オトヒメ の変更点

//[[キャラクエスト]]の詳細は''[[こちら>キャラクエスト/キャラ名]]'' ←キャラクエストが追加された場合はこれを追加してください。
//[[デートクエスト]]の詳細は''[[こちら>デートクエスト/キャラ名]]'' ←恋愛クエストが追加された場合はこれを追加してください。
//----
#fold(目次){{
#contents
}}

// ページ作成時に&とpageの間の/を消して下さい。(更新時にページ名に置換される為)
TITLE:オトヒメ

*通常バージョン [#version1]

//*通常バージョン &color(blue){(イベント配布)}; [#version1]
//#fold(復刻履歴){{
//|イベント名(初)|20xx/xx|
//}}
//↑イベント配布のとき

//
**イラスト [#illustration]
[[☆3>☆3#water]]
&attachref(./Otohime-S3-1.jpg,nolink,zoom,500x500);
#fold(別スキン){{
&attachref(./Otohime-S3-2.jpg,nolink,zoom,500x500);
//&attachref(,nolink,zoom,500x500);
}}
[[☆4>☆4#water]]
&attachref(./Otohime-S4-1.jpg,nolink,zoom,500x500);
#fold(別スキン){{
&attachref(./Otohime-S4-2.jpg,nolink,zoom,500x500);
//&attachref(,nolink,zoom,500x500);
}}

//
**ステータス [#status]
|CENTER:|LEFT:|LEFT:|c
|~名前|>|CENTER:~オトヒメ|h
|二つ名|【竜宮城の舞姫】|【仕舞いの人造天女】|
|レア度|[[☆3>☆3#water]]|[[☆4>☆4#water]]|
|コスト|8|16|
|HP|465 (LV1)&br;3662 (LV30)&br;4765 (LV40)&br;5868 (LV50)&br;6970 (LV60)|370 (LV1)&br;3461 (LV35)&br;4370 (LV45)&br;5280 (LV55)&br;6189 (LV65)|
|Atk|135 (LV1)&br;1495 (LV30)&br;1964 (LV40)&br;2432 (LV50)&br;2901 (LV60)|830 (LV1)&br;3047 (LV35)&br;3699 (LV45)&br;4351 (LV55)&br;5003 (LV65)|
//Lv種により延長された箇所には『☆3の場合:&color(Red){? (LV70)};』『☆4の場合:&color(Red){? (LV75)};』と追加して下さい
|属性|水|水|
|武器|射撃|狙撃|
|攻撃範囲|&color(black,black){■■};&color(Red,black){■};&color(black,black){■■};&br;&color(black,black){■■};&color(Red,black){■};&color(black,black){■■};&br;&color(black,black){■■};&color(Red,black){■};&color(black,black){■■};&br;&color(black,black){■■};&color(yellow,black){■};&color(black,black){■■};&br;&color(black,black){■■■■■};|&color(black,black){■■};&color(Red,black){■};&color(black,black){■■};&br;&color(black,black){■■};&color(Red,black){■};&color(black,black){■■};&br;&color(black,black){■■};&color(Red,black){■};&color(black,black){■■};&br;&color(black,black){■■};&color(Red,black){■};&color(black,black){■■};&br;&color(black,black){■■};&color(Red,black){■};&color(black,black){■■};&br;&color(black,black){■■};&color(yellow,black){■};&color(black,black){■■};|
|基本スキル[1]|[[精細なる機人]]:&br;[フェーズ開始時]&br; 自身に攻撃強化付与/50%&br;[攻撃時]&br; 自身にクリティカル付与/35%&br;[ダメージ後]&br; 自身に武器種変更:無付与/100%|[[精彩なる貴人]]:&br;[フェーズ開始時]&br; 自身に攻撃強化付与/50%&br;[攻撃時]&br; 自身にクリティカル+付与/45%&br;[ダメージ後]&br; 自身に武器種変更:無付与/100%|
|基本スキル[2]|>|[[感情管理AI]]:&br;[状態異常時]&br; 自身に激怒無効/50%&br; 自身に激怒+無効/50%&br; 自身に魅了無効/50%&br; 自身に恐怖無効/50%|
|基本スキル[3]|>|[[マシンボディ]]:&br;[ダメージ時]&br; 自身に頑強付与/30%|
|基本スキル[4]|>|[[歳月を仕舞う者]]:&br;[攻撃時]&br; 敵に二重封印付与/25%&br;[対ダメージ]&br; 敵に魅了付与/25%&br;|
|チャージスキル|&ruby(プロトコル・タマテバコ){禁箱之寵};:&br; 敵に自属性・狙撃ダメージ&br;+自身にクリティカル+付与&br;+敵に二重封印付与|&ruby(プロトコル・タマテバコ){禁箱之寵};:&br; 敵に自属性・狙撃ダメージ&br;+自身にクリティカル++付与&br;+敵に二重封印付与|
|チャージスキル範囲|>|&color(black,black){■■};&color(Red,black){■};&color(black,black){■■};&br;&color(black,black){■■};&color(Red,black){■};&color(black,black){■■};&br;&color(black,black){■■};&color(Red,black){■};&color(black,black){■■};&br;&color(black,black){■■};&color(Red,black){■};&color(black,black){■■};&br;&color(black,black){■■};&color(Red,black){■};&color(black,black){■■};&br;&color(black,black){■■};&color(yellow,black){■};&color(black,black){■■};|
|イラスト|>|[[牛頭夫>絵師一覧#Gozuo]]|
|ボイス|>|[[大久保瑠美>声優一覧#agyou]]|
|実装ver|>|v4.9.4|

