おすすめキャラ(恒常召喚)

Last-modified: 2019-09-13 (金) 17:12:35

恒常の転光召喚で排出されるキャラクターの一部をいくつかの項目にわけて紹介。
転光石を消費するすべてのガチャで排出される可能性のあるキャラ。
常設されている「転光召喚」で排出されますが、特定のキャラを一点狙いするのはやや困難です。
どうしても欲しい場合は、該当キャラがピックアップされた期間限定召喚まで辛抱するか、リセマラで粘りましょう。
「なんとなくガチャを回したら出たんだけど、このキャラは強い?」という場合の参考にもどうぞ。
 

(初心者向け)使えるレベルまでの育成が比較的ラクで早くから活用できる
(育成必須)育成のハードルが高めだが最後まで育て上げると非常に強力
 

期間限定の転光召喚で排出されるキャラクターはこちら
戦友召喚で入手できるキャラクターやイベント配布こちら


☆3でも優秀なキャラ Edit

比較的入手しやすい☆3の中でも、とくに性能のいいキャラ。
場合によってはゴールドサロモンくんチケットでの交換を視野に入れてもいいほど。

 

序盤から活躍させやすいキャラ

高レアより敢えて☆3を使うことも多いキャラ

ヒーラーとして有用なキャラ Edit

最初からHP回復スキルを持っているキャラ (初心者向け) Edit

育成がままならないゲーム序盤(メインクエスト4章ごろまで)ではHP回復スキル持ちのキャラがいると安心して戦える
最悪フレンドのサポートキャラでもよいので必ずしもリセマラして取る必要性は薄い。

以下では最初からHP回復スキルを持っているキャラを紹介する。

  • 祝福は4ターン持続、HPを300~600回復
  • 再生は4ターン持続、HPを400~800回復
  • 聖油は2ターン持続、HPを150~300回復+被ダメージを減少
    それぞれスキル強化によって効果up
     

なお、この項目では基本的に☆5☆4のみを乗せているが、☆3でも回復スキルを使える
☆3と性能が大して変わらない場合もあり、こちらや、各キャラ個別ページを確認の上、運用を考えてみよう。

 

最初から回復スキルをもつ中で、特に使いやすいおすすめキャラ

☆5  
☆3とは武器タイプ/属性/一部スキルなど仕様が異なる

ded_5_ico2.jpg
ジェド
 移動させる頻度は高い 
移動後、上下左右4マスに祝福を与える
(スキルLv1で成功確率40%)
射撃タイプで扱いやすく、自身を回復するスキルも覚えるので場持ちがいい
チャージスキルの魅了も強力。回復だけが目的なら☆3でも良い。

☆4  
☆3とは武器タイプ/属性/一部スキルなど仕様が異なる

ziraiya4s.jpg
ジライヤ
 移動させる頻度は高い 
移動後、上下左右4マスに祝福を与える。
(スキルLv1で成功確率40%)
攻撃力を増加させるスキルも覚える器用なキャラ。
☆4は射撃タイプで長く使っていきやすい。

☆4  
☆3と仕様がほぼ同じ

xolotl_4_ico.jpg
ショロトル
 移動させる頻度は高い 
移動後、左右隣の計2マスに再生を与える。
(スキルLv1で成功確率45%)
射撃タイプでHPが高め。
防御に長けたスキルを覚える。
CSになると攻撃範囲が打撃となるのは少し変わった特徴。

☆4  /☆3  
☆3の使用頻度がそれなりに高いため併記

arslan_4_ico.jpg
arslan_3_ico.jpg

アルスラーン
 移動させる頻度は高い 
移動後、自身と左右の計3マスに聖油を与える。
(スキルLv1で成功確率40%)
打撃タイプのため攻撃範囲は狭いがダメージを出せる。
それ以上に聖油が強力
周囲の攻撃力を増加させるスキルも覚え、万能なサポート能力を持つ
特にコストパフォーマンスの良い☆3は低レアリティながら極めて高い使用率を誇る。
 
