ようこそ小説wiki*-世界W- へ

Last-modified: 2020-04-19 (日) 12:44:05
このサイトは来た人全員が記事を編集できるwikiです。
皆さんもぜひ整形ルールなどを参考に記事を編集してください。
「記事を編集するのは難しそう」「記事を書く時間がない」という方も、各ページ下部にあるコメント欄にて情報提供して下さると助かります。
  • ここは、小説wikiです。小説作成、日頃の日記など自由な場所です。
  • このページは自由に編集する事ができます。誰でも編集する事ができ、その中には荒らす人がいるので、なるべく荒らしはないようにご協力をお願いします。
  • 当wikiは著作権法第32条に基づいております。著作権は権利者様側へ帰属いたしますため、画像の転載・流用等はご遠慮下さい。

ページ情報

このページの情報です。

アクセスカウンター
今日?アクセス
昨日?アクセス
現在?アクセス
合計?アクセス

最終更新 2020/4/19

時刻

あなたは、?人目の閲覧者です。

目次

Twitter

+を押すと見る事が出来ます!

←FPSkatuyaのツイッター

お知らせ

不定期日記

  • 2018/12/29 小説を新規作成しました!
    タイトル通り小説を作成しました!
    小説の内容は最近発売された大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL/Ultimate のアドベンチャーモードである灯火の星のストーリーを元に執筆しました。
    語彙力&文章力のない私ですが、読んでいただければ嬉しいです。過疎((
  • 2018/12/29 私の餓鬼っぽさが...w
    ここには私の餓鬼っぽさがいっぱい残っていて、とても恥ずかしい気持ちとともに懐かしさも感じました。
    当時の私と絡んで頂いた方々、本当に有難く思っています。
  • 2020/4/19 コ ロ ナ 休 校
    ご無沙汰しております。世界Wです。新型ウイルスの関係で休業や休校になったり...色々と大変ですね。私自身通っている学校が休校になりまして、人類の危機をひしひしと感じています
    皆さんどうお過ごしですか? またここで再集結出来たらいいな...

覚えていますか

選択肢 得票数 得票率 投票
"覚えてる 0 0.0%
覚えていない 0 0.0%
その他
投票総数 0

小説

灯火の星

第1話

#1 光の化身 キーラ

タブー率いる亜空軍と戦士達の全てを賭けた最終決戦から10年、タブーと戦いに勝利しみんなと凱旋を謳った崖に再び戦士達は集結していた。
 
 タブーを倒したあとのキラキラと海に輝く夕焼けの景色は昔も現在も変わらない、しかし綺麗な風景とは裏腹に空にはおびただしい量の創造欲の化身であるマスターハンド達が漂っている。
 
 
「今日こそ決着をつけてやる‼︎」
 
 
 フォックスはマスターハンドを睨みつけている戦士を背に、そのマスターハンド達に囲まれながら中心部分に鎮座しているコア、光の化身キーラに向けてフォックスはブラスターを向けながら声を張り上げ叫ぶ。
 
 
 戦士達が思い出すのは亜空間での戦い、あの時は呆気なくタブーに倒されたとはいえ今の相手はあくまで創造神であるマスターハンドと、それを従えている光の化身キーラ。
 
 
 マスターハンドは昔の戦士達なら何も出来ずに叩き潰される程いるが、戦士達は昔と違い実力も戦士達の人数も上回っている、つまり大量のマスターハンド達との戦いに必ず負けるわけではないと、僅かながらも勝機を見出していた。
 
 
「それにしても多いな……、一人10体ぐらい倒せばいけるか?」
 
 
 目の上に手を置きながら目を凝らし、いち早くマスターハンドの数を把握したマルスが話しだす。
 
 
「ここまできたらやるしかないでしょう」
 
 
 微かに震える手を握りしめ、ゼルダは逃げずに立ち向かう決意を露わにする。か弱い女の子なんかじゃない、ここではゼルダもれっきとした戦士なのだから。
 
 
「僕たちならきっと勝てる!」
 
 
 ゼルダの言葉に返すように、横に並んでいたピットが武器を構えながらそう口を開き、それを合図にある者は剣を、ある者は銃をと、戦士達は各々の武器を構え始める。……いよいよ、戦いが始まる。
 