#fold(LV毎のパラメータ){{
|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|c
|CENTER:~LV|>|CENTER:~[[☆3]]|>|CENTER:~[[☆4]]|h
|~|~HP|~Atk|~HP|~Atk|
|1|465|135|370|830|
|2|575|182|461|895|
|3|686|229|552|960|
|4|796|276|643|1026|
|5|906|323|734|1091|
|6|1016|369|825|1156|
|7|1127|416|916|1221|
|8|1237|463|1006|1286|
|9|1347|510|1097|1352|
|10|1457|557|1188|1417|
|11|1568|604|1279|1482|
|12|1678|651|1370|1547|
|13|1788|698|1461|1612|
|14|1898|745|1552|1678|
|15|2009|791|1643|1743|
|16|2119|838|1734|1808|
|17|2229|885|1825|1873|
|18|2339|932|1916|1938|
|19|2450|979|2007|2004|
|20|2560|1026|2097|2069|
|21|2670|1073|2188|2134|
|22|2780|1120|2279|2199|
|23|2891|1167|2370|2264|
|24|3001|1213|2461|2330|
|25|3111|1260|2552|2395|
|26|3221|1307|2643|2460|
|27|3332|1354|2734|2525|
|28|3442|1401|2825|2591|
|29|3552|1448|2916|2656|
|30|3662|1495|3007|2721|
|31|3773|1542|3098|2786|
|32|3883|1589|3188|2851|
|33|3993|1635|3279|2917|
|34|4103|1682|3370|2982|
|35|4214|1729|3461|3047|
|36|4324|1776|3552|3112|
|37|4434|1823|3643|3177|
|38|4544|1870|3734|3243|
|39|4655|1917|3825|3308|
|40|4765|1964|3916|3373|
|41|4875|2011|4007|3438|
|42|4985|2057|4098|3503|
|43|5096|2104|4189|2569|
|44|5206|2151|4279|3634|
|45|5316|2198|4370|3699|
|46|5426|2245|4461|3764|
|47|5537|2292|4552|3829|
|48|5647|2339|4643|3895|
|49|5757|2386|4734|3960|
|50|5868|2432|4825|4025|
|51|5978|2479|4916|4090|
|52|6088|2526|5007|4155|
|53|6198|2573|5098|4221|
|54|6309|2620|5189|4286|
|55|6419|2667|5280|4351|
|56|6529|2714|5371|4416|
|57|6639|2761|5461|4481|
|58|6750|2808|5552|4547|
|59|6860|2854|5643|4612|
|60|6970|2901|5734|4677|
|61|-|-|5825|4742|
|62|-|-|5916|4807|
|63|-|-|6007|4873|
|64|-|-|6098|4938|
|65|-|-|6189|5003|