最初からHP回復をもっている上記以外のキャラ
 

限界突破用アイテムを集める手間はかかるが、スキル[2]~[4]に回復スキルを備えるキャラも複数登場している。
 

アタッカーとして有用なキャラ Edit

扱いやすい突撃・射撃アタッカー (初心者向け) Edit

他のタイプとくらべると、突撃タイプ・射撃タイプのキャラクターは、戦闘中の配置や移動に融通がきくので使いやすい
打撃タイプ・斬撃タイプは前列に配置しないと攻撃できず、魔法タイプは単体への火力が低く決定力に欠ける。
候補となるキャラは多数存在するが、ここでは特に名前のあがることが多いキャラを紹介する。

 

☆5  

harlot_5_ico3.jpg
ハーロット
 移動させる必要がほとんどない 
特攻でダメージを増加させる事が主だが、元のAtkの高さがあり攻撃力は高い。
育て上げれば祝福撒き、呪い撒き、クリティカル+による先制殲滅と大いに活躍してくれる。
移動不要なマルチプルなアタッカー
育てあげると高速周回用アタッカーとしての役割を果たせる。

☆4  

syuten4s.jpg
シュテン
 移動させる頻度は高い 
攻撃力を増加させるスキルを複数覚え、味方の火力まで上げられる殲滅力に長けたアタッカー
反面、防御系のスキルはチャージスキルによる呪いしか持たないので他のキャラでフォローする必要があるかもしれない。
motosumi4s.jpg
モトスミ
 移動させる必要がほとんどない 
自身の攻撃力を増加させつつ周囲にCP・HP回復・防御型バフを撒く万能型アタッカー
強力ながら移動させる必要が全く無いスキル構成は便利の一言。
二回限界突破するまではパッとしない点に注意。
bathin_4_ico.jpg
バティム
 移動させる頻度は高い 
敵の攻撃力を下げる呪いスキルのおかげで前衛適正が高く、クリティカル次第で高い殲滅力も持つ
フェーズ開始時に微量ではあるが自分も含めた隣接マス内の回復もできてしまう器用なキャラ。
スキル[4]のクセが非常に強いので、長く使うキャラが欲しいならその点にのみ注意。
thunderbird_4_ico.jpg
サンダーバード
 移動させる必要がほとんどない 
自己集中を要として、縦に並ぶ仲間にも付与出来るクリティカルで切り込むアタッカー。
回避貫通で厄介な回避に対応できるのも強み。自身も回避を持つので多段攻撃からも生き延びやすい。
横移動増加による整地や、高めのCP効率からの弱体反射CSなど、いろいろできる器用なキャラ。

☆4  /☆3  

ibaraki_4_ico.jpg
ibaraki_3_ico.jpg

イバラキ
 移動させる頻度は高い 
シュテンと同じく攻撃力を増加させるスキルを複数覚えるので殲滅力がとても高い
チャージスキルでHPを回復でき、スキルで根性魅了を持っているので防御面でもスキが無い自己完結型アタッカー

☆3  

tetsugyu_3_ico.jpg
テツギュウ
 移動させる必要がほとんどない 
高確率の自己闘志と、運試しのクリティカル++で暴れるアタッカー。
攻撃の要であるスキルが[1][2]であるためスキルLvは欲しいが序盤から活躍させやすい。また、束縛無効烙印無効とメインストーリーで受けやすい難デバフに耐性があるのも強み。
防御は他に頼るしかなくHPも低めではある。
ただし育て切ると撃たれ弱さを逆利用した強力な固有スキルを習得する。

 

