《巨闕改》

Last-modified: 2019-11-23 (土) 13:43:36

《巨闕改/巨阙》

巨闕の近距離制圧型。その散弾を受けた時の衝撃は、列車と衝突したかのよう。それで死なずに済んだなら幸運に思えるかもしれないが、すぐに気付くはずだ。撃ち込まれた散弾は間もなく爆発すると……

距離:近接戦向け
製造:崑崙研究所

基本ステータス

耐久は改造後の数値

耐久:6700
重量:154
サイズ:6.4x8.3
速度:67

フレーム特性

改造一段階目ノックダウン:
27%の確率で相手をノックダウンし追加ダメージを与える
改造二段階目ノックダウン+直撃:
27%の確率で相手をノックダウンし追加ダメージを与える。27%の確率で防御を無効化し直撃する

武装

普=通常 氷=氷結 火=火炎 雷=電磁 光=ビーム 爆=爆発

武器種類武器名称武器威力・弾数リロード時間武器属性改造段階
散弾主砲分離式散弾銃6発3.0s爆4初期
散弾主砲分離式散弾銃6発3.0s爆4
単発主砲盾式スピア525*14.0s爆3一段階目
単発主砲盾式スピア525*14.0s爆3
連発ミサイル分離式ミサイル6発5.8s爆4二段階目
連発ミサイル分離式ミサイル6発5.8s爆4

専属能力

行動名称クールタイム改造段階
スピアアタック2.5秒初期
盾砲突撃(反)4秒
シールドL23秒
格闘回避2.5秒
近接猛虎投げ(投)4秒一段階目
鉄山靠9秒二段階目

おすすめ改造順

改造一巡目改造二巡目
------

おすすめパイロット

おすすめ装備

関連

カケラ入手先
ランダム事件「極東の女教官」18~21
 

イベント「ブレイブ」で一定数のカケラが入手できた
開発(《巨闕》⇒巨闕改)

超改造

《巨闕崩山改》
《採掘戦士》(ブレイブ限定素材が必要)

その他

  • 「コケツ」と読む。人体のツボの一つ。正中線上の鳩尾のやや下にある部位。
    • 巨蠍、巨蟹ではない。
    • 臥薪嘗胆の故事で有名な越王勾践が持っていた名剣の名前でもある。おそらくこちらが由来か。
  • ゲーム内では元極東将校のローザが登場してくる。一緒に登場する竜胆改、闘将改が強力な他、耐久値が高くノックダウンをばら撒いてくるため18章に到達したばかりでは苦戦するだろう。
  • ゲーム的には近接距離で戦う射撃機で扱いが難しい。わりと前線に突っ込んでいって孤立して死んだりする
  • でも鉄山靠からの猛虎投げは圧巻。ダブルバレルショットガンとパイルバンカーという漢らしい兵装もロマンがある。
    • ちなみに鉄山靠は八極拳の基本的な技の一つで、懐に入り込む際に背や肩を打ち付け相手の体勢を崩すというもの。
  • 分離式ミサイル(武装第二段階)を開放していると中距離でうろつくことが増えるため、近接機体として運用したい場合、鉄山靠を生かしたい場合は★8止めがおすすめ。
  • とにかく吶喊後に拘束されて死なないことが大事なのでアースチェーンor懸架装置orゴリラは必須と言っても良い。また、全武器が爆発武器かつ範囲が重要な爆風タイプではないので高い攻撃倍率を生かせる濃縮爆弾もおすすめ。
  • 何故か巨闕の強力な耐久向きだったフレーム特性の底力+不屈が欠片も残らず消えている、なんでや…