マリポチャ小説

Last-modified: 2013-08-02 (金) 04:14:09

ご挨拶&もくじ

はじめまして、または、こんにちは、マリポチャという者です、小説読む人いないから書く意味ない

追記[ネーム練り直し中です]

また、精神に異常を満たさない程度に活動を再開します、ご迷惑(は?)をかけ申し訳ございません

魔法少女まどか☆マギカ小説(ほむほむ小説に変更を考え中)

こんな小説見ないで他の方の小説の所にいってくださいね、くだらないから

  • 目次作りましたがいらなければ消してください、勝手にすみませんでしたm(__)m(作ってしまって) -- ラッキー 2012-11-26 (月) 16:03:20
  • ありがとうこざいます -- マリポチャ 2012-12-06 (木) 03:30:55
  • それならよかったです -- ラッキー 2012-12-06 (木) 03:37:07
  • いきなりですが、ここにくるのをやめようと思います、小説はむりやり終わらせ……どこかでwikiでもたてているかも知れません、さようなら) -- マリポチャ 2012-12-19 (水) 07:31:01
  • 理由:小説ネタぎれだから -- マリポチャ 2012-12-21 (金) 04:26:37
  • え… (0∀0;) -- WHITE 2012-12-21 (金) 04:34:37
  • 、、、、、、、、、、そうですか、、、、、 -- ラッキー 2012-12-21 (金) 11:48:36
  • ちゃんとした理由はあります…二度とこないわけでも二度とやらない訳でもありません、「理由は忙しい」という訳です -- マリポチャ 2012-12-21 (金) 11:52:39
  • そうですか、、、、、(どうどうの暇人です) -- ラッキー 2012-12-21 (金) 11:53:47
  • ↑私は、、、、、です -- ラッキー 2012-12-21 (金) 11:54:45
  • 更新されただと……! マリポチャさんいるのか…!   わーいw(( -- WHITE 2013-02-09 (土) 22:24:44
  • カビアドから来ました~ -- クーリボー? 2013-06-25 (火) 18:00:34

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

わからない方にキャラ、ストーリー紹介

暁美(あけみ)ほむら
鹿目(かなめ)まどかを契約(魔法少女になる時に「契約」と言われる)させないために契約をし、時間を操る魔法(ただし時間を停止、巻き戻すしかできない)でループしている

美樹(みき)さやか
まどかの親友でお馴染みの男がいる、上条(かみじょう)恭介(きょうすけ)という名前で、バイオリンの天才だが交通事故にあい指が動かなくなってしまう、それをなおすために契約したこともある

巴(ともえ)マミ
両親が交通事故で亡くなってしまい、そこをQB(キュうべぇ)に助けられた、本編第3話で死亡、ケーキを作るのが得意

佐倉杏子(さくらきょうこ)(あだ名はあんこ)
父親が教会をの神父をしていて、話を聞いてもらうために魔法少女に、その願いのせいで家庭は崩壊してしまった、同じ思いをさせたくないがためにさやかにつっかかる

QB
本当の名前はインキュベーター(婬卵器)「宇宙のため」といい魔法少女を魔女(魔法少女の敵)にしてエネルギーを回収し、宇宙を延命させているらしい、なぜか契約という

ストーリー
心臓の病気にかかっていたほむらは学校に通える程に回復し学校に向かった、しかし運動も勉強もできず、落ち込みながら下校している途中。「死んじゃえばいいのかな…」と考えているとどこからか「死んじゃえばいいんだよ!」と聞こえてくる、すると景色が変わり謎の怪物が現れ、ほむらを襲おうとちかよってくる、そこをまどか、マミに助けられて魔法少女の存在を知った、そしてなんやかんや(爆)でワルプルギスの夜(最強の魔女)が現れ、マミが死んでしまう、まどかはワルプルギスに向かっていき、死んでしまった、ほむらはまどかの死を悲しみそのときQBが契約を持ちかけてきた。そしてほむらは「鹿目さんを守る私になりたい、守られる私じゃなくて守る私になりたい!」とQBと契約しまどかを助ける為にループした(引用、多分本編11話)

ソウルジェム
魔法少女に変身するために必要な物、しかしこれの正体は少女達のたましいである、これが割られたりすると死んでしまう、魔法を使うと濁る、濁りきると魔女になってしまう。マミや杏子などのベテランとなってもわからないことである

第一話「暁美ほむら」

見滝原中学

早乙女「めだまやきは半熟ですか!それとも固めですか!はい中沢君!」

見滝原中学の先生ーー早乙女が中沢と呼ばれた生徒に棒を向け答えを待つ

中沢「えぇっ!?ど…どちらでもいいかと」

早乙女「その通りどちらでもよろしい!そもそもめだまやきが半熟じゃないと食べられないなんて男は…」ブツブツ

さやか「また失敗したのか…」

先生の早乙女が教棒をへし折りながら話す

まどか(…あの夢、なんだったんだろう…)ポケー

ーーーーーーー

???「くっ…!」

???「アハハハハハ…」

謎の少女が怪物と戦っている

まどか「こんなのってないよ…あんまりだよ!」

???「仕方ないよ、彼女が選んだ運命だ」

少女「ッ…!」

少女が派手に吹っ飛ばされ叩きつけられる

???「でも…君ならそれを覆せる」

まどか「本当…に?私なんかで…」

???「だから…」

???「僕と契約して、魔法少女になってよ!」

ーーーーーーー

早乙女「はい!では転校生を紹介します!」

さやか「って、そっちがあとまわしかよ!」

おもわずさやかがツッコミをいれる

???「…」

さやか「うわっ…すっげー美人…」

まどか(嘘、あの子って…)

早乙女「えーと…」ペンモチ

???「…貸してください」パシッ

少女が早乙女からペンを奪いとる

サラサラサラ…

クラスの全員「おおっ…」

書かれていた名前は…

「暁美ほむら」

本編をアレンジ~再現にする事にしました


第二話「」

  • ネームの練り直し中 -- マリポチャ 2012-11-25 (日) 20:10:23
  • よければ、コピーさせていただきますよ -- ラッキー 2012-11-25 (日) 20:20:39
  • 少し注意事項がありますが、、、、、、、、、、 -- ラッキー 2012-11-25 (日) 20:29:56

第三話「」


感想をどうぞかいてなかった…orz

第四話「」


変な所

おかしい所があれば指摘していただければありがたいです


第五話「」

  • チャット画面少しフリーズしていてすみませんでした -- ラッキー 2012-12-06 (木) 03:44:15

第六話「焼肉(?)」


第七話「セーキ(」


第八話「ねーむねりなおしちゅうです」


実験所

小説うまくない理由↓

選択肢 投票
痛い 0  
ノーコメント 0  
ツマンネ 1  

選択肢の作り方わかりませんな…

  • 誰か作ってくれませんか?(殴) -- マリポチャ 2012-12-12 (水) 16:02:31
  • こんな感じ? -- WHITE 2012-12-12 (水) 16:12:51