アズカバンの囚人/7章

Last-modified: 2021-05-24 (月) 12:34:18
 

グツグツ

■日本語版 7章 p.168
「(略)グツグツ煮えている間、あと片付けをしておけ」

■US版 p.127
“(略) so clear away while it simmers (略)”

■試訳
「しばらく弱火で煮ておき、その間に後片付けをしておけ」

■備考

  • simmerを辞書で引くと「グツグツ煮える」って書いてあるし、別に間違いじゃないけど
    問題はこういう言い方はあまりクールじゃないし今いちスネイプのキャラにマッチしないと
    いうことだよね。
  • スネイプ教授が「ぐつぐつと」とか「バーンと」とかって擬音語使うのは不自然。


まね妖怪のボガート

■日本語版 7章 p.175
「(略)まね妖怪のボガートとはなんでしょう?」
「形態模写妖怪です。わたしたちが一番怖いと思うのはこれだ、と判断すると、それに姿を変えることができます」
「わたしでもそんなにうまくは説明できなかったろう」

■US版 p.133
“(略) what is a boggart?”
“It’s a shape-shifter,” she said. “It can take the shape of whatever it thinks will frighten us most.”
“Couldn’t have put it better myself,”

■試訳
「(略)ボガートとはなんでしょう?」
「変身妖怪です。わたしたちが一番怖いと思うのはこれだ、と判断すると、それに姿を変えることができます。」
「わたしではうまく言い表すことができなかった」

■備考

  • まね妖怪まね妖怪ってネタバレしすぎ。
  • 形態模写妖怪の部分は原文では shape-shifter となっていて、
    辞書を引くと、「自分の姿を変える(ことができると考えられている)もの」という意味らしいから、
    あえて言うなら変身妖怪ぐらいの方がよかったかも。
  • ここは初めカタカナ表記だけで「ボガートとは何でしょう」として、
    ハーマイオニーが答えた後から「まね妖怪(ボガート)」という風にルビをふればいいのに。




コメント欄

・情報提供、検証、議論、誤字脱字の指摘など様々な用途にお使いください。
・コメントの先頭にあるラジオボタンを選択すると、そのコメントにぶら下がる形で返信できます。
・スパムや荒らしコメントが投稿された際は、削除にご協力ください(「編集」から削除できます)。
・任意ですが、書き込みの際はできるだけお名前(HN)を入力してください。