コメント/話題の問題点 の変更点

[[話題の問題点]]

-日本語訳の訳文が変で、ハリポタの素晴らしさに気付けなかった者です。 -- [[元ハリポタ嫌い]] &new{2016-02-13 (土) 18:50:50};
-文庫版231ページのべラトリックスの台詞が不自然です。「こやつは不敵にも――よくも――」 不敵の使い方がよく見ないもので……原文ではdareが使用されています。「こやつ生意気に――よくも――」のほうが -- [[元ハリポタ嫌い]] &new{2016-02-13 (土) 19:00:03};
-自然かなと。 -- [[元ハリポタ嫌い]] &new{2016-02-13 (土) 19:00:48};
-某所で呪いの子のリリー・ペチュニアの姉・妹が間違っていると見たので確認しました。第3幕・第12場 p.271 「妹の墓」(もちろんリリーの墓のこと) これが修正されてしまうのかどうか気になりますね。 -- [[ヘキサ]] &new{2018-12-03 (月) 19:38:54};
-「僕を見てくれ……」好きなんだけどな。もんだいあるのか --  &new{2019-05-16 (木) 00:55:50};
-いや、その気持ちを否定する権利は誰にも無いと思う。もともとこのwikiが重箱の極みだし。 --  &new{2020-01-04 (土) 22:22:46};
-古い言葉や擬音語擬声語擬態語がやたら多いのも気になる --  &new{2020-03-02 (月) 21:07:12};
--雰囲気にそぐわない表現や幼稚な表現は避けてほしいよな --  &new{2020-04-03 (金) 19:48:08};
--翻訳権を握ってるのが腹立つ。選べるようにして欲しい。結局は金が目的なんだな --  &new{2021-01-31 (日) 23:25:35};
-別に重箱だとは思わないけどなぁ。翻訳するにあたって原作者の意図を正確に伝えるのは一番大事な所だろ --  &new{2020-03-05 (木) 17:15:06};
-指摘を重箱の隅と思うかなるほど勉強になると思うかどうかは、受け取る側のリテラシーの問題だと思います。別にお互い歩み寄る必要もないし。 --  &new{2020-03-10 (火) 19:06:50};
-何巻か忘れたけど洗い込まれたテーブルっていう表現がよく意味わかんなくて、この人の訳もしかして変なんじゃないかなと思うようになった。そして読むのをやめてしまった。 --  &new{2020-04-24 (金) 00:32:00};
--アズカバンの囚人の6章? --  &new{2020-04-24 (金) 07:15:34};
-献辞も最終巻以外翻訳してない気が --  &new{2020-06-13 (土) 21:59:08};
--新装版を少しだけ立ち読みしてきたが、6巻までの謝辞と7巻のエピグラフは新装版だとさすがに訳されてた。 --  &new{2020-11-30 (月) 13:55:13};
-意図が伝わるなら、同じイメージが出来るなら、別にそれで良いのでは? --  &new{2020-12-05 (土) 01:39:22};
--読みにくいとそこで躓くんですが… --  &new{2020-12-06 (日) 11:34:55};
-英文和訳の問題ならそれでいいですけど、これは一応文学作品なので…… --  &new{2020-12-05 (土) 16:00:28};
-きちんと訳せる人の文を読んでみたい。日本語訳の語感悪すぎて原書に手を出したけどやっぱり日本語でも読んでみたい。 --  &new{2021-04-17 (土) 11:29:19};
-もっとシャーロック・ホームズみたいにいろんな人が翻訳できるようになって欲しいですね --  &new{2021-04-30 (金) 09:05:11};
--それはかなり先の話ですね^^; --  &new{2021-04-30 (金) 18:27:23};
--日欧EPAなどで保護期間が(没後)70年になったのがネック --  &new{2021-11-05 (金) 14:37:00};
-お辞儀をするのだポッターは子供ながらに「?」なんか変だなぁと思った記憶がある --  &new{2021-06-19 (土) 18:18:23};
