Top > 怪談新玉袋
HTML convert time to 0.010 sec.


怪談新玉袋

Last-modified: 2018-06-03 (日) 17:56:45

怪談新玉袋

KaidanShinTamabukuro.png

概要

怪談新玉袋とは、ツォーシカンク兄貴が制作したホラー淫夢シリーズの一つ。もしくはホラー淫夢の一ジャンルである。
主にオカルト板発祥の"死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?"を原作とした通称「洒落怖」を、迫真空手部の面々を登場人物に置き(例外あり)BB先輩劇場として仕立て上げたシリーズである。
複数ルートのマルチルートを用いており、作品によっては世界線が違ったり主要登場人物が死んだりしている。
ツォーシカンク兄貴が制作していたシリーズでは最終章に突入しようとしていたが、"何者か"による私怨通報の餌食となり制作が断念されている。
戻ってきてください!何でもしますから!!!

ルートリスト

何者かの有志によって再投稿が成されていた為、投稿者こそ違うが再投稿者の兄貴に恩赦と瞋恚の義を持ってまとめさせていただく。

  • ルート分岐(1):AKYSと知り合えたかどうか
    • 知り合えなかった→ルート1
    • 知り合えた→ルート2
  • ルート分岐(2):野獣&遠野の恋人記念日の行動でルート分岐
    • 2人で旅館へ→ルート2-A
    • 2人で骨董品屋へ→ルート2-B
    • MUR先輩に止められ、旅行に行かなかった→ルート2-C
    • KMRの提案を受け、野獣宅にて過ごした→ルート2-D

AKYSと知り合えなかった場合

1-1                                

 1-1(2)

AKYSと知り合えた場合

2-0 

 2-1

以下分岐ルート

遠野と共に旅館に向かった場合

2-A

遠野と骨董品店へ向かった場合

 2-B1

 2-B1.5

 2-B2(1)

 2-B2(2)

 2-B3

 2-B4

MUR先輩に止められた場合

 2-C1

 2-C2

 2-C3

KMRの提案を受けた場合

 2-D1

 2-D2

 2-D3(1)

 2-D3(2)

 2-D4

 2-D5

まだ執筆中なのでしばらくお待ちください!お願いしなす!

過去変

 0-Ą

外伝

2-B1(リンフォン後:猿夢編)

2-B4(地下の廃病院前:田所君編) 

2-B4(地下の廃病院後:TNOK編)

第三者によるPV

怪談新玉袋のフォロワーであり怪談金玉袋の制作者であるレインコート兄貴がこの作品のPVを制作している。
構成や流れはND兄貴の秘封霖倶楽部のPVであり許可は得ているが、それを差し引いても新玉袋愛が大きくて太いのが入っちゃう!ホッホッ…ホァアー!

ツォーシカンク兄貴の設定

※主に大百科からそのまま抜粋(震え声)

野獣

本シリーズの実質的な主人公。本シリーズでは一般的な田所とかではなく「野獣」が名前である。
迫真空手部に所属しており、大会で優勝したりするなど実力はかなりのもの。
水泳部員である遠野の事が好きであり、その為に水泳部も掛け持ちしてるとか。
散財癖があり、また飽きっぽくバイトもすぐやめる。浪人(もしくは留年)を幾度か重ねている人間の屑である。
しかし意外にもコミュ力も高く、目上の人の前だろうと堂々と服を脱ぐことも躊躇しない。多少はね?
怪談や心霊スポット探訪が好きだが、本当は怖がりってはっきりわかんだね。

MUR

野獣よりも年上(年の差は不明)の迫真空手部最年長。
基本的には常識人かつ後輩思いで、「人間の鑑」ともたたえられるほどの大聖人。
が、話し方のせいでしばしば池沼扱いされる事がある。
実際には池沼という事はなく、むしろ智将とも呼べるほど冷静な判断を下す時もある。
またオカルト関連や民俗学にも詳しい。ホモは博識。

KMR

迫真空手部に所属する学生。前者の二人と比べて年下であり、成績はいい方。
両親はTNOKパパとKBTITママ(一部例外あり)。
とある理由により心霊スポットに行くと必ずと言っていいほど霊体験に巻き込まれ悲惨な扱いを受けている。かわいそう(小並感)。
基本的に気弱な巻き込まれ役だが、時折強気になり霊と闘いに行き勝利するほどの覚醒ぶりを見せることもある・・・たまげたなあ。

AKYS

原作における「寺生まれのTさん」ポジション。
ラ~メン屋の屋台を経営しており、その味は上記の空手部員3名から絶賛されるほど。ただしメニューはゲテモノばかり。
霊能力者として定評があり、怪奇現象に巻き込まれた迫真空手部を助けたり、山菜取りと称して山に入っては迷い込んだ人間を救ったりしている(つよい)
ただし怪奇現象に対してはその場しのぎがほとんどで、完全に撃退できたのはヤマノケくらい。ヤマノケだって強敵だろ!いい加減にしろ!
しかしいつも堂々とした落ち着いた態度で、登場すれば怪奇現象に怯えた登場人物のみならず視聴者をも安堵させる人間の鑑。

