Top > 佐倉楓子


佐倉楓子

Last-modified: 2016-12-31 (土) 15:02:39

概要 Edit

元動画削除済みだが、再UPされた。非チートバグ動画からの用語。
『ときめきメモリアル2』のヒロイン。読み方は「さくら かえでこ」
ヒテッマン氏の「バグメモしか見たことが無い人がときメモ2実況」での三周目ヒロイン。

ドジっ子の野球部マネージャー。
他の攻略ヒロインが頭がバグっていたり服装がバグっていたりする個性がかなり強いため、比較するとかなりまとも。
その性格や服のセンスがヒテッマン氏の好みに合致し、攻略中はかつてないほど大ハマリしていた。
ヒテッマン氏の『ときメモ』実況シリーズではおこわさん実況のゴードンさんを除くと、
オリジナルエンディングを制作された唯一のヒロインでもある。

 

また、彼女の台詞である「やめてね。」や「モン!」は
現在でもコメントなどで多く使用されている人気用語となっていることも特筆すべきであろう。

 

なお、彼女は二年生の二学期に他校へ転校してしまい遠距離恋愛となるストーリーとなっている。
そのため、彼女と直接会う機会が少なくなるが、その分シャイニングさんが攻勢を掛けてくることになり、
物語後半部では楓子ちゃん攻略と言うよりもシャイニングさんとヒテッマン氏との
しのぎの削り合いの色合いが強くなっていたことを申し添えておく。


攻略対象時にヒテッマン氏が何かにつけてモンモン言っていただけに傾倒していた印象が強いものの、
それ以前は転校イベントで存在を忘れらていたり、花火シーンで背景扱いされたりと何気に扱いが悪かったりする。
やめてね。

背景の楓子ちゃん

ときメモ2 サブストMROを実況プレイ Edit

派生作品であるときメモ2サブストMROの実況シリーズでは最初の攻略キャラとなった。
三作品あるサブストシリーズで唯一楓子ちゃんをメイン格で攻略できるのが
MROであったため当然の順序といえよう。
当時のマイリストのコメントに「たぶん死ぬ」と書かれていたり、
通称「神の息吹」と言われる吐息を聞く度に悶々とするなど、
楓子ちゃん攻略時以外ではほとんど見られなかった「大ハマリ」ぶりを再び見せていた。

 

また本作実況中にヒテッマン氏が本編で他のキャラの攻略を勧められた際に、
「動画シリーズとしてのときメモ2はもう終了しているから実況でやることはない」とも当時発言していた。

ヒテッマンリスペクト Edit

おかしなときめきメモリアル2 Edit

○9氏のおかしなときめきメモリアル2では、何故か幽霊のような影の姿で登場することが多い。

Part9では、自身の姿が気に入らないのか「何だよ、人を幽霊みたいに。」と不満を漏らしていた。
他のキャラクターとの電話中などにはやめてね。ボイスで割り込んでくることもある。(やめろよ)
また、チャラヘッチャラなどの台詞からして、どうやらドラゴンボールのファンであるようだ。

その他 Edit

『闇の仕事人 KAGE』のプレイヤーキャラクター「KAEDE」が「KAEDE子ちゃん」と呼ばれていたりする。
また、バグによってKAEDEが大ハマリになったり落ちたりすると「やめてね。」コメントがされるのが恒例。

関連項目 Edit

 

きれぼし生放送&用語まとめwikiTOPへ戻る方はここ