アズカバンの囚人/19章 の変更点

|400|c
|#contents|
#br


**待っていた [#r2ac6b11]
>■日本語版 19章 p.477
&color(Blue){「こいつがわたしを追ってくるとわかっていた!こいつがわたしを狙って戻ってくるとわかっていた! 十二年も、わたしはこのときを待っていた。」};&br;
■UK版 p.269-270
&color(Purple){‘I knew he'd come after me! I knew he'd be back for me! I've been waiting for this for twelve years!’};
<


■備考
-シリウスに追い詰められたピーターのセリフ。
-「このときを待っていた」としてしまうと、ピーターがシリウスを待ちわびていたように感じられる。
三行目を「12年間、ずっとこのときが来ると思っていた」などとしたほうが良い。
三行目を「十二年間、ずっとこのときが来ると思っていた」などとしたほうが良い。



&br;
**ヘコヘコ [#lab5436d]
>■日本語版 19章 p.480
&color(Blue){「(省略)わたしがいつ、自分より強く、力のある人たちにヘコヘコした?(省略)」};&br;
■UK版 p.271
&color(Purple){‘(省略)When did I ever sneak around people who were stronger and more powerful than myself?(省略)’};
<

■試訳
&color(Maroon){「俺が自分より強い奴や力のある奴らにすり寄ったことがあるか?」};


■備考
-追い詰められたピーターに「ヴォルデモートのスパイだったろう」といわれ
憤然と言い返すシリウスのセリフ。
-「ヘコヘコ」という表現がおかしくて真剣に怒っている感じがしない。
「すり寄る」「へつらう」「媚びる」など、この場合にふさわしいちゃんとした
日本語があるのに、このような奇妙な言い方にした理由がわからない。
また「力のある人たち」という言い方も丁寧すぎて怒っているセリフにふさわしくない。
-さらにセリフの全体になんとなく力が入ってない感じがするのは
When did I~を直訳しすぎてるせいもあるのではないだろうか。
シリウスが言いたいのは「俺は自分より強い奴らにへつらったことはない」とか
「俺は自分より強い奴らにへつらうような人間じゃない」ということ。
こんなときWhen did I~というのは英語ならではという感じもある。
そのまま日本語で 「わたしが(俺が)いつ~」と訳しても迫力が出ないので
試訳のようにした方がいいのではないか。



&br;
**『あの人』 [#a9b96421]
>■日本語版 19章 p.487-488
&color(Blue){「おまえはジェームズとリリーが死ぬ一年も前から、『あの人』に密通していた! おまえがスパイだった!」};&br;
■UK版 p.274
&color(Purple){‘YOU'D BEEN PASSING INFORMATION TO HIM FOR A YEAR BEFORE LILY AND JAMES DIED! YOU WERE HIS SPY!’};
(怒鳴っているから大文字)
<

■試訳
&color(Maroon){「お前はリリーとジェイムズが死ぬ一年も前からヴォルデモートに情報を流していた! お前は奴のスパイだった!」};


■備考
-クライマックス、叫びの屋敷でピーターの正体を暴いたシリウスがブチ切れる場面。 
-邦訳はHIM が「あいつ」でも「あの男」でもなく勝手に『あの人(You-Know-Who)』に変えられている。 
『あの人』という呼び方はヴォルデモートを恐れている証であり、それを登場当初から使っているかいないか ― それは原作者が提示した、キャラを理解する上での重要な鍵のひとつである(もちろんシリウスは『あの人』と言うようなへたれではない)。
翻訳者は「あいつ」などでは誰を指すか子供にはわかりにくいと思い、よく使われていた『あの人』にしたのかもしれないが、キャラクターを大切に思っている人間にとってはショックであり無神経ともとれる訳であった。
仮に『あの人』がYou-Know-Whoを表していなくても親友を殺され人生をめちゃくちゃにされた大の男が怒りの頂点で使う言葉としておかしい。
-また間違いではないが、「密通」は男女の秘め事としての意味合いのほうが一般的である。

RIGHT:[['''資料保管庫より'''>http://www.geocities.jp/tomo_38jp/1/mondai/1-goyaku/1-goyaku.htm]]


&br;
**ヘコヘコ2 [#jd7e15f8]
>■日本語版 19章 p.489
&color(Blue){「このヘコヘコしている碌でなしは、あのとき君も死んでいたら、それを平然と眺めていたはずだ。(省略)」};&br;
■UK版 p.275
&color(Purple){‘This cringing bit of filth would have seen you die, too, without turning a hair.(省略)’};
<

■試訳
&color(Maroon){「この薄汚い腰抜け野郎は、目の前でおまえが殺されたとしても平然としていただろう」};


■備考
-ピーターを殺すのを止めようとしたハリーに対するシリウスの言葉。
-ここでも「ヘコヘコ」という変な表現が場面の緊張感を台無しにしている。
またwould have seen you die とは「死ぬ(殺される)ところを眺めていただろう」
という意味だが、邦訳では「死んでいたら~眺めていたはずだ」となっているので
「死体を眺めていた」とも解釈できるため、わかりにくい文になっている。




&br;
&br;
//Wiki編集者さんへ
//コメント欄の注意事項は precautionページ に記載し
//#include で表示させてあります
*コメント欄 [#ef17b469]
#include(precaution,notitle)
#pcomment(,10,reply)