《シークレットキーパー》

Last-modified: 2021-01-08 (金) 03:15:42

《シークレットキーパー/中国名》

マキャベリがチュゼールの遺跡から発掘された超古代の「鍵」。独特のメカニズムと、不可解なデータを多数持っているブラックボックスを内蔵している。当初の命令のように、鍵は外の世界から古代の秘密を守っているが、そのような鍵で封印されるに値する門は既に暗闇の中に埋められた。

距離:長距離支援向け
製造:不明

基本ステータス

耐久は改造後の数値

耐久:6240
重量:126
サイズ:6.4x8.0
速度:76

フレーム特性

改造一段階目広域FSフィールド:
広範囲のFSフィールドを展開。5秒間榴弾以外の遠距離攻撃を遮断。
改造二段階目協同オーラ:
全体オーラ:シールド、フィールド効果の持続時間増加、または発動間隔-20%、重ねがけ可

武装

普=通常 氷=氷結 火=火炎 雷=電磁 光=ビーム 爆=爆発

武器種類武器名称武器威力・弾数リロード時間武器属性改造段階
拳型格闘ザ・キー普5初期
連発副砲I・ボックス300*2氷4
単発ミサイルF・ウォール1発5.0秒火4
単発ミサイルE・チェーン1発5.0秒雷4
特装武器L・ライン3発15.0秒光5
散弾主砲EX・ボール360*310.0秒爆5
爆射格闘ザ・コード3発9.0秒普4
  • I・ボックス:右手で黒い弾を投げつける。着弾点で爆発し、氷結と攻撃力ダウンを付与。
  • F・ウォール:胴部から赤い火の弾を射出。弾そのものには命中判定なし。一定距離で2発に分裂して前後に展開し、静止後火炎放射を放つ。火炎放射は弾の間を行き交う様に放たれる。貫通効果あり。複数発設置されると、その全ての弾の間に火炎放射が飛び交う。
  • E・チェーン:F・ウォールの電磁属性版。
  • L・ライン:貫通するレーザーを連射するドローンを3機射出。ドローン砲迎撃が反応しないので厳密にはドローンではない可能性あり。全体効果のミサイル妨害は受ける。《ブラックテック弾》で弾倉+1にしても3機しか出ないので無意味。
  • EX・ボール:左手から黄色い光球を3発同時発射する。光球はフラフラと蛇行しながら、超低速で飛ぶ。着弾点で爆発し、当たった敵の動きを一瞬止める。誘導性有り。
  • ザ・コード:左手から弾丸を発射する。弾丸は即座にワープし、標的の至近距離に再出現後、直進する。1発5ヒット。

専属能力

行動名称クールタイム改造段階
キーアタック2秒初期
シールドアタック2.5秒
シールドL13.3秒
サイド回避L13秒
後方回避3秒
インターセプション15秒
ピンボールボム20秒
  • キーアタック:左手のザ・キーによる2連斬り。
  • インターセプション:F・ウォールとE・チェーンをそれぞれ2セットずつ射出する。
  • ピンホールボム:一回り小さい代わりに弾速がやや速いEX・ボールを、標的の側に召喚する。黄色5発、青5発。青い方は電磁属性。

