アシストカード の変更点


 &attachref(./new_電源ノイズ_0.png,);
 &attachref(./new_パッケージ.jpg,);
 
 >真空管ドールのアシストとして本格戦闘用玩具の真空管戦士ダムシリーズのプラモデル略して「ダムプラ」の使い方が重要となってくる。ダムプラはプラスティック製で一度使うと壊れてしまうが、時には玩具とは思えない強力な威力を持つ。&br;是非ダムプラを使いこなしダムプラマスターとなって欲しい。
 
 &br;
 
 自ターンに1AP消費することで1枚効果発動(使用)できるカードシリーズ。ドールやリソースと違い事前の準備が不要で使いやすいが、基本的に一回きりの使いきり。カードごとに異なる効果的な使用タイミングをいろいろ工夫してみよう。
 
 ※考察は執筆氏の主観で書かれています。是非その内容について[[公式掲示板>http://skdoll.net/patio/patio.cgi]]で議論しましょう。
 &br;
 
 #contents
 
 &br;
 
 &aname(PC0001);
 
 |CENTER:90|LEFT:150||c
 |>|>|~No.PC0001|
 |&attachref(./No.PC0001.png,);|>|CENTER:量産型 ダム|
 |~|>|~コスト|
 |~|~CPUスピード周波数|-|
 |~|~攻撃電磁波パワー|-|
 |~|~防御抵抗値|-|
 |~|>|~効果|
 |~|>|LEFT:あなたは+2APを得る。|
 |~|>|~備考|
 |~|>|ダムのプラモデル化一号は主人公と同じ型の量産型ダム。&br;その地味すぎるフォルムに似使わず人工知能とサーボの性能は素晴らしい。|
 |>|>|~考察|
 |>|>|LEFT:発動することで通常の1APが2APとなるプラモ(カード)。&br;量産型の名前に違わず地味な存在だが、ドールを1体ドールアクションにまわせる(ワークさせずに済む)と考えれば悪くない。序盤から終盤まで通して使いやすいカードだ。|
 
 &br;&br;&br;
 
 
 &aname(PC0002);
 
 |CENTER:90|LEFT:150||c
 |>|>|~No.PC0002|
 |&attachref(./No.PC0002.png,);|>|CENTER:暗殺兵器 メタルラビット|
 |~|>|~コスト|
 |~|~CPUスピード周波数|-|
 |~|~攻撃電磁波パワー|-|
 |~|~防御抵抗値|-|
 |~|>|~効果|
 |~|>|LEFT:対象のリソースカード一枚を持ち主の山札の一番下に戻す。|
 |~|>|~備考|
 |~|>|一部金属とメタルメッキのモデル。&br;動力のモーターはハイパワーで機動性は高い。動きが早く隠密行動で能力を発揮する。|
 |>|>|~考察|
 |>|>|LEFT:手にしたドリルでリソース1枚を死に札にできる、ダムプラ版[[カレン>真空管ドール#U0003]]さん。&br;強力な特殊リソースが多いこのゲームでは入れておいて損は無い一枚といえる。いちおう上限5枚に達した自ドールのリソースを外して別のリソースを装着する、といった使い方も可能。&br;ちなみに対象は場にあるリソース(表裏どちらでも可)のみで、相手の手札を狙うことはできないとのこと。|
 
 &br;&br;&br;
 
 
 &aname(PC0003);
 
 |CENTER:90|LEFT:150||c
 |>|>|~No.PC0003|
 |&attachref(./No.PC0003.png,);|>|CENTER:超鋼鉄ロボ バンダイン|
 |~|>|~コスト|
 |~|~CPUスピード周波数|-|
 |~|~攻撃電磁波パワー|-|
 |~|~防御抵抗値|-|
 |~|>|~効果|
 |~|>|LEFT:ターン終了時、あなたの全てのドールをレディにする。|
 |~|>|~備考|
 |~|>|町工場によって作られた中小企業の星バンダイン。&br;時間を稼ぐだけの性能は持っている。|
 |>|>|~考察|
 |>|>|LEFT:次の相手ターン、全ての自ドールがダメージ解決の先手を取れるようになる(いわゆる迎撃体制)。&br;相手のアタックを1ターン躊躇させるプラモだ。複数のドールを召還したターンや、終盤メインデッキが少なくなってきた頃、および[[防御鉄人シルダー>#PC0006]]対策などとして使うと効果的だろう。&br;なおこのカードでレディになってもドールアクションはおこなえないので注意のこと。|
 
 &br;&br;&br;
 
 
 &aname(PC0004);
 
 |CENTER:90|LEFT:150||c
 |>|>|~No.PC0004|
 |&attachref(./No.PC0004.png,);|>|CENTER:超高電圧 コンセン|
 |~|>|~コスト|
 |~|~CPUスピード周波数|-|
 |~|~攻撃電磁波パワー|-|
 |~|~防御抵抗値|-|
 |~|>|~効果|
 |~|>|LEFT:対象のドール1体のステータスを反転させる。|
 |~|>|~備考|
 |~|>|電気攻撃が得意なコンセン。&br;両腕から発する電気信号によってドールのファームウェアに修正を加えることも可能だ。|
 |>|>|~考察|
 |>|>|LEFT:1APでアクティブをレディに、もしくはレディをアクティブにする。主に、&br;1)自ドールのアクションを2度行う、&br;2)相手のレディドールをアクティブにしてから先手アタック、&br;3)自アクティブドールをレディにして迎撃体制を取る(次のブロック時にダメージ解決の先手を取る)、といった使い方があるプラモ。[[防御鉄人シルダー>#PC0006]]が怖い人もデッキに入れておくといいかもしれない。|
 
