《カラミティVII》

Last-modified: 2020-06-02 (火) 21:44:55

《カラミティVII/中国名》

古代の教廷騎士が使った機体、カラミティ。液体金属兵装が装備され、武器の形態を自在に変換することができる。

距離:近接向け
製造:テクノアイズ

基本ステータス

耐久は改造後の数値

耐久:6440
重量:126
サイズ:6.5x7.7
速度:84

フレーム特性

改造一段階目トゲ付き装甲:
28%の確率で格闘を無効化し、相手にダメージを反射する。
改造二段階目トゲ付き装甲+深淵の亡霊:
28%の確率で格闘を無効化し、相手にダメージを反射する。
致命傷を受けた時に再構築をして、耐久力を全回復。発動すると自機の攻撃力を35%減少。

武装

普=通常 氷=氷結 火=火炎 電=電磁 光=ビーム 爆=爆発 酸=アシッド

武器種類武器名称武器威力・弾数リロード時間武器属性
剣型格闘デヴァステイター普4
剣型格闘デヴァステイター普4
特装武器アシッドミスト77*17.0秒酸5
特装武器アシッドミスト77*17.0秒酸5
剣型格闘デヴァステイター・W普4
剣型格闘デヴァステイター・W普4
拳型格闘デヴァステイター・T普4
拳型格闘デヴァステイター・T普4
拳型格闘デヴァステイター・C普5
拳型格闘デヴァステイター・C普5
爆射主砲デヴァステイター・N280*57.0秒爆4
爆射主砲デヴァステイター・N280*57.0秒爆4
  • アシッドミスト…ゆっくりと前進する腐食ガスを散布する。特装武器だが単発武器判定も有効。

専属能力

行動名称クールタイム
フラリー2秒
イムブレイス(投)9秒
スパイク(反)7秒
ブロックL23秒
サイド回避L13秒
高速ダッシュ3秒
パニッシュメント10.5秒
ラースオブゴッド17秒
  • フラリー…デヴァステイター(片刃剣)での滅多斬り。
  • イムブレイス…デヴァステイター(ドリル)で、抱き付くような格好で相手を挟み込む。命中すると、ゆっくり後退しながら掘削攻撃。
  • スパイク(反)…デヴァステイター(チェーンソー)を正面に突き出しながらの突進。
  • パニッシュメント…大ジャンプからのデヴァステイター(釘バット)叩きつけ。叩きつけた際に燃焼ガス(火炎属性)を散布する。
  • ラースオブゴッド…片刃剣で突進突き2回→敵を掴んで投げ2回→燃焼ガス散布→釘バットで殴打2回→アシッドミスト散布→槍を突き出しながら爆射主砲斉射。

おすすめパイロット

おすすめ装備

関連

カケラ入手先
ランダム事件-戦争院の狼犬 戦役38
傭兵クエスト
太陽の翼
 

その他

  • 傭兵クエストで多くの指揮官に絶望を与えた機体
  • ……のだが、実際に使ってみると足が遅く、攻撃は当たらず…とやや使い辛い印象がある。
    そこ!ガチャ限定じゃないから弱いなんて言わない!
  • 機体行動のフラリーはflurry。(突然の)動揺、混乱
    イムブレイスはembrace(抱擁)。
    パニッシュメントは処罰、刑罰。
    ラースオブゴッドは神の怒りとなる。
    • デヴァステイターは「荒廃させるもの、破壊者」
  • 傭兵クエストでは火力マシマシの射撃機4機で引き撃ちが有効……と言われるように、高速前進やテレポートが無く、機動力が最低クラス。《ニーズヘッグ》のように飛び道具も無いので遠距離ユニットには滅法弱い。
  • また、傭兵ならいざ知らず実際に使ってみると攻撃がまともに当たらない。まともに全部当たるとナーフ必至レベルなので順当とも言えるが。
    • 武器数は各種2つずつの計12個。多すぎて試すだと、デヴァステイター・N が表示されない上に機体行動のゲージもバグる。
      • アシッドミストが飛び抜けて優秀な武装。シールド扱いなので半径を大きくしたり接続時間を延ばしたり出来る。
        特装武器強化と単発武器強化の両方効果が有るのも良い。《マリル》の一発入魂や《レイラ》のクリティカルバーストも対象。(《レイラ》の場合他の武装のせいでASが完全に不発になるが)
        おすすめされてる《傲蘭》のASは連続でミストを発射するため強力。
      • デヴァステイター・N は爆射主砲…なのだが、機体行動専用の武装の為、《スロカイ》のASでも使用出来たり出来なかったりする。
        リロードが完了していたら撃てる。でなければ不発になる。
  • フレーム特性は非常に優秀の一言に尽きる。
    • 再構築後の攻撃力減少とあまりにも狭い攻撃範囲をスキルでカバー出来ると同時に持ち前の脆さをカバー出来て相性の良い《リンダ》、回復+ゾンビで異常に耐えるタンクが出来る《英麒》などが候補になるだろうか。ちなみに《瞳》の再構築の優先順位は不屈のようにフレーム特性が先に発動する。
      • カラミティⅦのフレーム特性の再構築はパーツ効果の自爆や地雷などは発生しない。《瞳》を使って悪さできるのはないかと真っ先に考えるがこの効果と攻撃力ダウンが合わさり相性はあまり良くない。
      • 格闘を捨てた腐食特化の型も存在する。乱戦の中にアシッドミストの華を咲かせると、割とエゲツないダメージを与えられる。
  • 機体行動の火力はアホみたいに高いが、《ナイトメア》《メフィストフェレス》《スノーフレーク》《黄龍霊式》を始めとする避ける機体、反撃行動が強い機体には攻撃がほとんど当たらない。ドラ◯エのまじん斬りみたいものだと思うと良いかもしれない。
    • 特にパニッシュメントが邪魔者で、丁度機体一つ分くらいジャンプして通り越すのでまともにヒットしない。移動速度アップパーツを付けるとその分飛距離が増すので、その後のそのそと歩いて近づく様はもはや一発芸レベルである。
  • 最強行動のラースオブゴッドも、行動開始から

発動時突進┳再度突進┳投げ判定━成功━最後まで続行
     ┃    ┃  ┗━━失敗━終
     ┃    ┗ミス━終 
     ┗ミス━終

こんな感じ。しかも最初の突進が当たり辛い上に二度目の突進後と投げ技直前に回避行動で逃げられやすい。逆にその時にノックダウン出来ていれば大体最後まで持っていける。
……が、投げ技直後にも相手に自由が与えられる為、爆射主砲斉射はオマケ程度に考えておこう。

  • 総じて、見た目とカタログスペックは良いものの、やはり傭兵、堀り機体なだけあって微妙な機体。誰かがクソ強い組み方を発見する日が待ち望まれる。

などと言われているものの、現在マスター帯上位では《英麒》を乗せたカラミティが多く使われている。
復活能力に加え格闘反射もあり囮向けだからだろうか?

  • ところで自分自身には腐食耐性ないのに腐食ガス撒いてて自分でダメージ受けないのだろうか…