 
 __そう、誰もが予想し精神を研ぎ澄ませていた。しかし、肝心のマスターハンド達の徐々に動きが鈍くなっている。どうにも様子がおかしい。
 
 
「……?」
 
 
 戦士達が疑問に思う中、サムスはズームされたバイザー越しに異変を感じ取り後ずさる。
 途端、マスターハンド達は裸眼でも見えるほどパチパチと激しく光り、プラズマの様な青い光を包んでいた輪郭部分が破られた紙のように分解されキーラに集まって行く。それと共に再び構える戦士達。
 
 
 そして全てのマスターハンドがキーラに集まると、キーラは羽根の造形物の様な形からブラックホールのような形に姿を変え、異様な雰囲気を醸し出し始める。
 
 
「……ッ‼︎」
 
 
___________
 
 
 
 シュルクはビジョンで数秒先に起こる光景を目にしていた。ビジョンが終わると同時に、仲間達の方へ振り返る。
 
 
「みんな……‼︎」
 
 
 シュルクはすぐさま戦士達にビジョンの事を説明しようとしたが、どうにもみんなの様子がおかしい。おそるおそる戦士達が向いている方向を見ると数秒先に見た光景が今まさに始まろうとしていた。
 
 
 先程までブラックホールの形で固まっていたコアは急激に膨張し、高エネルギーのせいか大気の色を様々に変え、ビーム状の強力な光を放ちながら収縮していく。
 
 
 キーラが放った光はヘビのようにクネクネとカーブを繰り返しながら、津波のように群を成し、戦士達がいる場所に向かってくる。
 
 
「はあぁぁっ‼︎ ……‼︎」
 
 
 リンクは盾でビームを数回逸らしたが、光を正面から受けた衝撃で後ろによろめく、その隙にビームを浴び跡形もなく消された。
 
 
 先程までリンクが立っていた場所を通過する光に警戒しながら、サムスは光を撃ち落そうとミサイルを放つ。しかし意味がないと気がついたサムスはパワービームを放ち再び撃ち落そうとするが、光は一切動きを鈍らせることなくサムスを飲み込んだ。
 
 
 ゼルダとミュウツーは、ネールの愛や念力を使って光の反射を試みたが反射されることはなく、驚きを顔に出す前に光に包まれた。
 
 
「ピカッ…………!」
 
 
 ソニックは躓いたピカチュウに手を伸ばそうとスピードを落としたが、あと僅かで届かずピカチュウは光に飲み込まれた。ソニックも背後から近づいてきている光を避けることができず飲み込まれてしまう。
 
 
 ベヨネッタは光に包まれる寸前、身体をコウモリに変えあたりに散らばって回避。しかし、コウモリを収束させ身体に戻す僅かな瞬間、その一瞬の隙を突かれ光に当たってしまう。
 
 
 ポケモントレーナーが率いたポケモン達は、迫りよる光に向かって三位一体の波状攻撃を仕掛け、クッパがその横でリザードンに負けないような炎を吐く。しかし、その圧倒的火力にもかかわらず、光の勢いを衰えさせることは出来ずクッパ達は光に包まれた。
 
 
 一人、また一人と戦士達が光にやられていく中、キャプテン・ファルコンは心苦しいが生き残れることを最優先とし、自らの愛機ブルーファルコンに乗り込み逃げようとしたが、愛機もろとも光に包まれチリとなってしまう。
 
 
 ルカリオは迫ってきた光を瞬間移動で躱し、偶然ゲッコウガの後ろに避けた。しかし、次々と正確に飛んで来る光を避けきることが出来ず飲み込まれてしまう。
 光が自身の体に到達する寸前に垂直跳びで躱したゲッコウガは、ルカリオが光を避けきれず消えた事に驚愕しながら、空中で呆気なく飲み込まれてしまった。
 
 
 走りが得意ではないインクリングの二人は光が届くまでの間に、地面にインクを塗り潜伏していたが、関係ないと言わんばかりに光は地面を抉りながら二人を消した。
 
 
 ファルコはキャプテン・ファルコンの様に逃げようとアーウィンに乗りこんで空に逃げたのだが、光は予測していたかのようにアーウィンの死角から迫りより、避けきることができず飲み込まれてしまう。
 
 
 ファルコが消された更に上空では、ピットとブラックピットが飛翔の奇跡を使いながら光から逃げ続ける。
 その後方には我が部下を護ろうとするパルテナが立ちはだかり、今まさに向かってくる光をじっと見据えながら杖を振った。
 