//Lv種により延長された箇所には数値の前に
//『BGCOLOR(#FDF89D):』を入れて下さい

}}

//
**セリフ [#voice]
#fold(クリックするとセリフ一覧が開きます){{
|>|CENTER:~セリフ|h
|80||c
|召喚時|記憶管理プログラム、イニシャライズ完了。アバター「オトヒメ」をよしなにロード致します。&br;ようこそ竜宮城へ、どうぞすべてを忘れ行かれませ。|
|バトル開始|オトヒメ、武器モードへ変形完了。よしなに。対象メモリーの圧縮準備にかかります|
|移動|対象メモリーを検索します。待機中は私の舞をご覧ください|
|攻撃|圧縮実行|
|スキル|お仕舞します|
|被弾(軽傷)|防壁展開|
|被弾(重傷)|箱舟損傷|
|チャージスキル|「玉箱もちて、去りくる御魂、たまかへしすなや」&br;──禁箱之寵、プロトコル・タマテバコ……フルオープンッ!|
|勝利|全てのメモリーを圧縮 ガッキーン&br;外部記憶装置への保存を完了しました|
|戦闘不能|深刻なエラーが発生しました。プログラムオトヒメを終了します。……あぁっ|
|恋愛(※反転)|&color(transparent){対象の意思を確認しました。該当メモリーの、永久保存を実行します。&br;あなたと、私の想いは…これで、ずっと…};|

//
#br
|>|CENTER:~その他:タイトル画面等にて|h
|100||c
|タイトル画面:&br;バーチャルサマー・メモリー&br;('20/8/7~)|『東京放課後サモナーズ』&br;記憶管理プログラムオトヒメ---起動します。どうかこの竜宮城で幸福な時を。よしなに|
//|タイトル画面:&br;[第○章または期間限定イベント名を挿入]&br;('xx/xx/xx~未定)||

#BR
|~ショップのイベントアイテム交換画面でタップ(バーチャルサマー・メモリー)|h
|メモリーリサイクル業務を実行します。情報断片より、有用な資材への交換が可能です。&br;お望みの物をおっしゃってください。よしなに。|
|竜宮城は、心疲れた人々の為に作られた極楽の地。&br;私は、その管理プログラムになります。すべてのお客様へ、安らぎを……よしなに。|
|サブシステム・竜宮城の主たるオトヒメが持つは悲しみの記憶を封じ、幸福な時間を提供する「役割」。&br;たとえそれが……ひと夏の誤魔化しだったとしても。|
|苦しみを和らげるのは、重要な治療行為の1つです。&br;逃避は、決して卑しめられる手段ではありません。さあ、お休みなさい。私めの安らぎの、中で。|
|もっと笑えばいい、ですか。心傷ついた人々は、向けられた笑顔にさえ痛みを感じる時があります。&br;その傷に配慮し、表情を抑えているのです。|
|プロトコル・タマテバコと、同系の機構を確認。&br;アクセスを開始します……エラーが発生しました。外部よりメモリー容量を確認できません。|
|マシンボティ表層への接触を確認しました。この感情は……安らぎ……それとも、拒絶?&br;それはそれとして接触行動の意図説明を求めます。|
|外部記憶装置「タマテバコ」は、耐えがたき苦しみの記憶を封じるために造られました。&br;貴方は、処置を望みますか……?|
|~フリークエスト終了後に追加(バーチャルサマー・メモリー)|
|まもなく、メモリーリサイクル業務を終了します。&br;この竜宮城で過ごすのも残り僅かとなりますが、今しばしの幸福な時間を。よしなに……。|
|見つからない何かを、探し続ける……その苦しみを、かの方は受け入れ、立ち向かわれたそのお覚悟に。&br;私から申し上げられることは何も、ありません。|