おすすめ改造順

改造一巡目改造二巡目
------

おすすめパイロット

《黛》《リルル》《レイラ》《マキャベリ》

おすすめ装備

関連

カケラ入手先
ランダム事件-古代からの機体 戦役29~32
シークレットキーパーの情報 戦役29~32章
傭兵クエスト
 

その他

  • 戦役33章と同時に実装されたドロップ限定で入手できるマキャベリ専用機
  • 手に剣は持っているものの豊富な射撃武器による攻撃と妨害を主とするバリバリの遠距離機体
    • 武器の殆どが他の武器にはない特殊な攻撃方法とまるで弾幕ゲームのような美しさと攻撃密度を持つ
  • キーブレード使い
  • ランダム事件及び傭兵クエストでは妨害能力と高耐久更に《マキャベリ》の持つ直感によるAS回避によって攻撃をし続けるのが難しくなっている
    • 火力も低いわけではなく十分な育成が済んでない編隊では返り討ちにあうこともしばしば
    • 難易度は《ディアストーカー》《カグヤ》以上でエンドコンテンツといっていい
    • ランダム事件は、同じ高難易度事件の「最古の騎士団」をクリア出来る編成なら特に苦労はしない。アンチステルス持ちを追加する程度。
      傭兵クエストでは、ヒット数の多い攻撃ばかりな為に《ハードシェル》や剛毅の効果が薄れやすい点に注意したい。
  • 武器の種類が豊富な為パーツを揃えるのが難しい。
    • 更に属性が殆どバラバラのため属性強化も難しい。
    • 逆にあらゆる属性を持っているため耐性をつけたとしても相手が耐性を持たない属性で攻撃可能。
    • 比較的ミサイル・ドローンが多いため《高出力電池》は相性が良い方
    • 通常以外の全属性を強化できる《エレメントコア》とは非常に相性が良い。そのほか、エレメンタラーを持つパイロットも相性良し。
    • F・ウォールとE・チェーンは、同時設置数に比例して、指数関数的に攻撃範囲と総火力が伸びていく。装填速度と弾数を増やせる《高速装填装置》や、発射数を増やすスキルを持つ《ハインリヒ》《レイラ》と組ませると弾幕STG状態に出来る。
      • 《レイラ》の場合、派手なだけで劇的な火力の変化は起きない
      • F・ウォール、E・チェーン共に設置弾の間の弾は45ヒット(弾が2つの時。増えたらわからない)で、《高出力電池》を積んで試してもヒット数が変わらないことからドローンではないと思われる。また、《シェリー》のスパイダーマンで静止後の弾が移動する……地雷なのか?
        しかし《黛》の霊蛇の舞は発動するし……わけがわからないよ……
      • 分裂後の玉1個につき23ヒット(つまり通常46ヒット、同時展開で92ヒット)と思われる。わざわざミサイルに特化する意味は薄いかもしれない。説明動画→https://youtu.be/zbyE-6RtmrA (無音)
      • 上記の動画でも触れているが《セラスティア》のマインドゾーンを受けると分裂時に4個になるバグがある。
    • 2019/06/24に追加された《マルチスレッドシステム》はまさにそんなこの機体向けのコアパーツ。火力を上げるならこちらを。
  • 全ての武器タイプ・攻撃モード・攻撃属性を有するため強化も対策も工夫が必要となるだろう
  • 星9まで改造し、ある程度アリーナで運用してみた感想を載せておく
    • まず全体的にダメージ発生が遅く火力がない。F・ウォールやE・チェーンは展開するまでが非常に遅く、機動力の高い機体にはスルーされる。インターセプションで複数個設置しても設置方法によっては全く当たらない
      • もし当たったとしても状態異常対策をされていたら簡単に抜けられカス当たりで終わる。堅忍持ちの場合、無駄にヒット数が多いので即Gモードに入られるなど問題が多い
    • 密匙やI・ボックスの射程が短いためやたら前に出る。特に相手の遠距離機をロックした場合、近接機を押しのけて前に出るほど前進するため被弾が非常に多い
      • 射程以外は発生・弾速共に優秀なのに……
      • マキャベリを乗せることでこの"前に出る"という欠点はある程度利点に変わる。ただし他のパイロットを乗せる場合は割と致命的
    • EX・ボールやピンボールボムは発射から命中までのラグが非常に大きい。そのため耐久が低い相手を落とすのに時間がかかったり、落としきれずに回復されたりする
      • 誘導性能が低いせいか《機械神の加護》のようなシールドに弾かれると機体の周囲を漂ってそのまま消えることがある。
    • L・ラインは特装武器なだけあってかなり優秀な性能。ただし多段ヒット+ビーム属性なのが玉に瑕
    • 火力が低く前に出やすいという後衛機としては致命的な欠陥を持っている。その割に武器種がバラバラで武装の命中率も劣悪、誰を乗せても火力が伸びないと色んな意味で《マキャベリ》専用機である。
      • 正直火力を求めるだけ無駄なので、フレーム効果も合わせて妨害+サポート機体として運用するのが1番強く戦える
    • 総評としては堀限定らしい微妙な機体と言ったところ。とにかく火力がない&ダメージ確定までにラグがあるので《ブレーキングドーン決戦型》のような火力のある機体と一緒に編成しないと状態異常対策が進んだアリーナで戦うのは厳しい
    • 武装・機体行動の殆どが弱いので性能目当てで掘るのは全くもってオススメしない
  • 2020/9/25のアップデートで耐久値が6240に変更(180UP)。