《飛影》

Last-modified: 2019-05-20 (月) 23:16:22

《飛影/中国名》

本機は高橋重工の最高機密、分身システムが搭載されている。強力な攻撃を受けると、実体のある分身を作り出す。僅か数秒だがパイロットの助けになるだろう。

距離:中距離戦向け
製造:高橋重工

基本ステータス

耐久は改造後の数値

耐久:5600
重量:68
サイズ:6.1x7.5
速度:89

フレーム特性

改造一段階目影分身:
耐久値が60%になると、分身1体を造り出す。分身は最長5秒持続
改造二段階目多重影分身:
耐久値が60%、40%になると、それぞれ分身1体を造り出す。分身は最長5秒持続

武装

普=通常 氷=氷結 火=火炎 電=電磁 光=ビーム 爆=爆発

武器種類武器名称武器威力・弾数リロード時間武器属性改造段階
剣型格闘螺旋切り普4初期
散弾副砲ローラー機関銃改95*95.0s普4一段階目
散弾副砲ローラー機関銃改95*95.0s普4二段階目
散弾ミサイル煙幕陣240*510.0s普4初期

専属能力

行動名称クールタイム改造段階
螺旋斬2秒初期
居合斬り4.5秒
ジャンプ斬4秒
サイド回避L13秒
ミサイル回避3.5秒
高速ダッシュ3秒
回旋手裏剣10秒一段階目
風魔手裏剣14秒二段階目

おすすめ改造順

改造一巡目改造二巡目
------

おすすめパイロット

おすすめ装備

コア
銃弾
補助
装甲
塗装
ペット

関連

カケラ入手先
戦役8-6
戦役27~29-ランダム事件-くノ一
模擬作戦6-6
 

《飛影・烈火》《飛影・雷電》《神威》開発に必要。

その他

  • 飛影シリーズのベース機。トビカゲではない。いいね?
  • 中距離戦向けの格闘機というやや珍しい機体。それって微妙では?と思われるかもしれないが、飛び道具である二種の手裏剣は勿論、居合斬りやジャンプ斬りでしっかり距離を詰めながら攻撃できるのでごあんしんください。
  • 地味にフレーム特性の多重影分身はマスターとも烈火・雷電とも異なる独自のもの。フレーム特性のみで同時に3機存在できるのはシリーズの中でもこの飛影だけであり実際特徴的。
  • 煙幕を張ったり手裏剣を投げたり距離を取りつつ機を見て奇襲をかけたり、と忍者めいた動きが楽しい。マーケティング的にも大正解と言えよう。
  • 《武士》と合わせて《神威》開発に使用できる。
  • 中国版の設定画にTOBIKAGEと書かれているように見えると?…不用意に歴史の闇に触れるのは得策ではないと申し上げておこう。
  • 2019/04/26のアップデートで、ローラー機関銃改の威力が95に(1UP)。煙幕陣の威力が240に(26UP)。
    • 公式サイトの調整内容には『煙幕陣のダメージを95まで調整(1UP)』とあるが誤記。