【訳・日本語】BBS/33

Last-modified: 2018-08-11 (土) 20:33:28

キューコンなんとか

カテゴリ巻数不明
投稿者キュー?
優先順位普通
状態
投稿日2018-08-11 (土) 09:01:12

はじめまして、よろしくお願いいたします
子供の頃に読んだときの記憶なので不確かなこともあると思うのですがもうかなり長いこと気になっていたのでおたずねします
どの巻かわからないのですが(後半の巻だとは思います)ホグワーツに行く前のダーズリー家でのシーンで、ダーズリー氏が吸魂鬼のことを「キューコンバー」とか「キューコントイド」とか言っていたシーンがありました
子供心になんでこうなる?とひっかかって、当時学校の友だちとも変だよね?と話したことがありました
今になって考えるとおそらく元の文で「ディメンバー」や「ディメントイド」となっているのだと思いますが、正確なところや本来どう訳すべきだったのか等教えていただけるとありがたいです


コメント

  • はじめまして。
    お尋ねの件は「不死鳥の騎士団」の第2章ですね。私は翻訳についてどうすべきというようなことは答えられませんが、5巻の原書を持っているので、原文と私見を少々書いてみようと思います。
    バーノンが「キューコン……」と言っているのを挙げます。数字は日本語版ハードカバーとUK版ハードカバーのページです。
    54 キューコンキ / 33 Dementors
    55 キューコンなんとか / 34 Dementy-whatsits
    58 キューコントイド / 36 Dementoids
    61 キューコンダー / 37 Dememders
    62 キューコンバー / 38 Demembers
    パラパラ見ただけなので間違っているかもしれませんが、5巻で「吸魂鬼」が初めて出た31ページのルビは「ディメンター」でした。総ルビでもない限り、読み方は無意識に覚えておこうとしているでしょうし、イギリス人が話しているのに「ディメンター」ではなく「キュウコンキ」を採用している点にすっきりしないものを感じますし、造語ではあるものの日本語の「キュウコン」に英語の接尾辞をくっつけているところにおかしな感じを受けるのだろうと思っています。その結果かなんなのか、「球根」と「求婚」がいつもチラつきます……。
    • hrs 2018-08-11 (土) 19:41:15