(これFFシリーズじゃないのか?)
私物化が極まった結果、年越しの人数も「絶狼」になっちゃう醜態を見せる。
運営はACT容認してゲーム内のモラルも絶狼だし、初心者はテンパによる配慮絶狼の態度で追い出しちゃって脱北しちゃうし仕方ないね。
以後はANALスレ内も人気のキャラクターとなっている。

全身詩学 Edit

「全身詩学は存在しまぁす!」
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20141106_674784.html

造語症 Edit

Naokiが患っている病気の1つ。
一般的ではない結合を以て単語を創作、それを周知の事実であるかのように使い続ける症状。
自己と他人の境界線がない、もしくは薄いため「自分が使う言葉は他人も正しく認識できる」という思考が原因とされる。
これだけでもインタビューを受け前面に立つ人間として不適格なのだが、
「ワールドレス」「グローバルサブスクリプションコンテンツドリヴン」「有効月額利用アカウント数」から見られる通り
造語に自分の都合のいいような意味を持たせようとするので、追い打ちの如き失笑を誘う。

ソウルワーカー Edit

ハンゲームが運営する基本プレイ無料のオンラインアクションゲーム。
3Dアニメーションのようなグラフィック、多彩なルームグッズなどで人気を集めている。
うっかりさんにより、サービス開始前に2ちゃんねるスレッドにて[219.117.149.130]というスクウェアエニックス社内IPから執拗なネガキャンを受けていたことが発覚する。
未だこの事件に対してスクウェアエニックス側から対応はなく、他のゲームでも同様のネガキャンを行っている可能性が高まった。

属性 Edit

テンパの脳では覚えることができないもの。神ゲーには存在しないもの。しかし旧版にはあったもの。
「今どき属性システムなんて流行らない」がテンパの言い分だが、PSO2やドラクエ10はもちろん、グラブルやパズドラといったヒット作には属性があり、それが面白さに繋がっている。
とは言っても神ゲーに属性があったところで面白くはならないだろうから、テンパの「14に属性は必要ない」はある意味正しい。しかし属性が無いから糞になったことのほうが圧倒的に正しい。要するにそんな「ある意味」程度でしか正しさを示せないから神ゲーは面白くないのである。

 

神は、「属性があるとその武器や技の取得 習得に時間がかかってしまう。みんなそんなに時間が無い」から神ゲーでは属性は意味が無いデザインにしてあると言っているが、それは「必須」が前提になっているからそうであるだけで、単純に「あれば有利」にしたり、無ければ「他の選択肢でカバー」できるようにすればいいだけである。「必須」かどうかはプレイヤーが判断することであり、仮に「必須」を求めるようなパーティがあったとすれば、そうでない人たちもいて、そういった人たちが集まって楽しむのという選択肢もあるのがMMOではないだろうか?
結局のところ、属性を付けるとソレアリキのバランスでしか調整できないだけではないだろうか?

 

Patch4.2でキャラクターパラメータから削除が決定した。
これに伴い防火・防水といった防属性マテリアの排出は停止。
装備や一部薬品についていた属性値も削除。
このままフォーティーンも削除されて欲しいものである。

 

その後

zokusei.jpg

■<お前らが勝手に属性があると思いこんでただけだぞ
○<えぇ…(困惑)

 
余談・なぜ属性は多くのゲームに採用されるのか
 

そこだけは本当にごめんなさい Edit

FF14では「そこも仕様だアキラメロン」という意味の、神による迷言の1つ。
ポイントは「そこ『だけ』」という点で、そこだけは謝るけど他の点について謝る気など更々無いというのを、意識的にせよ無意識にせよ発していることである。
常日頃から勝ち負け()に異常に固執しており「謝ったら負け」と本気で思っているのが神なので、そこだけは本当にごめんなさい。

そこにとばすの? Edit

sokoni01.jpg
sokoni02.jpg

第26回PLL終了時にFF14広報である勃起先輩がニコニコ生放送において打ち込んだ運営コメント。
同じ会社であるにも関わらず、DQ10側の生放送とFF14のPLLの放送時間がなぜかバッティングするケースが多数発生。
この第26回PLLでも同様で、クリスマスであるとはいえDQ10の生放送と思いっきり時間が被っていた。
そのためニコニコ運営側の配慮で、PLL終了時にDQ10の生放送に飛ばす(自動で移動させる)案内がなされたのだが、そこで発されたのがこのFF14側の運営コメント「そこにとばすの?」である。
同じ会社のタイトルの生放送に飛ばすことに一体何の問題があるのだろうか。
むしろ問題があるのならばその理由を是非とも聞いてみたいものである。

 

はっきし速報の該当記事

 

素数 Edit

素数とは1とその数字でしか割り切れない数字のこと。
2,3,5,7,11・・・5503・・・とある。
パッチ4.3で追加された24人アライアンスレイドで3ボスの鉄巨人「労働7号」が算術を使うことからちょっとした話題になっている。
HPを強制的に1桁にして数が浮かんでいる床を踏んでHPを素数・3~5の倍数にしろという「ギミック」として敵が使用するようだ。

フラッシュ暗算が得意なはずのテンパは素数のことがわからず大苦戦している様子がTwitterやANAスレで確認されている。
また戦闘中にいきなり数学の勉強が始まることから「ワギャンランド」とまで言われている。

 

素数偶数 Edit

【コメ番:131368】 名前:[既にその名前は使われ] 投稿日:2018/06/05(17:14)
素数偶数が解らない
キチガイはっきし民

はっきし速報「【下F14】これが世界に誇るエフエフフォーティーンのギミックバトルだ!【なおきのパーフェクトさんすう】」
のコメント欄にて、いつものように突撃してきた意識他界系テンパの口から飛び出た発言。
本人は「奇数偶数」のつもりだったのだろうが、奇数=素数だと思っていたため己の間違いに気付かなかった。
常日頃から他作品のユーザー達を「ガキ」「キッズ」などと罵り見下してきた彼らが
実は奇数と素数の区別すらつかない、いわゆるキッズ未満の「ベビー」だったということがよく分かる発言である。