 &br;&br;&br;
 
 
 &aname(PC0005);
 
 |CENTER:90|LEFT:150||c
 |>|>|~No.PC0005|
 |&attachref(./No.PC0005.png,);|>|CENTER:電磁戦士 マグネタ|
 |~|>|~コスト|
 |~|~CPUスピード周波数|☆|
 |~|~攻撃電磁波パワー|-|
 |~|~防御抵抗値|-|
 |~|>|~効果|
 |~|>|LEFT:対象のプレイヤーはカード2枚を引く。|
 |~|>|~備考|
 |~|>|強力な電磁石を備えるマグネタは磁力によってリソースカードを引き寄せることができる。|
 |>|>|~考察|
 |>|>|LEFT:一見自分の手札を増やすカードに見えるが、実は2枚捨てて2枚引くだけ。むしろ相手に向けて使うメインデッキ攻撃カードと考えてはどうだろう。&br;とはいえ序盤中盤に使っても敵に利するのみ。ラスト、相手メインデッキが残り2枚になったときにトドメを刺すのがお仕事という、必殺仕事人的いぶし銀のプラモである。|
 
 &br;&br;&br;
 
 
 &aname(PC0006);
 
 |CENTER:90|LEFT:150||c
 |>|>|~No.PC0006|
 |&attachref(./No.PC0006.png,);|>|CENTER:防御鉄人 シルダー|
 |~|>|~コスト|
 |~|~CPUスピード周波数|-|
 |~|~攻撃電磁波パワー|-|
 |~|~防御抵抗値|☆|
 |~|>|~効果|
 |~|>|LEFT:対戦相手は次のレディフェイズを行わない。|
 |~|>|~備考|
 |~|>|防御に特化したアシストの星シルダー。&br;相手の進路を阻むことでもアクションをを妨害することができる。|
 |>|>|~考察|
 |>|>|LEFT:1APと白リソース1枚で相手のターンをすっとばし、「ずっと俺のターン」な展開を実現するプラモ(1ターンだけだけど)。&br;といっても相手はリソース・アシストがプレイできるのと、レディで待機している相手ドールには効果が無いことに注意。使い方次第で中盤以降に一発逆転を狙える強カードである。|
 
 &br;&br;&br;
 
 
 &aname(PC0007);
 
 |CENTER:90|LEFT:150||c
 |>|>|~No.PC0007|
 |&attachref(./No.PC0007.png,);|>|CENTER:超巨大ロボ ハウザー|
 |~|>|~コスト|
 |~|~CPUスピード周波数|-|
 |~|~攻撃電磁波パワー|-|
 |~|~防御抵抗値|-|
 |~|>|~効果|
 |~|>|LEFT:このターン、対象のドール1体は青を3つ失う。|
 |~|>|~備考|
 |~|>|超巨大ロボという想定のハウザーは、相手ドールにタックルすることで動きを止めることができる。|
 |>|>|~考察|
 |>|>|LEFT:主に[[アンナ>真空管ドール#R0001]]様・[[ユリア>真空管ドール#R0002]]様の2強対策プラモ([[カレン>真空管ドール#U0003]]様とかも)。&br;対象ドールの回避率を下げることで、フォローか見捨てるかの選択を強いることができる。もちろん[[Lock-On>リソースカード#RC0001]]とのコンボで直接撃破もアリ。&br;高パワー型ドールのアタックとあわせて大ダメージを狙っていきたい。|
 
 &br;&br;&br;
 
 
 &aname(PC0008);
 
 |CENTER:90|LEFT:150||c
 |>|>|~No.PC0008|
 |&attachref(./No.PC0008.png,);|>|CENTER:最強戦士 スカイセイバー|
 |~|>|~コスト|
 |~|~CPUスピード周波数|-|
 |~|~攻撃電磁波パワー|☆☆|
 |~|~防御抵抗値|-|
 |~|>|~効果|
 |~|>|LEFT:対象のレディのドール1体を破壊する。|
 |~|>|~備考|
 |~|>|正統派の近代モデルスカイセイバーX4体の腕と真空管パワーでドール本体を破壊する能力を持つ。|
 |>|>|~考察|
 |>|>|LEFT:ドール1体を問答無用で破壊する最強ヒーロー。&br;ただしアクティブドールは対象外、というところにクセがある。&br;効果は劇的だが赤リソースを2枚も使うため、赤を多用するデッキに入れにくいのが難点か。コストをかけた破壊効果をあっさり無効にする特殊リソース[[Security>リソースカード#RC0002]]の所在にも警戒が必要だ。|
 
 &br;&br;&br;
 ----
 #pcomment(./,reply,5)