Top > いった私のフィーリン!
HTML convert time to 0.004 sec.


いった私のフィーリン!

Last-modified: 2018-02-22 (木) 22:51:51

概要 Edit

元々はヒテッマン氏のバグメモ動画に登場した言葉。

鏡さんが転倒した際に言い放った台詞。
本来の台詞は、
「いったーい。」
バグメモの鏡さんは、どうやら、何かビビッとくるものがあったようだ。
仰向けに転倒して、大事なところが見えそうなのもおかまいなしに、
「私のフィーリン!」がいった、とのたまっているのだから、
これには主人公も平静では居られまい。

 

はる氏の【バグメモ】鏡まん画像集【いったーい】では、画像で再現されている。

 

なお、この台詞が登場する元動画は、2011年の元旦にアップされた。
まさに、2011年のファーストインパクトにふさわしいカオス語録であると言えよう。

 

のすたくん氏によるFCとSFCでやるチートバグで動画として再現されている。

もちろん、このタイミングで動画が上がったのは同日放映された後述のポプテピピックの影響である。

バケモン混沌のダンジョン 罵愚の探検隊 Edit

はにわ氏のバケモン混沌のダンジョン 罵愚の探検隊 Chapter-5 part1/3 では、キマワリのセリフに

キマワリ「いった わたしの……

があったため、当然の如く「フィーリン!」弾幕が形成された。

ポプテピピック Edit

アニメ「ポプテピピック」第1話にも何故か登場。

クロノ・トリガーを模した展開でポプ子とピピ美が出会い頭にぶつかった際にピピ美がこのセリフを発した。
アニメにヒテリス用語が出回るのは「生徒会役員共 第11話」、「ロボットガールズZ 第6話」に続いて3回目である。
しかも上記の2作品は単にニコニコ風のコメントを表示するだけだったのに対し、
今回はよりによって大御所声優である大塚芳忠氏、日高のり子氏がセリフとして読み上げるという事態に。
こんなはっきり言わせていいのだろうか…

 

余談だが、この作品はネット連載の原作漫画でも

「あー一面のクソミドリ」(参照

アア…オワッタ…!」(参照*1

といったセリフが登場しており、この時点ですでに
「原作者大川ぶくぶ氏はヒテリス界隈に精通してるのではないか?」
という疑惑があったが、それがより確信に近づいたといえるだろう。
ただし本項のセリフは原作漫画には無くアニメオリジナルで唐突にぶっこまれたものである。
その為、該当箇所の脚本担当である木戸雄一郎氏がきれぼし脳で原作で察しネタに組み込んだ可能性もある。まあ少なくとも一方がきれぼし脳なのは疑いようもないだろう。

 

きれぼし脳ェ…もうめんどうみきれよう。

第5話で「アア…オワッタ…!」も登場した。

 

さらに余談。アニメ化の企画者である須藤氏は、
前述した「生徒会役員共」のアニメの19-21話(14-21話はOVA限定)および「*」(2期)全体と劇場版でもプロデューサーを務めていた。
問題の11話では担当してないとはいえ意外なところに絡みがあるものである。むしろこの回を元にして本作にぶっ込んできた・企画した可能性もあり彼にもきれぼし脳疑惑が

関連項目 Edit

大百科
いったわたしの ふねがっ!
いっちゃうわよ。
いったな‥‥?






*1 ※ちなみにラインスタンプ及び単行本では、ご丁寧に「アア、オワッタ…!」に修正されている。