謎のプリンス/21~25章

Last-modified: 2022-05-02 (月) 12:47:36
 

21章

一寸たりとも『姿現わし』できない固さ

■日本語版 21章 p.213
「(略)ロナルド・ウィーズリー、我輩は君に、それ以上高度なものは何も期待しておらぬ。教室内で一寸たりとも『姿現わし』できない固さだ」

■UK版 p.431
‘(略)I would expect nothing more sophisticated from you, Ronald Weasley, the boy so solid he cannot Apparate half an inch across a room.'

■試訳

  1. 「(略)ロナルド・ウィーズリー、教室で1センチほどの空間移動もできない程ばかなおまえからはそれ以上高度な答えは期待できんだろうな」
  2. 「(略)私はきみから洗練されたものは何も期待しないだろう、ロナルド・ウィーズリー、教室内で半インチをアパレートすることもできぬほどのお出来の良い少年からはな」(皮肉)

■備考

  • 防衛術の授業でロンがスネイプにジョークで口答えしたのに言い返した場面。
  • その邦訳じゃスネイプが何を言いたいのかさっぱりわからないな。
  • 訳が失敗している原因のひとつはsolidを「固い」としたことだと思う。
    これはイギリス英語では「頭が鈍い、ばかな」という意味があるらしい。
  • ↑いくつか英英辞書をひいてみたけど単語自体にそういう意味はないようです。むしろ確かな品質とか良い感じの意味合い。たぶん言い方(皮肉)でそういう意味になっているのかなと。solid
  • イギリスが舞台だから一寸より半インチか一センチメートルの方が相応しいと思われる。


試験までに十七歳になるハーマイオニー

■日本語版 21章 p.216
そして次の週末、試験はあと二週間と迫まり、ロンは、試験までに十七歳になるハーマイオニーやほかの六年生たちと一緒に出かけた。

■UK版 p.433
And so the following weekend, Ron joined Hermione and the rest of the sixth-years who would turn seventeen in time to take the test in a fortnight.

■試訳
「そして次の週末、試験はあと二週間と迫まり、ロンは、ハーマイオニーや試験までに十七歳になる他の六年生たちと一緒に出かけた。」

■備考

  • これは厳密には誤訳ではないかもしれないが、ハーマイオニーは9月生まれなのでこの時点ではもう既に17歳である。
    この文だと「試験までにハーマイオニーの誕生日が来る」という解釈もできる。
    「ロンは、ハーマイオニーや試験までに十七歳になる他の六年生たちと」としては?
  • 登場人物の誕生日とか歳とか熱心なファンは大切な関心事なのに、訳者はそういうことを全然気をつけていないね。
    っていうか原文に忠実に訳せばいいだけなのに。


22章

何年も押し込められていたであろう記憶

■日本語版 22章 p.226
何年も押し込められていたであろう記憶

■UK版 p.439
the memory he had apparently suppressed for decades.

■試訳
何年も隠し続けてきたらしい記憶

■備考

  • ここは「何年も隠し続けてきたらしい記憶」とでもするのが適当ですよね。
    その方がスラグホーンが意図的に自分のやばい記憶をごまかそうとしていることが読者にもあらためて認識できます。
  • これだけじゃ決めつけられないけど、たぶん訳者はsuppress=押しつぶす、押し込める、押しつける…ってきめてるような気がします。
    ホント…こんな細かいところをほじくってたらキリがないとはいえ…


哀れな仏

■日本語版 22章 p.250
哀れな仏は、どこにいるのかね?

■UK版 p.452
where is the poor creature?

■備考

  • creatureは訳すの難しいとはいえ、仏とは恐れ入った。
  • スラグホーン先生を勝手に仏教徒にして大丈夫ですかね。


23章

分霊箱

■日本語版 23章 p.271
「ホークラックスとは、人がその魂の一部を隠すために用いられる物を指す言葉で、分霊箱のことを言う」

■UK版 p.464
‘A Horcrux is the word used for an object in which a person has concealed part of their soul.’

