《ウァサゴ》

Last-modified: 2020-08-01 (土) 19:10:14

《ウァサゴ/瓦沙克》

謎に包まれた機体。現存のあらゆる機体とは異なる構造を持つ。所有者は機体と同じく謎に満ちた葵博士。この機体は超合金研究所で形態の変更が可能。分解は出来ない。

距離:中距離戦向け
製造:不明

改造時に同名の機体を消費しない

※初めから所持。1機限定

基本ステータス

耐久は改造後の数値

耐久:5200
重量:89
サイズ:6.4x7.6
速度:82

フレーム特性

改造一段階目FSフィールド:
6秒間榴弾以外の遠距離攻撃の大部分を遮断
改造二段階目再生式FSフィールド:
6秒間榴弾以外の遠距離攻撃を遮断。21秒後フィールド再生

武装

普=通常 氷=氷結 火=火炎 雷=電磁 光=ビーム 爆=爆発

武器種類武器名称武器威力・弾数リロード時間武器属性改造段階
連発主砲対戦車ショック砲213*34.0s普4
単発副砲ブレイクパルス666*16.0s光4
連発ミサイル対戦闘機ミサイル186*812.0s普4
特殊ミサイル盾内蔵式電磁攻撃機2発6.5s雷4
連発副砲頭部バルカン25*182.5s普3
剣型格闘決断の刃光4

専属能力

行動名称クールタイム改造段階
三段斬り3秒
居合切り6秒
シールドアタック2.5秒
ジャンプ全力斬り5秒
キャッチ(投)5秒
シールドL13.3秒
サイド回避L13秒
後方回避2.7秒
ミサイル反撃16秒
強襲20秒

おすすめ改造順

改造一巡目改造二巡目
武器-行動-フレーム-装甲武器-フレーム-行動-装甲

おすすめパイロット

《ベカス》

おすすめ装備

関連

その他

  • ヴァサゴではなくウァサゴ。誤植ではなくこちらが正式名称。
    • パイロット共々名前を勘違いされやすい。
  • ストーリーの主人公ベカスの愛機。
  • SSSの中では改造しやすい
    • ☆6~9への改造時に同一機体を消費せず、代わりに超合金1500を要求される
    • 改造しやすいといってもSランク以上の機体と比べればの話であり、A機と比較すると桁違いの改造費用が必要
  • 様々な形態へ変化させられる柔軟性こそが最大の特徴。メインメニューの開発の項目から好きな仕様を選ぼう。
    • その為にはストーリーを進め、専用の改造シナリオを解放する必要があるので注意。
    • 機体としてのおすすめは砲戦型だが手持ちに合わせて剣にして近接枠を補うなどそれぞれの環境に合わせて運用しよう
      • 格闘機にする場合パイロットを《ベカス》より格闘向きのパイロットを乗せよう。
      • 飛行型を使用した時に撃破数が増えてしまう仕様は修正済み。
  • 一応設定上は出ていないが実は《アガレス》《パイモン》などと同じゴエティアシリーズ、つまりソロモンの機体。設定画にLEMEGETON-03Aと書いてある。
    • LEMEGETONはソロモン機共通のナンバーであり、ウァサゴはその三番機ということがわかる。その事からこの機体はソロモン機体であるということがすぐにわかる。
    • だが、まだすべてが明らかになっておらずソロモン機体でありながら、製造元が不明になっている点や発掘された際、横にかつて消息を絶った青の剣聖晴の刀が落ちていた点などまだ謎が多い。
    • 後に登場した《シークレットキーパー》もウァサゴと似たような扱い。設定画などからソロモンとの関連が伺えるが、製造元の表記は不明になっている。
  • 設定としては発掘された古代のBMでありながら主戦級(平均?)の性能しか発揮しない凡百な機体として、とある組織からは所持を黙認されている不遇の子。
    • しかしどんな改造や復元を促しても能力値が変わらない不気味さを危惧している者もおり実際、眉唾ながら最強のBM《バアル》すら倒した伝承もあるらしい。さすが主人公機。
    • この機体には覚醒という姿があり装甲が展開して顔が変化する。それがウァサゴの本来の姿であり《バアル》を倒した時の姿だと思われる。
    • 中国では実装されており、すべての武装がビームとなり、更に強力なビームを胸から放つ。
    • ちなみにその姿は設定図で見られる。
  • ナデナデできない。剣装型などの換装機は普通にできるのだが…。
  • 2019/04/26のアップデートで、ブレイクパルスの威力が666に(41UP)。頭部バルカンの威力が25に(1UP)。
  • 2019/05/10のアップデートで、対戦闘機ミサイルの威力が186に(1UP)。機体行動:強襲の動作が更新された。