マップ/アニバーサリー会場/ブラックジャック の変更点


 //cashe300s
 
 (wikiより)
 
 ブラックジャック(Blackjack)は、トランプを使用するゲームの一種。
 カジノで行われるカードゲームではポーカーやバカラと並ぶ人気ゲームである。
 カードの合計点数が21点を超えないように、プレイヤーがディーラーより高い点数を得ることを目指す。
 
 -----
 
 プレイヤーの目標は、21を超えないように手持ちのカードの点数の合計を21に近づけ、その点数がディーラーを上回ることである。
 手の中のカードの点数は、カード2~10ではその数字通りの値であり、また、絵札であるK(キング)、Q(クイーン)、J(ジャック)は10と数える。
 A(エース)は、手持ちのカードの合計が21を超えない範囲で11と数え、超える場合は1として数える。
 プレイヤーが初めの賭け(ベット)を終えると、ディーラーはカードを自分自身を含めた参加者に2枚ずつ配る。
 ディーラーの2枚のカードのうちの1枚は表向き(アップカード)にされ、皆が見ることができる。
 もう1枚のカードは伏せられている。伏せられたカードをホールカードと呼ぶ。
 プレイヤーの行動が全て終わった時点ではじめてディーラーの2枚目のカードが表向きで配られる。
 この時点で、プレイヤーが21(1枚は10、J、Q、Kのうちのどれかで、もう1枚はAという組み合わせの場合のみ可能)であれば「ナチュラルブラックジャック」と呼ばれ、ディーラーが21でなかった場合には、ベットの2.5倍の払い出しを受ける。
 プレイヤーとディーラー、双方がナチュラル21の場合には引き分けとなる。
 プレイヤーがナチュラル21にならず、ディーラーがナチュラル21の場合には自動的にプレイヤーの負けとなる。
 プレイヤーは21を超えなければ2回まで(計4枚)ヒットすることができる。21を超えてしまうことをバースト(bust)と呼び、直ちにプレイヤーの負けとなる。
 最初にプレイヤーが行動すると、次にディーラーが行動する。
 
 -ヒット (Hit)
 カードをもう1枚引く。
 -スタンド (Stand)
 カードを引かずにその時点の点数で勝負する。
 
 ディーラーは、自分の手が17以上になるまでカードを2回まで(計4枚)引かなければならず、17以上になったら、その後は追加のカードを引くことはできない。
 ディーラーが21を超えた場合には、プレイヤーの勝利である。プレイヤーとディーラーが同じ点数の場合には引き分けとなる。
 一見すると、選択肢の多いプレイヤー側に有利かのように見えるゲームだが、バーストした時点で負けであることから、先にカードを引くプレイヤー側が不利である。
 
 -スプリット (Split)
 配られた2枚のカードが同じ数字の場合、初めのベットと同額のコインを追加することで、それを2つに分けてプレイすることができる。
 1枚ずつカードを追加して、2組のうちどちらか片方でも親より21に近ければ勝ちとなります。
 
 -ダブルダウン (Double down)
 プレイヤーは最初の2枚のカードを見てからベットを2倍にしてもう1枚だけカードを引くことが出来る。
 さらに追加して引くことはできない。
 
 -サレンダー (Surrender)
 プレイヤーの手が悪く、勝ち目がないと判断した場合に賭け金の半額を放棄してプレイを降りること。
 
 -インシュア
 ディーラーの表向きのカードがAのときには、最初のベットの半額を追加することにより、保険をかけることができる。
 ディーラーがナチュラル21であった場合には保険として掛けた額の2倍の保険金が払い戻され、そうでない場合は保険の掛け金は没収される。
 例えば、プレイヤーが最初に$10を賭けており、プレイヤーのカードは8と10、ディーラーの表向きのカードがAであったとする。
 ここでプレイヤーがインシュアを選択した場合、$5を保険の掛け金として追加する。
 ディーラーはプレイヤーには見えないようにしてディーラーの裏向きのカードの数字を調べる。
 ディーラーの裏向きのカードが例えば10の場合にはナチュラル21となる。
 この時、裏向きだったカードは表向きにされ、プレイヤーの最初の掛け金である$10は没収されるが、インシュアの保険金として$10が払い戻され、保険の掛け金$5もプレイヤーに戻る。
 この場合、プレイヤーの損得は±0である。
 一方、ディーラーの裏向きのカードが例えば3であり、ナチュラル21ではなかった場合には保険の掛け金である
 $5は没収され、ディーラーの裏向きのカードは裏返されたままの状態で引き続き通常通りのプレイが行われる。
 
 -----
 
 :(通常ブラックジャックのプレイ参考目安)|
 
 -ハンド17点以上あれば常にスタンドする。11点以下では必ずヒットまたはダブルダウンする。
 
 -ディーラーがバストする確率は、平均 3回に1回である。
 特に、ディーラーのアップカードが3~6の場合はさらに高確率でバストすることが期待できるので、12点以上、16点以下の低い点数でもスタンドする。
 
 -反対に、ディーラーがAや7以上のカードの場合は、バストせず高い点数になることが予想されるので、積極的にヒットして対抗する。
 
 -Aか8のペアの時にはスプリットすると良い。Aは高得点が期待できる。
 また、8のペアは合計で16と点数的に良くないので、スプリットすることにより現状よりましな点数を期待する。
 
 -スプリットには倍のベットが必要とされるので、不利なときにスプリットするのは良くない選択である。
 また、いくら有利でも10点のペアをスプリットしてはならない。
 
 -ダブルダウンは、自分の点数が良くディーラーの点数が良くない場合、具体的には、合計が11点でディーラーのアップカードがAでない時と、合計が10点でディーラーがAでも10でもない場合に行う。
 
