【訳・日本語】BBS/17

Last-modified: 2016-01-11 (月) 06:27:30

Being Divisions

カテゴリ7巻DH(死の秘宝)
投稿者ふにゅ?
優先順位普通
状態
edit/refer
投稿日2016-01-07 (木) 07:31:24

 A disembodied female voice said, 'Level Four, Department for the Regulation and Control of Magical Creatures, incorporating Beast, Being and Spirit Divisions, Goblin Liaison Office and Pest Advisory Bureau,' and the grilles slid open again, admitting a couple of wizards and several pale violet paper aeroplanes that fluttered around the lamp in the ceiling of the lift.

これのBeing Divisionsを存在課と訳してあるのですがおかしくないでしょうか。
存在課ならわざわざ動物課と分ける必要性がないわけなので。

個人的におそらくこのbeingは人間(の姿をした生物)という意味で使われていると解釈し、人型生物課、あるいは亜人課などと訳すべきだと思います。


コメント

  • 過去ログからの資料をコピペします。「幻の動物とその生息地」でも同じ用語が出てきて、また別のところでも問題が有るようです。

    ━━━コピペここから━━━

    既出だったら、ごめんね。
    7巻読み直してたら、気になったんだけど、魔法省の部署の訳ってあってるの?

    こりぽたP.355 四階。魔法生物規制管理部でございます。動物課、存在課、霊魂課、
    小鬼(ゴブリン)連絡室、害虫相談室はこちらでお降り下さい。

    P.201 Level Four, Department for the Regulation and Control of Magical
    Creatures, incorporating Beast, Being and Spirit Divisions, Goblin Liaison Office
    and Pest Advisory Bureau,

    ここから続々出てくるから、全部まとめてっても思ったけど
    どうしても、存在課が気になってしまって。
    どなたか助けて下さいm(._.)m

    存在課ってのは変だね。
    incorporating Beast, Being and Spirit Divisionsだったら
    獣・生命・霊魂担当総合窓口とかそんな感じじゃね?

    BeingとBeastで対比だから、獣と人間(魔法使い)なんじゃないのかな。
    魔法界に存在する生き物全般ということなんだろう。

    Beast, Being and Spirit Division について、歴史魂の解釈は下のような感じ。
    魔法生物規制管理部には三つのDivision(課)があるって読み方でおkのよう。

    Beast Division(動物課) ドラゴンとか一般的魔法動物
    Being Division(???) エルフとかゴブリンなど動物扱いできない生物
    Spirit Division(霊魂課) ゴーストとか。たぶんポルターガイスもここ。
    ttp://www.hplex.info/ministry/ministry-creatures.html

    問題は「ゴブリン連絡室」もあるらしいBeing Divisionの訳。
    「妖精課」?と思ったけど、一部の妖精は動物扱だし人狼援助もここらしい。
    「人モドキ課」ってわけいかないので、「協力生物課」あたりかね??

    意味的には知的生命体っぽいけど
    ゲームなんかで出てくる表現なら
    「亜人課」ってところ?

    亜人が人の亜種みたいな意味ならゴブリンとかはちょっと違うっぽいかな。
    「準ヒト課」っていうのも微妙? 難しいね。

    それにして存在課はひどい。意味考えずに訳したんだろうな・・・。

    こりんはHuman-beingとか思いつかんものかね。

    ヒト型をした生物全般であって、人と類縁だとは限らないんだな。
    難しい。
    「亜人課」は収まりが良くて好きなんだけどね。

    じゃあ普通に「人型生物課」は?

    人型でも一部フェアリーのようにコミュニケーションとれない人型もいる。

    Fantastic Beastで、BeastとBeingの定義があったハズ。
    いま手元にないんで、誰かチェックよろ。

    やはり存在課はテキトーなこりん語なんだね。

    魔法生物規制管理部ってなってるのに、
    存在課じゃなにするとこかわかんないじゃんねー。

    「亜人種課」とかはどうでしょう?
    上のほうに似た意見出てるけど、調べてみたらファンタジーで亜人種っていったら
    人間に姿が近くて、知能が高く人よりも優れた能力を持ってる存在って説明されてるし

    序論(INTRODUCTION)で、「魔法動物」の定義に関する議論の歴史が紹介されてる。
    Beast とBeingの違いってことだけど。
    この本では原文のBeing(s)は「ヒトたる存在」と訳されてた。

    FW p.x
    We now ask ourselves: which of these creatures is a ‘being’- that is to say,
    a creature worthy of legal rights and a voice in the governance of the magical world
    - and which is a ’beast’?

    幻の動物とその生息地 p15
    前述の生き物の中で、どれが「ヒトたる存在」――つまり、法的な権利、ならびに
    魔法界を統治する上で意見を認める価値ある生き物――であり、どれが「動物」だろうか。

    ちなみにbeingsは最終的に「魔法社会の法律を理解するに足る知性を持ち、
    立法に係わる責任の一端を担うことの出来る生物」(p18)と定義されたらしい。

    >ヒトたる存在
    それって human-beings(人間)の直訳みたいだな。

    それにしても5巻は幻の動物より後に出たのに
    こりんはbeingsが何を意味していたか忘れたってことか。

    ゴーストたちが、名誉ある「過去形存在」であるにもかかわらず
    「現在形存在」として分類するのは無神経であると主張したので、ゴーストは例外扱いとなった。
    これによりスタンプは、魔法生物規制管理部に動物課、存在課、霊魂課の3課を設け、現在に至っている。(幻の動物と~p18脚注)

    An exception was made for the ghosts,who asserted that it was insensitive to class them as “beings”
    when they were so clearly “has-beens.” Stump therefore created the three divisions
    of the Department for the Regulation and Control of Magical Creatures that exist today:
    the Beast Division, the Being Division, and the Spirit Division. (xii)

    こういう訳で三課に別れてるんだね。
    昔こりん訳を読んだ時、この「過去形存在」と「現在形存在」の意味がよく分からなかったけど
    beingsとhas-beensだったのか…。もうちょっとうまく訳せない物か。

    スマン。幻の動物の注釈と19ページにはすでに
    存在課という言葉がでてきていたのを見逃してた。
    つまり、魔法使いと連携できる生物としてのbeingsは「ヒトたる存在」
    the Being Divisionは「存在課」と訳されてるわけだな。

    「過去形存在」「現在形存在」は原語がわからないと意味不明だね。

    「ゴースト達が、明らかに現世に生きていない自分たちを、「生物」と
    一緒にするのは無神経であると主張した」みたいに訳せばいいと思う。

    >「ゴースト達が、明らかに現世に生きていない自分たちを、「生物」と
    一緒にするのは無神経であると主張した」みたいに訳せばいいと思う。

    そうじゃなくて、過去にはれっきとした「ヒト」であった('has-beens')自分達を
    beings'扱いにするのはけしからん、って意味だよ

    ああ、そっかー
    has-beensは「過去の人」、beingsは「生き物」だからその意味が中心だろうな。
    わかりやすく訳すと面白くもなんともなくなりそうだけど。

    they were so clearly “has-beens”.ってのは
    「とてもはっきりした“has-beens”」だと思うけど
    なぜ、『名誉ある「過去形存在」』なんてしたんだろうね。
    (正確には現在完了形のようだしw)

    まとめサイトに載せるだけなら無理にひとつに絞らなくてもいいだろうから
    「協力生物課」「亜人種課」などの代案をいくつか並記してもらえばいいかもね。
    とにかく「存在課」はおかしいってことで。

    ━━━コピペここまで━━━
    • nevi 2016-01-11 (月) 05:46:48