非常に強力なアタッカー (育成必須) Edit

☆5  

macan_5_ico2.jpg
マガン
 運用方法で変わる 
割と希少な木属性アタッカーの筆頭
育てあげると頑強根性剛力闘志と揃い、攻守共に強いバランス型へと至る
ただし、周囲へのサポート力は乏しく、強さはほぼ個人で収まっているもの。それでもコストにみあった強みを持つキャラ。池袋バーサーカーズNo.1ランカーの名に恥じない活躍をしてくれるだろう。

 

高速周回に役立つアタッカー (育成必須) Edit

条件はあるものの、エネミーを一撃で葬るほどの火力が出せ、クエストを高速周回するのに大いに役立つキャラクター。

☆4  

garm_4_ico.jpg
ガルム
 移動させる必要がほとんどない 
最後に会得する「スキル」により、各フェーズの初撃を確実に超強化させ、敵を貫き滅ぼすキャラ。
この特性により、曜日クエスト等の周回前提の戦闘にて活躍が期待できる。
ただし2ターン目以降の火力はそれほど高くなく、1フェーズ1ターン突破が推奨される。

☆3  

takemaru_3_ico.jpg
タケマル
 移動させる必要がほとんどない 
育て上げると100%の確率で自身に暴走&集中を付与できる。魔属性であるため相手の属性をほぼ考える必要がない。
モブエネミーを倒すのに十分な火力を広範囲に与えることが可能。
ただし耐久力が非常に低く、打ち漏らしに弱い。倒し損ねてしまうと一撃で自分が退場させられることも少なくない。

 

強化付与スキルに長けたキャラ (初心者向け) Edit

回復と同じく居ると戦闘が楽になるキャラクター。
他者に攻撃・防御バフを付与出来るキャラは、スキル[4]まで含めると数多く存在するが、始めたばかりでまだ育て切れないという人には遠いもの。
ここではスキル[3]までに攻撃・防御バフを撒ける、話題として上がっていたキャラを紹介する。

  • 闘志は3ターン持続、与ダメージ増加x1.2~x2.4
  • 熱情は2ターン持続、与ダメージ増加x1.2~x2.4 +CP増
  • 聖油は2ターン持続、被ダメージ減少x0.85~x0.425 +回復
  • クリティカルは1ターンのみ、与ダメージ増加x2~x4
    スキル強化によって効果up
     

☆5  

gyumao_5_ico.jpg
ギュウマオウ
 移動させる頻度は高い 
移動後、周囲のマスに熱情を与える
(スキルLv1で成功確率40%)
闘志と比べ持続ターンの関係で移動は多くなるものの、広範囲にかなりの確率で攻撃バフを撒ける。
また、CSの全域恐怖も強力。バフデバフ双方で力を発揮するキャラ。

☆4  

thunderbird_4_ico.jpg
サンダーバード
 移動させる必要がほとんどない 
回転率がよい魔法範囲のCSで弱体反射を高頻度かつ確実に自陣に散布するデバフ対策のエキスパート。
自己集中を要として、縦に並ぶ仲間にも付与出来るクリティカルで切り込むアタッカーとしても単純に強力。
回避貫通で厄介な回避に対応できるのも強み。横移動増加による整地が可能で、自身も回避''を持つので多段攻撃からも生き延びやすい器用なキャラ。

☆4  /☆3  

arslan_4_ico.jpg
arslan_3_ico.jpg

アルスラーン
 移動させる頻度は高い 
移動後、自身と左右の計3マスに聖油を与える。(最初からHP回復スキルを持っているキャラを参照)

HP回復+被ダメ軽減が強力だが、攻撃バフも強力である
移動後、隣接マスに闘志を与えることもできる。
(スキルLv1で成功確率35%)
移動が必須ではあるものの、わりと高確率で二つのバフを撒ける事は他には無い強み。迷ったら一番に薦められる程度には役割を果たしてくれるキャラ。
nobuharu_4_ico.jpg
nobuharu.jpg

