《テュポン》

Last-modified: 2020-03-15 (日) 04:27:59

《テュポン》

これは戦車などではない! 火力に置いても、移動速度においても、すでに要塞である

距離:長距離支援向け
製造:地中海複合工業

基本ステータス

耐久:初期
改造一段階目
7000改造二段階目
重量:218
サイズ:10.0x9.3
速度:37

フレーム特性

不敵装甲1度に受けるダメージが、自身の最大耐久値の3%を超えない。改造一段階目
┗+安定型めまい、吸い込み、タックル、吹き飛ばし効果を無効化改造二段階目

武装

普=通常 氷=氷結 火=火炎 雷=電撃 光=ビーム 爆=爆発

武器種類武器名称武器威力・弾数リロード時間武器属性改造段階
単発主砲巨人のハンマー900*19.0s普4
単発主砲巨人のハンマー900*19.0s普4
単発主砲巨人のハンマー900*19.0s普4
爆射主砲Gキャノン砲159*46.0s普4
爆射ミサイルATM160x2400*28.0s普4
爆射ミサイルATM160x2400*28.0s普4
単発ミサイルトライデントミサイル300*13.0s普2
単発ミサイルトライデントミサイル300*13.0s普2
  • 爆発推進を使用可能。安全時に全力リロード。
    通常ダメージを32%軽減。

おすすめ改造順

1段階目:
2段階目:

おすすめパイロット

《フィロ》《マリル》

おすすめ装備

関連

カケラ入手先

||

その他

  • 戦車はいいぞ。
  • 《アルゴス》《ヘカトンケイル》《サイクロプス》が三身合体して誕生した戦車。(実際に上記の三体で開発が可能)
    • 小学生の改造ガンプラ並みに武器を詰め込んだせいか、鈍足かつ機体サイズが10.0にまで達している。その為、通常であれば両脇をすり抜ける確率が高い両手撃ちの攻撃に対して被弾率が上がってしまった。
  • 武装
    • 脅威の8種。更に通常属性のみ、かつ単発主砲に偏っているのでパーツやパイロットの恩恵を受けやすく総合火力が非常に上がりやすい。
      • フルファイヤなどの一斉射撃系との相性が良く、爆煙で見えなくなる程激しく連射する姿はまさに漢の浪漫である。
    • どうしても実弾系の欠点として弾速の遅さの問題が付き纏うので翼安定弾や弾道学を持ったパイロットと組み合わせると命中率が上がる。
    • 長射程武装のみ、かつ近接格闘を持たない武装構成の為、一定距離を保って射撃し続けてくれる後衛の鑑。
    • が、このせいで敵機の間合いから離れすぎていると特殊行動である全力リロードが暴発。リロードが長い武装のせいで置物になる可能性が高い。
      • 検証した結果、ATM160とトライデントミサイルの射程が他と比べて短い為、主砲を撃ち切った段階で距離が離れていると弾切れ判定を起こして暴発しているようである。
      • 特に事故が起こりやすいのは《テレサ》《エレイン》などのエースパイロットのスキル持ち。武装切替速度だけ上がってしまうので待機時間が長くなってしまう。
    • 抜根的な対策は無いが、装填速度を上げる高速装填装置やダブル冷却コアなどを積んで少しでもリロード時間を短くしよう。
    • 武装数の強みを活かす場合、装填速度だけ上げても武器切り替えが追いつかず使用頻度の低いトライデントミサイルが腐ってしまう。スーパー冷却コアなどで武器切替速度を上げたい。
      • 前述の問題がある為、パーツ選びは慎重にしたい。
  • フレーム特性
    • 有用なフレーム特性の耐性の高さによって本来苦手な近接タイプとも真正面から戦える貴重な戦車。改造項目に一切無駄が無いので9凸しておきたい。
    • フレーム特性・安定型によって幾ら攻撃を受けても砲塔回転が発生せず、車両タイプの弱点である不安定さが完全に解決している。
    • フレーム特性・不敵装甲は解放時点でLvMAXのハードシェルと同じ効果がある上、通常ダメージを70%カットする※32%カットに修正。によって通常格闘タイプをほぼ無力化できる。そして他属性に防御を回しやすく、電気メッキ装甲で自身の防御率を固めるも良し、後衛型を活かして耐ビームフィールドを装備させる事で全体の生存率を補助すると選択肢が増える。
  • 弱点
    • 最大の弱点は能動的な回避及び防御に値する特殊行動を持たない点。爆発推進は無敵状態での長距離移動だが、発動率が低すぎて頼りには出来ない。その結果、ターゲットにされると一瞬で落とされる可能性があるのでステルスコートや偽装コートなどでタゲを切って仕切り直しをするパーツ構成も考慮したい。
    • 現在の環境では単発火力をいくら高めてもハードシェルや銃弾フィールドで全力を発揮する事が出来ない。その為、武装数による波状攻撃で相手の回避行動を消費させ、命中率を高めるのが基本戦術となるだろう。更に高速装填装置などでリロード速度を上げて重撃弾やスタングレネードで転倒やノックバックも狙おう。
    • その巨体故、横並びになった砲塔が影響を受けており、ATM160という武装は例え照準が合っていても、小さい機体相手だと両脇をすり抜けてしまう。
      • 冒頭のサイズの件も含めて小型相手には滅法弱い。とはいえ高ランク機体は大概デカいので、それほど気にしないようにしよう。
      • ATM160は衝撃付きだが、直進軌道の為、当たりにくい。
      • トライデントミサイルは当たりやすいが、本当にただそれだけのミサイル。威力も低い。
  • 戦車はいいぞ。
  • 2019/04/12のアップデートでATM160の装填時間を8秒まで調整(0.5秒短縮)
    • 説明文には「要塞である」などと書かれているが実際にはこの要塞よりも耐久値のある古代生物とショベルカーが存在する。ショベルカーに関してはながらメンテナンスもある為単純な体力ではこちらが負けている。
    • しかしながら武装の多さと受ける通常属性ダメージ70%軽減はなかなかのモノ。特に専属能力は協力で《電気メッキ装甲改》《万能コート》と組合せれば全属性に協力な耐性を付けることが可能。耐久値においても要塞であって欲しかった。
    • 以前までは通常属性70%という圧倒的な硬さがあったが、サイレント修正により現在では通常属性32%軽減になり、その優位性は失われてしまった。