アズカバンの囚人/13章 の変更点

|400|c
|#contents|
#br

**当たるところ敵なし [#ybc6b666]
>■日本語版 13章 p.331
&color(Blue){みんなが地上に降り立つと、ウッドは一言も文句のつけようがなかった。 ジョージ・ウィーズリーが、そんなことは前代未聞だと言った。};
&color(Blue){「明日は、当たるところ敵なしだ!」};&br;
■UK版 p.189
&color(Purple){and by the time they hit the ground again, Wood didn't have a single criticism to make, which, as George Weasley pointed out, was a first.};
&color(Purple){‘I can't see what's going to stop us tomorrow!’};
<

■試訳
&color(Maroon){皆が再び地上に降りたったとき、ウッドは一言も文句を言わなかった。};
&color(Maroon){こんなことは初めてだとジョージ・ウィーズリーが言った。};
&color(Maroon){「明日は向かうところ敵なしだぞ!」};


■備考
-文頭と文末がうまくつながってない感じ。こそあどの使い方もなんか妙。
-何故「当たるところ敵なし」?
-「一言も文句のつけようがなかった」という表現ももたついている。
-「前代未聞」というのも不祥事のときとかに良く使われる言葉でここにはふさわしくないように思う。 
RIGHT:[['''資料保管庫より'''>http://www.geocities.jp/tomo_38jp/1/mondai/1-goyaku/1-goyaku.htm]]





&br;
&br;
//Wiki編集者さんへ
//コメント欄の注意事項は precautionページ に記載し
//#include で表示させてあります
*コメント欄 [#i0e6983e]
#include(precaution,notitle)
#pcomment(,10,reply)