秘密の部屋 の変更点

TITLE:秘密の部屋 ‘Harry Potter and the Chamber of Secrets’

|400|c
|#contents|

&br;
*2巻における代表的な誤訳 [#m89e8d49]

**ズームアウト [#l82cfec1]

>■日本語版 11章 p.303
&color(Blue){ピーブズはハリーに向かってベーッと舌を出し、スーッと後ろに引っ込むように、ズームアウトして消えてしまった。};&br;
■UK版 p.152
(前略)&color(Purple){and Peeves zoomed away backwards, with his tongue out at Harry.};
<

■試訳
&color(Maroon){ピーブズはハリーに向かって舌をつき出し、後ろ向きにひゅーっと飛んでいってしまった。};&br;

■備考
-キャラクターの特殊な動きをまったく理解せずに適当に処理した例。日本語としても滅茶苦茶。
-最後まで間違いを認めず変な訳を貫いたため、最終巻の感動場面まで悪い影響を及ぼした。
-マクゴナガル教授に一喝されたポルターガイストのピーブズがおどけながら逃げていくところ。
-原文の"zoom away" は「音を立てて飛んでいく」「猛スピードで去っていく」ことなのだが、邦訳は不思議な表現になっている。
-邦訳の中で使われている「ズームアウト」とは、カメラのズームレンズで縮小撮影すること。車窓の景色などフレームの中にあるもの、もしくは視界全体が遠ざかるなどして次第に小さくなるとき「ズームアウトしていく」と表現することがある。しかし通常、人やものが去っていくときは使わない。
-邦訳のスーッと後ろに引っ込むように~というのは、その場で小さくなって消えたというつもりだろうか? 
-邦訳の「スーッと後ろに引っ込むように~」というのは、その場で小さくなって消えたというつもりだろうか? 
-backward は「後ろに」「後ろ向きに」という意味だが、引っ込むに相当する英語はここにはない。

-なお、ピーブズが "zoom away" するシーンは3巻以降も何度かでてくるが、どれも「ズームアウトして消えた」「ズームして消えた」のような訳になっている。
-最終巻ではいつもすっ飛んで逃げているピーブズが飛んできてハリーたちを助けるという胸熱シーンがあるが、邦訳では"zoom away"の訳がいつも間違っていたため感激が半減した。
-最後まで間違いを認めず変な訳を貫いたため、最終巻の感動場面まで悪い影響を及ぼした。

//-最終巻ではいつもすっ飛んで逃げているピーブズが飛んできてハリーたちを助けるという胸熱シーンがあるが、邦訳では"zoom away"の訳がいつも間違っていたため感激が半減した。
//「最後まで間違いを認めず変な訳を貫いたため、最終巻の感動場面まで悪い影響を及ぼした。」と内容がダブっているためCO

&attachref(./test150150.jpg);      &attachref(./test180180.jpg);      &attachref(./test200200.jpg);
&br;
//画像ファイル3つはテスト投稿ですので削除しないようお願いいたします!-nevi(2015-08-27)

&br;
*章ごとのまとめ [#p705076e]
-[[1~4章>秘密の部屋/1~4章]]
-[[5~8章>秘密の部屋/5~8章]]
-[[9~12章>秘密の部屋/9~12章]]
-[[13~16章>秘密の部屋/13~16章]]
-[[17~18章>秘密の部屋/17~18章]]

&br;
*訳BBS [#hb404003]

&br;&br;
//Wiki編集者さんへ
//コメント欄の注意事項は precautionページ に記載し
//#include で表示させてあります

*コメント欄 [#n11831f2]
#include(precaution,notitle)
#pcomment(,10,reply)