《セト》

Last-modified: 2020-03-15 (日) 04:33:01

《セト/塞特》

第6次アフリカ統一戦争中に、新エジプト王国の依頼を受け製造された、当時の地中海工業の最高峰の機体。その性能は今もなお称賛に値する。

距離:長距離支援向け
製造:地中海複合工業

基礎性能

耐久:6000
重量:89
サイズ:9.5x8.0
速度:82

フレーム特性

リベンジ+直撃仲間が撃破されると発動。耐久値を50%回復し、攻撃力を5秒上昇。全ての攻撃時33%の確率で敵の防御、ブロック、フィールド、迎撃を無効化。重ねがけ不可

武装

普=通常 氷=氷結 火=火炎 雷=電撃 光=ビーム 爆=爆発

武器種類武器名称武器ダメージ及び弾数リロード時間武器属性
爆射主砲破壊光線砲299*35.0s光4
爆射副砲複合レーザー130*33.0s光4
爆射副砲複合レーザー130*33.0s光4
爆射ミサイルデーモンミサイル312*34.0s爆4
爆射ミサイルデーモンミサイル312*34.0s爆4

改造

1段階目:
2段階目:

おすすめパイロット

《ウッド》
《エル/フル》

おすすめ装備

関連

カケラ入手先
6~10-ランダム事件-アフリカの三人組

その他

  • 《ユリウスII》と同様、《ウッド》を載せボスキラーとして運用される機体
    • ただしダブルアタックを持たないため《マルチCPU》はほぼ必須。SSSランク故の入手しづらさもあって結局《ユリウスII》で済まされがち。
    • ビームがメイン兵装となるためプラズマ弾を積んで破防役をこなせるのがユリウスⅡ、アトミックタンク援護型には無い強み。
    • ただし、それでもマルチCPUが無ければユリウスⅡ、アトミックタンク以下の攻撃力となってしまう。
    • ランク相応の耐久力は持っているため、流れ弾が無視できない軍団ボス等では一考の余地あり。パイロットスキルを大きく超える発動率の直撃持ちなのも長所。
  • 武装とフレーム特性を開放した星7の段階で砲台としては完成する。属性耐性も優秀だが、戦車は全力リロードしてなんぼ(=敵に狙われないのが前提)なので優先度は低い。
  • 地味な機体ではあるが攻防共に高水準で、《ウッド》抜きでも火力支援機として十分通用する。戦車はいいぞ。
    • 《エル/フル》を乗せるとダブルアタックと全属性への耐性を獲得してスキのない性能になる。パーツ選びの自由度も大幅に高まるのでオススメ。
  • 地中海複合工業機体はギリシャ神話由来の名前がほとんどなのだが、「セト」はエジプト神話に登場する神様。依頼主である新エジプト王国への配慮だろうか?