「鉄道遺構に行こう!」行って来ました! の変更点


大人の社会見学系キャンプ、今年の〆は「鉄道遺構!」
もちろん何もないキャンプでも楽しめるんですが、せっかくなので珍しい「プラスα」を付加したキャンプをしたい!
ってな訳で、現在は廃線した駅でキャンプできると聞いたので皆で遊びに行くのです。
&br;
&br;
夜勤明けて現地に到着すると、既に寛ぎタープが設営されています。
#ref(IMG_1805_R.JPG)
&br;
この写真だけで場所を確定できる方は貧血の心配が無いくらい鉄分豊富な方でしょう。
#ref(IMG_1808_R.JPG)

&br;
奥のタープで夜宴し、右手前のお座敷列車で眠ることになります。
#ref(IMG_1811_R.JPG)

&br;
この駅から札幌までの運賃は2400円だそうです。
#ref(IMG_1762_R.JPG)
&br;
夜宴を楽しんだ我々は、風情のある客車に乗り込みます。
#ref(IMG_1816_R.JPG)。
&br;
楽しい仲間と、ほろ酔いながら、修学旅行を彷彿とさせる列車の中で眠りに就きます。
#ref(IMG_1819_R.JPG)。
&br;
幸せな夜が明けて座席をみると、ここが列車の中だと再認識します。
#ref(IMG_1822_R.JPG)。
&br;
朝食をとりながら、「せっかくなので、近場林道見に行く?」と相談です。
#ref(IMG_1824_R.JPG)。
&br;
以前、我々が滝を目指そうとして到達できなかった「リビラ大滝」の林道を見に行くことになりました。
#ref(IMG_1827_R.JPG)。
&br;
コンボイを組みながら奥地を目指します。
#ref(IMG_1829_R.JPG)。
&br;
しかし!勇んで林道に入ってみれば、直ぐに道路決壊。
#ref(IMG_1838_R.JPG)。
&br;
まぁ、大自然が相手だし、こんなハプニングも楽しみのひとつです。
#ref(IMG_1835_R.JPG)。
&br;
次の冒険を楽しみに記念写真を撮るのでした。
#ref(IMG_1850_R.JPG)。
&br;
&br;
・・・記事の情報だけでこの場所を特定できた人、何人いるかな?
・・・記事の情報だけでこの鉄道遺構を特定できた人、何人いるかな?






#COMMENT