Top > マボロシマロウジン


マボロシマロウジン

Last-modified: 2016-05-07 (土) 22:27:40

概要 Edit

元動画削除済みだが、再UPされた。非チートバグ動画からの用語。
まろうじんの一種。正式名称はマボロシマロウジン、略してママ
見た目は青い服を着た老人(要はまろうじんの色違い)。
「バグRPGシミュレーションRPGを後輩にやらせてみた」第8回にて登場。

本作の最終ダンジョン「バグキャッスル」の中ボス。
マボロシ?を冠するだけあって、戦うには背景に紛れこんだ彼を捜し出す必要がある。
あひゃの人は当てずっぽうで見つけたが)

 

戦闘に際してはやはりマボロシだけに物理攻撃に対する極めて高い防御力を持つ。
二回連続行動で、防御力を5000上昇させる「ダカラ」を使用。また痛恨の一撃を繰り出すこともある難敵。
あひゃの人は魔法を使いなんとか倒すものの、まさかの三連戦によりMPが枯渇して大ハマリ?
(しかも二戦目に弱い「まろうじん神」を出すことでフェイントを掛けるという悪質なもの)。
流石にヒテッマン氏も厳しすぎると感じたのか、やり直し時にはすでに彼を倒した状態からスタートさせた。
きゃー

 

リメイク作『バグクエストRE』にも同じくバグキャッスルの中ボスを務めるが、バグクエとはほぼ別物と化している。
見た目はまろうじんとは別の、異様な姿をした老人であり、またバグクエ時の異様な防御力も鳴りをひそめている。
使用する技も、ダメージに幅のある「3Cワゼ?」、全体を混乱させる「まろうダンス」など、大幅にチェンジ。
中々の強敵であるが、彼を倒せばラスボス戦まで後わずかである。


元ネタはクロノトリガーでよく見られた文字割り込み「ママ」。

関連項目 Edit

まま?
まろうじんエリート
ママィ0

 

きれぼし生放送&用語まとめwikiTOPへ戻る方はここ