【訳・日本語】BBS/43 の変更点

* 第2章「それなりに全速力で~」 [#ccf8776d]

|RIGHT:70|LEFT:410|c
|~カテゴリ|1巻PS(賢者の石)|
|~投稿者||
|~優先順位|普通|
|~状態|#listbox3(疑問(訳),【訳】BBS,Status)|
|~投稿日|2021-03-23 (火) 15:37:50|
----
第1巻2章終盤の一文、気になるのは「それなりに全速力」の部分です。

和訳版
「ダドリーがドタドタと、それなりに全速力でやってきた。」
上製版/P45/L14

UK版
「Dadley came waddling towards them as fast as he could.」
20th記念版/P30/L1


「それなりに……」がそもそも曖昧な表現であるため断言はできないのですが、基本的に「平均~平均以上」のニュアンスを持つと考えられる表現に、「全速力」を組み合わせている点に日本語的な違和を感じました。
「それ」=「ダドリー」であるとすれば「彼なりに全速力で」となりますが、いくら彼のことを嫌っていても、この場面に限って「それ」呼ばわりするのも違和感がありますし。

これよりも前の時点でダドリーの運動嫌いが明言されているので、「(語り手視点ではそうでもないが、)彼としては全速力」という解釈も不可能ではないと思います。
しかし、「彼なりにできるだけ速く来た」ことが伝わりやすい訳し方があったのではないか、又は、無理に「できるだけ速く」ということを加えず、「素早く」や「足早に」といった表現で十分伝わったのではないか、と個人的には思うのですが、如何でしょうか…?
----
** コメント [#v0e7bbe6]
- 自分も「素早く」や「足早に」の方が自然だと思う。 -- [[op2chスレ主]] &new{2021-03-24 (水) 14:57:02};
- やはり微妙に不自然ですよね。「全速力」と「それなりの速さ」とでは受ける印象が異なりますし、なんとなくすっきりしない感じがします(個人的には「それなりの速さ」の場合、「ある程度の速さはあるけれど、全力ではない」という印象を受けます) 。投稿後に改めて考えましたが、原文のニュアンス的には、単に「ドタドタと、全速力でやってきた」とするか、「素早く~」「足早に~」とするのが自然かなと思いました。 -- [[投稿者です]] &new{2021-03-31 (水) 21:08:49};

#comment