 

た行 Edit

ダウンロード版 Edit

テンパが、
パッケージ版より何倍も売れていると妄想しているもの。
FF14をプレイしてるのは若い世代なので、パッケージ版よりも売れていると妄想しているもの。
オンラインゲームなのでほとんどの人はこっちを買うと妄想しているもの。

 

実際には同数程度しか売れていない。

高橋サドル Edit

Battle guide 人形遣い魔王ラブサドール
全てをセルフ開示し襲いかかる、奈良の蛮神田村の写し子。ターゲッティングすると「人形遣い魔王ラブサドール」と表記される。
最初は驚異的な大ダメージを叩き出す「ブーメラン」を多用し、「s15シルビア オラつき車」での突進を織り交ぜるパターン。ターンが経過すると
DQ10アカウントを作り「ACT煽動」「掲示板荒らし」でこちらの全能力を下げ、「悟り」で幼女を思い浮かべ自分の全能力を上昇させる。
半端な攻撃は特殊回避「ACT」で躱されてしまうが、30代以上の為体力が低く長くは続かない。効いてないアピールをしてきたら残りHPはあと僅か、HPを望み通り聖数字0にしてやろう。死に際に「捨て台詞」を使うが、先ず当たらないので対策の必要はない。

 

日常的に他ゲーや他ゲープレイヤーの個人ブログを荒らし回っていたキ○ガイテンパで
荒らし行為をする傍らでTwitterを使いアンチを煽って悦に浸る日々を送っていたが
ある時何を思ったか、自分の個人情報を載せた画像をTwitter上で公開してしまい
多方面から恨まれていたこともあり(主にアンチの間で)一躍有名人となった。

これまではあまりに悪質な他ゲー荒らしは全て田村1人の仕業であると考えられていたのだが
彼のセルフ開示によって「田村と同レベルのテンパがネット上に複数存在する」という
恐ろしい真実が明らかになってしまった。
ここから更に田村並のテンパが芋づる式に出てくるとは、誰が想像していただろうか。

変な呼び名付けられた挙句に 
実名やら住所に家族構成まで晒されて 
ネットに永久保存されちゃって 
頭おかしい事する奴は、結局後先考えられんのやなー

これは彼の発言であるが、当時の彼はまさか未来の自分が散々恨みを買うようなことを繰り返した挙句
自分の個人情報を晒してしまうとは夢にも思っていなかったのだろう。
「明日は我が身」とはまさにこのことである。
詳しくはこちらを参照。

タスクには入ってます Edit

task.jpg

本来、進行予定であり、鋭意開発中!といった意味。
だが、神ゲーにおいては、それは判ったから次の話ね。という単なるその場凌ぎである。
寧ろこれに入ってしまった物は年単位で実装されない、という意味を持つ。
上記の理由により、通常ならば開発チームのタスクに入った時点で大きな希望を持つ所なのだが
要望事項がタスクに入ったと知らされた時点で神ゲーのプレイヤーは
「もうこの話は実質上消滅した」と絶望する事になる。

具体的にどういった状況になっているのかは、タスクリストを参照。

タスクマネージャー Edit

IrisFrowersさんによると、「開くと神ゲーにとっての外部ツールが表示される」もの。

task.jpg

なお、吉田とテンパは勘違いしたり意図的に話をそらして誤魔化そうとしているが、禁止されているのは規約上使用が禁止されている外部ツールである。規約で使用が許可されている物は例えそれがチートツールと呼ばれるような物であっても違反とならない。
よって、FF14の規約と照らし合わせてみるとACTは100%黒となる。

戦いだけはなく Edit

tatakai.jpg

FF14のフリートライアル版の紹介ページに貼られていた誤字。
神ゲーは仲間戦うことなんてない平和な世界だった…?

 

しかもこのページ、誤字だけが問題ではなく返金騒動を経て販売を再開しているはずのMac版についての記載が一切なされていない。公式で対応してるんじゃないの?

他人はNPC Edit

FF14というゲームに置いて、楽しむ、という事を追及する為に必要な行為の一つ。
本来なら禁句だし、画面の向こうにいるのは人間であることを意識しなければならないはずだが、
そこで吉田が一人でも遊べるかという質問では以下のように発言している。

──ひとりでも遊べますか、と尋ねるお客さんがいると思いますが、どんな返答をなさいますか?

吉田 ある程度はひとりで遊べますと答えます。ただ、パーティを組まなければクリアできないシナリオもあります。ですがそれは、システムが勝手にプレイヤーをパーティにする仕組みがあるので、気にせずにいていいですよと。それでもパーティに抵抗のある方は、コンテンツファインダーでマッチングしたキャラクターはほとんどNPCだと思ってください。「こんにちは」、「よろしく」、「おつかれさまでした」程度の最低限の基本的な挨拶をすればいいし、それを狙っていたので。

『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』吉田直樹氏インタビュー ── 山の頂に『新生FFXIV』の旗は挿せたと思います ファミ通.com

本来ならばMMORPGは他人と協力して遊ぶのが醍醐味の一つであるが、FF14ではこの限りではない。
絆(パーティプレイ)を強制し、他のプレイヤーと協力ができないという敵対しか生まない仕様にしておいて、
ソロで遊ぶ際には他人を無視してでも協力しろという押し付けがましさが目に見える。
ソロで遊ぶといっても他人と関わる際は必ず人間と付き合っているという部分を忘れてはいけないのである。今の時代ソロで遊べない時点でP/Dの懐の浅さと許容の無さが丸わかりなわけだが

 