#BR
|>|CENTER:~その他:期間限定イベント予告動画|h
|170||c
|バーチャルサマー・メモリー&br;~踊る大竜宮城~&br;『竜宮城の舞姫』&br;/オトヒメ編|『ライフワンダーズ』&br;絵にも描けない美しさ…月日が経つも夢の&ruby(うち){中};…&br;海底のサナトリウムへいらっしゃいませ&br;次回、東京放課後サモナーズ&br;『バーチャルサマー・メモリー ~踊る大竜宮城~』&br;記憶管理プログラムオトヒメ---起動します|

}}

//
**調査ファイル [#info]
調査ファイル1 (ネタバレ注意)
#fold{{
所属:???
システム・タカマガハラの海底に試作された小世界、通称「竜宮城」の管理者たる人造天女。魚たちが舞い踊り、もてなすその様は、まさにこの世のものとは思えない美しさであると信仰されている。心に深き傷を負った者を癒すために、その苦しみの要因となる「記憶」を封じる技術を開発・検証するために誕生した。まるで感情が無いかのように表情に乏しい。しかし、これは向けられる笑顔にすら心を痛める者に対しての配慮であり、決してオトヒメに感情が無いわけではない。その証拠に、傷ついた相手へ献身する者へは深い共感を抱き、一方で平穏を乱す者には相応の怒りを抱く。有事には自ら魚型の随伴機と共に、先陣で戦う舞姫となる。仕舞うことにかけては東京でも指折りの片づけコンサルタントとして、名状し難い汚部屋住人たちからの尊敬を得る。
}}
調査ファイル2 (ネタバレ注意)
#fold{{
所属:???
「竜宮城」として知られる海底のそれこそが、オトヒメが管理する城の「神器」、その「権能」の象徴である。ただし、「竜宮城」とはこの「神器」の本来の名ではなく、あくまでそれに付随する外殻施設につけられた呼び名でしかない。まず、オトヒメは舞によって心奪われた者の胸中から、その苦しみの元たる「負の記憶」を抜き出す。それを圧縮し、「玉手箱」なる外部記憶装置に封じるのがこの「神器」の権能である。元は苦しむ人々の為にあるとされるこの「権能」だが、やがてその存在が人々に噂されるとともに、ただ永劫の享楽を求めて訪ねてくる者も現れたとか。オトヒメはこれに複雑な思いを抱きながらも、その「役割」のまま、望まれた処理を執行し続けているという。海竜の王族を狩る「役割」を持つ相手を、天敵とする。
}}

// 
**運用面 [#use]
//
#fold(ダメージ量の目安){{
1ヒットあたりの基本ダメージ(&color(red){多少の誤差を含む可能性アリ};)
|>|BGCOLOR(#efefef):''☆3'' Lv60/スキルLv100/神器Lv1|
|(Atk)|(2901)|
|通常攻撃|1306|
|┗攻撃強化|2872|
|┗クリティカル|5222|
|┗攻撃強化xクリティカル|11488|
|>|BGCOLOR(#eeffff):|c
|&color(blue){CSダメージ};x&color(Blue){クリティカル+[Lv1]};|3810|
|┗攻撃強化|8380|
|||c
|>|BGCOLOR(#efefef):''☆4'' Lv65/スキルLv100/神器Lv1|
|(Atk)|(5003)|
|通常攻撃|1301|
|┗攻撃強化|2862|
|┗クリティカル+|6504|
|┗攻撃強化xクリティカル+|14309|
|>|BGCOLOR(#eeffff):|c
|&color(blue){CSダメージ};x&color(Blue){クリティカル++[Lv1]};|11825|
|┗攻撃強化|26013|
}}

