《ウァサゴG》

Last-modified: 2019-11-09 (土) 05:31:06

《ウァサゴG/黄金瓦沙克》

ウァサゴの実験複製品、長距離支援型。バアルに対抗するために高価な金メッキ塗装を施している。この機体は軍団のブラックテック研究所で形態の変更が可能。分解はできない。

距離:長距離支援向け
製造:ソロモン工業

※超合金Σ100と交換。1機限定
※改造時に同名の機体を消費しない

基本ステータス

耐久は改造後の数値

耐久:5500
重量:101
サイズ:6.4x7.6
速度:80

フレーム特性

改造一段階目FSフィールド+ゴールド塗装:
6秒間榴弾以外の遠距離攻撃の大部分を遮断。ビームダメージを25%軽減
改造二段階目FSフィールド+ゴールド塗装:
6秒間榴弾以外の遠距離攻撃の大部分を遮断。21秒後フィールド再生。ビームダメージを40%軽減

武装

普=通常 氷=氷結 火=火炎 雷=電磁 光=ビーム 爆=爆発

武器種類武器名称武器威力・弾数リロード時間武器属性改造段階
爆射主砲戦術ビームライフル176*65.0s光4
爆射副砲連射ビーム砲199*35.0s光4
連発ミサイル戦術ミサイル180*57.0s普4
爆射ミサイル盾内蔵式電磁ミサイル改225*35.5s電4
爆射副砲頭部光子機関銃36*83.0s光3
剣型格闘決断の刃G光4

専属能力

行動名称クールタイム改造段階
三段斬り後方回避3秒初期
シールドアタック2.5秒
シールドL13.3秒
サイド回避L13秒
後方回避3秒
ミサイル反撃16秒一段階目
強襲20秒二段階目

おすすめ改造順

改造一巡目改造二巡目
------

おすすめパイロット

おすすめ装備

関連

その他

  • 超合金Σ100個と交換できる機体。対ビーム特性を有しておりビーム機体が多い環境ではメタとして機能する。
  • この状態はそれほど強くない。MK2以降に換装してからが本番だが換装するためには軍団に入り研究所が開放されていなければならない。
  • 現在は未実装だがやっぱり爆射副砲だけの《ウァサゴG-MK5》の評価が高い。
  • 塗装カテゴリに《ゴールドコート》というパーツがあるので、恐らくこれを使用していると思われる。
  • ストーリーでは葵博士によって非常に高額な値段で販売され、《オスカー》の手に渡っている。どうやら自分の為にではなく誰かに渡す目的らしいが…。
    • ちなみにストーリ上での評価は久遠曰く、「パイロットを除けば、機体の出力、バランス、武器の配備共に非の打ち所がないですね。しかも、状況に応じて機体設定の変更もできる。もしこの機体が小説やマンガに出てきたら、主人公機で決まりですね。」
      一方ベカスの評価は、「外面だけは超高級なビームコーティングを塗ったくった、金色でピカピカで役立たずで詐欺まがいの機体
  • 実は FSフィールド持ちで唯一☆5でFSフィールドが再生式である。
    • 機体は☆6以降でなければ再生式にはならずしかも再生式でないものも多いためこの特性は《ウァサゴG》のみのアドバンテージである。
    • ☆6以降の改造ができなくても再生式 FSフィールドを得られる。
    • このため、《シールドコア》によって FSフィールドの再生間隔を減らせば防御力を強化できる。 そうすれば、 FSフィールドを最大限に生かせる。《オーランド》も乗せれば、それこそ無敵。更に《チチ》も。
    • いつのまにかこのこの個性は取り上げられてしまった模様。今はFSフィールド+ゴールド塗装となっている。
    • だか、再生式でなくとも、長期間FSフィールドを展開できるアドバンテージは変わらないし、比較的改造もしやすいため実現性も高い。
  • 2019/05/10のアップデートで、盾内蔵式電磁ミサイル改の威力が225に(2UP)。機体行動:強襲の動作が更新された。
  • 本国情報にてドローン特化型のG8が実装される模様。