マッハ・セパレート・クロキ

Last-modified: 2019-09-03 (火) 20:30:11

オジサン「よのなかどうなっとるんかのう。」

概要

シワワン氏のキサマゴンボールZ 超なんかイヤ伝説 前編に登場した謎の人物。
DBZに似つかわしくない変な名前と、意外な大活躍によって視聴者から一際注目を浴びている。

ツッコミどころ満載なあらすじのカオス字幕が流れるなか、

ナメピッコキだいまおうが あらわれ ゴ ウと
  たいけつ。 マッハ・セパレート・クロキ
  しょうりをおさめた。

という漁夫の利ともとれる記述が……だ 誰だあッ!?
ナメピッコキ大魔王とゴ が対決していたところに割って入ったとはいえ、
この二人に勝利を収めるとは、とてつもない強者であることは間違いない。
だがそれだけの実力があるにもかかわらず、その後の物語には一切登場しない。
その為、名前以外の一切の素性は闇に包まれている……。


元になった文章は、ゲームオリジナルの敵(バータの色違い)が使用する必殺技「マッハ・セパレート・クロス」。
その強烈なインパクトから、一度登場しただけで、しかも初出から日が浅い単語であるにも関わらず、
当Wikiどころかニコニコ大百科にまで記事が出来てしまった(しかも向こうの方が先)。よのなかどうなっとるんかのう。

 

2では「しゅぎッハ・セパレート・クロキ」という似たような名前の亜種が登場。

5ではピッコロの修行に紛れ込む形でさりげなく出現。
「オ」が付いて「オマッハ・セパレート・クロキ」という丁寧?な呼び方になった。

 

6 前編では、ナメックの精霊への「あいの言葉」に一部採用された。

「はい!!
プリプリ プリリア・セパレート
      ピレポリやったーラ!!」

(※ニコニコ版は現在非公開のためYouTube版6 前編/6 後編を参照)

 

6 後編では、まちょうろうが放った必殺技の名前の前半部分に「ヤムチッハ・セパレィング」などと入り込んでしまった。

 

オジサン「よのなかどうなっとるんかのう。」

関連項目

大百科
ヤムチッハ・セパレィング・クロスタジ・イムープル・サイコさいちょうろうビームすてみアタック!
まさか! ソン・ウか!?
ゴ・パワー?
いわやス?