Armenia の変更点

TITLE: アルメニア

アルメニアは、アルメニアとカッパドキア地方の大半を支配する大国であり、アケメネス朝のサトラップでした。
710のPOPが128の区域に広がっており、アンティゴノス朝、セレウコス朝に次ぐこの地域で最大の国家です。

セレウコス朝との間には狭い峠と山岳地帯が多く、比較的防御しやすい地形になっています。
人口密度が低く、国教以外の宗教を信仰するPOPの割合が高いことと相まって、長期的な経済発展はより大きな課題です。

歴史的に、アルメニアは独立とセレウコス朝(後にパルティア)への従属を行き来し、アルタクシアス朝の台頭によって、一時的にシリアとカッパドキアからアルバニアとアトロパテネまたがる帝国となりました。


*イベント [#ke596639]
アルメニアには、アリアラシッド朝の王族がカッパドキアの王位に戻ることに関するいくつかのユニークなイベントがあります。
これは、アンティゴノス朝の気が散っている間に、従属国としてカッパドキアを獲得することにつながる可能性があります。
そして、首都やアルメニア高地のいくつかの都市間で、歴史的な動きを見せます。
*形成 [#h4eb3b0d]
アルメニアが既に滅象していた場合、その地域に首都を持っているアナトリア文化グループの国によって再興される可能性があります。
最初からアルメニアを形成できる国はありませんが、西側のアナトリア王国の多くは、首都を征服してアルメニア地域に移すことで、この決断が利用できます。
アルメニアはまた、反乱が成功することによって形成される可能性があります。


アルメニアの形成要件。完全に色付けされた領域が必要です。斜線部分は、首都が存在する必要がある領域を示し、形成後に請求権を取得できる領域でもあります。
&ref(500px-Form_Armenia.png);
**アルメニアの形成/Form Armenia [#kcdb5f3a]
#region(詳細)
アルメニアの地は強く有能なリーダーを必要としている。アルメニア人を糾合し、不滅のアルメニア帝国を打ち立てる時が来た。

前提:
-1つ以上の区域を支配している
-アナトリア文化グループに属する国である
-首都は、アルメニア地域、またはアルメニアマイオール、アルメニアマイナー、ソフェーネ、またはコードゥエンスのいずれかに存在する
-アルメニアではない
-AI管理ではない、または12以上の区域を支配している
-ティア2,またはティア3の国ではない

条件:
-アルメニアが存在しない
-戦争中、まはた内乱中ではない
-以下の区域を支配している
--Armaouira (1570)
--Artemita Vaspurakan (998)
--Arxata (1542)
--Atarbegian (1589)
--Satala (1770)
--Tigranakert (1640)
--Karin (1744)

効果:
-政治的影響力:''&color(Green){+150};''
-アルメニアを形成します
-首都がArmaouira (1570)に移動し、都市が建設されます
-Armaouira (1570)に市民4、自由民4が追加されます
-首都はゲーム終了まで補正要素「''新興の首都/Emergent Capital''」を取得し、次の効果を得ます
--区域の人口増加:+0.15%
--区域の自由民の幸福度+8%
--区域の文明レベル+10%
-Armenia、Armenia Maior, Armenia Minor, Sophene, そして Corduene地域の全ての区域に対して請求権を取得します
-3つの無料の州の投資を取得します

#endregion
*決断 [#p1306f07]
アナトリア文化グループの国として、アルメニアは、ペルシャ文化を統合する場合、ペルシャを形成する決断が利用可能です。

**ペルシアの形成/Form Persia [#j82b5a81]
#region(詳細)
キュロスやダレイオスの時代はもはや遠い過去の栄光になりつつあるが、ペルシャの人々はかつての大帝国を忘れていない。ペルシャの同胞よ、今こそ外敵の軛を脱し、再び団結しようではないか!

前提:
-1つ以上の区域を支配している
-イラン、コーカサス、またはアナトリアの文化グループに属する国である
-ペルシアではない
-AI管理ではない、または40以上の区域を支配している
-ティア3ではない

条件:
-ペルシアが存在しない
-AI管理ではなく、ペルシア文化のPOPが存在し、ペルシア文化が主要文化、または被統合文化である
-戦争中、または内戦中ではない
-以下の区域を支配している
--Babylon (918)
--Ekbatana (1595)
--Pasargadai (4951)
--Persepolis (4799)
--Nostana (6561)
--Arbela (880)
--Gazaka (1515)
--Opis (914)
--Hormirzad (4791)
--Zadrakarta (3435)
--Artakabana (6559)
--Sousa (946)

効果:
-AI管理で、ペルシア文化のPOPが存在し、ペルシア文化が主要文化でない場合、ペルシア文化が被統合文化に追加されます
-鉄人プレイで、AI管理ではなく、ヘラクレア・ポンティカである(あるいはヘラクレア・ポンティカでゲームを開始した)場合は、実績「Heraclea Persica」が解除されます
-ペルシアを形成します
-統治者がAmastris Achaimenid (82)と同じ氏族の場合、国名がアケメネス帝国になります
-政体が君主制で、帝国、皇帝崇拝でない場合、政体が帝国に変更されます
-それ以外の場合、政治的影響力:''&color(Green){+300};''
-イベント「Seat of Power」が発生します
-20年間、補正要素「''ペルシャ統一/Unification of Persia''」を取得し、次の効果を得ます
--被統合文化の幸福度:''&color(Green){+15%};''
--国内の自由民の産出:''&color(Green){+12%};''
-Persis, Media, Parthia, Ariana, Mesopotamia, Bactriana, Gedrosia, Assyria地域の所有していない区域に請求権を得ます
-5つの無料の州の投資を取得します

#endregion
*人口 [#i89b5045]
ゲーム開始時のアルメニアのPOPは710です。
文化的にはほぼ完全にアルメニア文化であり、かなりの少数派ですがカッパドキア地方にポントス文化が存在します。
国教はゾロアスター教ですが、人口の大部分は代わりにウラルトゥ教であり、国の南東部にはゾロアスター教徒は20%しかいません(そして西部のポントスPOPの中には少数派のキュベレー信仰が存在します)。

異教POPの割合が多いということは、宗教的統一と啓示の威力が最初は非常に低く、国教をウラルトゥ教に改宗するか、征服によってゾロアスター教のPOPをさらに獲得しない限り、その状態が続くことを意味します。

人口構成も部族民に大きく偏っており、少数の市民がシラセンとアララト地域の都市に集中しています。
都市が少なく人口密度が低いということは、アルメニアが最初は技術の研究に苦労し、慎重な計画なしには近隣諸国に追いつけないことを意味します。