神が与えた試練、週制限トークン集めゲームにおいて、光きプレイヤー以外は
CFでのデイリーボーナス稼ぎが必要となるが、その際にはこの心をもって挑まないと
蠱毒から生まれるダークファンジターな一言を放ってしまい、結果的には脱北へと
至ってしまう。無論、敬虔なテンパードにとってそれは恐怖でしかない。
だがこの思考に染まった瞬間、自分もダークファンジターの一員となってしまう恐怖も孕む。

 

オンラインゲームにおいて公然の秘密であったりするも、それを堂々とP/Dが言うのではお里が知れる。
取り巻く環境が良くなるはずもないという一例。

 

ちなみにDQ10では大抵のコンテンツはソロでも遊べる仕様となっており、ソフト起動時には、
画面のむこうにいるのは人間です」とプレイヤーに注意喚起を促している。
ソロで遊ぼうが、パーティで遊ぼうが、MMORPGなので他人を意識しなければ遊んではいけないのは当然の話である。
余談だが、これに対しOnakiの奴隷であるテンパは、画面の向こうにいるのは人間と分かっていながら「自分は被害者で相手は加害者なのだから、何を言っても良い」と蠱毒の壺に相応しい理論で相手を晒すという吐き気を催す実情が見え隠れしている。

他部署からお借りしたPC Edit

毎回なにかをやらかさないと死ぬ病にかかっている神ゲースタッフが、公式生放送でBSoDを起こした時に吉田がした言い訳。
会社がスタジオ用意してるのに、クソみたいなプライドでそれを使いたくない吉田が他部署からPCを借りてきて放送していたらしく、放送が止まったのは他部署から借りてきたPCのせいであるかのように発言した。
環境の違いというものは機器同士の相性のトラブルを起こしやすいものだが、この発言はPCを貸してくれた部署に失礼というもの。

 

「ボクは悪くない。○○ちゃんが○○シタカラー」
まるで小学生のような吉田の言い訳は、いくつになったら治るのだろうか。

ダンジョン Edit

神ゲーにおけるダンジョンとは主に

数人しか入れない時間制限のある壁紙が綺麗な一本道のハリボテトンネル

のことを指す。
また、ダンジョンは3つにエリアに分けられ、それぞれの最後でボスが待ち構えているが、なぜ

ボス自身が不利になるギミックが用意された円形(または四角)のステージ

で待っているのかは謎である。
テンパ的には「迷宮とは本来、迷路ではない一本道の施設」であるとか「分岐があってもどうせみんな最短ルートを使うので意味がない」のでこのままでいいらしい。(これはFF14のダンジョンは目的(地)が1つしかないゆえであるのだが)
なお、神は「迷宮」の本当の意味を知っていたから一本道にしたのではなく、新生に劣化させた時に単に迷宮の名が残っていただけである。その至高の例としては、大迷宮バハムート邂逅編1~3層。1層ではいかにも意味ありげに、少しだけ行き止まり通路が存在するもあるのはゴミ箱が1個。2層では辛うじて通るルートによって相手にする玉のWSとらSボスのWSが変わる仕様。3層では、なんとなく雰囲気として雑魚が山盛りになっているだけの通路、が存在している。
またダンジョンの最後にはいわゆるご褒美があるのだが、奴隷たちがこのご褒美に興味を示さなくなると、神は新たな餌を投入し奴隷たちを何十何百と周回させる仕組みが採用されている。

弾幕シューティング Edit

シューティングゲームの1ジャンルであり、敵からの大量の弾幕を少ない残機数でかいくぐる特徴を持つ。
神が愛するゲームジャンルであり、想定内のことのみしか許されないFF14を象徴するゲームの例えとして使われる。
弾幕シューティング(以下弾幕STG)の基本は敵の一定のルーチンに沿って、激しい弾幕を発射。それを一定の攻略パターンで回避するというもの。
自キャラには他のシューティングゲームと違って取れる行動の幅と攻撃手段が少ない。大抵は通常の射撃と弾幕回避用のボムのみである。

パッチ2.1のインタビュー内で神は以下のように供述している。

僕は幕系シューティングが好きなんですが,あの弾幕を抜けたときの感覚がたまらない(苦笑)。

だから「究極幻想アルテマウェポン破壊作戦」でも,「ここに菱形の安全地帯が2か所あるな!」とか,バランス調整しながらニヤニヤしてました。

敵の熾烈な攻撃の回避とプレイヤーの取れる行動の少なさはまさにFF14そっくりであり、実際に神がとても愛してやまないジャンルでもある。

 

しかし元々弾幕STG自体がコアなゲーマー向けのジャンルで、ライトユーザー向きではない。
実際に弾幕STGのジャンル自体がニッチであり、アーケード向けゲームや同人ゲームとして小規模ながら細々とソフトを出しているぐらい。
また、ソロプレイ専用だからこそ成り立つジャンルで、何度も一人でトライアンドエラーを繰り返して自分なりの答えを見つけ出して攻略していくのが醍醐味である。
失敗しても他人に迷惑をかけるわけでもないし、時間も十分にとれる。

 

FF14は弾幕STGを複数人で楽しむMMORPGでやろうとした時点で大きな間違い。
ソロ専用コンテンツならまだしも、パーティー向けコンテンツで他人に迷惑をかけながらプレイを繰り返すゲームデザインはセンスがないとしか思えない。
どうやらNaokiは「トライアンドエラーの後に、自分の思うとおりに事が運んだ際のカタルシス」を勘違いしているようで、
これはゲームをやる上で高い快楽の一つたりうるが、あくまでも基盤が高いレベルで完成されたゲームだからこそ感じられるものであり、中学生のツクール以下たる手抜きゲェムで感じられるはずがない。
所詮運営が手軽にコンテンツの管理・調整を行うためにやっているのが本音である。

チープダンジョン Edit

パッチ3.35で実装されたディープダンジョン「死者の宮殿」の揶揄。

 

入った時は全員レベル1からスタート。だから新規ちゃんとも遊べる!
自由度はある程度懐を設けているのでDPS4人でも工夫次第で遊べる!!
毎回ランダム生成、挑戦する都度に新鮮な気持ちで何度でも遊べる!!!