時系列表から察するに上記の3人がトゥルーエンドに関わるらしく、3人のうち誰か一人でも死亡したり行方不明になったりすると、その世界線での物語は終了してしまう。

遠野

野獣先輩の恋人の水泳部員。保護者のNRKと二人暮らししている。
オカルト好きで好奇心旺盛な性格。野獣がオカルト好きなのも遠野に話すネタ収集のため。
その強すぎる好奇心から異変や怪しい呪物に躊躇なく首を突っ込む。それ故ルートによっては死亡フラグが立つこともしばしば。
謎を秘めていて非常に目が離せない存在。危なくなったら助けて差し上げろ(名言)
中には自業自得なケースもあるが、決して本人自体には悪気はない。しょうがねぇなぁ・・・

GO

AKYSと同じ霊能力者で、一部で「GOは神」とあがめられている。
除霊師として生計を立てており、各地を転々とする神出鬼没の男。その実力はAKYSよりよわくないけど、つよくもないよ。
除霊の際には法外な額の代金を請求する、わざと手抜きして再発させるなどその行動はお世辞にも神とは思えない。
しかし霊に取り憑かれた人を見ると放っておけない性格らしく、ルートによっては彼に助けられることとなる。
代金の請求に関しても、 取ると言ってるのは建前だけで本当はそんなつもりはないともとれるフシもある。
やっぱり神じゃないか(歓喜)

ヒゲクマ師範

迫真空手部の師範。
鬼のごとくきつい特訓で部員たちからは恐れられているが、高難易度の技を習得させたり、部員全員を優勝に導いたりとその実力は本物。
実はTNOKパパが若い頃から活動している霊能力者だが、その力が見られる機会は少ない。

ピンキー

主に怪物たちの素材になっている準レギュラーキャラ。
その異様で醜悪な怪物たちは、たびたび視聴者を含めたメンバーを恐怖に陥れる。
豊富なBB素材から作られるその姿は、ストーリーに関係なくこわい(心肺停止)
しかし中には被害者として罪を犯した人間を戒めるために登場する事もある。やったぜ。

平野源五郎

危険な呪物に関わっていたり、怪奇現象に登場したりと、存在感をチラチラ見せてくる謎の男。
多分一連の惨劇の黒幕だと思うんですけど、その正体や目的は一切謎である。

TNOKパパとKBTITママ

KMRの両親(八尺様ではKBTITが野獣の叔母だったりと多少異なる)。
ヒゲクマの教え子でもあったため、怪異に対しても多少は慣れている。
見た目はガラが悪そうだが、息子思いの親の鑑。
(姦姦蛇螺のTNOKが父親の屑なのは原作準拠だからね、しょうがないね)

イニ義893

TNOKの兄。KMRの伯父に当たる。
TNOKと一緒になってやんちゃしていたが、それが原因で邪霊の影響を受けてしまったためのお祓いに加え、
立教3馬鹿を死なせてしまったため、その償いもこめて、ヒゲクマに弟子入りした。AKYSは同門の弟弟子。
現在は除霊師を引退しているAKYSと違い、彼自身は修行を完成させて立派な除霊師になり、地縛霊を平和的な交渉によって祓うのを主な仕事としている。
今後の活躍におおいに期待しているよ。

チャラオ・ツェペリ

主にヨーロッパで観光客に観光案内やホラースポットの紹介をして、その場しのぎの日銭や寝床を得て暮らしているチャラい男。
普段は脳天気だが、なにか使命を捨てて逃げ出した暗い過去があるらしい。

NRK

遠野の保護者。遠野の母親の親友であり血の繋がりはない。
気さくな性格でホモを差別せず、野獣と遠野の恋も応援している人間の鑑。
しかしながら怪異や対処法に詳しかったり、猿夢編では打って変わって暗くなっていたりと、なにか怪しいんだよなあ・・・

KBSトリオ

迫真空手部のライバル校、下北沢大学空手部に所属する3人組。
実力は迫真空手部に匹敵する有力校だが、試合以外では仲良くしている良きライバル。

田所君

野獣が高校2年の頃の友達。
怪談話が得意の人気者だったが、ある怪談を語った後に謎の失踪を遂げる。
野獣はなぜか彼についての記憶を一部失っている。

虐待おじさん

野獣の叔父さん、ひでの保護者、医者、ONDISKのおじさん、飛行機の乗客と出てくる度に役が変わる人。
スターシステムかなにか?(無知)

リメイク作品

怪談真玉袋の製作者である@をつけるんだゾ兄貴がリメイク版怪談新玉袋を公開したゾ。

現在(17/04/09)の地点では1作品しか作られていない。
兄貴曰く、半年に一回しか作る気力が入らないので、その時まで辛抱強く待つべし。

PS
負荷対策のためコメント機能を当ページでは削除させていただきました
過去のコメントなどを読みたいという方は雑談にて御申しください
お手数をおかけしますが何卒よろしくお願いします(18/06/03)