死の秘宝/32~33章

Last-modified: 2021-10-02 (土) 20:07:39


32章


33章

顔を真っ赤に泣き腫らした

■日本語版 33章 p.409
顔を真っ赤に泣き腫らしたジニー

■UK版 p.531
Ginny, whose face was swollen and blotchy,

■試訳
「目のまわりを真っ赤にしているジニー」

■備考

  • 顔を赤くして泣き腫らすって変だよね。
  • 「泣き腫らす」だったら「目」だよね。
  • たぶん原書じゃ実際「顔を赤くして泣く」と書かれているんだろうけど
    つながりの言葉を「泣き腫らす」にしておかしくなっているんだと思う。
  • 「泣き腫らした」っていうと、一晩泣いたあとの目みたい。
  • 「目のまわりを真っ赤にして」とか日本の作家ならそう書きそうだね。
  • swollenは「腫れた」、blotchyは「しみのある、炎症をおこした」みたいな意味。


姉妹問題

7巻における代表的な誤訳を参照。


「たんま」の場所

■日本語版 33章 p.414
二人の姉妹は反感という気持で団結し、ブランコの支柱が鬼ごっこの「たんま」の場所でもあるかのようにつかまって、スネイプを観察していた。

■UK版 p.
The sisters considered him, united in disapproval, both holding on to one of the swing poles as though it was the safe place in tag.

■試訳

  • (略)鬼ごっこの「安全地帯」の場所でもあるかのようにつかまって(略)

■備考

  • 昔の子供が「タイム」を「たんま」といったような気がするが、「たんま」の場所とは面妖な。
  • いまどきの子供が「たんま」っていうんだろうか…
  • 鬼ごっこで鬼に捕まらずにすむ「安全地帯」のことだね。
    「たんま」もおかしいけど、「タイム」は一時中断の要求だから安全地帯とは関係ないと思う。
  • ちなみにこのtagは鬼ごっこの事。
  • 携帯版・電子版では試訳と同じ内容に修正されている。


生まれそこない

日本語版 33章 p.421
「――私が、なんでそんな――そんな生まれそこないになりたいってわけ?」
「わたしは生まれそこないじゃないわ」

■UK版 p.537
"- you think I want to be a - a freak?"
"I'm not a freak,"

■試訳
「――私が、なんでそんな――そんなバケモノになりたいってわけ?」
「わたしはバケモノじゃないわ」

■備考

  • 上段がペチュニア、下段がリリーのセリフ。
  • ちなみに賢者の石で同じくペチュニアがリリーをfreakと表現するシーンがあるが、そこの邦訳は「奇人」(p.83)。


残忍な、しかし苦悶に満ちた顔

■日本語版 33章 p.438
ダンブルドアは、スネイプの残忍な、しかし苦悶に満ちた顔を見下ろしながらため息をついた。

■UK版 p.545
Dumbledore sighed, looking down into Snape's ferocious, anguished face.

■備考

  • 7巻の過去の場面で、リリーを失ったスネイプが
    ハリーには何も言わないという条件で校長への協力を約束する場面。
  • ferociousは「残忍な」と訳されることもあるけど、
    日本語で「残忍な顔」といったら、もともと野蛮な猛獣のような顔立ちという印象になってしまうので、
    その訳はおかしいと思う。
    ここはスネイプの厳しい顔が葛藤でいっそう怖くなっていたということだろうから、
    「非常に険しい」くらいが自然じゃないかな。
  • あと原書は"ferocious, anguished face."なのに、
    邦訳は「残忍な」と「苦悶に満ちた」の間にある「しかし」が意味不明。
    これのせいでますますスネイプは生まれつき残忍な顔立ちだが
    (それにもかかわらず)今はつらそうに見える、という感じになってると思う。


ちょっとした奉仕

7巻における代表的な誤訳を参照。



コメント欄

・情報提供、検証、議論、誤字脱字の指摘など様々な用途にお使いください。
・コメントの先頭にあるラジオボタンを選択すると、そのコメントにぶら下がる形で返信できます。
・スパムや荒らしコメントが投稿された際は、削除にご協力ください(「編集」から削除できます)。
・任意ですが、書き込みの際はできるだけお名前(HN)を入力してください。