《アルバトロス》

Last-modified: 2019-06-17 (月) 08:23:43

《アルバトロス/信天翁》

大規模技術交流により、医療チームから高い評価を受けている。シーガル医療機の後継機種が開発された。カーボンファイバーで製造されているため。より軽量で高速。その上高橋重工から新たに入手したアイススコール武器

距離:中距離戦向け
製造:ゼネラルエンジン

基礎性能

耐久:5160
重量:22
サイズ:5.7x5.7
速度:112

フレーム特性

治癒オーラ+炭素繊維機体毎秒味方全員の耐久値を1%回復。重ねがけ不可。飛行速度を上昇し、45%の確率でミサイル攻撃を回避

武装

普=通常 氷=氷結 火=火炎 雷=電撃 光=ビーム 爆=爆発

武器種類武器名称武器ダメージ及び弾数リロード時間武器属性
単発副砲搭載氷結砲166*11.2s氷3
単発副砲搭載氷結砲166*11.2s氷3
散弾ミサイルアイススコール196*64.0s氷3
散弾ミサイルアイススコール196*64.0s氷3

改造

1段階目:
2段階目:

おすすめパイロット

おすすめ装備

関連

カケラ入手先

||

その他

  • 最良の飛行機はなにか?というとこの機体になるだろう。
    特性により常にPTを回復し続け、武装も氷属性のみのため《冷凍弾》により相手のSPを減少させられる。
    囮機としての性能が凄まじく優れており、《形状記憶合金改》等により耐久性を得ると相手からすればとても厄介だろう。
    PvE、PvPどちらでも活躍が期待できる。
  • 余談だがこの機体、新たに追加された冷凍武器以外は《シーガル》からあまり変化がない。改造や強化で丸っきり変わってしまう事が多いアイサガにおいては数少ない「純粋に強化された低レア機」なのだ
    • 新たに追加された「アイススコール」も元は高橋重工製のAクラス戦車や戦闘機が持っていたもの。
      • 優秀な低レア機に低レア機の優秀な武装積んだらめっちゃ強いんじゃね!?という足し算理論で生み出されたのがこれというわけである
  • 機体ガチャからは排出されず、友情ガチャのみ出現するレアな機体。狙う場合の多くは闇市場のカケラかバッヂ交換になるだろう。
  • 対策が進んできたこともあり、アリーナの盾役としては若干不安が残るようになった。しかしそんなアルバトロスの新たな戦場は軍団戦であった
    • 《メルル》を乗せたアルバトロスは自分以外をターゲットにすることを許さず、ふよふよ漂いながら敵の主砲・ミサイルの尽くを回避する不沈の盾となる。他の三機に攻撃が向かうことは流れ弾以外まず無いため、制限時間いっぱい最大火力を発揮することが可能
    • 火力こそフルアタに比べ劣るものの安定性は高く、《ガラハッド》《レンジャー援護型》《ユリウスⅡ》辺りを生き延びさせればなかなかのダメージを稼げる。軍団戦の盾でお困りなら採用も一考の余地はある
      • 軍団戦タンクとしてのライバルは《バリスタ》《バリスタMK2》《チュートン》。正面抵抗流により殆どの大型ボス相手には無敵の防御を誇り味方への流れ弾も許さない。SランクとAランクなので揃えるのも楽。ただしオブシダンキングのみ通常属性耐性と取り巻きのせいで向いてない。
      • つまり取り巻きのミサイル以外では榴弾攻撃しかしてこないオブシダンキングは火力系飛行機でいいので、軍団戦にもアルバトロスの居場所はなかった⋯⋯