 

など、いつもどおり、吉田のウソ、が並べられたが実際には

 

レベル1からスタートだからこそ、熟練者との差は歴然(予習してないの?案件)
自由度=既に下層で装備強化済みである事が大前提(別に俺Tueeeは出来ず)
スライム多数のクソパターン引いたら5割終了(非理解者や低スペによる爆発テロで全滅)

 

現状では、IL235武器が手に入るコンテンツな為、まだまだ頑張っているPCは存在するが
3.4が来たら何時ものゴミかつ、サブジョブ用としてもそもそもIL235の使い道が無い。
(このチープダンジョンが実装された3.35時点ではハイエンドたる零式だと野良では既にIL240もってこいが前提、身内ならばニーズヘッグ武器かアナルウェポン、それも無理であれば7週使って未強化ヘルファイアが手に入る)

 

これを危惧してか4.0ではレベリングコンテンツのひとつに推移させようとしていたのだが、
実際はPvPで放置という人道もクソもない手段のほうが効率が良いというスラム街に相応しい落ちがついている。
むしろチートツールが蔓延してるからチートダンジョンのほうが名称としては正しいのでは?

CheapDungeon.jpg

とこれで終わると思ったら公式が新生祭2017で本当にそのまんま名前のミニゲームを実装した。
そんなくだらんもんに金と苦労かける暇があるなら元のディープダンジョンを改善する方がよっぽど有意義である。

チキンナイフ(レイピア) Edit

ChickenKnife.png

もしかして→ ラグナロク(斧)
FFシリーズ経験者以外にも伝わる様に、更なる進化を遂げた頭naoki。
名称がナイフなのに中身はレイピア
更に上画像ではモロに斬る用の刃があり、刺突用とはとても思えない。
何を言っているのか全く理解出来ないかもしれないが、ここまでやるのが、頭Naokiだ。

 

本来のチキンナイフはFF5が初出。チキンは俗語である「臆病者」の方の意味であり、鶏肉の方ではない。
FF5では「ブレイブブレイド」との二者択一で手に入り、その名前故
「たたかう」を選択すると一定確率で逃げてしまうが、
逃げた回数だけ攻撃力が上がり何れラグナロクすら超える最強の武器となるというフィーチャー要素を持つ。
ラグナロク(斧)からチキンナイフ(レイピア)と頭Naokiの進行を暗示するかのような因果持つ逸品。
FF11でもシーフ専用の短剣として「とんずら」というユニークな追加効果を持っていた短剣であった。

チャイナルファンタジー14 Edit

元々は旧FF14の不自然な漢字表記やクソUIが、日本産じゃなくて中国産だからだと揶揄する声から発生した言葉。
ところが新生後も、独裁者吉田による共産主義なゲームシステム、公式フォーラムの言論弾圧、排他的なテンパの行動、自慢のグラはバーチャス製、チマチョゴリ着せられたFF-Xのユウナ、春節セールなどなど、、、

チャネリングサービス Edit

nexon_ff14.jpg

他社のアカウントからでもゲームをプレイ出来るようにするサービス。
2016年6月16日より、韓国版FF14において日本では悪名高いネクソンとのチャネリングサービスを行うことが発表され、実行へと移された。(参考:KULTR ネクソン 韓国で「ファイナルファンタジー14」のチャネリングサービス

 

うーん、マンゲム

定食 Edit

初出はGAME Watch 「新生FFXIV」、「パッチ2.4 氷結の幻想」実装直前吉田Pインタビューにおける以下の記者の質問である。

――パッチ2.0シリーズでは、見た目が同じ定食のように、ずっと同じ定型パターンでコンテンツが実装されています。吉田さんがおっしゃったように、「新生FFXIV」がどういうものかわかってきたと同時に、またこれかという飽きも出てくるのではないかと思うのですが。このパターンは今後どう変化していくのでしょうか?

このインタビューの頃には既に定食の基本は出来上がっており、スレには次のアップデートの内容をリークする予言者も大量発生していたため、GAME Watchの記者が発したこのワードも瞬く間に定着した。
吉田定食の基本は以下の通り。

パッチn(通称偶数パッチ)

新規インスタンスダンジョン(ID)の実装

新たな蛮神戦(真・極)の実装

新たな最難関レイドの実装

新たなアラガントームストーンの実装

新たな蛮族デイリーの実装

パッチn+0.1通称奇数パッチ、主に前パッチの緩和とされる内容が中心)

新規ID(ry

新たな蛮神(ry

新たな蛮族デイリー(ry

新たな24人レイドダンジョンの実装

パッチn+0.2(≒パッチn)へ戻る

 

なおパッチ3.0からは定食のおかずも減らされ新規IDの追加は3つから2つになったため、「コンテンツルーレット:エキスパート」はルーレットであるにも関わらず実際はコイントスという珍事を招いている。Naoki曰く「他にコストをかけた方がいいと判断した」とのことだが、その結果出来上がったものは雲海探索ディアデム諸島(エアシップおちんちんランド)LoVMチープダンジョンなどの流産・死産コンテンツなのだから目も当てられない。

 

ただしそれでもNaokiはインタビューにおいて、「定食の骨子は変わらない」といった内容を返している。

【gamescom2016】『FFXIV』吉田直樹P/Dにインタビュー。パッチ3.4とその先のコンテンツの方向性を聞く(電撃オンライン)より一部引用

――今後の調整の方針に関しましてお聞かせください。ディープダンジョンをはじめ、新しい遊び方が可能なコンテンツも増えましたが、今後はどちらかというと新しい遊びを増やす方に重点を置いていくのでしょうか? それとも、レイドや新ダンジョンといった従来のコンテンツを中心にアップデートしていく形でしょうか?