 
「……反射板‼︎」
 
 
 パルテナの振った杖はオレンジ色に輝く反射板を目の前に張ったが、ゼルダ達の様に反射することが出来ず貫通しパルテナを飲み込む。
 
 
「うわ……っ‼︎」
 
 
 パルテナが消滅したため、ピットとブラックピットがパルテナから受けたいた飛翔の奇跡がなくなってしまう。ピット達は自らの羽で再び羽ばたこうとするが、バランスを崩してしまった状態では体を安定させることができず、地面に叩きつけられる前に光に飲み込まれた。
 
 
 スネークは見つからないように、と隠密性に優れた装備"ダンボール"に隠れていたが、そのまま光に飲み込まれてしまった。
 
 
 ロゼッタはパワースターの力を使い空に向かって翔び立ち、それを追いかけるようにディディコングは背中に着けたタルロケットで飛び立つが、圧倒的なスピードを持つ光の前に呆気なく飲み込まれる。
 
 
 むらびと、ダックハント、wiifit トレーナー達は逃げられるわけでもなく、かといって光を防ぐことができるわけもないため。慌てたり、目を隠したり、立ち木のポーズをしたり思い思いの行動をとったまま光に飲み込まれた。
 
 
 飲み込まれ、消え、飲み込まれ、消え、飲み込まれ、消え、飲み込まれ、消え、飲み込まれ、消え。
 
 
 そんな光景の中、ワープスターは小さな星とエンジン音の代わりにキラキラという音を立てながら遥か上空を飛び続けている。
 
 
 光から避けて、避けて、避け続けるワープスターから出てくる音は、今までに聞いたこともない音だけどスピードを緩めるわけにはいかない。
 
 
 しかし、突然ワープスターは限界を迎えたかのように破裂した。その際一回り大きな星をばら撒きながらワープスターは消え、カービィとワープスターがいた場所を大量の光が通過する。
 
 
 
 
 
 
 今この瞬間この場所から希望は消えた。
 
 
 光は残ったフィギュア達を包みながら、やがて惑星、銀河を包んだ。

雑談チャット&感想

交流用の雑談チャットです。楽しく使ってください。

  • コメントの階層化・文字の装飾はできません。また、書き込みはwikiの編集履歴に残りません。
    • ログは勝手に流れていきます。管理もできません。荒らしは無視して流してください。
  • 「リアルタイム」にチェックを入れるとリアルタイムに更新されます。ブラウザの再読み込みはしなくて大丈夫です。
    • 「リアルタイム」にチェックを入れると通知音を設定できます。音量や音の種類も変えられます。
  • ※なりすまし防止のためにトリップ機能(名前の後の◆~という表示)の使用を勧めます。
    『ハンドルネーム#任意の文字列』でトリップをつけることが出来ます。入力した文字列はランダムに変換され、固有に識別できるようになります。
    • 簡易的なものですが、コメント頭に付加されるアイコンで投稿者を見分けることもできます。
    • コメント右端にカーソルを持っていくと投稿者ごとにNG設定が可能です。

    カレンダー

    カレンダー
    << 2021.2 >>
    [世界Wの小説]
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28

    各種色々




     

    Tips

    • MenuBarを編集する → 編集:MenuBar
    • ヘッドエリア・フットエリアを編集する → サンプルサイトへ
    • 投稿差分解析「DIffAna」を設置する → DiffAnaとは?
    • ページ名に「/」を入れることで階層分けができます。(例)hogehoge/page1、hogehoge/page2/no1
    • 見出しの をクリックして部分編集ができます。
    • 見出しの上で左クリックすると、ポップアップメニューが表示されます。(※レベル1見出し(*)のみ)
    • 編集画面の編集フォーム下にあるチェックボックスにチェックし、管理パスワードを入れて「ページの更新」するとタイムスタンプを更新しません。
    • 全てのページがバックアップされています。バックアップを確認したいページへ行き、上部にある「バックアップ」をクリックすると一覧が確認できます。削除されたページも復旧可能です。
      (例)FrontPageのバックアップ:バックアップ:FrontPage

    編集時の注意点

    • サイトを更新するとWIKIWIKIトップの「最近更新されたWIKI」に表示されます。
      (閉鎖的なコミュニティの使用には向いておりません。)

    リアルタイムコメント

    リアルタイムでコメントを表示します。
    チャットのような機能です。
    リアルタイムコメントフォーム

    #rtcomment() 複数設置はできません。

    ホームへ戻る