《パイモン》

Last-modified: 2020-09-26 (土) 22:01:10

《パイモン/拜蒙》

古代メカLM-09-Paimon。AD2100年の「終末戦役」において、十二巨神シヴァに敗れ激しく損傷した結果、チュゼールの川に沈んだ。

距離:近接戦向け
製造:ソロモン工業

基本ステータス

耐久:4420初期
5200改造一段階目
6240改造二段階目
重量:101
サイズ:6.4x8.0
速度:93

フレーム特性

改造一段階目FSフィールド:
6秒間榴弾以外の遠距離攻撃を遮断。
改造二段階目FSフィールド+風の力:
6秒間榴弾以外の遠距離攻撃を遮断。移動速度を25%上昇。スロウと吹き飛ばし効果を無効化

武装

普=通常 氷=氷結 火=火炎 雷=電撃 光=ビーム 爆=爆発

武器種類武器名称武器威力・弾数リロード時間武器属性改造段階
剣型格闘ゲールソード光4初期
特装武器EMPバースト246*112.0秒雷5一段階目
特装武器暴風波134*110.0秒普3初期
特殊ミサイルシルフ攻撃機2発8.0秒光5二段階目
  • 暴風波とEMPバースト:自機全周囲へ範囲攻撃。敵を引き寄せる。
  • シルフ攻撃機:敵の周囲へビットが飛んでいき4秒ほど非貫通単発ビーム攻撃を繰り返し行う。

専属能力

行動名称クールタイム改造段階
ゲールストライク2秒初期
エネルギー吸収(投)5.5秒
サイド回避L12.4秒
ブロックL13.5秒
高速ダッシュ3秒
イーストウインド7秒一段階目
烈風18秒二段階目
  • ゲールストライク:三回近接攻撃。
  • エネルギー吸収(投):右腕から前方へビームを出し、ビーム射線上へ引き寄せ&自機HP回復
  • イーストウインド:暴風波を放ちつつ全周囲を攻撃。
  • 烈風:ゲールストライク>暴風波&EMPバースト>シルフ攻撃機

おすすめ改造順

改造一巡目改造二巡目
武器-行動-装甲-フレームフレーム-行動-武器-装甲

おすすめパイロット

《リンダ》
《ベカス》
《コンスタンス》
《バイロン》

おすすめ装備

関連

「入手先」
戦役28章ランダム事件
開発
太陽のバッジ

《パイモン・GS》超改造

その他

  • 優秀な近接機体だが入手が非常に困難。現時点で未所持のプレイヤーが機体を重ねて改造を進めるのはかなり厳しい。
    • 太陽のバッジからの入手以外では戦役28話のランダムイベントでカケラを掘るか、開発の1日1回ランダム抽選で当たりを引くしかない。
    • ガチャのピックアップ対象になることもあるのでそのときに狙うのも手。ちなみに普段のガチャでは出ない。
    • SSSスフィアからも一応入手可能。運が良ければだが。
  • この機体よりももっと入手困難な機体が増えた現在では手ごろで強い機体と認識されている。
    超改造先の《パイモン・GS》は環境でもよく使われている機体なので、アリーナ上位を目指すなら是非ともバッジで入手をオススメする。
  • 自身を中心とした範囲攻撃が強く、近接機体でありながら複数体の耐久を削ることができる。特に《リンダ》との相性は抜群でマップの半分に届こうかというほどの攻撃範囲を得る。
  • 機体AIはそこそこ優秀で、シルフ攻撃機を積んでいても《ベアリング》が無くともまごつく事は少ない。
  • エネルギー吸収を当てると耐久を回復できる。投げ技扱いで拘束力も高い。
    クールタイムが短く火力高め範囲広めと優秀な機体行動であるが、使用優先度が低いのが悩みの種。
    • AI改善に定評のある《ベアリング》でも優先順位の問題は直せない。だが技の回転を早めること自体は有効。
      一番効果があるのは《宏武》を使って他の技を高速で撃たせ、エネルギー吸収を使うしかない状況にしてあげること。
    • 《伝動コア》や奥義でクールタイムを短縮するのはこの場合は逆効果。ゲールストライクを使いたがりエネルギー吸収やイーストウインドを出さないという悪い癖が出やすくなる。
    • 《バイロン》の全面吸収を合わせればEMPバーストや暴風波などを複数同時に当てることで大量に耐久吸収でき、エネルギー吸収の補助になる。更に風磨手裏剣を囲まれた際に使えば、より複数体の耐久を削れる。
  • 自己回復ありきで攻撃重視にしていると転倒などして攻撃機会を逃したとき一気に落とされる。長持ちさせたい場合は状態異常耐性を高めておこう。
  • イーストウインドは暴風波を放ちつつ全周囲攻撃するという行動だが、もし暴風波がリロード中でも即装填完了して発射する。
    • 素の状態だと暴風波はリロードが遅いのでイーストウインドで強制発射されてばかりだが、射撃武器の装填速度を上げまくれば暴風波→イーストウインドのコンボも可能。ロマン。
  • 特装武器が二つあるため《ブラックテック弾》と相性が良い。
    暴風波はイーストウインドと烈風によってリロード待ちを無視して発射されるので、弾倉増加の恩恵が大きい。
    EMPバーストに関してはEMPバースト→烈風のコンボで元から連続で使用できていた。ブラックテックを付けるとリロードが伸びて烈風専用武器と化してしまうので発射頻度は変わらず。
    • 烈風を早く使える極意持ちやASの相性が良い《ベカス》を乗せると更に火力が上がる
  • 素の速度が67と格闘機にあるまじき鈍足。フレーム特性込みでやっと《闘将改》《the・SIN-II》などの標準的な格闘機の速度に並ぶレベル。風属性っぽさは飾り。
    • サイ○スターっぽいのにね
    • ペット《ラス》を積むことで足回りの遅さと生存力を補強できる。
    • 《ミラクルコイル》等で移動速度を補いたいところ
    • 高速ダッシュ持ちの為、実際に運用するとそこまで足の遅さは気にならない。高速ダッシュはダッシュの上位互換。ダッシュの倍近い距離を移動できる。
      通常、ダッシュ持ち機体超改造すると高速ダッシュを得られる場合が多いが、パイモンの場合は最初から高速ダッシュを持っている為、超改造により更に上位の高速前進を得られる。
    • だが、ここ最近のアップデートで速度が93にアップし足の遅さは改善された。フレームのアップも含めると116となる。
  • ソロモン機体の為、FSフィールド持ち。序盤は飛び道具の邪魔を受けずに機体の火力を発揮できる。再生式ではないが、2回目の改造で有用な状態異常耐性を得る。
  • 模擬戦で非常に強力な機体のひとつ。シルフ攻撃機を出しているだけで戦闘が終わる。
    • また、SPがたまれば、烈風を連続使用できるため、大量の敵を撃破可能。
    • エネルギー吸収でお手軽に回復までできる。
  • 過去の大戦で十二巨神シヴァに敗れたという記述通り、シヴァの1枚絵をよく見るとパイモンの頭部が確認できる。
  • 2020/9/25のアップデートで烈風の合計ダメージが1580に変更(320UP)。