 もちろん、両方をバランスよく入れるつもりでいます。よく“定食”と言われますが、定食が出なくなった飯屋は潰れてしまいます。味の保証された定番の定食……安定したコンテンツはしっかり実装しつつ、それだけでは飽きていくので、メニューを増やし、新しい味にもチャレンジして、お客様を飽きさせないようにしていくつもりです。

定食という表現を使ったのは多くのゲームをプレイしてきた記者で、パターン化していて先の内容とその寿命が容易に予測出来てしまうことが問題なのに、その本質を理解出来てない頭Naokiの一例。その上で出しているものが実際には腐った生ゴミ以下の何かであっても味は保証されているらしい。

ディストピア Edit

神ゲーなどと同様に新生FF14を揶揄する別称の1つ。Wikipediaの該当記事も参照。
簡単に説明すれば「理想郷」の対義語、つまり地獄のような社会である。
ディストピアは主にSFの分野で頻繁に題材として取り上げられ、作品によって特徴は異なるものの、
体制側によって個人としての人権・尊厳が(何らかの形で)著しく侵害されているという点では共通している。

 

FF14においては、

・P/D兼任による事実上の独裁

・週制限やトークン、経済等に代表される徹底的な管理社会

・定期的なデノミや、45日という極めて短期間の家没収による財産権の侵害

・言論の自由又は表現の自由(もしくはその両方)の侵害、フォーラムにおける言論弾圧の存在

・開発・運営による意図的なヒエラルキーの形成

・エンドコンテンツのバトルに代表される相互監視体制

・隠蔽体質

など、該当する部分が極めて多い。

 

類義語:全体主義(Wikipedia)

テンガロボ Edit

3.X系のハイエンドコンテンツである、機工城アレキサンダーにおいて出て来る、起動&律動編での4層ボスの事。フィールドでの容姿、アレキサンダー自体の詐欺ムービーではそれなりの造形なのに、実際戦う相手はかのTENGAの集合体にしか見えないというnaokiからの、愛。
特に律動編4層では、パク=ソケン氏の秀逸なBGMも相まって、攻略動画を見ているだけでテクノブレイク出来そうな、狂気の沙汰の産物である。

電撃の黒い太陽 Edit

もしかして→無職
ライトノベル作家、藤原祐の異名の一つである。[要出典]
2002年のデビューでありながら過去にこれといって代表的な作品はないが、2016年に神ゲーのノベライズを手がける事になった。
タイトルは「ファイナルファンタジーXIV きみの傷とぼくらの絆 〜ON(THE NOVEL)LINE〜」
同作品のイラストは「灼眼のシャナ」「涼宮ハルヒシリーズ」等を手がけたいとうのいぢが担当し、
電撃文庫のイベントで発売前に紹介されるなどPR。は万全を期していたものの、
POS推定では初週2119部、2週目1332部で、以降圏外。
内容もネトゲもののラノベをこれでもかというほどに薄めたようなもので、物語・キャラクターは都合主義全開であり、人柱となったスレ住人はおろかテンパにすら不評、重版されるかも怪しい打ち切りコースになってしまった。
なお、この男が賞賛したコンテンツは他のもの以上に頭を抱える内容になる、というジンクスがある。
神ゲーをプレイする度に泣いている。

天候 Edit

エオルゼアの天候が変化するタイミングは、なぜか必ず8時間毎(地球時間では23分20秒ごと)である。特別なイベントでもない限り、通り雨やゲリラ豪雨が発生することは絶対にない。
またエオルゼアの天気予報士の的中率は、なぜか必ず100%である。
つまり神ゲーにはワールドシミュレータのしての価値など無い。

 

だって仕方ないじゃない、『想定外のことが起きるのが嫌な運営』が、『想定外のことに対応する能力の無いテンパ向けに作ったゲーム』なのだから。

テンパ理論 Edit

「ええできますよ。あなたがそのコストを負担できるなら、ですが」という、余りにも気色悪い文言を以て相手の提案を封殺する最強の論法。
何様だよお前と思わず言いたくなる謎の開発者目線と、日頃からコストガをOnakiから連呼された結果「それが普通だ」と勘違いしたものによる汚い二重DoTが相手に「こいつと関わってはいけない」と遺伝子レベルの恐怖を呼び起こさせそれ以上のレスを停止、フォーラムレイドに勝利する。勿論テンパはこれが建設的な意見、討論の芽を摘む要因だと気付いていない。
元はアナルスレで「テンパならこういうこと言いかねないよな」という発想が生んだ単語なのだが、実際にこれに類似するテンパのフォーラム噛み付きは頻発している上、余りの気色悪い言い回しが受けたのか一部スレ民が「あくまでネタとして」使用する。

Edit

塔は登るものではなく、踏むもの
いいね?
皮肉なことに経験など意味をなさない神ゲーにおいて、例外的にこれだけは経験則として成立する。

同時接続数が必ずしも正義ではない運営になった Edit

紅蓮が売れず、いよいよ苦しくなってきたnaokiが放った言葉。
「アクティブが多い、同接が凄い!」と重要視するテンパにとっては、naokiに梯子外しされる形となってしまった。
尚、この言葉は「ソロプレイでも色々遊べるゲーム」に当てはめることができるのであって、PTプレイをほぼ強要されるFF14では同接が減ることは致命的である。

屠殺のミルウーダ Edit

南ザナラーンのFATEで使用されていた名称である。屠殺は「とさつ」と読む。
FATE自体はFFTからのオマージュネタであるのだが、この「屠殺」という言葉は使い方次第で差別用語となりかねない表現である。(参考:Wikipedia
後に開発・運営側がこの表現が不適切であることを認め、こっそりと謝罪した。
常用単語ですらなく事実上の死語となっているこんな差別用語を何故使ったのか、真相は闇に包まれている。