//
----
共通
-バーチャルサマー・メモリーから新規キャラとして登場。
両レア共に水属性でありアタッカーの役割を持つが、レア度によって攻撃範囲が少し変わっている。
-スキル[1]が火力の大部分を占めているため、初心者サモナーでも無移動アタッカーとして機能しやすいのも利点。
-さらに育て上げれば中確率で''二重封印''を付与というこれまた強力かつ希少な効果を扱えるように。''[攻撃時]''発動なので、受け身デバフ持ちを封じた上で攻撃する事が可能になる。
-ただし、相手から攻撃を受けると&color(Red){武器種が''無''になってしまい、アタッカーとしての機能を失ってしまう};というデメリット持ち。
如何に相手の攻撃範囲に入らずに立ち回るかが重要となる。
--空振りスキルは持たないので、武器種変更は完全なデメリットスキルとなっている。
-アタッカーとしての役割を失うと完全なお荷物……というわけではなく、代わりに対ダメージのアクションを持つので、いざというときは魅了デバッファーとして前衛に構えるという力技も可能となっている。
-一応マシンボディ持ちではあるが、単体での壁運用はかなりリスキーとなっているため、状況次第では防御バフを併用するといった柔軟な対応が必要になるキャラクターである。
-CSは高倍率バフ+狙撃範囲の敵に対して二重封印を確定で付与という強力なもの。CP関連のスキルはないが、発動するメリットは大きい。
--また、武器種変更中でも問題なく発動できる点は覚えておこう。
-両レアリティ共に最大火力は同レア帯の中でもかなり高く、アタッカー性能は極めて高い。移動不要のため組ませられる味方も多め。
--1T限りのバフが火力・耐久力を支えているため、スキル封印系の弱体には要注意。
--一度でも被弾すると攻撃できなくなるので、基本的には一撃必殺を期待しての高速周回向き。高難度では「二重封印」「魅了」などが無効化されやすく、一撃で仕留められる敵も限られるので実力は発揮しにくい。

//各種レア度表記の上に、必ず一行空白を入れてください。でないと前の段落とレア度表記がくっついてしまいます。
----
☆3
-攻撃範囲は射撃。
-ATKの数値がほかキャラより低めに設定されてはいるものの、スキル[1]のおかげで射撃アタッカーとして十分な性能を持つ。
攻撃範囲ゆえに縦長マップ等で最奥まで狙おうとすると前衛に立つ場面が多くなり、相対的に無範囲デメリットを誘発しやすい点には注意。
-ただし、火力の要となるクリティカルは発動率に不安が残る。バフ不発時には火力がガクンと下がり、敵を仕留めきれない事も多いので注意。
-CSは狙撃範囲になるが、神器Lv1の時点では通常攻撃よりもややダメージが下がる。とはいえ二重封印が優秀なので発動するメリットは大きめ。
-幸い低ATKな分同キャラ☆4より若干HPは高いため、受け身デバッファーとしてはこちらのほうが適正は高い。

----
☆4
-攻撃範囲は狙撃。☆3版よりもATKが大幅に上昇しているため、基礎ダメージは誤差程度。
-スキル[1]の付与効果が「''クリティカル+''」に強化され、付与率も最大90%と大きく上昇。クリティカル+込みなら☆3よりも与ダメージが高くなるため、アタッカー性能は大幅に強化されている。
--倍率上昇はもちろん、味方の「クリティカル」と併用できるようになった事も大きい。
-狙撃範囲の敵に対し万越えのダメージを安定して出す事が可能という、非常に頼もしいアタッカー。ネームドの撃破も難しくない。
-CSはクリティカル++に強化されており火力が大きく向上、神器Lv1の時点で通常攻撃の強化版として使っていける。
-HPは☆3版よりも低くなってしまったが、殲滅力が増した上に後列からも攻撃できるので被弾しにくくなった。
--コストの問題もあるが、武器種が無になったら前列に出して魅了を狙う…という戦法は取らせにくい。後列からの攻撃に専念してもらおう。
--後列に下げる場合、サポートスキルの恩恵を受けにくくなってしまうのは欠点。

//
**相性 [#affinity]
-移動不要なのでサポーター候補は多め。一列のみ担当する固定砲台として運用するなら他のアタッカーと併用し、主砲として運用するなら被弾しないようにできるキャラと組ませたい。
-扱える攻撃バフが少ないためバフを受けやすいが、自身のスキルのみで十分なダメージを出せるので必ずしも攻撃バフを用意する必要はない。
-防御バフ・攻撃デバフによる被ダメージ軽減ももちろん使えるが、武器種変更は発動してしまうので注意。移動や攻撃自体を封じるスキルで守ろう。

