【アイアンヘッド】

Last-modified: 2019-09-03 (火) 10:50:46

概要

 《アイアンヘッドα》《アイアンヘッドβ》には、片方がアクティブスキルを発動した時にもう片方のアクティブスキルを強制的に使用できるフレーム特性があります。本ページ内で解説するものは、アイアンヘッドを1:3で編成した上でこのフレーム特性を用いて、1機側のアクティブスキルの連発を狙う構成になります。

  • 9月1日アップデートにてアクティブスキルのリンクが1機あたり1度きにりサイレントナーフされた。

解説

 B級BMのアイアンヘッドを4機に、初期から加入しているパイロットと初心者ログインボーナスで加入するパイロットで形になる為、構成の敷居はとても低いと言えます。しかしその伸び代は非常に大きく、特に対少数・短期決戦においては高いパフォーマンスを発揮します。

 機体こそ決められているものの他の要素は自由に編成できる為、人によって様々な組み合わせが見られます。ぜひ自分なりのアイアンヘッド部隊を作って遊んでみてください! 
 

入門に適したキャラクター

1機側

  • 《佐々木光子》
     初心者ログインボーナス3日目で加入するパイロットでありながらゲーム中でも屈指の攻撃系AS《燕の閃き》を使える、本構成の入り口であり象徴とも言えるキャラクターです。高性能なASのみならずS3《好調》とS4《ガッツ》というASをも含む最終ダメージを引き上げるスキルを二つも持ち、成長後まで含めて本構成に極めて適したキャラクターと言えるでしょう。
     

3機側

  • 《ベカス》
     初期から加入しているパイロットの一人で、本構成に組み込む上で目玉となるのがレベル36で使用可能になるS4《覚醒》です。これにより開戦時のSP量にボーナスを得る事でASの発動を早められます。
     
  • 《グニエーヴル》
     初期から加入しているパイロットの一人で、本構成に組み込む上で目玉となるのがレベル36で使用可能になるS4《激励》です。これにより開戦時にメンバー全員のSP量にボーナスを得る事ができ、全体のASの発動を早めることができます。
     
    上記の3人に、その時点で加入している内から一人を加えた計4人での編成が、本構成の入り口ともいえる所謂“最小限”構成と言えるでしょう。
     

よく採用されるキャラクター

1機側

 

3機側

  • 《ウィンザー》
     《グニエーヴル》と同じS4《激励》を持つパイロットですが、本構成に組み込む上で目玉となるのはAS《超音波》の方です。この特殊なASは敵の一部の防御効果、なかでも本構成の天敵とも言える、一定ダメージを吸収する《ホーリーシールド》系と無属性攻撃を一定回数無効化する《反応装甲》系の2種類を無力化することができます。

参考動画

https://www.bilibili.com/video/av23701621
https://www.bilibili.com/video/av23832911