2013/09/12 12:30 更新のお知らせ(9/12)より一部引用

・一部不適切な表現の修正を行いました。

 *Full Active Time Eventに登場するNPC「ミルウーダ」の字として、

 「屠殺の」という表現を使用していましたが、キャラクターの設定と異なるだけではなく、

 関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけすることを深謝し、この表現を「流転の」へ変更いたしました。

 製品リリース後の修正となったことをお詫びするとともに、再発防止に努めてまいりますので

 今後ともご愛顧のほどよろしくお願いします。

特化したスタッフ Edit

Gamescom2016のインタビューでPvPに関してNaokiが放った迷言。(YouTube

Naoki「よくPvPをアップデートするのをやめてそのコストでPvEコンテンツを作ってくれって話をされるんですけど、

スタッフはそもそもPvPに特化しているスタッフなので、彼らを仕事させなかったとしてもPvEのすごいコンテンツが増えるわけじゃないので(笑)

それは色んなコンテンツを作るのがMMORPGのいいところだと思っているので、

そこは一点、多分みんながちょっと勘違いしているところなので、それだけお伝えしておきます(笑)」

頭Naoki全開な回答をするのはもはやいつもの事なのだが、それ以上に特化したスタッフが作ってあの出来かよとスレ住人を困惑させ、その後このワードの汎用性の高さから「〇〇に特化したスタッフ」とネタにされるようになった。

ドッチモドッチ Edit

テンパが中立の立場の第三者を装って行う投稿。FF14を擁護しきれなくなった時によく使用される。
本来は、どうにかして相手を負かしたいが不利なので「どっちもどっち」と結論づける事によって痛み分けで玉砕しようという手。しかしテンパの場合はFF14のことを悪く言うと死んでしまうのか、あるいは変なプライドが邪魔して14や自分たちのことを悪く言うことができないのか、余計な一言『どっちもどっちマジック』を必ず加えてしまい失敗する。

 

【非常にわかりやすいどっちもどっちマジックの例】

706: Anonymous (スプー Sda8-V+MO) 2016/01/13(水) 15:41:38.12 ID:+8i8EJ1Fd.net
今回の発表見ると14開発だけじゃなくスクエニ全体のレベルが下がってるんだなーってわかるよね、むしろ14はマシな方かもしれん
 
【コメ番:109849】 名前:[既にその名前は使われ] 投稿日:2017/09/20(22:03) 編集
どっちも糞ゲー
目糞鼻糞www
はいはいドラクエ笑笑
 

また、「変形ドッチモドッチマジック」というものも報告されている。

【コメ番:112828】 名前:[既にその名前は使われ] 投稿日:2017/12/22(16:10) 編集
あと「世間の常識からすればFF11もドラクエもPSO2もプレイヤーが異常」みたいな感じで
全てをsageる時にだけFF14を素早く引っ込めるのも特徴
変形ドッチモドッチマジックだ

友達料/お友達料 Edit

外部メディアやブログにおいて、(主にFF14に対する)肯定的な宣伝をしてもらうことで発生する金銭を指す。
ゲームメディアに提灯記事を書いてもらうこと自体は、別段そこまで疑わしいことではない。

 

しかしステルスマーケティング(ステマ)やアフィブログとの癒着となると話は別で、

・FF14・2ch双方での規約違反を行っていたアフィブログに対してFF14の公式twitterが労いの言葉をかける(メテにょ☆さんお疲れ様でした事件

・2ch規約違反のアフィブログが自腹で3万超のお年玉企画を出してtwitterのフォロワー乞食のような真似をする(はっきし速報

・4.0拡張パッケージ発売を記念してアフィブログがゲーム内課金アイテムのプレゼント企画を実施

・生放送「吉P散歩」で神がゲーム内チャットで堂々とアフィブログの名前を叫ぶ(ジャラ速

また、スクエニ全体で言うならば、

・他社のネトゲ(ソウルワーカー)のスレでスクエニのIPアドレスによるネガティブな書込みが発覚する

・「グリムノーツ」のプロデューサーである石井諒太郎が悪名高いゲハブログ「はちま寄稿」の管理人との飲み会の写真をtwitter上でUPする(togetter)

・FF15の田畑DがCEDEC+KYUSYU 2016の基調講演において"Destiny"について語る際に、はちまやJINを好意的に取り上げる(togetter)

など、黒い噂を疑われる事例は後を絶たない。

ドラクエガー Edit

FF14の真実を言われてカチーンときたり、FF14の良い所をあげることができずDQ10下げをする時のテンパの鳴き声。PSO2版の「プソニガー」もある。

 

【使用状況その①DQsage14age】
内容はドラクエ10の批判や苦情のコピペ、不祥事などで、ドラクエ10と比較してFF14は優れているということを言いたいようだが、当然、他のゲームの評価を落としてもFF14の評価が上がるわけではない。ゆえにテンパの努力も虚しく、逆にFF14の評価が大きく落ちるだけの結果に終わる。それでも本人は必死。(気付いていないのか、止められないのか、そうしないと死ぬのか・・・)

 

【使用状況その②話題逸らし】
神ゲーにとって都合悪い話題はネガキャンになってしまうので、スレの流れをドラクエ10のネガキャンへと逸らそうとする時に突然鳴き出す。
しかしドラクエ10の批判や苦情は「ドラクエ10に良くなってほしい」というユーザーの気持ちがあらわれた意見であり、神ゲーに寄せられているソレとは根本的に異なる。テンパにはわからないだろうが。

 