-[[リチョウ]](☆4)
--敵側のリーチを短くする事で攻撃を届かないように出来る。オトヒメの横の列を担当してもらうといい。
-[[リャナンシー]](☆4)
--オトヒメの火力を盛って1列ずつ仕留める際に有効。
--リャナンシーの扱えるバフが一切重複しない上閃き付与も出来るため、超高確率で5種のバフが付与されて直線上の敵を薙ぎ払える。CSも加わればより凶悪に。
--ただし、強化範囲の都合上前に出す必要があることに注意。仕留め損ねた敵からの反撃は貰わないように。
-[[タウラスマスク]](☆4)
--1ターン目は注目による引きつけ、2ターン目は魅了で足止めが可能となり被弾しにくくなる。リャナンシーと併用しやすい。
-[[スノウ]](☆5)
--周囲が対象となる守護・CP増加で斜めへのサポートを行える。滋養バフも付与可能。
-[[ヘパイストス(&color(Red){竜宮};)>ヘパイストス#virtualsummer2020]]
--結縁バースト[友]の相手。横移動力増加、そこそこの確率での広範囲への魅了付与、熱情やクリティカル付与による火力補佐・CP増加など有益なスキルが多い。
--ただし、引き寄せは狙撃タイプの☆4オトヒメにとってはあまり嬉しくない効果。

//
**AR装備 [#affinityAR]
-攻撃バフの倍率が高いため、ATK特化のARが効果的。

//
//#fold(汎用性の高いAR){{
//CS威力増加などこのキャラでなくても有用なのは綴じ込みで
//}}
----
#fold(装備可能なAR一覧){{
-[[制限なしAR一覧>AR装備/装備条件別#nolimit]]
-[[装備条件:水属性AR一覧>AR装備/装備条件別#water]]
-[[装備条件:射撃AR一覧>AR装備/装備条件別#weapon]](☆3)
-[[装備条件:狙撃AR一覧>AR装備/装備条件別#weapon]](☆4)
-キャラ指定のAR
--未実装
}}

//
**敵対時 [#enemy]
//プレイアブルユニットと同じスキル構成
-&color(Maroon){''敵として登場する場合、味方時とは違うステータス及びスキルになっている可能性があります。''};

-敵体時に注意するべき点などありましたら記述して下さい。

//★異なるスキル構成のバージョンが「恒常クエスト」で出るようになったら挿入
//
//----
//常設クエストで登場する、エネミー版限定スキル構成

//#fold(バージョンの名前){{
//|BGCOLOR(#FFFFBB):主な出現場所||
//|属性・武器種|属・武|
//|スキル(推測)||
//|~||
//|~||
//|~||
//|~|[CS]:|
//|備考||
//}}

//
//★追加バージョン(恒常追加)が出た場合に、この場所に『[#version2](期間限定テンプレを流用)』を入れます
//

//
//★期間限定バージョンが出た場合に、この場所に『[#eventname](期間限定テンプレ)』を入れます
//下の期間限定版の復刻履歴もCO
//

//
*備考 [#other]
//
**登場シナリオ一覧 [#scenario]
#fold(※ネタバレ注意※){{

&color(,#E0FFFF){ };:メインクエスト &color(,#FFAD90){ };:イベントクエスト &color(,#E9FFA5){ };:キャラクエスト
&color(,#EEEEEE){ };:ほかのキャラによる言及など(直接の出演なし)

|BGCOLOR(#FFAD90): |バーチャルサマー・メモリー|プロローグ(後)、1話(前)、2話(前)、3話(前)、4話(前/後)、5話(前/後)、エピローグ、オトヒメ特殊クエスト|
|~|~|BGCOLOR(#EEEEEE):1話(後)、2話(後)、3話(後)、ヤマサチヒコ特殊クエスト、ヘパイストス特殊クエスト、オンブレティグレ特殊クエスト|