ノブハル
 運用方法で変わる 
フェーズ開始時、前方3マスに闘志を与える。
(スキルLv1で成功確率35%)
闘志の付与のみではあるが、スキル[3]以下では希少な非移動での攻撃バフ撒きキャラ。発動条件から工夫は必要になるが、移動リソースを他に回せるという強みはある。
また、育てきればもう1つ攻撃バフを追加で撒けるようになるという、生粋のバフキャラである。

☆3  

kuroudo.jpg
クロード
 運用方法で変わる 
移動後、隣接マスに闘志を与える。
(スキルLv1で成功確率35%)
ゲーム黎明期での闘志撒き第一人者。
アルスラーンよりも早い段階で「王たる者」を習得でき、ささやかではあるが後衛からも攻撃出来た事から、第三限界突破が解禁され、他に有力な闘志撒きスキルを持つ対抗馬が現れるまでは独壇場だった。
なお、スキル[4]は味方だけでなく敵も強化するため扱いにくく、第三限界突破は行わない方が無難である

 

育てきる事で真価を発揮するキャラ (育成必須) Edit

好みを度外視してでも育て切っておけば、大いに恩恵を得られるキャラ達。
物によってはフレンドから借りてもよいので、必ずしもリセマラして取る必要性は薄いが、万一引き当てたのであればいずれ役に立つときがくる。

 

☆5  

snow_5_ico2.jpg
スノウ
 ほぼ毎ターン移動させる必要がある 
限界突破を3回終えるまでの性能はイマイチだが、最終的に最高クラスの耐久性能を発揮するようになる
また自身だけでなく周囲の耐久強化が有用で、自移動は必須であるものの、パーティー全体の生存能力を一人で著しく高めることが可能。
チャージスキルは厄介な防御系バフを剥がしてダメージを与えることが可能で、何かと便利。
ahab_5_ico2.jpg
エイハブ
 移動させる必要がほとんどない 
こちらは自移動がほぼ必要ない固定砲台。バッファー兼アタッカー
限界突破を3回終えるまでの性能はイマイチだが、育てきると味方の火力が激増する
仕様上フレンドから借りると強さが落ちるため自分で持っておく意味は大きい。
チャージスキルの付与効果の「束縛」も強力の一言。やや脆いがアルスラーンとの相性が今一つな点には注意。
aizen_5_ico2.jpg
アイゼン
 ほぼ毎ターン移動させる必要がある 
自身の攻撃力を上げるスキルを習得する。
育成を進めれば、相手のスキルを封じるスキル、味方の防御力を上げるスキルを習得する。
育て上げれば、さらに味方の防御力を上げ、HP回復CP増加させるスキルを覚える。
パーティー全体の生存能力を一人で著しく高めるが、スノウよりは、ややアイゼンのほうが攻撃的である。
surtr_5_ico.jpg
スルト
 ほぼ毎ターン移動させる必要がある 
育成を進めるに連れ防御強化回避強化無効火傷など様々なバフ、デバフスキルを習得する。
育て上げれば、更に自身と味方に守護HP回復CPを増加させるスキルを覚える。
アイゼンやスノウと同様パーティー全体の生存能力を一人で著しく高めるが、低確率ながらも暴走が付与される可能性もあり、魔属性特有の耐久性の低さも相俟ってヒーラーとしての本人の耐久力は非常にリスキーとなる場合があることには注意しよう。
duo_5_ico2.jpg
デュオ
 移動させる必要がほとんどない 
自移動を一切必要とせず、集中付与による火力支援、回避付与によるパーティの安全の確保、
回転率のいいCSによる弱体解除とマルチプルなサポートが可能。
なにより、閃き集中の同時付与による味方のスキル発動率の大きな底上げが固有の強みと言える。
限界突破を3回終えたうえで、スキル進化まで行わなければ強みを発揮できない点と、
閃き集中共に持続が短いため、編成順を前にしなければ仕事が出来ない点に注意。
上記の仕様上フレンドから借りると強さが落ちる