【使用状況その③鸚鵡返し】
自分がやられて傷つくことは、相手にも同じように返せば相手も同じだけダメージを受けると思っているテンパが「アンチ=ドラクエ10信者」という幻覚に支配されこの鳴き声を放つケース。
テンパはとにかく相手の弱点を知り、自分が受けたダメージと同じだけ返したいようだが、属性の無いゲームで育ったせいか、相手の属性(好んでプレイしているゲーム)を理解する能力に欠けている。

どんなゲームだよそれ Edit

蒼天リリース直後、FF14の現状を知った、齊藤Pの感想。
こんなゲームである。
FFXIV 2周年記念14時間生放送(メイン放送)

な行 Edit

ナオキノゲェム Edit

naoki神が関わっているゲームの事。中にはそれなりに遊べるゲームもあるのだが、基本的にはゲームではなくゲー無であることが多いので注意。
なんとか14などはその最たるものなので、間違っても今直ぐ購入!してはいけない。
由来はパク・ソケンが14以前にBGMを担当していた「ナナシノゲェム」(Wikipedia)というソフト。
ホラーRPGと銘打ち当時そこそこ人気になった。

ナオキパレス Edit

パレスとは、強く歪んだ心を持つ者の歪んだ認知が具現化した異世界の迷宮。
歪んだ心の核の象徴である「オタカラ」が失われると崩壊する。
オタカラを持ち去られパレスが消滅した者は現実世界では改心することになる。

 

ナオキパレスへはイセカイナビに「ナオキ」「第5ビジネスディビジョン」「神界」の3つのキーワードを入れることにより侵入可能である。
ナオキパレスを徘徊しているシャドウは黒魔忍軍やララカスの姿をしている。
ナオキパレスのオタカラは具現化する前は「光き玉」の形をしているが、具現化することりより皆が知っている「あのブーツ」になる。
ナオキパレスは一本道であり途中にボスが2体いるだけだが、即死攻撃を防ぐためにヒゲやヨウカイのcoopを上げておくと有利になる。

なおにぃ Edit

ハドソンコンピュータデザインスクールの卒業制作SRPG『R 幻の軍勢』において
「他人のプログラム・わっかんねぇ-!」などと意味不明な供述を残し、
中身のないオープニングデモだけを提出し卒業したロンゲ男、吉田なおにい直樹を指す言葉であり、
同時に同氏のキャラクター名である。

仲間 Edit

外部ツールによるDPS計測に対して一切のお咎めがない神ゲーにおいて、仲間とは「敵」を指す。
DPSチェックでDPSを出せていない仲間は敵、ギミックを適切に処理出来ないような仲間は敵。
とにかく自分の足を引っ張るような者はみんな敵。
これらの類義語に「戦犯」や「戦犯探し」がある。
知らない人に対してはFCやLSチャットでの陰口が、FCやLS・固定PTに対しては将来の絆ブレイクが約束されている。
冗談だと思うだろうが、そのような思考に染まった頭Naokiが多数いるのが神ゲーである。(関連:蠱毒の壺

 

「仲間と戦うゲーム」と一言で口にしても、

 

他のPvEが主体のオンラインゲームは「仲間と(一緒に)戦うゲーム」
同じくPvEが主体であるはずの神ゲーは「(文字通り)仲間と戦うゲーム」
なのだから日本語ってムズカシイネー

謎補正 Edit

4Gamerの読者レビューで、投稿の傾向を分析・考慮した結果行われている謎のスコア補正。
4Gamerはメーカーをフォローするために点数を操作しているのではないと言っているが・・・・

http://www.4gamer.net/games/199/G019924/index_userreview.html

4Gamer側の見解としてはこちら

納得感 Edit

開発から止めた方がいいと言われたのに「論理的に説明しろ」だの「それは錯覚だ」の言って実行したNeed/Greedルールの強行変更を元に戻した時に、インタビューで得意気に語ってしまっていたため、いつもの「こいつがやりました」と言い訳もできず、かといって「ごめんなさい。僕が間違ってました」とは絶対言えないonakiが放った言葉。
onakiは「長年のプレイ経験で身につけた感覚」を、自分の信者に全否定され自分が錯覚していた形となったが、当然、onakiの失敗をアンチの前で認めるわけにはいかないテンパ達が「他ゲーにはできないような迅速対応!さすが吉P」といった他ゲーsaga14ageで擁護にまわった。

ナナモフィギュア Edit

スクエニ謹製の泥人形。どんなものなのかはスクエニe-storeのページを参照。今すぐ購入!
そのお値段はなんと税込3300円。(ララフェル自体が奇形であるという問題は脇に置くとしても)顔の造型もバランスも塗装も悪く、ゲーセンなどで並んでいるプライズ品のレベル。邪神モッコスには到底叶わないが、マクドナルドの『ハッピーセット サスケ チャクラ宙返り』(Pixiv用語辞典)のようにネタになる要素がまるで皆無なのは痛い。

 

フィギュアそのものについての詳しい説明は非常に丁寧に書かれているはっきし速報の解説ページに譲るが、神ゲーにはフィギュアなんて電アキ48な趣味だと思っているようなリア充が多そうなのでその点を踏まえて少しだけ異なる観点からの補足を行う。

 
■ 補足

名前は、マテウスと読みます。 Edit

フォーラム常連の1人であるMatthausの署名欄。
名前を頻繁に間違われる為このような署名になっている。
Matthausの詳細はフォーラム>Matthausを参照。

なんという恐ろしいことを(笑) Edit

第26回PLLにおいて、ゲストである南條愛乃が発した、「リテイナー同士でアイテムをやり取り出来るようにして欲しい」という要望に対してのNaokiの返し(YouTube)。
Naokiはデータ不整合ガーなどと取り繕うも、南條はさらに追い打ちをかける形で「リテイナーが1人増えると、枠が増えるようにしたらどうか(リテイナーは違うキャラが来ても、倉庫としては一体化させる)」と提案すると、Naokiは「もうダメだ、この話勝てる気がしない(苦笑)」と返した。

 