//★メイン
//|BGCOLOR(#E0FFFF): |||
//★イベント
//|BGCOLOR(#FFAD90): |||
//★キャラ
//|BGCOLOR(#E9FFA5): |||
//★直接出演なし(一番右端のセルを灰色にする)
//BGCOLOR(#EEEEEE):
//
//記入例
//|シナリオ種タグ|イベント名|詳細|
//イベント
//|BGCOLOR(#FFAD90): |見習いサンタの贈り物|1話(前)、2話(前)|
//|BGCOLOR(#FFAD90): |バレンタイン・パニック!|特殊クエスト|
//キャラクエ
//|BGCOLOR(#E9FFA5): |ヨウル|第1話|
//メイン
//|BGCOLOR(#E0FFFF): |第3章|1-2話、4話|
//直接登場しない
//|BGCOLOR(#E0FFFF): |第3章|BGCOLOR(#EEEEEE):第3話|
//
(言及、登場情報募集中)
}}

//
**役割と権能 [#authority]
#fold{{
|~役割||
|~権能||
}}

//
**相関 [#relation]
※初期状態
|CENTER:|RIGHT:||LEFT:|c
|~関係|CENTER:~相手から||CENTER:~自分から|h
|好意|[[アラクネ]]→|&attachref(./otohime_3_ico.jpg,nolink,30%);|→[[ヘパイストス]]|
|苦手|[[シンノウ]]→|~|→[[ナタ]]|

//
**元ネタ・モチーフ [#motif]
#fold{{
|オトヒメ|日本の昔話『浦島太郎』に登場する、海底の宮殿「竜宮城」の主、&ruby(オトヒメ){乙姫};。&br;従者の亀を助けた漁師・浦島太郎をお礼として竜宮に招待して歓迎し、玉手箱をお土産に太郎を地上に送った。 &br;また、日本神話における海の女神・&ruby(トヨタマヒメ){豊玉姫};がモデルであるという説がある。|
|玉箱もちて&br;去りくる御魂&br;たまかへしすなや|&ruby(みたましずめのうた){鎮魂歌};に出てくる一節。&br;(魂筥持ちて  去りたる御魂  魂返しすなや)&br;神道での鎮魂は活力を与える・復活を促す・甦る・悪影響をもたらすものを払拭するなど好転的な意味を持つもの。|
|禁箱之寵|&ruby(きんそうのちょう){巾箱之寵};。&br;箱に入れていつもそばに置き、離すことができないもののたとえ。|
|プロトコル・タマテバコ|プロトコル:IT用語の一つ。&br; コンピューター同士が通信をする際の手順や規約などの約束事。&br;タマテバコ:乙姫が浦島へと贈った箱・玉手箱。&br;彼女は浦島に「何があっても絶対に開けてはいけない」と玉手箱を贈る際に伝えたが、浦島はその約束を破ってしまい、箱から溢れ出た煙によって老化してしまう。&br;以上の2つより、上述の「乙姫が浦島に課した約束」のことを指している?|
|~|プロトコル:儀礼 一定の形式にのっとって行われる宗教上の行為。&br;タマテバコ:玉手箱 化粧道具など大切なものを入れておくための箱。乙姫は浦島の時間(老)を玉手箱に封じていた。&br;悪影響をもたらすものをタマテバコに封印する儀式ということか?玉手箱の儀?|

}}

//
**小ネタ [#tips]

#fold(外国語表記){{
//Put the official translation here
|>|~名前|
|日||
|英||
|簡||
|繁||
|>|~☆3|
|日|【】|
|英|【】|
|簡|【】|
|繁|【】|
|>|~☆4|
|日|【】|
|英|【】|
|簡|【】|
|繁|【】|
|>|~CS|
|日|&ruby(ヨミ){四字熟語};|
|英||
|簡||
|繁||
}}

//
*コメント [#comment]
&size(14){情報提供・使用感等を書いてください。雑談は''[[雑談掲示板]]''へ};
#zcomment(t=housamo%2F261&h=200&size=10&style=wikiwiki)