■試訳

  1. 「ホークラックスとは、人がその魂の一部を隠すために用いられる物を指す言葉だ」
  2. 「ホークラックスとは、人がその魂の一部を隠しておいた物に用いられる言葉だ」

■備考

  • なんなんだ、分霊箱って。最悪…。なんでわざわざ日本語にすんの?
  • しかも、ホークラックスはヴォルデモートの「魂」を分けて隠しておく物でしょう?
    ここで「霊」とするのは変だと思う。
  • 分霊は神社で神様を分社に分けるときの言葉だし、ホークラックスは箱とはいえないものばかり。
  • 神道の神様を本社から分社に分けることを分霊というんだよね。
    分かれた御霊を運ぶ分霊箱というのもあるらしい。(参考
  • ホークラックスは作者の造語。それなのに、日本語版では既存の宗教用語(分霊)を安易に訳語にしてしまった。
    これが問題点なんじゃないのかなぁ。
  • どうしても日本語にしたいなら「魂の器」、せめて「分魂箱」のほうが良かったのでは?
  • 「分霊箱」と付けるセンスも十分酷いが、途中から名称を変えるのが一番駄目。
  • 「分霊箱のことを言う」は訳者の勝手な付け加えだな。
    なぜそこまでしてこんな問題のある日本語にしたかったのか。
    あえて追記するとしても「分霊箱とも呼ばれる」だろう。


24章


25章

トランプ占い

■日本語版 下巻25章 p.341
「ダンブルドアが、トランプ占いの警告を無視なさるおつもりなのでしたら――」
先生は、ショールの下から仰々しくトランプを一枚取り出した。

■UK版 p.451(PB)
'If Dumbledore chooses to ignore the warnings the cards show...'
She pulled a card dramatically from underneath her shawls.

■試訳
「ダンブルドアが、タロットの警告を無視なさるおつもりなのでしたら」
先生は、ショールの下から仰々しくタロットカードを一枚取り出した

■備考

  • ここに出てくる「稲妻に打たれた塔」というのはタロットカードの図柄のひとつ。(参考
    よって、原文のcardは「トランプ」ではなく「タロットカード」のこと。


コメント欄

・情報提供、検証、議論、誤字脱字の指摘など様々な用途にお使いください。
・コメントの先頭にあるラジオボタンを選択すると、そのコメントにぶら下がる形で返信できます。
・スパムや荒らしコメントが投稿された際は、削除にご協力ください(「編集」から削除できます)。
・任意ですが、書き込みの際はできるだけお名前(HN)を入力してください。

  • 分霊箱って不評なのな。ホークラックスを分かりやすく表してる良い造語だと思ったんだけど。 -- 2020-10-18 (日) 22:56:08
    • 「分霊」という神道用語を当てはめたのが最大の原因だと思う。せめて「分魂箱」ならここまで言われなかったはず。 -- 2020-10-19 (月) 07:01:40
      • ハリポタの訳者はどこか言葉の使い方がずれている気がする -- 2021-11-07 (日) 09:57:22
    • 全然わかりにくい!子供の頃、分霊箱というのが各種ホークラックスたちのことをさしているとはなかなか気づけなかったよ。カップとかロケットとかは箱じゃないでしょ?クッキーの箱とか宝箱みたいなのを脳内で想像してたから全然わからなかった。大人なら文脈から自然に読み取れるんだろうけどちっさい子供には厳しかったわ。 -- 2020-10-24 (土) 00:21:49
    • そう思うなら、分霊を国語辞典で調べてみるといいぞ -- 2021-12-10 (金) 07:16:55
    • 2014年に中国が靖国神社を「分霊箱のようなもの」と非難した原因はこの誤訳の可能性がある(分霊は本来神道用語) -- 2022-05-02 (月) 12:47:36
  • タロットの件結構やばいと思う。日本では知られてなくても英米作品だとこういう占い用語は普通にファンタジー以外でも出てきたりするからそれを知らないのは…せめて有名な塔と運命の輪くらいは知ってないと -- 2022-04-04 (月) 17:46:10
    • せめてカードよな...トランプはありえんわ -- 2022-04-05 (火) 02:44:07