なぜゲスト相手に勝ち負けに拘るのかは分かりかねるが、南條が要望した「倉庫間のアイテム移動」は別のネトゲでは普通に可能だったりする。
例えばPSO2では標準の機能として備わっており、神ゲーでは「リテイナーの追加」に当たる倉庫の追加レンタルはもちろんのこと、「倉庫枠」の枠の増加もキャラ倉庫に限定されているが有料で行うことが可能。所持品枠の拡張すら1度お金を払いさえすればその枠は永遠に保持される。そしてゲームの性質上、PSO2は神ゲーよりもアイテムの移動量が多いことは確実である。にも関わらずデータ整合が出来ているということは…

 

要するに内部設計の問題であり、恐ろしいことでも何でもない。

 

対義語:この次MMO作る人大変だろうなって(笑)

ニコニコ大百科 Edit

ニコニコ動画におけるコンテンツの1つで、ログインすれば、プレミアム会員なら自由に記事の作成・編集が出来、更に各記事に、誰でも書き込める掲示板が存在している。
FF14に関する記事も存在しており、ゲェム本体Naokiパク・ソケン根性版コラボ経験NPCなどの(一見)一般的な記事から、大迷宮機工城の様なIDの攻略もどき記事、根性版教祖ミラクルフラッシュ問題児の様な、はっきしWiki向けの記事など種類は多彩。

尚、一般的な記事に一見と入れているのは、最初に紹介したものほど、掲示板の書き込みにが回っている事。
特にゲェム本体の記事は、毒の回りが極めて酷い為、迂闊な閲覧・書き込みは危険である。

入園 Edit

2016年4月21日に公式が投稿した動画「新生活」(YouTube)にて使われた表現。

人形劇 Edit

各種イベントにおいて挿入されるシーンの事。
基本的にプレイヤーが行えるモーションによる継ぎ接ぎで作成されている為、極々初期のイベントシーン以外は杜撰さだけが目立ち、シロウトでもここまで酷い物はつくれないんでは?と色々な気付きを与えてくれる。

散々様々な部分で指摘されているのだが、今回の3周年記念イベントにおいて目出度く文字通りの人形劇(ミニオンによる寸劇)が決行された。これなら文句の付けようがないだろ!?
が、よせばいいのに無理やりプレイヤーキャラクターと登場させる、という趣向を取った為、相変わらずの笑えない寸劇大爆誕に。精子アタックで倒したハズのアイツを全く目線が合っていない→ストレートでK.Oって、そりゃなんだ?と。

忍者はプレイヤーのスキルが想定以上だったので弱体します。 Edit

かつて、研究が足りないと長きに渡り放置されたラグナロク使いとは逆に、大迷宮バハムートで研究しまくった結果、見事にDPS1位となった忍者に対して行われた仕打ち。はっきしゆって、新ジョブ、それもnaoki大好きな外人勢まっしぐらの忍者とか、弱い訳がねーよな!と人が集まった所へ、他のジョブたりねーから!とマッチポンプ式に施行された罠。
以降、暫くの間はパッチの度に、高まるな低まって行け、と研究はしても発表しない体制を取っていたら、額面通りに受け取られて一切の強化無し、という仕打ちまでセットで行われた。

その後、4.05で再来。
他の様々な要因と合わさり、「レイド零式はクリアできるけど零式の木人(ゲーム内のDPS測定)はクリア不可能」などという珍事を引き起こした。

ネガ禁止 Edit

ネ実の本スレで使われたスレタイ。実質的に住人がアナルスレとして分離・独立した原因でもある。

 

当時のスレ
【FF14】FINAL FANTASY XIV 6025【ネガ禁止】
http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/ogame/1439128974/

 

普通のゲームであればクソなところはクソとはっきし言われるものであるが、この意味不明なローカルルールによって一部のテンパ(プレイヤーとは言ってない)による言論統制が敷かれ、2chであるにも関わらず、思ったことを素直に言うことすら許されなくなるという異常事態を招いた(というか、ありのままの事実や感想を言っていたら勝手にアンチ認定された)。こんなスレタイが使われるのは過去にも未来にも恐らくこのゲェムしか存在しない。というか本スレが2回も分裂したのも恐らくこのゲェムぐらいなものであろう。

 

なお現在の本スレがどうなっているかについてはお察しください。

ネバーでMIP Edit

由来は年末対談放送にて、視聴者に神が「エアプ」とコメントされた際
斎藤が「エアプ言われてるよ」と拾い神が激怒しながら発した「ハァ!?黒で毎回ネバーでMIP貰ってるし!」
という斜め下の回答より。
FFXIV 2周年記念14時間生放送(メイン放送)

 

この時神はベロンベロンに酔っておりぶっちゃけまくり。いつもの詐欺師としてのDPSが低下しており
アナル民をして「もう放送やめたほういいんじゃ..」などの心配の声が上がっていたほどだった為
ネバーに行った事自体は本当だったのかもしれない。

 

しかし、エアプでない事の証明に上位でもなんでもない当時ライト層も行くIDであった「ネバーリープ」を挙げ
しかもそこで「黒魔」でMIPを貰うってどんな状況だ?(余程の地雷プレイか話術が無ければこういったIDでDPSにMIPは入らない)
とスレ民やコメ欄は困惑し、笑いを誘ってしまった。
接待プレイを盛った説、地雷プレイをかました説、そもそもネバー挙げてMIPがエアプ、などなど
様々な考察がされたが結局は神のエアプ証明のひとつとなってしまった。

 

ちなみにこの時期にエアプでない事を証明するのであるとして適切、または多くの視聴者が求めていたであろう回答は
「今固定でアレキ2層まで終わってるんですけど、やっぱり零式に装備いれたりヒーラー負担が大きい設計はまずかったかなと思いますね...」
くらいの簡単なものである。
カッチーン体質の神につきご容赦を。