 -インシュアは行わない。
 
 -ナチュラルブラックジャックの確率は4.83%(20.7回に1度)、3枚目でブラックジャックになる確率は7.27%(13.8回に1度)
 
 -K(キング)、Q(クイーン)、J(ジャック)、10を引く確率は30.77%
 
 :(基本戦略の表)| 
 
 S:スタンド、H:ヒット、D:ダブルダウン、P:スプリット、R:サレンダー
 
 -ハード(Aを1と数えた場合)のトータル
 |プレイヤー|&color(green){ディーラーのフェイスアップカード 2~A};|
 |ハンド|&color(green){2};|&color(green){3};|&color(green){4};|&color(green){5};|&color(green){6};|&color(green){7};|&color(green){8};|&color(green){9};|&color(green){10};|&color(green){A};|
 |21|S|S|S|S|S|S|S|S|S|S|
 |17-20|S|S|S|S|S|S|S|S|S|R|
 |16|S|S|S|S|S|H|H|R|R|R|
 |15|S|S|S|S|S|H|H|H|R|R|
 |14|S|S|S|S|S|H|H|H|H|H|
 |13|S|S|S|S|S|H|H|H|H|H|
 |12|H|H|S|S|S|H|H|H|H|H|
 |11|D|D|D|D|D|D|D|D|D|D|
 |10|D|D|D|D|D|D|D|D|H|H|
 |9|H|D|D|D|D|H|H|H|H|H|
 |5-8|H|H|H|H|H|H|H|H|H|H|
 
 -ソフト(Aを11と数えた場合)のトータル
 |プレイヤー|&color(green){ディーラーのフェイスアップカード 2~A};|
 |ハンド|&color(green){2};|&color(green){3};|&color(green){4};|&color(green){5};|&color(green){6};|&color(green){7};|&color(green){8};|&color(green){9};|&color(green){10};|&color(green){A};|
 |A,9|S|S|S|S|S|S|S|S|S|S|
 |A,8|S|S|S|S|D|S|S|S|S|S|
 |A,7|D|D|D|D|D|S|S|H|H|H|
 |A,6|H|D|D|D|D|H|H|H|H|H|
 |A,4-5|H|H|D|D|D|H|H|H|H|H|
 |A,2-3|H|H|H|D|D|H|H|H|H|H|
 
 -ペア 
 |プレイヤー|&color(green){ディーラーのフェイスアップカード 2~A};|
 |ハンド|&color(green){2};|&color(green){3};|&color(green){4};|&color(green){5};|&color(green){6};|&color(green){7};|&color(green){8};|&color(green){9};|&color(green){10};|&color(green){A};|
 |A,A|P|P|P|P|P|P|P|P|P|P|
 |10,10|S|S|S|S|S|S|S|S|S|S|
 |9,9|P|P|P|P|P|S|P|P|S|S|
 |8,8|P|P|P|P|P|P|P|P|P|R|
 |7,7|P|P|P|P|P|P|H|H|H|H|
 |6,6|P|P|P|P|P|H|H|H|H|H|
 |5,5|D|D|D|D|D|D|D|D|H|H|
 |4,4|H|H|H|P|P|H|H|H|H|H|
 |2,2 3,3|P|P|P|P|P|P|H|H|H|H|
 
 -----
 
 :(イルーナ版ブラックジャック)|
 
 -プレイヤーとフレーネ(ディーラー)は2回までしかヒットできない
 (通常、プレイヤーはスタンドかバーストするまで無制限、ディーラーは17以上になるまでヒットなので通常よりバーストしにくい)
 
 -最初にプレイヤーが行動すると、次にフレーネ(ディーラー)が行動する
 (通常はプレイヤーがスタンドかバーストしてからディーラーが行動する)
 よって通常では起こり得ない、ディーラーが3枚目を引き終えた時点(プレイヤーが4枚目の選択肢はまだある)で先にバーストする
 
 -交互に行動するので相手の手を推測する事によって行動を選択できる
 必ずサレンダーした方が良いケースetc
 (例)
 プレイヤー 「2」+「3」=5(ヒット)
 フレーネ 「7」+「?」=9~18(16以下ならヒット)
 プレイヤー 「2」+「3」+「4」=9(ヒット)
 フレーネ 「7」+「?」+「?」=11~26(16以下ならヒット、17~21ならスタンド、22以上なら即バースト)
 プレイヤー 「2」+「3」+「4」+「5」=14
 フレーネ 「7」+「?」+「?」=17~21(今回3枚でスタンドしたケース)
 最終、プレイヤーの選択肢はスタンドorサレンダーだが今回は勝ち目ゼロなのでサレンダーすると被害が半減する
 
 -ナチュラルブラックジャックの払い出しがフレーネは2.5倍額で言ってるのに実際は5倍ある(バグ?)
 
 -通常ではスタンドする場合、12~16の強さは同じ(ディーラーは17以上になるまで何度でも引く為)であるが、イルーナ版は2回までしか引かない為に16の方が強い
 
 -もう1枚カードを引いて自分のスコアが良くなる確率表 
 |ハンド|良くなる確率|バースト確率|
 |12|69.23%|30.77%|
 |13|61.54%|38.46%|
 |14|53.85%|46.15%|
 |15|46.15%|53.85%|
 |16|38.46%|61.54%|
 |17|30.76%|69.24%|
 |18|23.03%|76.93%|
 |19|15.38%|84.62%|
 |20|7.69%|92.31%|