-シリウスの名付け親翻訳は正解なんだよな --  &new{2021-09-01 (水) 01:22:18};
--シリウスがハリーに名前をつけたって原作で明言されてましたっけ? 洗礼親なのは作者が明言してますが、洗礼親が洗礼名をつけるとは限らないので、日本の教会での洗礼親の正式な訳は名付け親ではなく「代父母」です。そもそも、仮にシリウスがハリーの名前をつけたのだとしても、「名付け親」ではシリウスが保護者として振る舞う意味がわかりません。「後見人」のほうが訳語としては適切だと思います。 --  &new{2021-09-01 (水) 18:44:28};
-スネイプの「僕を見てくれ」だけど、これ「しかし邦訳は一人称を「僕」にすることで~」なんて言い出したら、一人称が複数ある日本語に訳すっていう時点で詰んでないか?「吾輩」とかのままだったら、朦朧としてリリーに対して言った可能性を潰すことになる。翻訳を読んでるんだからこれは仕方がない。 --  &new{2021-10-04 (月) 12:32:18};
--「朦朧としてリリーに対して言った可能性」が原文からは読み取れないって主張だと思います。 --  &new{2021-10-04 (月) 13:53:48};
---スネイプはずっとリリーを想い続けていたこと(それこそ守護霊が雌鹿に変わるほど)、そのシーンでダンブルドアに「ハリーに同情し始めたのか?」と問われ、それを否定する文脈で守護霊を見せていること、ハリーとリリーの目の共通点はこれまでもあちこちで触れられていたこと、を前提として、あの場でリリーに向けた言葉の可能性が原文からは読み取れないという主張は、いくらなんでも無理があると思います --  &new{2021-10-21 (木) 14:36:48};
---蛇に噛まれ瀕死の重傷にありながら、ハリーに記憶を渡すという任務を完遂したスネイプは、意識がもうろうとはしていても、決して錯乱していなかったはずです。 --  &new{2021-10-21 (木) 17:38:36};
---(続き)そのうえで、容姿は父親そっくりだと何度も言及され、唯一目だけが母親似といわれている18歳の男をいくらなんでも女性を勘違いするとは思えません。 --  &new{2021-10-21 (木) 17:40:41};
---不定期に沸き起こる「邦訳読者しか陥らない錯乱」がまたきたね。遭遇するのはこれで4回目くらいだ。果てしなく不毛。あのシーンは「スネイプが最後にリリーと同じ目を見たくてハリーを振り向かせた」それ以上でもそれ以下でもないよ。夢を見るのは勝手だが二次創作でやってくれ。 --  &new{2021-10-22 (金) 02:43:11};
---しつこいようだが日本語で松岡訳を読んだ中の、ごく一部の人間しかこんな勘違いはしないし、日本語でも他の訳者なら「僕を…」なんてやらかさなかったから、こんな不毛なやり取りは生じていなかったよ。ここは解釈がわかれるようなそんな難しいシーンじゃないよ… --  &new{2021-10-22 (金) 02:45:44};
--「こっちを見てくれ」くらいならどちらにも取れたのでは? --  &new{2021-10-21 (木) 19:01:57};
---どちらにも取る必要ないんだってば。解釈がわかれてるのは世界中で日本人の一部の人だけ。おかしな解釈をした人が悪いのではなくて、訳者の間違った思い込みか脚色かわからんが本来ありえるはずのない訳になってしまったのが悪いんだ。日本語版オリジナルなんだよ、この箇所の訳は。原作に対する侮辱や冒涜だろう。 --  &new{2021-10-30 (土) 13:05:11};
-言葉は古くなってしまうからいまどきの言葉を使わないが、同時に自分の時代の言葉は使うそうだ。これから古くなるかもしれない言葉は使わないが、すでに古くなった言葉は使うって、矛盾していると思う。驚き桃の木なんて言ってる人見たことないよ。 --  &new{2021-11-26 (金) 23:18:52};
--俺も同じ事思った、廃れた言葉を使われても普通の読者にとっては理解し辛いだけ --  &new{2021-11-29 (月) 16:32:07};
-あー、一方が生きている限り、両方は生きられないって言ってたのか。こ -- [[ふぁん]] &new{2021-11-29 (月) 17:40:21};