☆5  /☆3  
レア度で一部仕様が異なる

kotaro_5_ico2.jpg
kotarou.jpg

コタロウ
 移動させる必要がほとんどない 
☆5はフェーズ開始時に、隣接する自分は含まない味方の攻撃力を確実に5ターン増強でき、☆3は逆に自分のみ攻撃力を確実に5ターン増強できる。
それぞれ強みを持つアタッカー
クリティカルを出せる為自身も固定砲台として優秀なほか、集中攻撃を受けてもやや落とされにくい。
チャージスキルが強いとは言い難いのが玉に瑕。

☆4  /☆3  
☆3でもほぼ同じ運用が可能

gouryou_4_ico.jpg
gouryou_3_ico.jpg

ゴウリョウ
 移動させる必要がほとんどない 
スノウと同じく最終的に耐久性能を発揮するキャラ
違いは☆3でも同じく活躍出来るということ。そして、移動が必要なくただ居るだけでいいという点。攻撃には向かず長期戦はやや不利だが、生存力を高める能力は充分評価できるもの。
touji_4_ico.jpg
touji.jpg

トウジ
 移動させる必要がほとんどない 
限界突破を2回以上終えるまでは微妙な性能だが、スキル[3]と[4]が非常に強力。
[3]で防御強化をバラまける。確率は高くないものの、移動を必要としない点、一度発動すると4ターンも継続する点が優秀。
[4]で攻撃後に二重封印を高確率で付与できる。敵のスキルが厄介な高難易度でも輝ける。
☆3版がメインクエストで入手可能だが、HPの多い☆4を使うほうが安全。
seth_4_ico.jpg
seth_3_ico.jpg

セト
 移動させる必要がほとんどない 
基本スキルからCSまで耐久に特化した性能、特にスキル[4]が非常に強力。
ダメージをを与えてきた相手にスキル封印をほぼ確定で付与できる。また味方に守護も付与でき、高難易度でも輝ける。
確率はそう高くはないが、呪いを撒けるのも嬉しい所。
☆3でもほぼ同じ運用が可能だが、☆4の方がステータスも高く、守護の効果が自身にも及ぶため、耐久力がより高くなる。

 

コイン周回にほぼ必須なキャラ (育成必須) Edit

キャラの育成にあたって非常に多くのコインが必要。そんなコインの獲得量を増加せるスキルを習得する。
現時点で代用が効かず、放サモをある程度やりこむならほぼ必須

andvari_4_ico.jpg
IMG_2392.JPG

アンドヴァリ
 運用方法で変わる 
(1)戦力として用いる場合
移動後に自身に再生を付与しHPを回復できるだけでなく、クリティカルで攻撃力を上げられるため、移動させる頻度は高くなる。
呪いで相手の攻撃力も下げることができ、戦闘能力もそこまで悪くない。
(2)コイン獲得
最後に会得する「スキル」の効果により入手コインの量が増える(一体につき5%増加。重複可能)。
コインのみが目的の場合は移動させなくていい、それどころか控えメンバーでも構わない。
限界突破やスキルLvなど育成に大量のコインが必要となるため、☆3でもいいので一体は育てておくといいだろう。

 

万人向けではないが強いキャラ Edit

上記までに登場したキャラほどではないが使えるというキャラを、実際に戦闘で使用した人がピックアップ。
 
自由研究の範疇なので構築の参考程度に

 

☆5  

クリックで展開

 
☆4  

クリックで展開

 
☆3  

クリックで展開

 

さいごに Edit

繰り返すが
基本的に見た目で選んでOK

 

[ よくある質問 ]へ戻る

[ おすすめキャラ(期間限定召喚) ]へ
[ おすすめキャラ(イベント配布など) ]へ



コメント Edit

このキャラを載せるべき、不要の提案等、自由に書き込んで下さい。
質問は質問掲示板で、雑談は雑談掲示板でお願いします。